Rei Shimizu Blog

Rei Shimizu Blog

音楽と日々の出来事を綴っていきます。

清水玲オフィシャルウェブサイト公開中!
http://www.shimizurei.com

 

マイケルジャクソン/ビリージーンを弾いてみた動画をUPしました!

動画を気に入っていただけたらチャンネル登録のサポートをお願いいたします!

 

 

 

 

83年から愛聴し続けている、名曲 “Billie Jean”は、Michael Jacksonの代表曲であり、まさに時代を超えて、現在性を放つ名作といえるでしょう! そして同時に、そこに関わったすべての音楽家たちの叡智が詰まった、最高傑作だと思います。 私は、この曲のベース演奏に挑戦するために、十分な準備期間を設定しました。ベースラインやコード進行の関係に重点を置き、詳細なリサーチの結果、何十年もの期間、純粋に楽しむためだけに聴いていたこの曲から、別の角度の魅力を再発見できました! この曲のベースパートの魅力は、三種類のベースからなる複合的なベースラインです。この多層的でメカニカルなベースラインの一部を担当する、ルイス・ジョンソンのスマートで強力なベースプレイ。それこそが、この曲のリズムトラックの魅力的なニュアンスを表現する大きな要因になっていると思います。 ベースラインの各コードの文節の最後に、(C#)の音が意識的に使われ、その音が、曲に使われているコード進行のすべてのコード同士を強く結びつけるリーディングトーンとしての役割を担っています。私の演奏でも、その部分は忠実に再現したつもりです。 今回の演奏の挑戦的な部分は、その印象的な、ベースラインのノートの意味を踏襲し、極力、その完成された構造を壊さずに、自分自身のアイデアを加味することでした。 あくまで、最初から録音されていたベースラインのように! そして、中間部のギターリフがフィーチャーされている楽章に、インプロヴィゼーションで、短いスラップ・ソロを盛り込んでみました。 是非、曲中のベースラインだけでなく、スラップ・ソロにもご注目ください。 全体としては、あくまで、曲の雰囲気を壊さずに、私なりの見識で最適解を表現したつもりです。 最後まで楽しんでいただければ幸いです!!
 

 

10/30にコロナ後初の REI SHIMIZU ELEMENTS OF QUARTZ のライブがあります!!

 

 

2年ぶりのライブとなります!!

三種類のベースとGRやVBassを駆使して2ステージ思い切り演奏します!!

 

 

そのライブの開催を記念して ELEMENTS OF QUARTZ のスタジオライブの動画とインタビューを含んだ動画を Tommys cafe のオーナーであるベンツ山田さんと一緒に作成いたしました!!

 

Matinsの人力生演奏バージョンです!ぜひ、ご覧ください!

 

 

 

お店も素晴らしいところなので、ぜひ、いらしてください!!

スペースも広く、お食事も最高です!

 

 

Memberは、
清水玲(Ba)

堀越昭宏(Pf)

村上広樹(Dr)

 

本当に強力なメンバーです!!なかなか体験することのできないスリリングな演奏をご期待ください!!

 

そのほかにも私のYoutubeチャンネルで、メンバーのこのバンドの演奏が聴けるリンクもご紹介いたします!!

こちらも当日ライブで演奏する曲目です。ぜひ、ご覧ください!!

 

 

 

 

 

_____________________________

 

 

プロ・ベーシストの集まる地下室の会で、衝撃のデビューを飾った、清水玲のリーダーバンド「清水玲 Elements of quartz」。ジャンルを超えた音楽性、ハイクオリティーテクニック、高密度なインタープレイをご堪能ください!

 

【清水 玲 公式サイト】 http://www.shimizurei.com/

 

 

会場は横浜の Tommys cafe (232-0066,横浜市南区六ツ川1-788,045-731-3672)

 

Openは昼の12時

 

開演は12時45分です。

 

料金は2500円となります!!

新作の動画を公開いたしました!!HONET DEVICE MEVERICK というFUZZペダルのレビューです!!超極太でキレのある歪み系のペダルです!!9パターンの演奏を行って音色を紹介しています!!演奏動画としても楽しめると思いますので是非、ご覧ください!!

 

動画としても、新しく勉強したことを盛り込みました!気に入っていただけたらチャンネル登録とグッドボタンをよろしくお願いいたします!!

 

" HONET DEVICE MEVERICK REVEW ” / Performed by REI SHIMIZU "

 

 

 

HONET DEVICE MEVERICKの製品ウェブサイトです。

 

 

【 BM連動企画 】 PROiX Geki-NARI-4 PB&JB SoundCheck を公開!!

 

 

 

本日、以下の二本の動画を公開いたしました!!

 

 

【 BM連動企画 】" PROiX Geki-NARI-4PB Sound Check Performed by Rei Shimizu "

 

 

 

【 BM連動企画 】" PROiX Geki-NARI-4JB Sound Check Performed by Rei Shimizu "

 

 

 

 

今回の動画は、至上のサウンドクオリティーを誇るブランド  " PROiX "のベーシックモデルをレビューしています。

「ベース・マガジン 2021年8月号」 7月19日(月)発売号で私、清水玲とPROiXの製作者である木寺氏との対談、そして、ベースの試奏レビューが掲載されています!!

 

是非、誌面とこの動画を両方見ていただきたいと思います。

 

そして、PROiXの楽器を製作しているTSC代表の木寺さんとの誌上初となる対談も掲載されています。

木寺さんは、これまでも多くのプロミュージシャンにサウンドのトータルな運用方法をアドバイスしているすごい人物!!

 

木寺さんの従来の楽器製作者とは全く違った視点から繰り広げられる正論の数々!!

 

非常に読みどころ満載だと思います。この部分だけでも書籍としての読みどころ満載です!!

 

 

 

以下が楽器の諸元、詳細です。

 

PROiX Geki-NARI-4PB(ナチュラル・オイル・フィニッシュ)

PROiX Geki-NARI-4JB (ブルー・オイル・フィニッシュ)

 

 

S p e c i f i c a t i o n s

●ボディ:アルダー●ネック:メイプル●指板:ローズウッド●スケール:34イン チ●フレット数:21●ピックアップ:GMB-V4PB / GMB-V4JB●コントロー ル:ヴォリューム、バランサー、トーン●ペグ:ゴトー●ブリッジ:ゴトー ※標準モデル・カラーはオイル・フィニッシュで、価格は¥305,800。

 

 

「ベース・マガジン 2021年8月号」

https://www.rittor-music.co.jp/magazi...

 

「ベース・マガジン 2021年8月号」のご購入はこちらから!!

https://amzn.to/3wYctrH

 

関東方面での試奏、このモデルについてのお問い合わせは、PROiXショールームまで!!

広い店内、強力な空気清浄機や感染症対策の徹底したショールームで、ゆっくり試奏できます!!完全予約制なのでお気軽にご連絡ください!!

PROiX UNISOUND YOKOHAMA

https://unisound.jp/contact/

 

大阪の堺にあるTSCのwebサイトです!!驚異の楽器たちを開発し続ける木寺さんが運営する究極のショップです。

TSC Osaka 

https://www.proix.com​

 

 

是非、ご覧ください!!

 

 

 

「ベース・マガジン 2021年8月号」 7月19日(月)発売号で私、清水玲とPROiXの製作者である木寺氏との対談、そして、ベースの試奏レビューが掲載されています!!

 

今回の試奏レビューでは、PROiXの技術を注入したベーシック・モデル " Geki-NARI-4PB(ナチュラル・オイル・フィニッシュ) "

とGeki-NARI-4JB(ブルー・オイル・フィニッシュ)に試奏し、詳細にレビューを行なっています。

 

そして、PROiXの楽器を製作しているTSC代表の木寺さんとの誌上初となる対談が掲載されています。

木寺さんは、これまでも多くのプロミュージシャンにサウンドのトータルな運用方法をアドバイスしているすごい人物!!

 

従来の楽器製作者とは全く違った視点から繰り広げられる正論の数々!!

 

非常に読みどころ満載だと思います。この部分だけでも書籍としての読みどころ満載です!!

 

PROiXの楽器は、今まで、大阪の堺にある総本山「TSC」に行かないと試奏できない環境でしたが、関東での試奏ショールームが今年の初めに完成し、現在も絶賛運営されています。

 

関東での試奏環境は、以前から切望されているプレイヤーも多かった背景があり、PROiXの最高のパフォーマンスの楽器が体験ができる楽しい場所だと思います。

現在、感染対策のため、そして、楽器のコンセプトをしっかりと味わっっていただくために、完全予約制となっています。木寺さんが作成した強力なアンプシステムや、前々号、そして前号のベースマガジンでも紹介された漆を使ったハイエンド・モデルの展示など、広く落ち着いた雰囲気のショールーム内で、ゆっくりと、そのコンセプトに触れ、試奏ができます。

 

 

今回の Geki-NARI-4PB&Geki-NARI-4JB の在庫も豊富なので(PBモデルは現在のロットでは残り一本です。)このベーシック・モデルは、その場で購入することができます。

 

私のYoutubeチャンネルでも,このベーシック・モデル二本のサウンドチェックの動画を公開しようと思います!!

 

ベースマガジンの発売とともにお楽しみください!!

 

 

「ベース・マガジン 2021年8月号」 7月19日(月)発売です!!要チェックです!!

 

 

関西方面の方は総本山TSCに!!そして関東方面の方は横浜のUnisound内にあるPROiXショールームに足をお運びください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4/19日に発売された Bass Magazine 2021 5月号のP76~79のカラー4ページで、私のスラップ・テクニックを解説しています!!

 

私のスラップ奏法のコンセプトと、それに伴った内容の4つの譜例を紹介しています!

 

 

さらに、ベースマガジンと私のYoutubeチャンネルとの連携で、その譜例の実演と解説補足を行なっている動画を作成しました!

 

誌面との連動が前提の動画ですので、動画を見た方もぜひ興味があればベースマガジンを取り寄せて、合わせてお楽しみください!!

 

 

 
 

 

さらに、P178~179ではPROiXのスペシャルなベースもご紹介しております。

ヘヴィーユーザーである僕の視点で、漆塗りスペシャルモデルのインプレを担当させていただいております!!

 

合わせてお楽しみください!!

 

 

デジマートマガジンど動画も公開中です!!動画もこちらのリンクからお楽しみください!!

 

 

 

 

 

 

今回は、Dua Lipa / Don't Start Now Played With BOSS SY-1000 ”ということで、昨今よく聴いていた Dua Lipa の曲を弾いてみました。

 

 

もともと、アレンジに、シンセベースと弦のベースがレイヤーされている部分があり、その部分が印象的だったので、BOSS SY-1000を使用して、リアルタイムでレコーディングしてみました。

 

 

BOSS SY-1000 は、13pinの GKピックアップを使う本格的な、各弦独立仕様の本格的なギターシンセです。

 

 

エフェクタータイプのシンセベースは、ギターシンセに音声を読み込ませるときにしっかりモノフォニックな情報を提供しなければなりません。

 

 

しかし、13pinシステムならば、本当の弦楽器の表現で、高品位なシンセサウンドをトリガーできます。

 

 

 

使ってみた結果、このSY-1000は、PCM音源のGRとは異なり、アナログシンセのサウンドに特化したギターシンセという印象!!

 

音源部分は、かなり本格的なアナログシンセです。アナログシンセとして打ち込みに使いたいほどの印象です!!

 

 

曲も、シンプルですが、演奏すると本当に弾いていて気持ちの良い曲でした。

 

 

今回、この動画を気に入った方は、グッドボタンとチャンネル登録も是非、よろしくお願いいたします!!

これが増えると励みになるのです!!

 

 

こちらがチャンネルのリンクです!!他の動画も是非、ご視聴ください!!

 

 

 

そして、これまでの私の動画全てに、最高のハイパーコメントをしてくださっている地下2会の東城薫さんの記事です!!

 

ベーシストでないのに、このベース愛!!全くもって頭が下がります!!楽器を弾いていては気が付かない、ハイレベル・ベース・リスナー(価格の高いベースのリスナーという意味では決してありません、リスナーとしてハイレベルという意味です!)の非常に興味深い観点で、毎回、珠玉のコメントをくださっております!!

 

ぜひ、こちらもご覧ください!!

 

 

 

 

 

 

機材レビュー第二弾。アップいたしました!!今回はBOSSAW-3です!!

 

いろいろなモードを試しています。

まずは、機能を解説をしていますが、フレーズを弾いているトラックも書き下ろしなので、ぜひ演奏の方もお楽しみください!!

 

しかし、20年前にこれだけ進んだものを作っていたなんて、凄まじ過ぎます!!

 

日本が生んだ名機としてこのエフェクターも伝説に残るんだと思います!!

 

ちなみに、こちらはBOSSのAW-3製品ページのリンクです!! このサイトで聴ける "AW-3 Tone Demo - Bass"というリンクも私、清水玲が作成&演奏したものです!!是非、こちらもチェックしてください!! https://www.boss.info/jp/products/aw-3/

 

前回に引き続きナレーションも頑張りました。

 

ぜひ、お楽しみください!!

 

購入のきっかけや、参考になれば嬉しいです!!

 

_____________________________

 

以前自分のブログでも、テキストと写真だけのフィルター紹介をやったのですが、その企画が好評でした。

 

そのことから、動画版を作成しました。

 

僕のフィルター系のエフェクターとの出会いは、シンセベースの音を出したかったことから始まっています。

 

その時の話は、以前のブログで語っているのでそちらをご参考ください。

 

 

これからもオススメのエフェクターをどんどん紹介できればと思います!!

 

いろいろな方の機材選定&購入の参考になればと思います!!

 

この動画を見て、楽器店で試奏すれば、使用法の適切な入射角を取れると思います!!

 

 

この動画を気に入った方は、グッドボタンとチャンネル登録も是非、よろしくお願いいたします!!

これが増えると励みになるのです!!

 

よろしくお願いいたします!!

 

 

こちらがチャンネルのリンクです!!他の動画も是非、ご視聴ください!!

 

 

 

 

 

第一日曜日になりました!!

 

初の機材レビューです!!

 

今回は、初のナレーションにも挑戦しています。

 

オススメのセッティングの紹介と特徴の解説、そしていくつかのデモ演奏を組み合わせてみました。

 

 

動画の作成テクニックとしては、複合的な要素が多く、非常に挑戦しがいがありました。

 

これを乗り越えて、また一段、動画作成のテクニックが上がったような気がします。

どんどん上手に作れるようになればいいなと思って頑張っております!

 

今回、初挑戦したナレーションは、意外と難しくてびっくりしました。

アナウンサーやラジオDJのプロってすごいんですね!!

 

日本人なら日本語は喋れるのが普通だと思っていますが、綺麗に喋ろうとすると難しいのです!

 

今回は暮れから、2ヶ月程度、アナウンスの教材を手に入れて基礎練習を敢行。

 

拙い結果ですが動画として使用できると判断する状態になるまで、そのくらいの練習期間を必要としました。

 

プロなら当たり前のことかもしれませんが、僕jにとっては初めての情報ばかり、テキストを見ながら、練習したことを反映させて、その要件をこなすのには、とても苦労しました。

 

今後も練習を繰り返し、場数を踏むことで、上達はすると思うので是非、ご期待ください。

 

 

では、このエフェクターの話に移ります。

 

 

初代の Funk Machine は、設定が微妙で使い方が難しかった印象がありますが、この新しい Funk Machine は、細かな設定が可能で、とても使いやすいですね!!

 

昨今では珍しい、単機能なアナログエフェクトですが、演奏者のイマジネーションでいろいろな局面で活躍してくれる、とても良いペダルです!!

 

以前自分のブログでも、テキストと写真だけのフィルター紹介をやったのですが、その企画が好評でした。

 

そのことから、動画版を作成しました。

 

この製品は、ブログで紹介した頃は発売されていなかったので、自分自身もレビューするのは初めてです!!

 

僕のフィルター系のエフェクターとの出会いは、シンセベースの音を出したかったことから始まっています。

 

その時の話は、以前のブログで語っているのでそちらをご参考ください。

 

 

これからもオススメのエフェクターをどんどん紹介できればと思います!!

 

いろいろな方の機材選定&購入の参考になればと思います!!

 

この動画を見て、楽器店で試奏すれば、使用法の適切な入射角を取れると思います!!

 

 

この動画を気に入った方は、グッドボタンとチャンネル登録も是非、よろしくお願いいたします!!

これが増えると励みになるのです!!

 

よろしくお願いいたします!!

 

 

こちらがチャンネルのリンクです!!他の動画も是非、ご視聴ください!!

 

 

 

 

第三日曜日です!!新作動画を公開したしました!!

 

リズミカルな楽曲の動画が続いたので、空間を生かしたアレンジでジョン・コルトレーンの" Naima "をプレイしてみました!!

 

この曲をカバーするきっかけとなったのは、アフロンティアのオーガナイザーの長田功さんのアドバイスからです。

 

僕のリーダーバンド  Elements of Quartz のライブは、ハイテンションでグイグイ攻める楽曲が多く、ライブを始めた当初は、情景が浮かぶような空間的な演出が多くありませんでした。

 

長田さんは、大きなクラブイベントをオーガナイズさせたら右に出る者がいないバランス感覚の持ち主です。

その観点から、長田さんは、『Naimaをベースソロでアレンジしてやってみたら?」とアドバイスしてくれました。

 

なるほどと思い、最初はベースのみで演奏してみたのですが、アレンジを考えているうちに、ギター・シンセサイザーを使うアイデアを思いつき、音色をプログラムしてこのデバイスの独自の機能を盛り込んで今回の演奏を編み出しました。

 

こういう長田さんの一言や、ギターシンセ、それからそれに対応できるベースとの出会いに改めて感謝しました!!

ありがとうございます!!

 

それでは、僕のギターシンセの出会いと楽器を始めるきっかけのお話をさせていただきたいと思います。

 

GR-20は、廉価版のギターシンセとして知られているかもしれませんが、搭載されたPCMの波形や、ピッチを読み込む際の条件設定などに、画期的な技術を使っていて、その追従性とバランスの良さは、現在でもトップレベルのギターシンセだと言えると思います!!

 

僕もライブで、この曲を演奏するのは、本当に気に入っていて、自分で演奏していても、まるで自分以外に誰かいるような不思議な感覚になるのです!!

 

動画を見るときは、ギターシンセとベースをダビングなしで演奏している点にご注目ください!!

 

 

 

僕は、ギターシンセを使うたびに、楽器を始めた頃のきっかけを思い出さずに入られません。

 

僕の志望楽器の第一候補は、キーボードやシンセサイザーでした。

正直人生が二度あれば、キーボード奏者になりたいです。

 

僕は楽器を始めたのが遅かったし、音楽教育も全く受けていなかったので、ピアノを英才教育でやってきたキーボーディストの存在にコンプレックスを感じ、泣く泣く聞いボードのパートを諦めました。

 

次はドラムをやってみたかったのですが、住宅事情でうまくいかず、消去法でベースを選択しました。

 

今でもたまに、自分の担当楽器に対する、意識のズレの様なものを感じています。

実際キーボードをやってたらうまくいかなかったかもしれないので、結果としてベースで良かったのかもしれませんが、今でも鍵盤は憧れです。

 

まあ、今となてはアレンジでシンセやピアノをプログラムして、コンピュータを使って自由に演奏できているので、だいぶスッキリした気持ちになりました。しかし、この方法だと準備したものしか表現できないので、ライブだとプレイボタン押すだけとかになってしまします。

 

キーボードを演奏できない僕は、ライブで身体性を使ってキーボードを操ることができないので、やっぱり多少のフラストレーションがありました。

 

2001年くらいの時にRolandさんからVBassのデモンストレーションと開発協力のお仕事を依頼され、13pin環境(専用のピックアップを使った格言独立の音声処理を実現する、現在でも最先端でRoland独自の技術)の革新性にやられてしまい、現在に至るまで、へービーユーザーとしてその技術の恩恵を享受しています。

そのあとGR-20の開発にもご協力させていただき、開発陣の凄まじい技術力と、このGR-20の可能性には本当に驚愕いたしました。

GR-20は販売終了ですが、興味のある方は、Rolandのウェブサイトをご参考ください。 https://www.roland.com/jp/products/gr...

 

そして、この記事を書いていて思い出したのですが、僕の使用しているベース "PROiX"を作っているTSCの木寺さんとの出会いも、この仕事がきっかけでした。

 

今では、ギターシンセのおかげで、ライブでもシンセの音を使ってプレイできるます。

やはり、リアルタイムで感じたままにプレイできる喜びは格別で、だいぶ前記のフラストレーションから解放されています。

 

これからも積極的に13pin環境を使っていこうと思います。

 

この演奏が面白いと思った方は是非、ギターシンセにトライしてみてください。

 

楽器のセティングやインストールは、TSCに相談すればバッチリです、TSCでは、楽器を購入や調整をすれば、運用方法のアドバイスも受けられます!!

TSCのギターシンセの使いこなしの技術は、まちがいなく世界のトップクラスです!!

 

是非、ギターシンセに興味があるもあるいは運用を模索している方は、TSCにご相談ください!!

 

 

TSC Osaka https://www.proix.com​​ 

PROiX UNISOUND YOKOHAMA https://unisound.jp​

 

 

では、この動画を含めて僕のチャンネルを楽しんでいただけたらと思います。

 

チャンネルのリンクです!!

 

 

 

 

 

 

 

 
気に入った方は、グッドボタンとチャンネル登録も是非、よろしくお願いいたします!!
これが増えると励みになるのです!!
 
よろしくお願いいたします!!