ムスタングベース改のピッコロベース弦張り替える | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:
今日は僕の主にレッスンで使っているベースをご紹介。

image
 
1970年代中期のフェンダー ムスタングベースです。
 
パッと見まったく原型は無いですがね。
 
大阪で音楽学校の学生時代に入手して、それからボッサベース(今は無いと思う)のショップでピックアップ交換。
アクティブ回路はボッサの回路(18V)です。
 
このベースで普通のベースとして演奏していることもありました。
まあ18年前の映像なので、参考まで。

 

 
現在はこのベースはピッコロベースとして使うことが多くなりました。
 
image
 
1弦がプレーン弦で他は巻弦。
張りの強いギターのような音がします。
 
image
 
僕のベースにはトレモロもついているので、ほぼギターですね。
 
このトレモロは現在はアップはできないようにしています。
フローティングだとチューニングが狂いやすいのです。
 
 
このベースはベースレッスンで生徒さんのバッキングが必要なときなどによくギターの代わりに使っています。
 
最近はギターの生徒さんも増えてきたので、ギターもちゃんと持っているけどね!
 
image
 
普通のペグなので、狂いやすいです。
ペグの頭はゲイリー・ウィリス先生から直接買った、Ibanez製のウィリスペグです。
 

このムスタングは相当に重いのでそれ対策です。

 

image

 

指板はスキャロップです。

よくビリー・シーンのマネと言われるのですが、僕はイングヴェイを意識してやって、ビリーよりも前にやっていました。多分.....要するにビリーを意識してやったわけではないと言う事

 

僕は7Fくらいから削っています。

ジャンボフレットとあいまって、かなりビブラートが掛けやすいです。

 

 

ちなみに僕はMILES DAVISとやっていたリードベースのFOLEYが大好きでそれの影響かな。 

 
 
実際に彼のようなプレイはできないけど、久しぶりにそういう練習しないとな....って思っている次第。
 
 

 

 

Keisuke Nishimotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス