遠隔ブロック解除ルイ スピリチュアルサロン裸足の女神 公式ブログ

遠隔ブロック解除ルイ スピリチュアルサロン裸足の女神 公式ブログ

遠隔ブロック解除 ルイのブログです。 根本ブロック解除、24時間ブロック解除、関係性浄化ワークなどオリジナルメニューを多数開発、セッションや伝授を全国でしています。リピーター率80%以上セッション実績6000件以上伝授実績400名以上です。




スピリチュアルサロン 裸足の女神 事務局です。

裏メニュー「凶方位避けワーク」を受けてくださったK・Tさまよりいただいた感想を掲載させていただきます。

 

明らかに病室の雰囲気が変わったのと、、母親が冗談を言って笑ったり、泣き言を言う事も少なくなりました。


後、同じ病室の人は母親の所以外誰もお見舞いに来ないのが気になっていましたが、最近は向かいのベッドの人に家族がちょくちょくお見舞いに来るようになり、安心しました。


同じ病室の人にも癒しのエネルギーがいってるのかなと思いました

 

まだ、これといってすごく実感があるとまではいかないのですが、方位を気にして生活しなくてはいけないと思っている感じから抜け出せたので、ずいぶん気持ちが楽になりました。


以前は夕方になると、東は時破だからあまり買い物行きたくないとか。結構ジンクスを、気にして自分で制限をかけていたのですが、そこまで気にならなくなりました。


後、引っ越ししたばかりなので、方位の良い影響を取り込みやすくなるというのも嬉しいです。


また、何かあれば報告します。
 

 

(ルイのコメント)

Tさま、ありがとうございます(^-^)

 

凶方位の影響が気になるとのことで、裏メニューの凶方位避けセッションをお母さまとTさまご本人に受けていただきました。

 

凶方位の影響については、パワースポット作成ワークの3回目を受けてくださった方には凶方位の影響を受けなくするワークをサービスで行わせていただいてます。

 

ただこちらについてはその場所や住居に対してなので、ご本人が移動したり旅行に行った時などは凶方位の影響を避けることはできませんでした。

 

住居や職場など、長くいる場所は凶方位対策をした方が良く、有益です。

凶方位は時間と共に巡ってくるので、引っ越しをしたり職場を変えるなどは容易にはできず、長くいる場所に凶方位の対処をしておいた方が良いです。

 

ただ、普段の移動や旅行などの時の凶方位が気になる場合もあると思います。

 

この「凶方位避けセッション」は場所でなくご本人に対して行います。

なので旅行した時などにも有効になります。

 

一番良いのは、住居など長くいる場所と、ご本人両方に凶方位避けを行うことです。

 

裏メニューとして存在してましたが、メニュー化を検討しようと思います。

 

ご本人に対して行う凶方位避けセッションは1年~1年半有効になります。

 

一斉遠隔ワークのように短期間(3か月~半年以内)一定回数受けると半永久的に作用するように改良してみても良さそうですね。

 

凶方位の影響を気にせず生活できるのは気が楽になりますよね(^^)

 

Tさま、ありがとうございます。

 

住居や特定の場所の凶方位の対処はパワースポット作成ワーク3回目で可能です。

パワースポット作成ワークについてはこちら

⇒ https://ameblo.jp/roko55/entry-11622508654.html

 

 

 

逆エンパス体質に対処するワーク

詳細はこちら→   https://ameblo.jp/roko55/entry-12269100467.html

 

サイキックアタックを自動で光に返すワーク  

詳細はこちら→ http://ameblo.jp/roko55/entry-11559634567.html

 

エネルギーバンパイアに対処するワーク

詳細はこちら→ http://ameblo.jp/roko55/entry-12227992020.html


グラウディングを自動化させるワーク

詳細はこちら→ http://ameblo.jp/roko55/entry-12251704320.html

 

★エンパス体質に対処するワーク

 

詳細はこちら→ http://ameblo.jp/roko55/entry-12180171760.html

 

上記の、一斉遠隔の日時をお知らせいたします。

 

 

逆エンパス体質に対処するワーク     4/30

 19時半〜

サイキックアタックを自動で光に返すワーク 4/30 20時~

エネルギーバンパイアに対処するワーク 4/30 20時半~ 

グラウディングを自動化するワーク 5/1 19時~ 

エンパス体質に対処するワーク 5/1 19時半~ 

 

 

またご質問がいくつか寄せられたので、回答を載せておきます。

 

Q 個別で受けることは不可能ですか?

 

A どうしても個別で受けたい場合はご相談いただければ個別の受付も可能です。

 

ただ、効果に違いはないので、できましたら一斉遠隔をお申込みいただけますと幸いです。

 

Q いつまで申し込めばいいですか?

 

A 以前、セッションか伝授を受けてくださった方であれば、一斉遠隔当日も可能です。

 

新規の方は前日までにお願いいたします。それ以降ですと次の日時か個別に行わせていただきます。

 

Q これらは有料ですか?

 

有料になります。

 

Qセッションの内容はどこに書いてますか?

 

詳細はこちらと書かれたURLに詳しい内容を記載しています。

 

Q サイキックアタックを自動で光に返すワークを受ければ全ての念を防げますか?

 

A 全ては難しいです。念にもいろいろあり、恨みや呪念など特定の念や強い念は別に対処する必要があります。広く大まかに対処というイメージです。

全てのセッションに言えますが、施術者側だけでなく受けていただく側との二人三脚なので、変化や効果は受ける側にもよります。また100%の効果を保障するものではありません。

良ければこちらもご参照ください。

セッションを受けて変化しやすい人としづらい人の違い

 

セッションメニューはこちら


伝授・講座の案内はこちら

 

 

 

 

会話をしていると、何か冗談を言った時などに、相手が無言になってしまう。

 

いわゆる「シーンとされる」という状況はよくあることだと思います。

 

シーンとされるのは引いた反応のように感じられ、滑った感じや否定された感じを感じる人もいるとします。

 

 

また傷つく場合もあるでしょう。

 

今回は「会話をしていてこちらの言ったことに対して無言になる、シーンとする人の心理」を考察してみます。

 

会話中に無言の反応をする「シーンとなる」のはコミュニケーションが苦手な人に多い

 

可能性として多いのは、コミュニケーションが苦手なタイプということです。

 

いわゆる話下手な人です。

 

会話が得意ではなかったり、普段人と喋る機会が少ないなど、話下手でとっさに言葉が出なかった状態です。

 

コミュニケーションが苦手なコミュ障タイプ、人見知りタイプの人に特に多いかもしれません。

 

 

また女性より男性の方がどちらかというと多い傾向かもしれません。

 

心理と言うより、会話が得意ではなく、上手く返せなかっただけです。

どう返せばいいかわからないので、無言になり、シーンとなっている状態です。

 

男性は、比較的女性に比べるとお喋りな方ではなく、言葉のコミュニケーションは得意でないという説もあります(ですが人によります。会話が得意な男性も多いです)

 

LINEやメールなどで、どう返していいかわからないので既読スルーする。

こんな状態にも似てます。

 

シーンとするのは中にはネガティブな意味合いの場合もある?

 

なので悪意や他意があるというより、話下手で咄嗟に言葉が出なくシーンとしてるだけです。

 

ですが中には「引いた反応をして相手を下げようとする」場合もあります。

 

引いた反応を使って遠回しに相手を下げて、エネルギーを奪いたがる人もいます。

 

そのことについてはこちらに詳しく解説してます。

⇒ 相手に引いた反応をしやすい人は恥の意識が強い?

 

 

引いた反応を隠さず出すというのは、自分を守りながら相手を否定したり攻撃することができます。

 

直接的に攻撃してないので相手は文句も言いづらいです。

 

「あなたが嫌いです」とわざとらしく態度に出したり、無視をする、冷たい目で見る(目を使った攻撃)なども同様です。

 

シーンとするのは攻撃の意味合いであることは少ないとは思いますが、上記のようなエネルギーバンパイア状態の可能性もあります。

 

シーンとされたり、すぐ黙る人に傷つくという場合の対処

 

ですが、こちらが言ったことに対してシーンとされたり、会話中に無言になることが多いと気になる人もいると思います。

 

「私そんなに変なこと言ったのかな…」

「あ、嫌われてるのかな…」

 

こんな風に思って傷ついてしまうことも少なくないと思います。

 

同じように話下手なタイプだと、コンプレックスに感じてたりするので余計気にしやすいようです。

 

シーンとされたり会話中に相手が無言になることが多いと、否定されたように感じプライドが傷ついて相手を嫌いになる場合もあるかもしれません。

 

コミュニケーションが苦手なタイプの人は被害者になることが多い傾向かもしれませんが、本人に悪気はなくても他人を傷つけていることもあります。

 

 

なぜか嫌われてしまうという人も、知らずに相手を傷つけている可能性もあります。

 

シーンとされて傷ついたという時は「自分のせいで相手はシーンとした、自分の発言に引かせてしまった」と思って自分を責めたり自己否定しているからです。

 

相手に対し、嫌いになったり責める気持ちも出るかもしれませんが、自分を責めて否定してしまうから、傷ついてしまったということです。

 

相手がシーンとするという相手を通して、自分を否定して恥じてしまった状態です。

 

「あ、シーンとされた。うわ、引かれた…。うわー、滑った。うわー、恥ずかし・・・」

 

言語化するとこんな気持ちです。

 

なので、シーンとされて傷ついてしまうという場合は。

 

まず、相手は会話下手なタイプだったり、もしくは咄嗟に返す言葉が出なかった可能性が高いと言うことを留意しておくといいと思います。

 

シーンとされた=引かれた、嫌われてる

 

というのは妄想の範囲です。

いわゆる「被害者意識」です。

 

確かに、シーンとされるのは気まずい微妙な空気を感じます。

ですが嫌われてると判断するのは妄想の範囲かなと思います。

 

私は過去にあるグループで、自分が発言した時にシーンとされることが何度かあったのが嫌だったと伝えたことがあります。

 

その時に言われたのは

「あなたは予想できないことを言うから、何て返せばいいかわからなかっただけ。シーンとされたのは、あなたは人が予想できないことや意外なことを言う人だからじゃないか」

 

と言われたことがあります。

別に引いたわけじゃなく、意外なことを言われて咄嗟に言葉が出てこなかっただけだということでした。

 

他の人達も頷いてました。否定する意味合いは全くなかったそうです。

 

会話が得意な人であれば咄嗟に言葉が出たりツッコミを入れたりできるんでしょうが。

そういう人は多くはないと思います。

 

シーンとされると傷ついてしまうという場合は、まず自分が自分のことを責めて否定していることに気付くこと。

 

そして引かれた、否定されたと感じたとしても、被害者意識であることが多いということに気付くこと。

 

そうすると、被害者意識を持ってしまう自分(の考え方)を変えればいいだけということがわかります。

 

シーンとされるというのはそんなに大したことでもなく、よくあることです。

誰だってそんな経験をしてきているでしょう。

 

ただ中にはエネルギーバンパイア状態の人もいます。

その場合も、自分を否定しないようにするのが自分でできる対処になります。

 

 

自分を否定してしまいやすい人はこちらがおすすめです

⇒ 自己否定のブロック解除についてはこちら

 

 

スピリチュアルサロン 裸足の女神 事務局です。

お金のブロック解除を受けてくださったH・Iさまよりいただいた感想を掲載させていただきます。

 

 

こんにちは。

お金のブロック解除の1回目と2回目ありがとうございました。

前々からお金に関して問題があると感じてはいましたか、問題が大き過ぎて直視出来ずにいたと思います。

このセッションを申し込んだ直接のきっかけは、「お金が無い!!」と感じて不安になってパニックになってしまった

出来事でした。冷静になると余裕ではないですがそこまでパニックになる事でもありませんでした。

今までも現実的なお金の有無とあまり関係なく「お金が無い」と恐怖に駆られることが度々ありました。

一方で無駄遣いも多く、自分を責めたり後悔することが多かったです。

 

最近様々な方から物や食べ物を頂いたり食事を奢って貰う機会が多く、

沢山受け取っているのに私は返せてないなあと感じていた所でした

アドバイスを実践していきたいと思いました。

 

2回目のセッションが終わってから一週間程ですが、迷いながらも本当に自分が望む事は何なのか考えてお金を使えた機会が

何度かありました。

 

以前のようにお金がないという恐怖に駆られて動いたことがことごとく上手くいかず不思議でした。

 

レポートにあった収入の上限や無意識の抵抗や疑いはやはり、と思ってしまいそれだけ根深いのかなと思いました。

 

親からの影響は強いと思いますが自分の人生なので少しずつ変えていきたいと思いました。

 

3回目もよろしくお願いします。

 

(ルイのコメント)

Iさま、ありがとうございます(^-^)

2回目のお金のブロック解除の感想をいただきました。

 

お金に対して不安が湧いてきたり、漠然と不安に感じることは多いと思います。

 

この世界は、お金がないと生きていけないという要素が強く、嫌でも貨幣制度に影響される面はありますよね…。

 

ですがお金もエネルギーであり、物質的なものなので難しく感じやすいですが、良い流れにすることも可能です。

 

そのためにはお金に関する、無意識も含めたネガティブな意識や思い込み(ブロック)を変えていく必要があります。

 

お金のブロック解除を受けられて、受け取れていることに意識が向いたようですね。

受け取れているということにフォーカスするのはとても良い兆候です。

 

Iさま、ありがとうございます。

 

★お金のブロック解除についてはこちら

⇒ https://ameblo.jp/roko55/entry-11463625363.html

 

被害者意識というのは誰しも持っているものですが、いろいろと足を引っ張ってくる厄介な面も多いです。

 

では「被害者意識が強い」とはどういう状態なのか?

 

 

被害者意識とは自分を被害者だと思いたがる意識のことです。

自分は誰かや何かのせいで害を被ったと信じこもうとする意識です。

 

被害者意識が強い状態の特徴として

「自分は何も悪くない、悪いのは〇〇だ」という意識が強い状態があります。

 

「自分は悪くない」というのが強いと、悪いのは全て誰かや何かと外側のせいにして他責が強くなります。

 

「自分がしたこと、与えたことは自分に返ってくる」という法則があります。

 

このことについてはこちらに詳しく書いてます。

したことが自分に返ってくるは本当なのか

 

 

被害者意識が強い状態の特徴として「自分がしたことが返ってきた」ということが受け入れられない、認めたがらないというのもあります。

 

 

例えば誰かにぞんざいに感じる態度をされたとします。

 

これも自分がしたことが返ってきてるという要素はかなりあります。

 

ですがこう思う人は多いと思います。

 

「私はあんな風に、誰かに対してぞんざいに扱うような態度や行動をしたことなんか一度もない!自分がしたことが返ってきてるはずがない!明らかにあの人が悪いし間違ってる!」

 

自分がしたことは自分に返ってくるというのは、行動のみだと思っている人は多いです。

 

ですが心の中で思ったこと、考えたことも含まれてきます。

他に無意識に念を送って攻撃や妨害していることも多いです。

 

「何だよ!あんな奴、〇〇ばいいのに」

こんな風に怒りや恨みから心の中で悪態をついたり、または相手の不運や不幸を願う心理は人間は珍しくないです。

 

妄想で、相手が悲惨な目に遭っているのを想像したり、頭の中で相手にやり返したり悪態や暴言を吐いた想像をしたなど。

 

実際に行動に移さず胸にしまった場合は「私は何もしてない」と思いたくなるのは仕方ないでしょう。

だって何もしてないのですから。

 

ですが心の中で思ったこと、もしくは相手に発した感情(エネルギー)も、無意識で波長やエネルギーを発しています。

それが何かの形で返ってきてくるということです。

 

自分は誰かを傷つけるような行動をしてなくても、心の中で誰かを嫌って否定や非難していることはよくあることではないでしょうか?

 

もちろん、実際に行動に移さず胸にしまう方が大人で、人としては立派ですし余計な恨みを買わずに済むのでそれ自体はとても良いことですが。

 

良い悪いの話ではなく、良い悪いも善悪もなく働くのが法則というものだったりします。

 

ですがこれを認めたがらず「私は悪くない、何もしてない、私に原因は何もない、全て相手のせい」と思わせようとするのが被害者意識が強い状態の時です。

 

「自分とは一切無関係に理不尽に他人や外側のせいで被害を受ける」という信念が強いということです。