山地の住人
コメントに関してですが…基本的に誰でも書きこんで構いませんが、記事に関係したコメント以外はお断りします。
そういうコメントは気が付き次第削除しますので悪しからず(´・Д・)」
また、アメンバーに関しては記事を書いている方で交流がある方のみ受け付けます。
ブログ開始日 2008年11月10日
  • 30Apr
    • 北関東三十六不動尊霊場

      どうもこんにちは、りんですm(_ _)m平成も今日で終わり、令和へと変わりますね…先日、ちょっと前に途中まで巡っていながらそのままになっていた、北関東三十六不動尊霊場を巡って来ました( *ˊᵕˋ)ノ満願しましたので、全部の御朱印を紹介したいと思います(*'▽'*)♪御朱印帳みなかみ町湯原一番水上寺(みなかみじ)沼田市坊新田町二番金剛院(こんごういん)高崎市中室田町三番大福寺(だいふくじ)安中市松井田町松井田甲四番不動寺(ふどうじ)高崎市成田町五番光徳寺(こうとくじ)伊勢崎市美茂呂町六番退魔寺(たいまじ)伊勢崎市西小保方町七番長安寺(ちょうあんじ)みどり市笠懸町阿左美八番南光寺(なんこうじ)太田市烏山上町九番西慶寺(さいけいじ)太田市新田小金井町十番医王寺(いおうじ)千代田町赤岩十一番光恩寺(こうおんじ)館林市緑町十二番遍照寺(へんじょうじ)小山市乙女十三番泉龍寺(せんりゅうじ)栃木市大平町西水代十四番延命寺(えんめいじ)栃木市吹上町十五番正仙寺(しょうせんじ)栃木市梅沢町十六番華蔵寺(けぞうじ)鹿沼市草久十七番瑞峰寺(ずいほうじ)宇都宮市田下町十八番持宝院(じほういん)宇都宮市大通り十九番宝蔵寺(ほうぞうじ)芳賀町稲毛田二十番崇真寺(そうしんじ)さくら市喜連川二十一番慈光寺(じこうじ)さくら市氏家二十二番光明寺(こうみょうじ)那須塩原市沼野田和二十三番金乗院(こんじょういん)大田原市山の手二十四番龍泉寺(りゅうせんじ)那珂市飯田二十五番一乗院(いちじょういん)水戸市田島町二十六番和光院(わこういん)水戸市天王町二十七番神崎寺(かみさきじ)大洗町磯浜町二十八番西福寺(さいふくじ)鹿嶋市宮中二十九番護国院(ごこくいん)稲敷市江戸崎甲三十番不動尊院(ふどうそんいん)土浦市永国町三十一番大聖寺(だいしょうじ)つくば市上大島三十二番一乗院(いちじょういん)桜川市本郷三十二番妙法寺(みょうほうじ)古河市尾崎三十四番永光寺(えいこうじ)坂東市弓田三十五番慈光寺(じこうじ)つくばみらい市板橋三十六番不動院(ふどういん)満願之証平成の最後の最後に行けて良かったなと…私的には良い事も悪い事も色々あった平成、令和はよい時代になってもらえると有難いかなぁ(*^。^*)

  • 26Apr
    • 蔵出し その12

      どうもこんばんはm(_ _)mそしてお久しぶりです、りんです(≧∇≦)/平成もあと少し、個別記事を書こうかと思い調べものをしているのですが…仕事の忙しさや体調の悪さも相まって、なかなか書く事が出来ていません。待っていてくれている方がいるかはわかりませんが、ホントすいません(つд⊂)そんな訳で、苦し紛れの蔵出し企画第12弾( ー`дー´)キリッ栃木市西方町真名子大宮神社(おおみやじんじゃ)栃木市大平町横堀春日神社(かすがじんじゃ)栃木市大平町川連川連天満宮(かわつらてんまんぐう)宇都宮市中島町中嶋神社(なかじまじんじゃ)いわき市常磐藤原町藤代熊野神社(くまのじんじゃ)富里市高松香取神社(かとりじんじゃ)富里市十倉高松入神社(たかまついりじんじゃ)常陸大宮市小田野吉田八幡神社(よしだはちまんじんじゃ)那須烏山市月次加茂神社(かもじんじゃ)那須烏山市三箇三箇神社(さんがじんじゃ)南相馬市原町区高多珂神社(たかじんじゃ)浪江町北幾世橋初發神社(しょはつじんじゃ)水戸市白梅金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)水戸市本町八阪神社(やさかじんじゃ)水戸市浜田銭谷稲生神社(ぜにやいなりじんじゃ)水戸市元吉田町金山稲荷神社(かなやまいなりじんじゃ)水戸市笠原町水戸神社(みとじんじゃ)太田市世良田町八坂神社(やさかじんじゃ)伊勢崎市東上之宮町倭文神社(しとりじんじゃ)伊勢崎市美茂呂町退魔寺(たいまじ)太田市金山町新田神社(にったじんじゃ)太田市金山町大光院(だいこういん)太田市本町春日神社(かすがじんじゃ)太田市東今泉町曹源寺(そうげんじ)小山市羽川橿原神社(かしはらじんじゃ)真岡市久下田千代ヶ岡八幡宮(ちよがおかはちまんぐう)東海村船場船場稲荷神社(ふなばいなりじんじゃ)今回は書き置きが多かったので、日付無しが大部分となっております。直書きでないとイヤという方もいるかと思いますが、いただけるだけ有難いのですよ(*´艸`)それというのも、とある神社で社務の絡みで書き置き対応になっていた時、とある年輩の方が「書き置きじゃなく御朱印帳に書け!!」と怒鳴り散らしていたのを見てしまったのです…あぁいうのを見るとなぁ( ̄△︎ ̄)そういうのも見かける昨今ですが、改めて参拝の仕方やマナーを考えてみるのもいいかと思います。個別記事は期待しないで待っていただけると……ストックは恐ろしいほどあるけどね(´>∀<`)ゝ))エヘヘ

  • 06Jan
    • あけましておめでとうございます

      どうもあけましておめでとうございます、りんですm(_ _)m年も明けはや6日、皆様如何お過ごしでしょうか?もう仕事初めをした方や、正月休みなぞ無かった方も居るでしょうが…私は明日から(*'▽'*)♪うん、明らかに身体がなまってるよ(;^_^Aまぁ…年明け後はあちこち神社巡りをしてましたので、比較的歩いてたかもしれん(笑)一部だけですが、参拝したうちの式内社(論社)大子町下野宮 近津神社南相馬市小高区大井 益多嶺神社南相馬市原町区高 多珂神社桜川市大国玉 大國玉神社桜川市加茂部 鴨大神御子神主玉神社桜川市磯部 櫻川磯部稲村神社笠間市稲田 稲田神社水戸市宮内町 吉田神社この他にもっと参拝してますが…あとはお正月しかいない様な所ばかり普段からいただける所はほぼいただいてますので、普段居ない所に行っちゃうんだよね(笑)1日は地元と普段居ない所、2日は南相馬でNachtigall Blaueさんと会えましたし、3日はwataさんと大國玉神社の特殊神事を見に行きました( *ˊᵕˋ)ノ4日は常々お世話になっている宮司さんの所に挨拶回り、5日になってから買い物に出かけるという…この辺りになると初売り的なものはほとんどないですけどね(;^_^A今日はゆっくりとウチでゴロゴロ…かな?3日の特殊神事は桜川市・大國玉神社の「鍬の祭」これは正月3日、境内に榊の葉を四角形に敷きまして、これを田んぼに見立てて田植えの神事をするのです。お正月に田植え神事というのも珍しいですが、最後に餅米が入った桶に豆を投げ入れます一瞬だけ蓋を開ける時に投げ入れますが、この時に桶に入った豆が多いほど豊作になるそうです。まぁ、最終的には全部入れてしまえと言わんばかりに豆が桶に入れられるんですけどね(笑)その餅米は氏子さんから参拝者に振る舞われます。ŧ‹"((。´ω`。))ŧ‹”昨年はあまり更新できませんでしたが、今年はもう少し更新できるといいなぁ…最後に、旧年中は色々ありがとうございました、本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

  • 08Dec
    • 蔵出し その11

      どうもこんばんは、りんですm(_ _)m気付けば、早12月…ヤバいぐらいストックがΣ( ̄□ ̄)!そんな訳で、個別記事が書けない現在の状況で苦し紛れの蔵出し企画、その11になります٩(ˊᗜˋ*)و今回は群馬と栃木が大部分となります。鹿沼市上大久保神舟神社(かぶねじんじゃ)富岡市妙義町妙義妙義神社(みょうぎじんじゃ)下仁田町上小坂中之嶽神社(なかのたけじんじゃ)安中市松井田町松井田甲不動寺(ふどうじ)高崎市中室田町大福寺(だいふくじ)高崎市榛名山町榛名神社(はるなじんじゃ)渋川市伊香保町伊香保伊香保神社(いかほじんじゃ)渋川市渋川渋川八幡宮(しぶかわはちまんぐう)渋川市北橘町下箱田木曽三社神社(きそさんしゃじんじゃ)榛東村広馬場黒髪山神社(くろかみやまじんじゃ)高崎市成田町光徳寺(こうとくじ)高崎市上中居町諏訪神社(すわじんじゃ)伊勢崎市堀口町飯玉神社(いいたまじんじゃ)伊勢崎市美茂呂町飯福神社(いいふくじんじゃ)伊勢崎市西小保方町長安寺(ちょうあんじ)伊勢崎市東小保方町大東神社(だいとうじんじゃ)伊勢崎市国定町赤城神社(あかぎじんじゃ)小野町夏井町屋諏訪神社(すわじんじゃ)那珂市豊喰天満神社(てんまんじんじゃ)那珂市西木倉諏訪神社(すわじんじゃ)日光市小林瀧尾神社(たきおじんじゃ)日光市今市如来寺(にょらいじ)那須烏山市志鳥愛宕神社(あたごじんじゃ)那須烏山市志鳥高林寺(こうりんじ)那須烏山市中央寿亀山神社(じゅきさんじんじゃ)那須烏山市金井泉渓寺(せんけいじ)佐野市植下町赤城神社(あかぎじんじゃ)那珂市額田南郷引接寺(いんじょうじ)足利市五十部町瑞泉院(ずいせんいん)足利市葉鹿町無量院(むりょういん)足利市駒場町三柱神社(みはしらじんじゃ)足利市大久保町本源寺(ほんげんじ)足利市高松町長昌寺(ちょうしょうじ)個別記事、もう少しで書けるかもしれん…幾つか寺社の由緒を調べ初めました(*'▽'*)♪今までの記事は図書館で調べをし、その絡みで司書の方とは顔見知りになってまして…最近、久しぶりに図書館に行ったところ「久しぶりだね、りんさん」と司書さんから開口一番に言われました(;^_^A「なんか閉架図書から出す?」とまぁ、こんな感じで司書さんとも仲良しな私です(笑)個別記事は年内に1つぐらいは……出せるか?期待しないで待っててね(´>∀<`)ゝ))エヘヘ

  • 29Nov
    • 蔵出し その10

      どうもこんばんは、りんですm(_ _)mえっと……お久しぶりです(;^_^A書く気が起きないま、あと少しで12月になってしまうので、私の事を忘れないでという意味合いも込めて蔵出し企画です٩(ˊᗜˋ*)و那須烏山市神長観音寺(かんのんじ)那須烏山市宮原寶照寺(ほうしょうじ)那須烏山市月次西方寺(さいほうじ)古殿町竹貫亀堂院(きどういん)玉川村小高大雷神社(たいらいじんじゃ)蔵王町遠刈田温泉蔵王寺(ざおうじ)白石市益岡町白石神明社(しろいししんめいしゃ)亘理町逢隈鹿島鹿島天足和気神社(かしまあまたらしわけじんじゃ)名取市愛島笠島道祖神社(どうそじんじゃ)山形市山寺立石寺(りっしゃくじ)山形市山寺山寺日枝神社(やまでらひえじんじゃ)天童市荒谷北畠神社(きたばたけじんじゃ)山形市宮町鳥海月山両所宮(ちょうかいがっさんりょうしょのみや)山形市十日町歌懸稲荷神社(うたかけいなりじんじゃ)山形市旅篭町里之宮湯殿山神社(さとのみやゆどのさんじんじゃ)山形市六日町熊野神社(くまのじんじゃ)山形市八日町六椹八幡宮(むつくぬぎはちまんぐう)山形市諏訪町諏訪神社(すわじんじゃ)日立市大みか町八坂神社(やさかじんじゃ)長瀞町長瀞寳登山神社(ほどさんじんじゃ)秩父市黒谷聖神社(ひじりじんじゃ)秩父市下吉田椋神社(むくじんじゃ)小鹿野町小鹿野小鹿神社(おしかじんじゃ)秩父市寺尾諏訪神社(すわじんじゃ)秩父市番場町秩父神社(ちちぶじんじゃ)秩父市中町今宮神社(いまみやじんじゃ)秩父市三峰三峯神社(みつみねじんじゃ)日高市新堀高麗神社(こまじんじゃ)結城市田間三蔵神社(さんぞうじんじゃ)ここ最近、ずっとログインすらしてなかったのでコメントをいただいていながら返信もしてなかった…ほんとすいません(o´Д`)体調不良や仕事、その他もろもろでブログから遠ざかっていました。そんな中でも、個人的にあちこち参拝をしに行ったり…外国人の友人&その友人を日光に連れて行ってガイドしたり…文化財公開(常陸太田・常陸大宮・かすみがうら・足利)で知人をガイドとして連れて行ったり…とまぁ、忙しい忙しいと言いつつ何気に出掛けている私です(笑)今までに記事にしている寺社も行ってたりしますし、蔵出し企画その11にまわす所もありますので、参拝している所はもっとあります。記事としては、日光ガイド・常陸太田集中曝涼ガイド・かすみがうら文化財公開ガイドなどを書きたい気もするが、なかなか書こうって気が起きんのよ(;^_^A記事的に面白く書けるのは、外国人を連れて行った事はホント色々あったんだけどな( *ˊᵕˋ)ノ最近は、仕事帰りにストレス解消の為に寺社でボケっと時間を過ごす事が多く…知人である住職様や宮司様から「悩み事あるのならば相談にのるよ」と、有難いお言葉をいただいております。私、りん…多分、まだ大丈夫٩(ˊᗜˋ*)وブログに関しては超スローペースになりますが、更新時にはよろしくお願いしますm(_ _)m

  • 23Sep
    • 羽黒神社(大子・上金沢)

      どうもおはようございます、そしてお久しぶりですりんですm(_ _)m茨城県久慈郡大子町上金沢128羽黒神社(はぐろじんじゃ)一の鳥居社号標手水場二の鳥居拝殿本殿への階段岩場本殿狛犬境内社神輿蔵仏像墓石(権大僧都法印宥覺)創建は延暦17年(798)1月、坂上田村麻呂が出羽羽黒山より勧請田村麻呂が東征の途上、上金沢の山に登り北方を見渡すと不思議にも眼前に一つ登り峰が浮かび、その形が今自分が居る山に似ている東征で実際に羽黒山を見てみると、上金沢で浮かび上がった峰は羽黒山だと確信これこそ霊験あらたかなものとし、帰路上金沢に立ち寄り、山上に羽黒神社を祀り山名を羽黒山とした永禄2年(1559)、この地の豪族・大塚大膳太夫により再興明治6年(1873)、村社列格明治35年(1902)、台風により社殿倒壊明治36年(1903)、山下にあった神輿殿を改造し拝殿とし、この後は山下が拝殿となる御祭神は倉稲魂命こちら大子町西部の山中に鎮座する神社でして…狛犬見たさに雨上がりで足場の悪い中、山を登ったのが思い出されますσ(^_^;)さて、鎮座している羽黒山ですが剣ヶ峯とも呼ばれていて「剣ヶ峯神社」とも言われており、棟札には「剣ヶ峯神社羽黒大権現」とある「大子の伝説」石井良一著によると創建がちょっと違くて延暦14年(795)、坂上田村麻呂の東征の折に近江坂本より分霊を勧請近江坂本という事は日吉大社からと考えていいだろう…が、上中下のどの神を勧請したのかは不明また、僧都の墓石があることから別当寺があった事は確実なので、その寺院が天台宗か真言宗ならば羽黒山の関係が深い事は間違いないが、天台宗であったとしても日吉大社絡みが当てはまるかと?延暦20年(801)、坂上田村麻呂が出羽羽黒神社の分霊を勧請と書かれており、いくつか説が出てきてましてどれがそうなのか悩みますねσ(^_^;)そんな訳で茨城県神社誌では東征の帰り、大子の伝説では行きに日吉大社からで帰りに羽黒神社より勧請したという事になります。関東や東北には坂上田村麻呂が関西から勧請した神社が多いので、そのうちの一社ですまぁ…あまりにも多いので、本当に坂上田村麻呂当人が勧請したのか?と言われると断言出来ないのが本当のところではあります(;^_^Aとにかく、坂上田村麻呂の勧請という神社の1つとして参拝するのも良いかと?まぁ、私的には狛犬がおすすめであります(笑)記事を書く気力がないまま時間ばかりが過ぎ、この辺りでブログを止める事も考えましたが…とある寺院で御朱印待ちをしていたところ、一緒に待っていた方からブログかSNSをやっているのかと聞かれたので教えたところ「しばらく書いてないみたいですけど、いつまでも待っています」という有り難い言葉をいただきましたそんな訳で続けようかと(´>∀<`)ゝ))エヘヘそれに、下書き状態の寺社記事が100ヶ所を超えているのでそれを捨てるのももったいないかなと(笑)

  • 30Jul
    • 日光鹿島神社(足利・大久保町)

      どうもこんばんは、りんですm(_ _)m書こう書こうと思ってたら、久しぶりの個別記事になってしまった((((;゜Д゜)))栃木県足利市大久保町1317日光鹿島神社(にっこうかしまじんじゃ)社号標鳥居拝殿扁額本殿覆殿拝殿内彫刻本殿覆殿天井画西南戦争図 二渡浅次郎画創建は鎌倉時代初期、足利荘が成立し大窪郷が開発され、鎮守として日光大権現を勧請したのが始まりとされる。文正元年(1466)、山内上杉氏の家臣・長尾景人が足利荘代官として岩井山に勧農城を築き、大窪郷も支配する。永禄4年(1561)、長尾景長配下の小野寺景綱が大窪郷を拝領し、当社に鹿島大明神と菅原道真公を奉祀した延宝7年(1679)、社殿再建延享2年(1745)、再々建され小野寺乗勝が常学院龍光寺を開き当社の別当を勤める明治40年(1907)、神饌幣帛料供進社に指定される明治41年(1908)、天満宮・飯蔵神社・愛宕神社・伊勢大神宮・諏訪神社・神明宮・上浅間神社・下浅間神社・山神社・石上井神社・小田神社を合祀大正8年(1919)、拝殿・幣殿・本殿を改築平成2年(1990)、拝殿・幣殿・本殿を銅板葺きにする平成3年(1991)、社務所再建平成14年(2002)、境内地改修御祭神は事代主命・建御雷男命、配祀は石許里姥命・天照大神・建御名方命・加具突知命・菅原道真公・宇賀能魂命・木花開耶比女命・大山祇命・久那戸神こちらは足利西部、あしかがフラワーパークのほど近くに鎮座していまして、下野と常陸の有名所より勧請した神社になります。ちなみに最寄り駅はJR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」で、今年4月1日に開業した駅でして関東では1番新しい駅になっております(多分?)こちらの参拝は足利市で毎年恒例となっている「足利の文化財一斉公開」の時になります。本殿覆屋天井画の公開でして、通常非公開ですが文化財公開時のみ観る事ができます。天井画の作者は田村定衛門安貞という方で、当社の北東である下野国赤見村(現在の佐野市赤見町)に在住していたそうです。描かれたのは嘉永2年(1849)で、花鳥図を中心として全部で77枚があります。その内の1枚に「嘉永二己酉年 驥斎安貞画」と記されています。こちらの天井画は平成5年(1993)に足利市の文化財に指定されました。また、足利や佐野に安貞作の天井画がある寺院もいくつかあるそうなので、機会があれば観に行きたいものです( ^ω^ )宮司さん宅にていただきました追記コメント返信をしてて、改めて写真を見直してたら…扁額の揮毫者にびっくりした海軍中将 鈴木貫太郎鈴木貫太郎って終戦時の総理大臣じゃないかΣ( ̄□ ̄)!まさかこんなところにあるとは思ってもいなかった…海軍中将だったのは大正6年(1917)から大正12年(1923)までなので、大正8年の社殿改築時に揮毫していただいたものだと思われます。

  • 14Jul
    • 蔵出し その9

      どうもおはようございます、りんですm(_ _)mまだまだ忙しい今日この頃、やっと先が見えつつある状況になって来たので…ちょっと個別記事が書けるかもしれない?その前に、蔵出し企画で(笑)常陸太田市島町宝金剛院(ほうこんごういん)常陸太田市久米町常光院(じょうこういん)常陸太田市中利員町常寂光寺(じょうじゃっこうじ)南相馬市小高区女場日鷲神社(ひわしじんじゃ)南相馬市小高区小高小高神社(おだかじんじゃ)南相馬市小高区大井益多嶺神社(ますたみねじんじゃ)南相馬市原町区本町三嶋神社(みしまじんじゃ)南相馬市鹿島区上栃窪冠嶺神社(さかみねじんじゃ)南相馬市鹿島区南柚木伊勢大御神上大神宮(いせおおみかみかみだいじんぐう)南相馬市鹿島区南柚木伊勢大御神下大神宮(いせおおみかみしもだいじんぐう)相馬市坪田都玉神社(くにたまじんじゃ)相馬市坪田涼ヶ岡八幡神社(すずみがおかはちまんじんじゃ)相馬市小泉八坂神社(やさかじんじゃ)相馬市黒木諏訪神社(すわじんじゃ)飯舘村佐須山津見神社(やまつみじんじゃ)飯舘村草野綿津見神社(わたつみじんじゃ)川俣町羽田春日神社(かすがじんじゃ)足利市菅田町光得寺(こうとくじ)足利市大町善徳寺(ぜんとくじ)茂木町茂木御嶽神社(おんたけじんじゃ)茂木町坂井近津神社(ちかつじんじゃ)茂木町茂木たばこ神社(たばこじんじゃ)潮来市新宮鹿嶋吉田神社(かしまよしだじんじゃ)潮来市潮来素鵞熊野神社(そがくまのじんじゃ)稲敷市高田髙田神社(たかだじんじゃ)結城市結城聰敏神社(そうびんじんじゃ)結城市結城蛭児神社(ひるこじんじゃ)結城市結城市杵島神社(いちきしまじんじゃ)常陸大宮市西野内諏訪神社(すわじんじゃ)会津若松市門田町一ノ堰磐梯神社(ばんだいじんじゃ)柳津町柳津圓蔵寺(えんぞうじ)市貝町続谷闇龗神社(くらおじんじゃ)国見町山崎篠葉澤稲荷国見分社(しのはざわいなりくにみぶんしゃ)国見町藤田鹿島神社(かしまじんじゃ)伊達市保原町厳島神社(いつくしまじんじゃ)桑折町諏訪諏訪神社(すわじんじゃ)今回は大部分が福島、あとは茨城・栃木になっておりますm(_ _)m先日、出張先でちょっとした時間が空いたので神社参拝そこでありえない方を見てしまいました神社に入って来て手水をスルー、拝殿に行かずに社務所へ直行し御朱印を頼む御朱印の待ち時間に参拝するのかと見ていたら、スマホを弄って行くつもりも無しそんな事をしてるうちに御朱印が書き上がり、いただいたらそのまま境内を後にしました…おい、アンタはなにをしに来たんだ(;゚Д゚)!時たま参拝の仕方が出来てない方を見かけますが、参拝すらしないアンタはそれ以下…遥か下だよ┐(´ー`)┌なにしに来てるんだよ、スタンプラリーじゃないんだよΣ( ̄□ ̄)!確かに、御朱印をいただく為に参拝する方も多いかと思います。そういう私も、これだけあちこちでいただいていると、そう思われてもしょうがないとは思います。ですが、きちんと参拝し御朱印をいただいたら社寺の方々に感謝の気持ちは忘れずにあらわしていただきたい。私の知人である宮司さん曰く「ありがとうございますという言葉をいただくと嬉しいんだが、そういうのがない方々が多いんだよね」と…ブームになり、きちんと参拝している方とそうでない方がはっきりして来ました(´・ω・`)ショボーン皆様には私が見たようなこういう方はいないと思いますが、これを機に参拝の在り方を改めて考えてもらえると幸いですm(_ _)m

  • 30Jun
    • 蔵出し その8

      どうもこんにちは、りんですm(_ _)mもう夏なんだなと……あったかいというよりも暑い(;´Д`A関東ではあまりにも早い梅雨明け、なんでも6月中は統計開始史上最速の梅雨明けだとか?まぁ、秋に梅雨入り・梅雨明けは再検討をして見直しがあることもある…以前、梅雨明けを宣言したのだが8月になって撤回し梅雨明けが無かった年もあります。皆様、体調管理は万全にしないとお出かけしようにも出来なくなっちゃいますよ( *ˊᵕˋ)ノそんな事を言っときながら、ココ最近の気温変化に全く付いて行けず、体調絶不調な私(´•ω•̥`)という訳で……苦し紛れの蔵出し企画、第8弾(笑)下妻市高道祖高道祖神社(たかさいじんじゃ)郡山市富田町日吉ヶ丘日吉神社(ひよしじんじゃ)郡山市喜久田町堀之内宇倍神社(うべじんじゃ)福島市飯坂町湯野西根神社(にしねじんじゃ)福島市飯坂町中野大正寺(たいしょうじ)福島市御山堂殿黒沼神社(くろぬまじんじゃ)福島市御山羽山羽黒神社(はぐろじんじゃ)郡山市富久山町久保田日吉神社(ひよしじんじゃ)小山市大本篠塚稲荷神社(しのづかいなりじんじゃ)下野市小金井金井神社(かないじんじゃ)水戸市文京笠原神社(かさはらじんじゃ)鹿沼市北半田医王寺(いおうじ)足利市大沼田町萬福寺(まんぷくじ)水戸市元山町神應寺(じんのうじ)水戸市本町竈神社(かまどじんじゃ)水戸市東赤塚飯綱神社(いいづなじんじゃ)水戸市河和田町吉田神社(よしだじんじゃ)那珂市額田南郷阿彌陀寺(あみだじ)那珂市額田南郷鱗勝院(りんしょういん)常陸大宮市北町西方寺(さいほうじ)笠間市小原廣慶寺(こうけいじ)那須烏山市金井善念寺(ぜんねんじ)城里町石塚薬師寺(やくしじ)栃木市岩船町静高勝寺(こうしょうじ)足利市五十部町大手神社(おおてじんじゃ)足利市五十部町水使神社(みずしじんじゃ)日光市鬼怒川温泉護国神社(ごこくじんじゃ)日光市今市追分地蔵尊(おいわけじぞうそん)日光市足尾町猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)日光市足尾町遠下磐裂神社(いわさくじんじゃ)いわき市好間町上好間熊野神社(くまのじんじゃ)いわき市江名諏訪神社(すわじんじゃ)常陸大宮市高部諏訪神社(すわじんじゃ)常陸大宮市北塩子鹿島神社(かしまじんじゃ)ストックはこれ以上ある、それに今までに記事にしたところでも印影が変わったところ、書き入れが変わったところ、宮司の変更により朱印はもとより書き入れも変わったところもある…そういうところは追記にしようかな?ホントいうと新たに記事にしたいところだが、この積もりに積もった山の様なストックを認識してしまうとねぇ(´•ω•̥`)

  • 23Jun
    • 蔵出し その7

      どうもこんばんは、そしてお久しぶりです…りんですm(_ _)mここのところ忙しく、ブログを書く気力が無く放置してたら…まる3ヶ月近く経ってた((((;゜Д゜)))忙しいながらもちょこちょこ出歩いてますし、福島であったとあるイベントではブロ友さんに遭遇するというびっくりな事も……まさか、あんなところでΣ( ̄□ ̄)!個別記事は書ける余裕が無いので、とりあえず蔵出し企画の再開です(笑)那須烏山市下境稲積神社(いなづみじんじゃ)行方市玉造夜刀神社(やとじんじゃ)日立市川尻町蠶養神社(こがいじんじゃ)下野市薬師寺雷電神社(らいでんじんじゃ)結城市結城住吉神社(すみよしじんじゃ)結城市小森大桑神社(おおくわじんじゃ)笠間市下郷六所神社(ろくしょじんじゃ)石岡市小屋足尾神社(あしおじんじゃ)日立市河原子町天満神社(てんまんじんじゃ)常陸太田市花房町伊勢神社(いせじんじゃ)常陸太田市玉造町愛宕神社(あたごじんじゃ)那珂市本米崎三嶋神社(みしまじんじゃ)境町宮本町香取神社(かとりじんじゃ)桜川市友部香取神社(かとりじんじゃ)ひたちなか市阿字ケ浦町堀出神社(ほりでじんじゃ)石岡市東大橋香取神社(かとりじんじゃ)柏市柏柏神社(かしわじんじゃ)柏市増尾廣幡八幡宮(ひろはたはちまんぐう)柏市塚崎塚崎神明宮(つかざきしんめいぐう)我孫子市柴崎柴崎神社(しばさきじんじゃ)我孫子市台田北星神社(ほくせいじんじゃ)柏市布施東海寺(とうかいじ)野田市野田愛宕神社(あたごじんじゃ)春日部市粕壁春日部八幡神社(かすかべはちまんじんじゃ)さいたま市岩槻区宮町久伊豆神社(ひさいずじんじゃ)さいたま市岩槻区大戸武蔵第六天神社(むさしだいろくてんじんじゃ)さいたま市大宮区高鼻町氷川神社(ひかわじんじゃ)幸手市栗橋北八坂神社(やさかじんじゃ)ここのところ忙しくて、ゆっくりと調べ物なんて……ちょっと無理仕事上のストレスもあり、休みは寺社に参拝しストレスを解消しないとヤバいそんなんで、ストレス解消と共にストックが増えているという状態に(;^_^A苦し紛れの蔵出し企画ですが、これ以上にストックがあるので第8弾以降も出来るっ(๑و•̀Δ•́)و蔵出しじゃなくて個別記事を書けって(笑)

  • 29Mar
    • 日枝神社(土浦・沢辺小野東城寺入会地)

      どうもこんばんは、りんですm(_ _)m茨城県土浦市沢辺小野東城寺入会地127-1日枝神社(ひえじんじゃ)社号標一の鳥居参道二の鳥居手水舎県指定工芸品 石造燈篭 永正8年(1511)銘拝殿本殿神輿創建は大同2年(807)、近江国坂本・日枝神社の神霊を分祀したのが始まりとされ、東城寺の鎮守となる弘仁元年(810)、この年より流鏑馬神事が行われるようになる宝永5年(1708)、土浦藩領になり正一位山王大権現を賜り、山ノ荘(現在の土浦市沢辺・東城寺・小野・小高・大志戸・本郷・永井)の総社となる延享3年(1746)、再建明治2年(1869)、日枝神社と改称明治6年(1873)、郷社列格大正3年(1914)、供進指定平成6年(1994)、流鏑馬が茨城県無形民俗文化財に指定される御祭神は大山咋命さてこちらは土浦市旧新治村北部、山ノ荘地区の総社で茨城県では流鏑馬が行われる神社として知られております。由来は伝説によると昔、山王境内に幸加(合勧木)の大木があり1匹の大猿が住み着いていて、里に出て来ては作物を食い荒らし農民を困らせていた。供物を捧げてみても一向に収まらず、遂には東城寺より稚児を選び人身御供として差し出す事となってしまいましたそれを知った大志戸甲山城主・小神野従羅天は志筑(現かすみがうら市)の弓の名手・市川将監を頼み、力を合わせ大猿を退治この故事を再現し、山ノ荘の平安と五穀豊穣を祈願するのがこの流鏑馬となります。おおまかな流れは、従羅天・将監・人身御供入場→従羅天出陣→神輿の渡御→人身御供退場→将監出陣→流鏑馬開始→21本の的を3本づつ7回左より従羅天・将監・人身御供神輿渡御人身御供退場流鏑馬的将監が大猿に見立てた幸加の的を射り、この的木は幸せを呼ぶ当たり的とされます。的木これは誰も頂けるのではないのですが、的の近くで見ていたら、いただいてしまいましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪なお、流鏑馬の由来に出てくる登場人物である従羅天と将監は、いまでも末裔の方が務めているそうです。こちらの流鏑馬は毎年4月第1日曜日、今年は4月1日に開催されます。ストーリー仕立ての流鏑馬神事は他に類を見ないそうですよ(* ॑꒳ ॑* )⋆*もし都合がつくならば、見に行ってはどうでしょうか?祭事でしたので、拝殿にていただけました。

  • 26Mar
    • 大渕天神社(笠間・大渕)

      どうもこんにちは、りんですm(_ _)m茨城県笠間市大渕175-1大渕天神社(おおぶちてんじんしゃ)一の鳥居社号標二の鳥居参道階段手水舎狛犬拝殿扁額本殿ツクバネガシ(市天然記念物)稲荷神社横から創建は承久年間(1219-1221)、宇都宮(笠間)時朝による笠間城築城の際、鬼門鎮護の神として京都北野天満宮より勧請したのが始まりとされるその後荒廃し神職も途絶える正保2年(1645)、笠間住人・滝野伊兵衛一永により再興し、神官・二平氏を迎える寛文2年(1662)、笠間藩主・牧野越中守の嫡孫・幸之助(8才)の扁額を奉納江戸時代は笠間藩主・牧野氏代々の祈願所であり住の内北野天神と尊称されていた。明治6年(1873)4月、村内・大井神社(太郎明神)に合祀される明治7年(1874)12月、氏子の請願により旧地に復する明治24年(1891)、本殿再建明治27年(1894)10月、村社列格昭和61年(1986)、ツクバネガシが市指定天然記念物となる。ちなみにこのツクバネガシ、創建時に笠間時朝により植えられたと伝えられています。平成4年(1992)、本殿が市指定文化財となる御祭神は菅原道真公・少毘古那命こちら、笠間市を東西に横断する国道50号線近くの神社でして、近頃は旗が付近に立てられているからわかりやすくなってると思います。私は前々から知ってましたが、旗が立ち始めてからそこにあるって認識した人も多いらしいですσ(^_^;)さて、こちらの天神さんは笠間城の鬼門除けとして創建されたのですが、永い歴史の中で荒廃し再興…明治期の合祀により無くなりましたが、再び再興となかなか波瀾万丈な歴史を辿っている神社でもあります。ここで気になるのは、御祭神の一柱・少毘古那命です。茨城県神社誌には記載されていますが、どこでこちらの神が祀られたのかがわからない…これに関しては要調査かなとσ(^_^;)宮司さん宅にていただけました。私がいただいた時、授与を始めてからあまり期間が空いてなかったらしく…まだ、片手で足りるぐらいしか授与はしてなかったそうです。今は結構来るみたいだそうです( ^ω^ )まぁ、あちこちに出すようになった看板に書いてあるしね…授与しますってね( *ˊᵕˋ)ノ

  • 21Mar
    • 祝日!?

      どうもこんばんは、りんです(*´ω`*)えーっと、私事ですが今日、誕生日でした(*'▽'*)♪もう、この歳になるとあんまり嬉しいって気持ちは薄れてきますがやっぱり、祝ってくれる人がいる事が嬉しいものです。今日は春分の日という事で全国的に祝日ですが…ウチの会社のカレンダーは休みじゃない(つд⊂)しかも仕事ではトラブル連発(>_<”)今日、いい日じゃないのか?誕生日が嬉しくないって言ったから、トラブルのプレゼントですかっΣ( ̄□ ̄)!まぁ……なんとかなったから構わんがな(笑)ここのところあんまり記事を書けていませんが、これからも見に来てくれると幸いですm(_ _)m

  • 07Mar
    • 雨引千勝神社(桜川・本木)

      どうもこんばんは、りんですm(_ _)m茨城県桜川市本木270雨引千勝神社(あまびきちかつじんじゃ)一の鳥居御神木鳥居と御神木参道二の鳥居前社号標二の鳥居手水狛犬拝殿扁額本殿境内社創建は大同2年(807)9月29日、千勝民部大輔藤原国定が鹿島より勧請元弘3年(1333)、楠木正成は代参を立てて武運長久の祈願をしたところ、霊験があり鎌倉幕府を滅ぼす事が出来たので、本殿修理し菊水の彫刻を奉献したなお、こちらの神紋は菊水紋となっております。正保3年(1646)、火災により社殿焼失元禄9年(1696)時点での社領は3石江戸期には笠間藩主・牧野氏により崇敬され、代々事ある毎に武運長久を祈願したとされます。明治6年(1873)、今まで千勝大明神と称していたが雨引千勝神社に改称また、同年に村社列格御祭神は猿田彦命さて、こちらは坂東三十三観音二十四番札所の雨引山楽法寺へと行く途中の道沿いに欅の大木と鳥居があるので、参拝はした事がなくてもそこにあるって認識はしていた人は多いのではないでしょうか?あの欅は枝振りも良く、存在感もあって私的に好きな一本でもあります( ^ω^ )先程も書きましたが神紋は菊水、あの楠木正成が武運長久の為に贈ったともいわれています。実はこの常陸国西部、南朝方の城が数多くありましてここより南の真壁には真壁城があり、南朝方の関東六城の1つとされます。ちなみにあとの関東六城は、常陸国関城(筑西市)・常陸国大宝城(下妻市)・常陸国伊佐城(筑西市)・常陸国中郡城(桜川市)・下野国西明寺城(益子町)となります。また、建武3年(1336)に楠木正成は常陸国瓜連(那珂市)を領地として与えられており、正成の弟ともされる楠木正家が代官として派遣されたそうです。そこで瓜連城を築き北朝方であった佐竹氏と1年余り戦ったとされます。この事から、南朝の勢力圏であった真壁地区と常陸に下向していた楠木氏が繋がり、由緒にある武運長久を願い菊水紋のくだりが信憑性が増すのではないかと?千勝民部大輔が鹿島から勧請と由緒がありますが、常陸国ですと鹿島=鹿島神宮なのですが…こちらの御祭神は猿田彦命、鹿島神宮は武甕槌命と違います。鹿島神宮には合祀もされておらず摂末社にも猿田彦命を祀る神社は無し…ですが、境内の由緒看板には道案内の神として猿田彦命が紹介されています。鹿島地区で道案内の神を祀る神社といえば、神栖市に鎮座している東国三社の1つである息栖神社、こちらは岐神を御祭神としています。この岐神、道の神として塩土老翁神や猿田彦神と同じものとされる事もあります。という訳で、この事をもって断定はできませんが息栖神社から勧請した可能性は大いにあるのではないでしょうか?社務所にていただけました。

  • 18Feb
    • 國王神社(坂東・岩井)

      どうもおはようございます、りんですm(_ _)m茨城県坂東市岩井951國王神社(こくおうじんじゃ)鳥居社号標参道水盤狛犬御神木拝殿拝殿内本殿守大明神境内社淺間大神社殿側面天慶の乱にて誅伐された平将門の三女・如蔵尼が父の三十三回忌に一刀三拝して父の影像を謹彫天禄3年(972)、将門戦死地に如蔵尼が彫った影像を御神体として祀り創建この時、鬼神丸の太刀・菱花の銅鏡・将門佩服も納められた延宝3年(1675)4月、拝殿改築天和3年(1683)、本殿改築貞享年間(1684-1688)の社領は10石、別当寺である延命寺の寺領は15石寛政元年(1789)、鳥居再建文化14年(1817)11月20日、社殿再建正遷宮文久元年(1861)9月14日、鳥居再建明治6年(1873)4月、村社列格明治41年(1908)、守神社・疱瘡神社・浅間神社合併昭和41年(1966)3月7日、本殿が茨城県指定文化財となる昭和52年(1977)7月18日、拝殿が茨城県指定文化財となる御祭神は主祭神として大己貴命、配祀として平将門公・徳川家康公・少彦名命(1973年発行の茨城県神社誌による)現在は平将門公が主祭神になっているとか…こちら、新皇と名乗り東国の独立を目指した平将門を祀る神社となります。創建したとされる如蔵尼ですが、乱後は奥州に逃れていまして、現在の福島県いわき市四倉町にある恵日寺に庵を建て住んでいたとされます。この如蔵尼が岩井の地に戻り、付近に生えていた霊木を使い父の影像を彫ったのです。なお、江戸期に別当だった延命寺は当時は國王神社の脇に寺域を持っていましたが、享保年間(1716-1736)に移転しました。この延命寺は現在も坂東市岩井に存在しており、通称「島の薬師」として近隣の方々に崇敬されています。社務所にていただけました。なお、こちらはお正月と岩井将門まつり時のみの授与となります。いやぁ……なんと久しぶりの更新になってしまった(;´Д`A仕事やら体調やら、書く気力が無かった…まぁ、そんな期間中にはあちこち出歩いてましたけど…千葉や埼玉とか、もちろん茨城も(* ॑꒳ ॑* )⋆*という事はストックは増加(笑)まだまだ忙しい時期が続くので、更新は遅々として進まないかも(´・ω・`)ショボーン

  • 03Jan
    • 新年の挨拶

      どうもこんばんは、りんです。そして、昨年中はありがとうございました、そして本年もよろしくお願いしますm(_ _)m昨年、祖母が亡くなりましたので新年の挨拶は控えさせていただきます。ですが……コメントなど随分と新年の挨拶をしてしまったなと(;^_^Aさて、私のTwitterを見てる方は知ってるかと思いますが…御朱印画像が初詣してるやんΣ\(゚Д゚;)それというものの、年末に我が家の菩提寺の住職と偶然会いまして…私の密かな趣味を知っていて、お正月行きたいんじゃないかと言われまして(;^_^A祖母には悪いが行きたいと言ってしまいました。で、御祈祷するんで行って良いよと…それに甘えてやってもらいました(笑)ばぁちゃん、ゴメン(-人-)ナムナムそんな訳で、この三が日にいただいたのを紹介します(≧∀≦)羽梨山神社六所神社愛宕神社足尾神社石井神社十二所神社大中神社天志良波神社稲村神社薩都神社大甕神社天満神社鹿嶋神社甲神社伊勢神社愛宕神社鹿嶋八幡神社(額田神社)三嶋神社鹿嶋三嶋神社鷲神社とまぁ、こんな感じでいただいてきました(^o^)/知人である宮司さん所にも挨拶しに行った所…レアなのいただいてるねと(笑)いや、レアなのはわかるが地元を巡りたかったのさ(;^_^A最後に然程面白くもないブログですが、本年も昨年と変わらぬご愛顧をお願い致しますm(_ _)m

  • 31Dec
    • 年末の挨拶

      どうもこんばんは、りんですm(_ _)m今年もあと数時間、いろいろな事があったなと…昨日今日と体調が悪く、横になりながら携帯アプリのゲームや、買ったはいいが読んでなかった漫画や小説を読んでました(´Д`;)さて、近頃は御朱印ブログと化しているわたしのブログですが…近頃はあまり書けていなく、ヤバいぐらいにストックが溜まっております先日の喜連川神社・木幡神社・頼政神社でやっと今年分に入ったものの…ストックが119ヶ所という恐ろしい状況にガーΣ(`・ω・Ⅲ)ーンそんなに溜まってるんだから書けよと言われそうです(笑)今年の参拝ですが、御朱印をいただいた場所314ヶ所、その他に無人社とかも数十社参拝という感じですかね…忙しい忙しいといいながら、こんなに参拝してるとは我ながらビックリですΣ( ̄□ ̄)!ちなみに、御朱印帳は今年にいただいたのと使ったもののごく一部です。で、今日はこんなゲームをしてました(笑)Fate/Grand Order戦国アスカ零アズールレーンGRANBLUE FANTASYこれはアズールレーンというゲームのキャラなのですが…あぁ、かわいいよサフォークとユニコーンワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ重点的に育ててしまいました(*'▽'*)♪どういうのが好みかバレるか(笑)彼女に言わせるならば、ロリっぽいのがいいって言うのは信じられなかったらしいΣ( ̄□ ̄)!路線変更?いや、メイド服は好きですがな(笑)というか、それを着ている貴方が好きですよ(o´艸`)そう言わんと、近くにいるメイド服姿の方に怒られます(´ε`;)今年はいろいろとありがとうございました、来年度もよろしくお願いしますm(_ _)m

  • 29Dec
    • 頼政神社(古河・錦町)

      どうもおはようございます、りんですm(_ _)m年末にとりあえず1社だけ個別参拝記事を絞り出す様に更新……今年のお正月のを(笑)茨城県古河市錦町9-5頼政神社(よりまさじんじゃ)参道入口碑参道階段社号標一の鳥居手水舎二の鳥居狛犬拝殿拝殿扁額本殿境内社治承4年(1180)3月、源頼政は以仁王の令旨を奉じ平氏の専横を制するため挙兵する同年5月、宇治平等院にて自害この際、従者の下河辺清恒・渡辺競・猪早太らに「我が遺骨は此処に納むることなかれ、汝ら頭陀袋を下ろし休息の後、再び頸にかけ諸国を巡りて修行せよ、我止まらんと欲する所には、必ず異変を見るであろう、そこに骨を埋めよ」と言ったとされる従者らは諸国を巡り下総国古河に着き、芝原にに頭陀袋を下ろし休息、再び頸に掛けんとしたら重さ磐石の如し、これぞ異変に違いないと其処に塚を築き遺骨を納めるその後、足利成氏による古河城築城により塚も城内となる(龍崎郭)延宝5年(1677)、古河城主・土井利益の家臣・寺田与左エ門が京都神祇管領に請願し大明神の神号を得て、城内鎮護の神として崇敬される元禄7年(1694)、松平信輝が頼政の後系である事から社殿を造営し、神祇管領より正一位頼政大明神の称号を得る文化4年(1807)、社殿改修明治20年(1887)、村社列格大正元年(1912)、渡良瀬川の河川改修により河川敷となるにあたり現在地に遷座御祭神は源三位頼政公こちら、古河市西部渡良瀬川の堤防沿いにある神社でして元々は古河城内の神社でもありました。旧地は河川敷になってしまっているので詳しい場所は解りませんが、龍崎郭は現在地の南方である新三国橋付近だったとされます。創建的には延宝5年なのか、それとも従者が塚を築いた時になんらかの祠を作ったのか…どっちなんだろσ(^_^;)さて、宇治で自害した頼政の遺骨がなぜ古河かというと従者の1人、下河辺清恒の一族が古河の辺りにあった下河辺荘の荘官であったからだとされます。また、同じく茨城県龍ケ崎市にも頼政神社がありまして、こちらも下河辺氏の流れを汲む龍崎氏の領地であった事から分霊を勧請した可能性があるのではないでしょうか?宮司さん宅にていただけました。なんか、今年に参拝した個別記事は全く書けてないなとσ(^_^;)ここで発表しますストックの数は……116ヶ所٩(ˊᗜˋ*)وやっばいなぁ(笑)笑い事じゃないってΣ\(゚Д゚;)とにかく、地道に更新かなぁ……もう追いつく事は不可能に近いわ平成29年12月19日正午追記何の気なしに出掛けまして、3ヶ所増えましたσ(^_^;)しめて119ヶ所ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

  • 19Dec
    • 木幡神社(矢板・木幡)

      どうもこんにちは、りんですm(_ _)m前回に引き続き、今年のお正月の参拝記事となります|ω・)チラッ栃木県矢板市木幡1194木幡神社(きばたじんじゃ)一の鳥居(冠木門)下乃宮参道社号標二の鳥居鳥居扁額二の鳥居と楼門男體山・熊野三神・湯殿山楼門手水舎茅の輪鉄灯篭狛犬拝殿本殿神輿舎稲荷神社無盡水境内社縁起碑延暦10年(791)、坂上田村麻呂・大伴弟麻呂が蝦夷追討の命を受け宇治・許波多神社に参詣追討の功を顕すならば一社を建立しようと祈誓し、下野国塩谷郡峯村に宿陣(現在地の裏手)延暦14年(795)、田村麻呂凱旋の折に再び峯村に陣する。地形四神相応するのを見て、山城国・許波多神社より勧請し創建この際、村名を峯村から木幡村へと改称大同2年(807)、現在地に遷座天慶3年(940)、藤原秀郷が平将門を討伐する際に当社と宇都宮神社(宇都宮二荒山神社)に祈願する。討伐後、この事が朝廷に伝わり宇都宮神社に勲一等・当社に社領1000石が寄進永承6年(1051)、源頼義・義家父子が安倍貞任討伐の際に当社東の玉取に宿陣し、従者とともに1週間参籠祈誓する文治2年(1186)、塩谷郡の領主・塩谷惟頼が平家追討の祈願をし叶うと、領内の総鎮守と定め代々の崇敬社とする。建久4年(1193)、源頼朝が那須野巻狩を行った時に狂犬が起こり人民が苦しむ。この際、頼朝の倅の猟犬も狂犬となったが頼朝は瑞垣に繋ぎ、人民を救う為に祈誓し狂犬は平癒する。その神徳により、現在も病犬除けの神霊璽を出しているそうです。天正18年(1590)、塩谷氏の滅亡により豊臣秀吉に社領没収され衰退慶安元年(1648)、幕府により200石を寄進され、日光二荒山神社を相殿に祀り、日光山輪王寺の支配下となり「木幡社日光大明神」と呼ばれるようになる。明治3年(1870)、郷社列格昭和25年(1950)、本殿・楼門が国重文に指定される御祭神は正哉吾勝々速日天忍穂耳命、配祀は事代主命・大穴牟遅命・田心姫命こちらは矢板市で1番大きく、国重文の楼門・本殿を持ち、塩谷郡総鎮守とされる神社になります。ですが…実はこちら、本務ではないからか普段は人影もまばらです。室町中期に造営されたとされる国重文や、日光東照宮から移された鉄灯篭もあるのになぁ…良いものがあるのに、なんで参拝者が少ないのかと思ってしまいます(´・_・`)ちなみに鉄灯篭ですが、元和3年(1617)に土佐藩主・山内忠義が徳川家康の一周忌に東照宮に奉納したものとされ、なぜこちらにあるのかはわからないそうです。ちょっと調べたら、木幡村は旗本領だったそうですが…誰が治めていたのかは調べ不足でわかりませんでした(´△`)山内氏絡みの旗本ならあってもおかしくはないかもしれないが、1度奉納していながら戻すというのはちょっとおかしいし、そんな事をしたら幕府に喧嘩売ってるのと同じだから下手すると改易沙汰もありえる。そうなると、日光山輪王寺支配下という事が移された事の理由なのかな?ちょっと前に記事にした、栃木県立博物館での「中世宇都宮氏」展でこちらの馬頭観音菩薩坐像が展示されていました。(中世宇都宮氏・図録より引用)これは木幡神社下乃宮に収められているものでありまして、神社としては金剛夜叉明王坐像として伝わっております。塩谷氏は宇都宮氏の一族でありまして、宇都宮氏の氏神である宇都宮二荒山神社の本地仏である馬頭観音像を倣って造られた可能性があるそうです。それに、木幡神社は鎌倉時代の塩谷氏居城・川崎城の大手門の延長線上にありまして、これは本家である宇都宮氏と宇都宮城の関係をそのまま踏襲しているとか…まぁ、他所の土地に根付いた武士が本家の氏神を祀ったり、その土地の鎮守との関係を本家と氏神の関係に倣う事は枚挙に暇ないですからね(*'▽'*)♪お正月ということで、社務所にていただけました。

  • 09Dec
    • 喜連川神社(さくら・喜連川)

      どうもこんばんは、りんですm(_ _)m久しぶりの個別参拝記事になります…(;´д`)しかも、もうすぐ今年も終わりという時期に元旦の記事をあげるなんて……ある意味チャレンジャー(笑)風景はさほど変わらないから、違和感はないはず(´ε`;)栃木県さくら市喜連川4491喜連川神社(きつれがわじんじゃ)鳥居参道社号標伯耆禰神社鳥居伯耆禰神社狛犬手水舎神輿殿狛犬拝殿拝殿扁額本殿南参道鳥居創建は永禄6年(1563)、来連川城主・塩谷惟朝が心の拠り所とする為、常に崇敬していた尾張津島牛頭天王宮の御分霊を家臣・高塩正次に命じ、大倉ヶ崎南面の山腹(現在地)に祠を建て剏宮(さきのみや)としたのが始まりとされる。天正18年(1590)、来連川城主・塩谷惟久は豊臣秀吉の奥州仕置の際に秀吉が宇都宮まで来ると城に妻を残し退去(事実上の塩谷氏滅亡)この際、残された妻・嶋子は秀吉に婚家である塩谷氏ではなく、実家である足利氏(小弓公方)の救済を要望その後、嶋子の弟・足利国朝は古河公方家の足利氏姫と結婚し来連川城主となり、長らく小弓と古河に分裂していた鎌倉公方が統合される事となる。この際、城名を現在の表記である喜連川へと改め、代々の城主から崇敬され祭祀料を寄進される。ちなみに、足利国朝の次代である頼氏から喜連川の姓を名乗る天保9年(1838)、喜連川煕氏により祭具として弓・槍・鉄砲を寄進され、この際に本殿再建明治5年(1872)、喜連川神社と改称し郷社列格明治40年(1907)から44年(1911)にかけ付近の村社・無格社を23社合祀合祀社内訳40年1月、神明社(上り山)40年2月、日枝神社(山王)、八幡神社(八幡台)41年5月、山神社(西河原)41年12月、厳島神社(弁天山)42年5月、金鶏神社(大杉前)42年9月、稲荷神社(廿人町)、稲荷神社(葛城稲荷森)42年12月、神明社(葛城権現堂)、星宮神社(葛城細久保)、八幡神社(八幡河原)、八龍神社(八龍神)、金鶏神社(上り山)43年6月、雷神社(雷神上下)、伯耆禰神社(倉ヶ崎)43年9月、八幡宮(松並)43年12月、神明神社(松田裏)44年1月、御霊神社(松並)、太白神社(小入)44年2月、稲荷神社(倉ヶ崎)、加茂神社(小入)、浅間神社(小入)、滝尾神社(小入)明治40年3月、神域を拡張し拝殿を改築すると共に向きを東向きに変更し、新たな参道を開通(現在の表参道)昭和14年(1939)、拝殿改築御祭神は須佐之男命・櫛名田姫命さて、こちらはさくら市喜連川地区の中心部にある神社でして、足利氏の流れを汲む喜連川氏が崇敬していた神社になります。また、喜連川氏以前の城主であった塩谷氏は河内源氏・源義親の子、塩谷頼純を祖とします。来連川城を築いた塩谷惟広は源平合戦に源氏方として参戦し、一ノ谷の戦いや屋島の戦いに戦功があり塩谷荘に三千町を賜ります。そういう訳で、この地を領した塩谷・喜連川両氏は幕府を開いた源氏・足利氏の流れを汲む由緒ある氏族なのです( ´ ▽ ` )ノ江戸時代は石高4500石と僅かながら、足利氏の流れを汲む事から10万石格の国主並の家格を持っていました。ちなみに、本来ならば1万石以下では藩を立藩できないのですが、俗に言う江戸300藩のうち1万石以下で藩はここ喜連川藩だけです。とまぁ、幕藩体制では微妙な立ち位置であったので調べると面白いエピソードとかあるんですよね(๑˃̵ᴗ˂̵)私が参拝したのは元旦でして、神社近くに住む会社の同僚にバッタリ会ったのにはビックリしたのを覚えてます。同僚が言うには、「地元民は喜連川神社って言わずに郷社と呼ぶ」そうです。社格とか通称で呼ぶ所って多いですよね…ウチの近所の神社は「ちんちさま」って呼ばれてます、これは鎮守様が訛ってこうなったのだろう…多分?元旦ということもあり、拝殿前のテントにていただけました。ひさびさに書くと、なかなかうまく書けなくなってしまったなと…コンスタントに書ければいいのだが、仕事の忙しさで全く時間が取れないのです(;´д`)ゆっくりできる時間が欲しい…調べるのにまぁ、あったとしてもストレス発散として寺社参拝しちゃうんだけどね( ̄▽ ̄)で……ストックを増やしてる(笑)