「給食アンサンブル」最終話

テーマ:

『飛ぶ教室』第51号が本日発売となりました。特集は「カレーライス物語」とのことで、表紙も大変おいしそうなカツカレーです。

 

   4338295023

 

この表紙、私はぱっと見、写真かな、とさえ思ってしまったのですが、なんとクレヨンで描かれたものなのだそうで!
光村図書さんのホームページには、表紙絵を描いた加藤休ミさんのインタビュー記事が載っていますので、気になるかたはこちらのページをご覧ください。
 

■  □  ■  □  ■


さて、昨年夏の第46号から連載を開始した「給食アンサンブル」も、今号で最終話となります。
最終話の題名は「卒業メニュー」。主人公は給食大好きな姉御肌の女子・梢です。

前号の第5話で、転校することが明らかとなった梢。表面上は明るく振る舞っている彼女ですが、住み慣れた街を離れること、そしてなにより、親しい仲間と別れなくてはいけないことに、深い悲しみを抱いています。
言いだすタイミングを逃してしまい、仲間たちにも転校のことはずっと秘密にしてきましたが、ふとした拍子にその秘密がばれてしまって…。

第1話の「七夕ゼリー」は、転校してきたばかりで、新たな環境に馴染めないでいた美貴の頑なな心を、梢と仲間たちのやさしさが溶かす物語でした。
最終話では逆に転校していく立場となってしまった梢に、親友の美貴たちはどんな行動を取るのか。これまでの各話の主人公も総登場で送る「給食アンサンブル」最終話、どうぞ読み逃しなく!
 

■  □  ■  □  ■


連載終了ということで、制作秘話的なものも微妙に披露すると、この「給食アンサンブル」という連載、内容を決めるまではだいぶ悩みました。
『飛ぶ教室』は季刊なので、完全な続きものの話は避けよう。基本は1話完結にしつつ、各話で緩いつながりのある連作短編にしよう、という方向性はすんなり決まったのですが、肝心のテーマがなかなか見つからなかったのです。

散々悩んだ末、食べものをテーマにした物語、というのを思いついたのは、『週刊少年ジャンプ』で連載中の料理バトル漫画『食戟のソーマ』を読んでいたときでした。たしか司と食戟してたあたりだったかと。
そこからさらにテーマを絞って、小中学生に馴染みの深い「給食」をめぐる物語に決めた次第です。


なにがきっかけでネタをひらめくかは、ほんとうにわからないものです。
『食戟のソーマ』なら毎週読んでるんだから、もっと早くに思いつけ、と当時の日記に記してあります。

『ジャンプ』つながりだともうひとつ、第1話で少年漫画が好きな女子の朋華が、七夕の短冊に、大好きな漫画が打ちきりになりませんように、と書く場面があるのですが、彼女の好きな漫画は、当時『ジャンプ』で連載していた『BLEACH』をイメージしていました。
なので題名も『ヴァイス・ブレイド』とそれっぽく。あ、「ヴァイス」は英語じゃなくて、ドイツ語で白のweissのほうです。

第1話を執筆していた時点では、いくら掲載順が下位でも、『BLEACH』が終わるわけないでしょ、と思いこんでいたのですが、原稿を提出した直後に、連載が終わることが発表されて、ひどくショックを受けたのをおぼえています。
縁起でもないことを書いたせいで、連載終了になってしまったのでは、とか、まさかそんなわけないのですが。
…『BLEACH』、おもしろかったですよね。小説版の続きを待ち遠しく思っています。

それからこれは、いやそれ制作秘話じゃないだろ、といった話題ですが、しばらくまえにとある塾で、「給食アンサンブル」を模擬試験の問題に使っていただいたことがありました。
実際の問題用紙が私のところにも届いたのですが、作者だから本文を読まなくたって余裕で解けるでしょ、と油断して解答したら、後半の選択問題を派手に間違いまして。

そのことが非常にくやしかったので、それ以降に届いた模試の問題等については、決して気をぬかず全力で解答に臨むようにしています。
作者として、そうそう無様な点数を取るわけにはいかないのですよ、ええ。

話を真面目にもどすと、五十嵐大介先生には、各話の主人公をとても魅力的に描いていただきました。最終話の梢の絵は特におきにいりです。
また、『飛ぶ教室』の編集者様には、プロットや原稿を送るたびに絶賛の声をいただき、それが心の支えとなって、不安だらけの連載を無事に終えることができました。
加えて、連載中に読者のかたからいただいた感想も、大きな励みとなりました。

五十嵐先生と編集者様、そして連載を読んでくださった読者の皆様全員に、心から感謝したいと思います。
大変ありがとうございました。

給食のメニューをきっかけに、幾人もの少年少女の心が響きあい、読んだ人の心をも響かせる物語を紡いでいく。「給食アンサンブル」という題名は、そうした作品にしたい、という願いをこめてつけました。
題名にこめた願いをわずかでもかなえられていたなら、この上ない喜びです。

 

 

AD

『怪盗王子チューリッパ! 怪盗王の挑戦状』、本日発売いたしました!
新たな挿絵もたくさん加わり、クライマックスに相応しい、魅力抜群の1冊となっています。
 

   4338295023


「怪盗王子チューリッパ」のシリーズは、もともと毎日新聞大阪版の「読んであげて」のコーナーに連載させていただいた作品です。
最初に依頼をいただいたときは、続編を書かせてもらえるかどうかもわからなかったのですが、もしシリーズ化させてもらえたら、クライマックスは怪盗王との対決にしよう、とそのときから決めていました。
そのとっておきの物語を、こうして単行本の形でみなさまにおとどけすることができて、大変うれしいです。

また、最初の連載が始まった頃の記事でも書きましたが、この「怪盗王子チューリッパ」は、柴本翔さんに挿絵を描いてもらいたい、というところからネタを練りはじめました。
なので登場人物は全員動物キャラで、主人公は『ツノウサギ』のベアハさん(幼少期)が大変かわいらしかったことからネズミに決めた次第です。
「パペット探偵団」のときは、キャラクタのデザインにあれこれ注文をつけちゃったりもしましたが、「チューリッパ」では毎回ほぼ「かわいい」しか言ってない気がします。
主役のリッパとアベルはもちろん、カネスキー氏の用心棒やお屋敷のメイドさんたち、3巻に登場するウサギのエリート刑事(超おきにいり!)など、ちょこっとしか登場しないキャラまで素晴らしく魅力的に描いていただき、柴本さんには本当に心から感謝しております。

シリーズはこの3巻でひとくぎりとなりますが、これで完全におしまいというわけではありません。いつかまた新たな物語をおとどけできたらと願っています。
3巻ではベリーを登場させられなかったのが心残りだったので、次はぜひ彼女にもたくさん活躍してもらいたいですね。

それでは、「怪盗王子チューリッパ」シリーズ第1部最終巻『怪盗王の挑戦状』、どうぞおたのしみください!

 

AD

『怪盗王子チューリッパ! 怪盗王の挑戦状』の発売日がいよいよ近づいてまいりました。

前の記事でご紹介した柴本翔さんの個展では、『怪盗王の挑戦状』の先行発売を行っています。なので「発売日まで待てない!」というかたは、ぜひ個展を訪れて、一足早く新刊をゲットしてください。

さて、本日は『怪盗王の挑戦状』の発売にあたって、リッパとアベルに物語の紹介をしてもらおうと思います。
1巻のときはアベルに紹介をまかせてドーナツを食べてばかりだったリッパが、今度はちゃんと紹介をしてくれるといいのですが…。
それではリッパとアベルによる紹介をどうぞ!

 

 


リッパ:待たせたなっ! 怪盗王子チューリッパ、華麗に参上だ!
うんうん、いまのは悪くなかったな。じゃあ、本番前にもう一回…。

アベル:リッパ、ねえ、いつまで鏡の前で決めポーズの練習してるの? 本の紹介、もう始まっちゃってるよ?
リッパ:わあ――っ! なんでそれを早くいわないんだアベル!
アベル:何度もいったけど、聞いてなかったじゃない。でも、きょうはずいぶん張り切ってるね。このまえのときは、「立派な怪盗は本の紹介なんていちいちしないんだ」とかいってたのに。
リッパ:まあ、ほんとはそうなんだけど、立派な怪盗は、一度やると決めたことは、どんなことでも全力で取り組むものだからな。
アベル:はいはい。じゃあリッパ、最初に自己紹介をして。
リッパ:ああ、まかせろ!おれさまは怪盗王子チューリッパ! 立派な怪盗を目指す、世間でうわさの大怪盗だ!
アベル:ぼくはアベル・カネスキーです。怪盗の修行中で、リッパの相棒をやってます。きょうはぼくたちの冒険を書いた最新の本、『怪盗王子チューリッパ! 怪盗王の挑戦状』の紹介を、リッパとふたりでさせてもらいます。
 

   4338295023


リッパ:うむうむ、さすがはおれさま。本の表紙でも目立ってるな。それじゃあアベル、本の紹介をたのむぞ。いいか、とびきりカッコよくだぞ。
アベル:リッパも紹介するんだってば。

えっと、今度のお話の見どころは、なんといっても怪盗王チューリッヒが登場することです。怪盗王はリッパのお父さんで、世界最高といわれるすごうでの怪盗です。怪盗王の姿は、本の裏表紙にも載っています。

 


リッパ:うむうむ、さすがは父さま。おれさまほどじゃないけど目立ってるな。
アベル:怪盗王は、ただすごうでなだけじゃありません。弱い人や貧しい人の味方で、悪人からしか宝を盗まない、正義の怪盗なんです。怪盗王の冒険を題材にした本もたくさん書かれていて、ぼくも怪盗王の冒険物語はずっと大好きだったんです。
リッパ:そうだぞ、父さまはすごいんだぞ。なんてったって父さまは、とんでもなく硬い鋼鉄のとびらだって、パンチ一発でドカーンとこわせちゃうんだからな!
アベル:…うん、ぼくもそれは知らなかったんだけどね。怪盗王がほんとはリッパよりすごい怪力で、ムチャクチャな怪盗だったなんて。
えっと、それで、怪盗王は何年も前から行方不明で、もう死んじゃったんじゃないかともいわれてたんですけど、その怪盗王から、突然予告状が届いたんです。

リッパ:父さまの予告状は、キンピカノフっていう大金持ちのお屋敷に届いたんだ。キンピカノフってやつは、キンピカ好きで宝石好きで、お屋敷もキンキラキンなんだぞ。父さまの予告状には、そいつが持ってる宝石テントウっていうお宝を盗みだすって書いてあったんだ。

アベル:怪盗王が生きているって知ったリッパは、怪盗王に会うために、キンピカノフさんのお屋敷に向かいます。しかもリッパは、怪盗王よりさきに宝石テントウを盗みだそうとして、警官がおおぜいいるお屋敷に、ひとりで突入しちゃうんです。
リッパ:そう、そしておれさまは華麗に宝を盗みだし、遅れてやってきた父さまは、おれさまを世界最高の二代目怪盗王として認めてくれたってわけだ。
アベル:嘘ついちゃだめだよ。うっかりわなにはまって、警察につかまっちゃったり、怪盗王に怒られて、落ちこんでたりしたでしょ。
リッパ:なっ、なにいってんだアベル! わなにはまったり落ちこんだりなんて、そんなカッコ悪いこと、おれさまがするわけないだろ。
アベル:だけど、ほら、本の帯にも、「あるできごとから、自信をうしなってしまう」って書いてあるし、ここのページにも、落ちこんでるリッパの絵があるじゃない。
リッパ:わぁ――っ、なんでこんな絵が載ってるんだ! このへんのことはカットしろっていっといたじゃないか!
アベル:ぼくにいわないでよ。いいじゃない、このあとカッコいいところもあるんだから。
リッパ:いいや、だめだ! おれさまはとびきりカッコいい怪盗王子なんだぞ! こんなカッコ悪いおれさまの姿が載ってる本は発売中止だ! 発売中止!
アベル:無理だよ、もう本ができあがっちゃってるんだから。
リッパ:だったらこれから本屋さんをまわって、この本を1冊残らず盗みだしてやる。この怪盗王子チューリッパさまにかかれば、そのくらい朝飯前だ!
アベル:あのね、リッパは立派な怪盗を目指してるんでしょ。立派な怪盗がそんなことしちゃっていいの?
リッパ:うむむむ、じゃあおれさまはいったいどうしたら…。
じいや:ぼっちゃま、おやつのドーナツをお持ちいたしました。

 

 

リッパ:おお、じいや、いいところに…って、なんだそのでっかいドーナツは! 普通のドーナツ100個分はあるじゃないか!
じいや:はい、ぼっちゃまの新しいご本が発売されるとのことでしたので、そのお祝いにと思いまして。ところでぼっちゃま、なにやらお怒りのご様子でごしたが…。

リッパ:そうだ、おれさまお怒りだぞ! すごくお怒りだ!

アベル:実は、この新しい本、リッパのカッコ悪いところが載ってるから、発売中止だってリッパがいいだして…。
じいや:さようでございましたか。それでは少々お待ちくださいませ。おやつをつくりなおしてまいりますので。
リッパ:待て待てじいや。なんでおやつをつくりなおさなきゃいけないんだ。せっかくそんなおいしそうなドーナツをつくったってのに。
じいや:いえ、ご本の発売を取りやめるのでしたら、お祝いもなしということになりますので、改めて普通のおやつをおつくりしたほうがよろしいかと…。
リッパ:ああもう、わかった! わかったってば! 発売中止はしなくていいから、そのドーナツをこっちによこせ!
じいや:かしこまりました、ぼっちゃま。
アベル:あっ、そんなにあわてて食べたら、ドーナツがのどにつまっちゃうよ!
リッパ:もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ…。
アベル:ぜんぜん聞いてないや…。
えっと、その、リッパはああいってたけど、カッコ悪いとこばっかりじゃなくて、怪盗王と対決する、すごくカッコいいすがたもバッチリ書いてあります。ぼくもこれまでよりもっと頑張って、リッパの相棒をしています。
だからこの『怪盗王子チューリッパ! 怪盗王の挑戦状』、みなさんぜひ読んでくださいね!

リッパ:もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ…。
アベル:わっ、もうそんなに食べちゃってる! ぼくにも食べさせてよ、リッパ!
 

AD

チューリッパシリーズ第3弾『怪盗王子チューリッパ! 怪盗王の挑戦状』が、10月11日頃発売となります。
毎日新聞での連載から1年半。途中でパペット探偵団の出版がはさまったこともあって、前2作よりお待たせしてしまいました。

 

   4338295023

今度の冒険の舞台は、欲張りな宝石コレクター・キンピカノフ氏のキンピカ屋敷。そのため表紙もキラキラな金色になりました。書店さんの店頭で目立つこと間違いなしです。

シリーズ第3弾となる本作では、リッパの父親・怪盗王チューリッヒが満を持して登場します。
世界最高の怪盗と呼ばれながら、数年前から消息がわからなくなっていた怪盗王。その怪盗王からの予告状が、突如としてキンピカノフ氏の屋敷に舞いこみます。

父親のような立派な怪盗になることを目標としているリッパは、いてもたってもいられず、予告状が送られたキンピカノフ邸に向かいます。父親が狙っている秘宝を先に盗みだして、自分の実力を父に認めてもらうために。
最強無敵の怪盗王との勝負に、リッパは勝つことができるのでしょうか…。

毎日新聞での連載は、この第3作で終了となりましたが、シリーズの売上が好調なら、いずれ書きおろしで続編を執筆させてもらえることもあるかもしれません。なのでこれにてシリーズ完結というわけではなく、あくまで第1部完ということで。
私も柴本翔さんが描くリッパたちのかわいい絵がもっと見たいので、全力で宣伝を頑張ろうと思っています。

また、『怪盗王の挑戦状』の発売と同時期に、柴本翔さんが個展を開かれるそうです。個展の詳細はこちら

個展には『怪盗王の挑戦状』のカバーイラストや表紙も展示されるとのこと。前回の個展にうかがったときにも感じたのですが、ギャラリーに展示された挿絵には、本やパソコン画面で見るのとは違った、特別な魅力があります。
近くにお住まいのかたは、ぜひ足を運んでみてください。

 

吸血鬼っぽい女の子のノダちゃんが活躍するほのぼの日常物語シリーズ第3弾、『なのだのノダちゃん まほうの自由研究』が発売されました! 
とても夏らしいさわやかな水色の表紙が目印です。

 

4338295031 まほうの自由研究 (なのだのノダちゃん)
如月かずさ はたこうしろう
小峰書店 2017-06-23


by G-Tools


妙にカラフルな動物たちに、トマト傘にはばたく本、それによく見るとコウモリたちもいつもと違っているような…。
といった具合に、作中のあれこれがにぎやかに詰まった表紙となっています。

今回のノダちゃんの物語は、題名どおり自由研究づくし。「まほうのミニトマト観察」「まほうのスライムづくり」「まほうの貝がら工作」の3話を収録しています。
お友達のサキちゃんの自由研究を、ノダちゃんがお手伝いすることになるのですが、なぜか毎回おかしな騒動が巻き起こってしまいます。どんなお話なのか、中身もちょっぴりご紹介いたしましょう。

第1話の「まほうのミニトマト観察」は、サキちゃんがノダちゃんにミニトマトの育てかたを相談するところから始まります。
夏休みもそろそろ終わりなのに、自由研究で観察中のミニトマトが、全然実をつけてくれなくて困っていたサキちゃん。ノダちゃんの提案で、栄養満点の超高級トマトジュースをミニトマトの苗にかけてあげることにするのですが、トマトジュースが栄養満点すぎて大変になってしまいます。苗の背はぐんぐん伸びはじめ、スイカサイズのでかトマトがなったかと思うと、さらには…。

第2話の「まほうのスライムづくり」には、1巻の頃から何度か名前の挙がっていた、ある人物が登場します。ノダちゃんのおうちに、ときどきごはんをつくりにやってきてくれるあの人です。
その人が自由研究の定番、スライムのつくりかたを教えてくれることになるのですが、できあがったスライムはサキちゃんの想像とは違っていて…。
ノダちゃんのオリジナルソングもたくさん聴けるお話になっています。なんといっても、スライムづくりに歌は不可欠ですので。

そして第3話「まほうの貝がら工作」では、ノダちゃんとサキちゃんが貝がら工作の材料を集めに、コウモリガサで海に出かけます。
たどりついたのはなぞの無人島。浜辺で貝がらを集めたり、スイカ割りをしたり島を探検したりと、ふたりは楽しい1日を過ごしますが、その後に思いがけないハプニングが待ちかまえています。
果たしてサキちゃんとノダちゃんは、無事に自由研究を終わらせることができるのでしょうか。

さらに今回は巻末に、自由研究のやりかたを紹介したおまけページ「サキちゃんノダちゃんのたのしい自由研究」も収録されています。
楽しく読めて、夏休みの宿題にも役立つ、お得な1冊となっておりますので、本屋さんで見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。