ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

広島のライブハウス オクトパスのオーナーであり、名古屋スクールオブミュージック専門学校の教務部長も務めるロックベーシスト


テーマ:
image
 
今回のプロジェクトは僕のフェンダーカスタムショップ・ジャズベース・レリックの純正ブリッジを交換して見ようというもの。
 
 
もともと僕のジャズベースはフレットのジャンボフレットにして、ピックアップもEMGに交換しているので、趣向的にはスペクターとか、フォデラとかのハイエンドベースのような雰囲気のホットロッドです。
 
ホットロッドの意味は見た目は古くてボロボロだけど、実用部分は時代考証を無視していいものをつけようという発想。
 
image
 
持ってきてもらったブリッジはバダスⅡ 約230グラム 鋳鉄製、 80年代フェンダー プレシジョンスペシャル用 約230グラム、シャーラー約255グラム、ESP 山下ブリッジ  約280グラム、またフェンダープレシジョンスペシャル用のコピー品のようなものなどなど、写真に写していない色々なものをチェックした。
 
image
まずも左側のESP山下ブリッジはダントツのヘビー級!大きくイメージは変わりそうだけど、ネジ穴が違うので、テストで付けるのは怖い、右のシャーラーも同様なので却下。
 
シャラーはローラーサドルは以前使った経験はあるけど、あまり良い印象ではなかったし、ルックスもね.....
 
バダスブリッジも付けるとマーカス・ミラーかスティーブ・ハリスが好きだと思われそうだし、別の付けたベースも持っているので、ネタ的に却下。
 
その他、フェンダータイプのリプレイスブリッジは色違いとかだから、面白くないので却下。
 
image
 
80年代フェンダー プレシジョンスペシャル用 約230グラム(左)とそのコピー品の右を持って比べてみる。
 
シルバーのほうが重たかったので、想像的にカチカチな音になりそうで、一旦却下。
 
image
 
ネタ的な意味とフェンダー純正ということで、このビンテージタイプのオーソドックスなものから80'sなヘビーなものに交換でどうなるか検証してみた。
 
image
 
弦を外してと
 
image
 
ブリッジを外す。下にRELICって刻印。
本物のビンテージと騙して売ることを防止しているのだろう。
 
image
 
ネジ穴は一緒なので、2~3分で交換は完了。
必ず、ブリッジ下のアース線をちゃんと取ることが大切。
 
image
 
そして試奏ね!
 
結果は!!!
 
image
 
はいっ速攻でもとに戻しました.....(爆)
 
 
個人的に昔はフォデラのモナークを弾いていて、今でもベナベンテベースを使っているので、ハイスペック系は大好き。
 
最近は趣向が変わってプレベも弾いている。
 
このジャズベも本来はストック状態(カスタムショップのレリックだからビンテージとかでは無いけどね。)で弾くつもりが、いつの間にかスペクターとかみたいな80'sな仕様に変化してきた。
だから、ゴツいブリッジは好みだろうと自分で想像していたのだが、結果は大間違いで、ネタとして付けておこうというのも難しいくらいに変化してしもーた。
 
image
 
まず、交換して同じ弦で弦高も一緒にセッティングしたのだが、1弦だけがテンションがきつくなりすぎた。
 
これが自分の指でコントロールできないくらいピーンとなってしまって、甘いトーンが出せなくなった。
 
もともと、僕はスラップはやらないし、弦もニッケルでダダリオとかエリクサーのようなヌメっとしたテンションが好き。
 
わかりやすく言うと、テンションが弱めで滑りが良い弦ということ。
 
これにフィンガーイーズとか吹いて弾いているのだから、いかにヌメっと感が好きかわかるだろう。
 
その好みに反して、ゲージを一回り太くしたかの良いな印象に特に1弦が変わってしまい、スラップでダブルプラッキングのテクニックとかで弦が離れる感覚が全く変わった。
 
その他の弦も粘りがなくなってしまってブルースが弾きにくいような印象になった。
 
これはあくまでも個人の好みであるし、もともとの80'sのフェンダーのスペシャルシリーズを買っていたら印象は別だろう。
 
とにかく、ネタとして、新しい音色とかタッチになって気分転換と思ったが、面白いほど期待と外れた(涙)
 
image
 
ルックスはホッドロッド感満載で好きだったんだけどな。残念。
 
image
 
こうなったらということで、生徒のくぢらちゃんが最近作ったギラギラのフレーク塗装のプレベくんのブリッジを交換してみよう企画。
 
image
 
まず、印象を頭にインプットタイム。
 
image
 
お互いに弾いて感触を覚えておいて即交換
 
image
 
このフレーク塗装はエロいな〜。
 
これでもかというギラギラ具合です。
ステージでもって弾きたいので、似合う演奏のチャンスくださいm(_ _)m
 
image
 
そして試奏開始!
 
もちろん僕が弦高は同じ状態にセッティングして、ブリッジが変わったことのみでインプレッション。
 
やはり、音が固くなりました。
そしていい意味でのプレベのガチャガチャした音が、ちょっと過剰になりすぎちゃって、新しい塗装やネックとかに相まって、痛い感じになっちゃった。
 
image
 
結果なんですが、フェンダーには普通のブリッジがいいなと思った次第。
 
ただ、これは個人の好みなので、重たいブリッジがNGなわけでも無いと思う。
 
僕のベナベンテのブリッジはケーラーのライトシリーズで軽く、やはり軽いブリッジを好むのだと自己認識。
 
あまり好きではないブリッジのコマが動くことも、そのことでテンション感が逃げていて、僕のタッチには合っているようだ。
 
image
 
今回はくぢらちゃんの協力で彼の膨大なブリッジコレクションから一部テストをさせてもらったけど、フェンダーはやっぱバランス取れているなと思いました。
 
image
 
あくまでも慣れの問題で、もともとハイスペックなブリッジの付いたベースで設計されてセッティングが出ていれば印象は違うだろうね。
 
image
 
こうやって、ベースについて研究するのは楽しいことだけど、あまり意識しなくて、いきなりショップで交換を依頼すると、失敗だった代償が大きいので、僕の意見としてBLOGにしてみました。
 
image
 
本日はこの辺で!!!
 
左の可愛い子ちゃんは娘です〜!!
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Keisuke Nishimotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。