ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

広島のライブハウス オクトパスのオーナーであり、名古屋スクールオブミュージック専門学校の教務部長も務めるロックベーシスト


テーマ:

image

10月 25日 (水) ~ 11月 1日 (水)まで名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の研修引率でロサンゼルスに行っていました。

日記として学校BLOGに書きましたので、ぜひ御覧ください。

 

プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その1
プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その2
プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その3
プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その4
プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その5
プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その6
プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その7
プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その8
プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その9
プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その10

プロミュージシャン科 ロサンゼルス研修 その11 アウトテイク集

 

ここでは上記のBLOGで書かなかったことも含めて総括したいと思います。

image

image

今回の研修で嬉しかったのは、ベーシストのアンソニー・クローフォード氏に会えたことです。

彼はアラン・ホールズワースの最後の時代のベーシストであり、個人的に世界で最もレベルの高いベーシストだと思っています。

 

BLOG↓

http://www.nsm.ac.jp/contents/blogs/2017/11/02/7440

で動画を入れているので、見てください。

 

image

この彼のベースを見て分かるのはピックアップがとんでもない削れ方をしています。

これは弦高がかなり低く、ピックアップもスレスレだったので、弦が当たっているか、指が当たっているからでしょうが、ベーシストならわかるとおり、こんな場所がこれだけ削れるというのは、このベースをどれだけ弾き込んでいるかでしょう。

 

トッププロのベースを至近距離でチェックさせてもらって感じるのは、その練習量なんでしょうね。

 

image

 

音楽的なことは学校BLOGで書いているので、ここでは全く違うことも書いてみよう。

 

image

アメリカで流行っているのはVAPE(ベイプ)・電子タバコです。

image

フレイバーが色々とあって、アメリカのジュース(入れる香り)はニコチンも入っています。

 

image

僕が日本で入手したのより、アメリカで主流なのは超ハイテク版です。

学生も結構入手していたようです。

image

こういう専門店にも連れて行ってもらいました。

日本ではニコチンなしの煙と香り(味)を楽しむというカルチャーなんですが、アメリカのほうが随分と進んでいますね。

 

食べ物でいうとパンダエクスプレスがフェイバリットだな

 

image

 

甘辛いオレンジチキンとか最高

image

なぜ日本ではやらないのか?

image

学校の近くにあったら毎日いくわ

image

 

これよりも量を少なくして500円だったら流行るとおもわん?

 

こういう店作ろうかな!?

 

ある日はカニを食べに行きました。

 

image

 

image

日本で食べるカニみたいで超うまかった

image

アメリカは量も多くてうまいよね

image

ただ脂っぽいので、こんなのばかり食べていると太りそうですが...

image

僕が1993 年に留学したときにお世話になって、それ以来ずーと親交があるジーナさんとは、今回かなりお世話になった。

 

今後、アメリカと日本で学校とは関係なくビジネスしたいよねって話をしました。

 

僕もアメリカにしょっちゅういけるようなビジネスしたいので、今後は色々と考えようと思います。

 

 

今回の渡米ではPIZZAばかり食べていて、合間にスーパーでかったフルーツ、スムージーとか。

 

最終日は流石にハンバーガー食べておこうと思って、ジャックインザボックスへ行きました。

 

image

 

個人的には日本のマクドナルドが1番好きっすね。

image

ジュースの量がとにかく多い。

image

こんなに飲まんだろ。いくらアメリカ人でも。

とにかくスーパーいってもジュースの量が半端ないです。

アメリカ人にファットが多いのもよく分かるわ。

 

そうそう、今回の渡米で買ったものは、頭痛薬と制汗剤(アメリカ製は日本と違って性能高い)、そして靴。

 

image

アウトレットで結構安かったので、買いました。

日本だと2万円以上なんで半額以下ですね。

 

とにかくアメリカは靴は安いね。

 

image

履いてきた靴はその場でゴミ箱へ

image

僕はものを増やすのがキライ主義なので、大抵はアメリカで物を捨ててきます。

 

今回のアメリカで感じたことは、昨今のネット社会の弊害だけど、ものが安いと感じなくなってきた。

 

アメリカ人が日本に来るとダイソーやドンキホーテへ行きたいらしく、特にアメリカで安いと思うことは一部を除いて少ないです。

 

そういう意味でアメリカでの買い物の楽しみってのは殆どなく、楽器店に行っても日本のほうが圧倒的。

価格はサウンドハウスのほうが安いという具合ですからね。

 

だから学生達にも、とにかく景色を楽しめ、文化の違いを楽しめと言い続けました。

 

アウトレットの買い物も確かに楽しいけど、別に日本のアウトレットだってそこそこ安い。

 

25年前に留学したときは、日本に帰国すると浦島太郎状態やったけど、今はWi-Fiがどこでもあるので、日本とタイムラグなしで連絡つくしさ。

パソコンの前だと日本もアメリカも関係ない。まあっ時差だけ。

 

image

24年前に自分が感じたように今の子達に感じろというのは無理な話なんだけど、自分はああいう時代にアメリカで生活出来てよかったと思う。

 

こういうネット社会だからこそ、僕は買い物ツアーなんて別に必要ないと思う。

マジで銃とか麻薬以外だったら大抵日本でなんでも買えるからね。

 

感性を磨くということは、今の僕がもっとも必要としていること。

 

今回の渡米で幾つかのビジネスアイデアも浮かんできたし、自分にはアメリカに多くの友人がいて、その人達ともっと何か出来る気がした。

 

image

音楽に対しても物凄く意識が変わった。

アメリカ人のミュージシャンは本当に食うために物凄い努力をしている。

 

日本でもそうだろうけど、僕はアメリカのミュージシャンのほうが競争が断然激しいと思うし、技術とかジャンルの幅広さとかの必須項目はロサンゼルスのミュージシャンってかなりレベル高いと思った。

 

言い方は悪いけど、マジでロサンゼルスのミュージシャンのレベルは死ぬほど高くて、食えないと言っている人が日本だと引く手あまたのレベルの人達。

自分も頑張らなと思った。

 

その半面、ロサンゼルスという街にいると、音楽とかロックとかいうものは生活の一つに過ぎず、もっと巨大なものが渦巻いている街。

あまり音楽に傾注しすぎると、ビッグビジネスの本質を見逃してしまいそう。

 

本当に様々なカルチャーがあり、音楽はそのちょっとだけにすぎない。

 

せっかくロサンゼルスに友人やビジネスパートナーが沢山いるという財産を持っているのだから、これをこれからの人生で挑戦しないといかんと思った。

 

将来はまあアメリカに頻繁にいけるような仕事をしなきゃ。

 

そして、英語ももっと勉強しなきゃ! が今回の土産でした。

 

今回はこの辺で

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

Keisuke Nishimotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。