渋谷のカウンセリングルーム【スカイプOK】うつ・パニック・あがり症・トラウマ・強迫性障害・対人恐怖・不眠・依存症

渋谷のカウンセリングルーム【スカイプOK】うつ・パニック・あがり症・トラウマ・強迫性障害・対人恐怖・不眠・依存症

うつ、パニック、あがり症等のメンタル不調があると仕事も生活も不安です。カウンセリングでメンタル不調を解消し、安心して仕事をし生活できるようにサポートします。


■無料メールセミナー「対人恐怖を楽にするために知っておきたいこと」(全7回)

 対人恐怖の克服は、自己流では難しいことがほとんどです。
 そこで対人恐怖を克服するヒントになる内容を動画と解説文で
 わかりやすくお伝えするメールセミナーを作りました。
 興味のある方は、下記リンクからご登録ください↓
 ⇒ http://www.reservestock.jp/subscribe/52168





こんにちは、
心理カウンセラーのたかむれです。



現在渋谷にあるセッションルームで
主にメンタル不調の方を対象にした
カウンセリングを行っています。


メンタル不調があると、
仕事や生活に見通しが立たず、
不安が強くなりますよね。

その気持は、
とてもよくわかります。


なぜなら私自身、
会社員時代に激務のため、
1年以上の休職に陥ったことがあるからです。

その後も本調子ではない日々が続き、
不安と絶望の日々を過ごしました。


でも今は、おかげさまで
休職以前よりいいコンディションを
維持できています。

様々なセラピーや、
セルフケアの研究が助けになったのです。


そして16年前、
カウンセリングを仕事として始めました。

私の経験と身につけたスキルは、
メンタル不調をお持ちの
多くの方々の助けになるもの。



実際一昨年までの10年間は週2日、
精神科クリニックでも

カウンセリングを行った実績があります。

現在も就労移行支援事業所で、
メンタル不調の方を対象にした
ストレスマネジメント講座を
定期的に行っています(3年間)。


一対一のカウンセリング数は、
10,000件以上になります。

ストレス性のパニック症であれば8~10回、
あがり症であれば1~3回で楽になることが多いです。


うつ病の場合は環境因、生育歴によって、
個人差があります。

自らの休職経験や、現場経験を踏まえ、
特定の流派にとらわれない、
総合的なアプローチで回復をサポートしています。
 



メンタル不調で仕事や生活に
支障が出ている方へ。


今は回復の見通しが立たず、
不安や絶望のなかにおられるかもしれません。


でも大丈夫。

安心してください。





協力関係を築き必要な手を打てば、
必ずいい方向に向かいます。


メンタル不調からの回復を目指し、
一緒に進んでいきましょう。


カウンセラーを選ぶ際、
雰囲気、話し方も大切な要素。

YouTube動画がございますので、
よろしければご確認下さい。




セッションの空き状況はこちら
こんにちは、心理カウンセラーのたかむれです。
  
「無茶食いを何とかしたい」というテーマで
カウンセリングを受ける方は、
かなりいらっしゃいます。

ストレスがかかると食べ始める。

最初は「少しだけ」と思っているのに
止まらなくなる。

気がついたら胃がパンパンで、
痛いほど。
  
その時は後悔するけれど、
また無茶食いしてしまう。
  
このサイクルが繰り返されていて、
体重も気になるし、健康にも不安が。
  
この無茶食いをやめたい、
と思っている方に役立つ内容を
ブログに書きました。
 

 

カウンセリングをしていると、
現実感のなさを訴える方が数多くいらっしゃいます。

その多くは慢性的なもので、
ずっと苦しんでおられるのです。



当然医療機関に行ったり、
カウンセリングを受けたりなさるのですが、
現実感のない体験をなかなか理解してもらえず、
ラクにならないまま、
というケースが多いように思います。

この記事では現実感のなさ(離人感とも言います)の原因と
ラクになるヒントをお伝えします。
https://www.takamurekenji.com/archives/1002.html

家族や友人がうつで苦しんでいる、

という方は多いと思います。

 

その際、どのように接すればいいのか、

というのは悩みますよね。

 

今までとうって変わり、食欲もないし、

好きだったことにも無反応。

 

 

特に朝は全く表情もなく、別人のよう。

すぐに疲れてしまい、

どこかに一緒に出かける時もすごく気を使う。

 

うつとわかっていてもストレスになり、

イライラしたり当たってしまったりすることも。

あとから後悔し、

でもどうしてわからない状態が続くことで、

「もう限界」と感じている方もおられると思います。

 

 

 

家族や友人がうつになったときに、

どんな状態なのか、

そして何に気をつければいいのかについてブログに書きました。
https://www.takamurekenji.com/archives/960.html