ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:

昨日は大阪へ行き、某音楽会社にクリエイターの学生を連れて訪問

 

 

そこで90年代J-POPを席巻した伝説のプロデューサーにお会いした。

 

1980年代後半から知名度をあげ、某有名アニメのテーマソングがミリオンセラー。

1990年代前半ではXXXXX系と総称されてチャートのトップは全て独占状態だった。

 

メディアに出ることはなく、インターネット上の画像も間違いだらけのまさに伝説のプロデューサー。

 

僕は社長室へ通され、その方にお会いして名刺交換したときに震えが止まらなかった。

 

プロデューサーから本当に貴重な話や秘蔵デモテープなど聞かせて頂き、

学生もこの原曲はもちろん僕でも知っていますよ!!と興奮状態。

 

プロデューサーからの言葉を僕的にまとめると。

「曲を書くのはむしろ素人のほうが良い」

 

「例えば、アナウンサーになりたかったら東京に住んで地方の訛りを消さなければならない」

「生粋の東京人というのはアナウンサーになるのに良い」

 

「素人というのはヒット曲しか聞いたことがないので、あたまに不純物がないヒットするメロディーしかないのだ。」

 

「人間というのはインプットしたものを自分の中で加工してアウトプットしていて、ヒット曲ばかり聽いている所謂普通の人のほうがヒット曲をかく素質がある。」

 

 

全てを言葉どおりに書き写せてはいないのですが、この言葉に衝撃でした。

 

しかも、これは言葉だけでなく。

 

普通に事務員として面接しにきた女性にカラオケが大好きで何百曲でも歌えるという特技を生かして曲を書くようにアドバイス。

当然、楽器も何も弾けないのだが、指一本でピアノで音を出しながらデモテープを録音。

 

ときにテンション感たっぷりのピアノの音程が出ていたりとピアノは全く素人だとわかる。

 

しかし、そこで歌われているなんちゃって英詞のメロディは、あの名曲!!!!

 

なんと素人で楽器も弾けない女性がプロデューサーのもとで作曲家として育っていた。

 

その方はその後ピアノは2音になり、メトロノームはなっていたけど、シンプルなデモテープだけど、そこにあの名曲のメロディがある。

 

プロデューサーはピアノなんて2音でいいんだよ。

歌があって、ベースがあればピアノ2音でも和音になるじゃん。

 

今の子達はデモテープに凝りすぎ。

むしろシンプルなもののほうが良いんだ。

 

その素人さんだった女性は楽器を弾けないのに、のちにこの会社のメインソングライターとなる。

 

また、別の超ヒット曲のデモも聞かせてもらったが、フェルナンデスのぞうさんギターと歌をカセットで一発撮り。

 

言い方は悪いが、たくさんのデモ・テープを聽いた感想は、あっこんなもんでいいんだ。

と僕は自信がついたのだ。

 

ただ、そのプロデューサーはやはり伝説だけあって、デモテープの段階をおいながら、この状態だとサビにインパクトないので、作り変えさせて、そして次はこれだけど...というように明確に売れるためのジャッジをなされる方だと。

 

そして、大胆にもすでに売れているXXXさんのように作れと指示してねと笑いながらおっしゃった。

 

なるほど、たしかに当時のXXXXX系は先発の売れたアーティスト風のアーティストも多かった。

 

この方法が全て良いということをここで発表しているわけではないし、売れる音楽を作ることだけが全てはない。

 

しかし、僕は48歳にして大きく目が覚めたんだ。

 

学校でのこのように教えないと行けないなと。

 

曲を作ることが昨今は=でDTMとかDAWというコンピューターを使って、CDで聞こえるような状態を作ることとされている。

 

そうではなくて、純粋にピアノで指1本で弾きながら、出来る子は3和音で十分なので、メロディーを創造させないといけないなと。

 

それもiPhoneの録音機能に吹き込めばいいだけじゃんと。

 

どうしても学校では一人でコンプリートさせられるようになることが良いとされる文化がある。

 

しかし、本来は不足を補うためにミュージシャンの仲間やボーカリストやエンジニアがいるのだ。

 

僕は伝説のプロデューサーから学んだことは、人と人をつなげるプロでありたいということ。

 

そして、色々と思い悩むよりもトップと会話することが一番の近道だと。

 

同席した学生にとっては、自分の生まれる前のムーブメントだったかもしれないが、この日本においてあのムーブメントを超えることは今だにない。

 

そして、日本のモータウンと言われたある会社の内部を視察し、なるほど!!

 

たしかにモータウンレコードのようだ。

地下で新人バンドが練習し、階上ではあるベテランがレコーディングをしている。

 

ここで勉強したことはすぐに学生に伝えたいと思う。

 

本当に素晴らしい経験だった。

 

 

Keisuke Nishimotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。