とっておきの日常
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

【書籍紹介】新しい時代の共生のカタチー地域の寄り合い所 また明日

年末から読みたいと思っていたこの本をようやく読むことができました。

ひとこと、素晴らしい。

「リスク回避至上主義」「縦割分断管轄徹底主義」の日本において、こんな場所が本当に存在してくれるなら、まだまだ、希望が持てる、と強く感じました。

わたしは前職でヨーロッパの子ども文化に関わる仕事をしていたので、ヨーロッパにはいくつか、少し似通った施設が実現されていることを知っていました。

しかし、この本の舞台となる「また明日」は、もっともっと素晴らしい。しかも、いたって日本的に、本来あるべき姿を具現化されています。

保育所、認知症デイホーム、地域の寄り合い所3つの機能を合わせ持つ施設、「また明日」。具体的にどんな場所で、どんなことが日々起きているかについては、私が借りてきた言葉でいくら語ってもウサン臭くなってしまうので、ぜひ読んでいただきたいです。

日本の「福祉」という言葉から立ち上がる、どこかウェットなニュアンスと異なる、カラッとしてるのに柔らかく暖かい世界がそこにあります。考えさせられます。

こんな場所に、自分が子どもの頃、出会いたかった。もしくは、うちの子の住む街にあればいいのに。

          ✳︎

著者の太田さんは、学術集会などで何回かご挨拶やお話をさせていただいてましたが、昨年の夏くらいに、明星大学の星山先生に「会わせたい人がいる」とお引き合わせいただき、会食の場を設けていただき、本気で話し込んだのが深く話した最初でした。

しかし、その「最初」が非常に深い話に展開する場で、終電を逃しそうなほど話し込み、わたしはすっかり、太田さんの考え方に共感してしまいました。

ですのでこのご著書も迷いなく発売前に予約して購入していたのですが、なかなかバタバタしていて読めなかったのです。(その他の様々なルポや記事はメールで共有していただいたりして、沢山読みました)

太田さんのこの本での表現は、いたって平易。しかし「平易」に書くことはすなわち「容易」ではなく、かえって繊細な言葉選びが必要で、執筆されるの大変だったろうな、と想像します。

そしてわたしは「また明日」で日々起きる本の内容だけでなく、太田さんの文章表現にもすっかり感銘を受けてしまいました。時々、ピリリと本質を端的につく。

“安心・安全を理由に、私たちは人を分けてきた。知らない人は怖い人になった。人を分ける一番の理由は管理をしやすいから。効率を求めて私たちは分けられてきた。そして全ては自己責任と言われるようになった。みんな、自分のことだけしかしなくなった。社会に歪みが生まれている。
 
偏った「安心・安全」と引き換えに、私たちは何を犠牲にしてきたのだろうか。「全ての人がよりよく生きること」を犠牲にしてきたことにそろそろ気づくべき時だ。”

この作品の主役である、眞希さん和道さんの言葉も、太田さんの文章を通して、生き生きと語られます。

道路と敷地の境に確固たる壁や門はなく、誰でも自由に出入りできる。散歩の途中のお年寄りがふらりと立ち寄って、お茶を飲みながらおしゃべりを楽しむこともできるし、目の前の公園で遊んでいる小学生がトイレを借りにくることもある。そんな、現代風(施設を閉ざす)とは正反対の、あまりにもオープンに誰でも出入りできる施設のセキュリティについて

“閉じれば閉じるほど、なんとかして入ってこようとする人がいるんじゃないかな。うちは、どこから入ればいいかわからないくらい開いてますし、こちらから声もかける。悪いことをしようと企んでいる人はかえって入りづらいのかもしれませんね”

「昔は良かった」と簡単に片付けられる懐古主義について

“昔は良かったと言われることもよくありますが、私たちが子どものころが今より良かったかというと、そうではないところがたくさんあります。受動喫煙は当たり前、性犯罪被害者やLGBTへの理解もなかった。障がいがある人への差別だって多かった。それに比べれば今は随分多様な人が生きやすい時代になったと思います。外国からもたくさんの人がやってくるようになった。この時代にお互いの違いを認め合いながらもう一度つながり直すことで、より住みやすい社会ができるはずです。”

と、どこをとっても素晴らしいのです。

          ✳︎

私が個人的に注目したのは、第二章のタイトル、これはこの本を通底して流れる音楽のような言葉、「分けないことで分かること」でした。

この言葉のもつ本質と、そして面白み。

「分ける」と「分かる」は、もとは由来を同じくする言葉です。辞書的には「混沌とした物事がきちんと分け離されると、明確になることから。」

例えば、漠然と「花」として眺めていたものが、言葉によって「おしべ、めしべ、子房、花弁、がく、茎、葉、根」などに「分けられる」ことにより、漠然としていたものがくっきり「分かる」

私は進化多様性生物学の研究をしていた頃に人体解剖も学んだのですが、解剖とはまさに「切り分けて、名付けて、分かる」を追及する世界。科学の、というか人間活動の、原初的な、しかし本質的な探求です。

「LGBTQ」という言葉も、それ以前の、もっと原始的で野蛮な言葉が定義していた曖昧な世界から、もっと確かな、我々が「取り扱える」具体的な概念を「切り分けて」くれたため、我々の人間理解(分かること)も進みました。

しかし、「分けること」は確かに必要であり、人間活動の本質であるとも言えますが、現代社会はそれが進みすぎて、むしろ、分断や差別、もしくは無関心を増殖させているのかもしれません。

私の息子は発達障害を持っており、いくつかの診断名がつけられています。診断名の定義と診断は「理解の第一歩」ではありますが、同時に「そうでない子」と「そうである子」を分けることでもあり、一面では「単なるラベリングによる差別の助長」という恐怖的な側面も持っています。

例えば我が子が療育に通うときに乗るバスには大きなウサギの絵が描かれており、子どもたちには「ウサギさんバス」と呼ばれています。しかし、地域の大人たちにはそれが「普通の子とは異なる特殊な子が乗る」バスとして認知されています。

妻はあるとき、自分たちがバスに乗り込もうと列を待っていたときに、通りがかりの親子のお子さんが「あ!ウサギさんの可愛いバスだ!」と声に出したとき、とっさにその親が「よしなさい、あれはキ○ガイの子の乗るバスだから近づくのやめなさい」と注意しているのを聞いて、それはそれは立ち上がれないほどの大変なショックを受けたそうです。

このように、単なる言葉の定義による「ラベリング」は、差別を助長する側面があります。

かと言って、私たちが日々「良かれと思ってかけられる」親切な言葉、「子どもなんてみんな一緒だよ」「心配しすぎだよ」「他の子と変わらないじゃん」という声がけは、これはこれである種、リテラシーの低さ、人間理解の浅さがもつ野蛮さ、残酷さを孕んでいます。

「分けない(名付けない、理解しない)」ことそのものが良いのではない、とわたしは思います。

しっかり分けて、理解と配慮を深め、その上で、「分けない(存在として同価値のものと位置付け分断しない)」ことをしていく。その統合の過程において、さらに、「分かること(人間理解)」が深まる。

これらのことは、私が本来考えていたことでもあり、本作品全編に描かれていることとも通じている、と勝手ながら感じました。

ついつい長くなりました。「また明日」は、いつか、ぜひ、訪問させていただきたい場所です。

  • 「また明日 書籍」の画像検索結果

【情報が木の葉のように揺れている】


年明けから、新規事業の企画提案についての何度目かの大きな山がきている。タスクが過密であり、期限に迫られ、プレッシャーも大きい。

おまけに今日は、プロジェクトチームの若手が、「今日中」のデッドラインだったタスクに全く手をつけられておらず、しかも定時に帰らなければならないことを終業時に知らされる。

「定時にシャープに帰る」と自分に課しているルールを今日は守れず、そのタスクを丸々受け取り、そこから約4時間、そのタスクに当てざるを得ない。息子にも会えない。息子は家で私を恋しがって泣いている。

そんな帰り道、歩きながら、最近読んだ脳神経解剖学の視点から見た「マインドフルネス」に関する何冊かの書籍を思い浮かべてみる。

自負なりに解釈してみる。

日本人が開発し、西海岸のアメリカ人が取りれている「歩行禅」というやつも魅力的だ。

やってみる。

「チャットミーティングのやりとりで浴びせられる過大なプレッシャーの文言」「リアルなやりとりで発せられる意地悪な言葉や態度」「若手スタッフの当事者意識のなさへの苛立ち」「PCを前にした膨大な作業からくるストレス」「それらのストレスからくる胃の不快感」

「帰り道、雨上がりの道路の匂い」「手を振る指先に触れる冷たい風」「ダウンジャケットのフードのファーが頬にふれるくすぐったさ」「後ろから追い越す自転車のヘッドライトの点滅する光」「通り過ぎる車が照らし出すガードレールの反射と影の動き」「電車の通過する音」「翌日の仕込みをするレストランの換気扇から流れるニンニクの匂いと、それに反応してキュッと縮む胃の空腹感」

それらを全て、等しく、「身体の内外から脳にインプットされてくる“情報”である」ととらえてみる。

そして、その情報を受け止めるのではなく、自分から一定の距離をもって存在する、同じ大きさの“木の葉”であると想像してみる。

客観的、俯瞰的な、メタ認知。

そのときに、自分の大好きなケヤキの木を思い浮かべる。

そして、「ああ、情報の木の葉がただ揺れているのを、自分は見ている」と感じてみる。

ボーッと歩きながら、それをしてみる。

そうすると、なんだか脳がフラットになる(気がする)

全てが遠く思え、リラックスできる(気がする)

全てはまだ、実験の遊びである。

でも、1日の中の数分くらい、そのように世界をとらえることが出来たらいいなあ、と考える。



奥歯と脳髄に「クー!」とくるギターソロ5選

本日は妻が友人と会うために子どもと一緒に出かけ、私は家で昼寝をしながら雨の窓の外を眺めつつ音楽三昧の一日でした。



私は楽器の中でギターに偏愛的な愛情を持っているのですが、あれこれ聴いてみると、実は好きなギタリストは“ギターソロでござーい”みたいなプレイをするよりは歌との掛け合いで絶妙なフレーズを入れてくる人が多いことに気づきました。でも、自分は、押し付けがましくないのに脳天にクゥーンとくるギターソロが好きで、それがどれだったかなあ、とあれこれ探す一日となりました。楽しい一日でした。



ということで、関心を持っていただける人はまず0人だと思いますが、阿部が個人的に選出した


【奥歯と脳髄が“クー!”となり、頭のてっぺんを糸でツーンと持ち上げられて背伸びしてしまうようなギターソロの曲ベスト5】を勝手に発表します。


第5位 Peter Gallway

アルバムPeter Gallwayより「Decidedly Fun」



https://youtu.be/nNFjTNKB3no


大学時代に夢中になったアルバムで、石井くんとのギター2人のライブではよく取り上げた曲でもありました。当時は売れなくて報われない感じとか、必ずしも歌が上手くないところに自分を感情移入させ、20代ではとても聴きました。30代には聴き方がもっと「本物志向」なり、ほぼ聴かなくなってしまいました。10年ぶりくらいに今日、「あ、あのギターソロ」と取り出して聴いたら感動が蘇り。曲も改めていいなあと。ソロ回しの2週目がアコースティックギターによるソロで、アコギの固い弦をチョーキングして「クゥーン」と鳴らせる部分で昔から奥歯と脳髄が「クゥーン」となってました。今日もなりました。


第4位 Milton Nascimento & Lô Borges

アルバムClube Da Esquinaより「O Trem Azul」



https://youtu.be/QO1MdbQQv28


同じく大学時代、「ジョアン・ジルベルト以外のブラジル音楽を聴いてみたい」と思い、レコード屋さんなどであれこれ探しつつ買っていたけれど、どれも当時はピンとこれず、その中で不意に出合って夢中になった一枚。ロックっぽいムードが入りやすかったのか。とはいえ、ボーカルの処理も、ドラムの音も、ギターの音もフレーズも、ブラジルの音楽はとても独特な発展をしており、独自の中毒性があります。コード進行とか、メロディとか、理論的にではなく、感覚的にとても影響を受けた記憶があります。この曲は、ギターソロがくるすこし前からソワソワしてしまうくらいソロの部分が好きで聴いてる曲です。今でも愛聴版です。


第3位 John Lennon

アルバムWANSAPONATIMEより「How do you sleep?」



https://youtu.be/FoJQAyrUHhA


1998年発表のジョン・レノンの四枚組み未発表音源集ボックスセットである『ジョン・レノン・アンソロジー』を元にCD1枚に収めたコンピレーション・アルバム。言わずと知れたジョン・レノンのセカンドアルバムIMAGINE収録曲ですが、砂糖でまぶされた公式バージョンより、こっちのバージョンの方が100倍カッコイイです。ジョン・レノンはオーバープロデュースで本来の曲や演奏、歌唱の良さが減衰してる曲が多い!その点ジョージ・マーティンはすごいな、と。この曲では、ジョージ・ハリスンがスライドギターを弾いています。70年代に入ってからスライドを弾き始め、やがてジョージのトレードマークになっていきますが、この頃はまだちょっとリズムが甘い。でも、旋律やタッチは素晴らしく、何度でも聴きたくなってしまいます。


第2位 Paul Simon

アルバムPaul Simonより「Run that body down」



https://youtu.be/Jzg-8x1hX-Q


まだ10代だった頃、初めてこのアルバムを聴いた時「ああ、一生死ぬほど努力しても到達できない世界がある。音楽やっぱりやめよう」と1ヶ月ほど本気で悩んだ衝撃的なアルバムのなかで、さらに一番好きな曲でした。さまざまな書評では「アルバム内で最も単調で凡庸な曲」と書かれていますが、わたしにはとてもそうは感じられません。(だから世間の評価と自分の音楽のマッチングが悪かったのか…)。今回、「ギターソロベスト5」を選ぼうと、休日中夢中に無意味な作業をすることになったきっかけの曲です。ギターソロのたびに、マクラに噛み付いてベッドをゴロゴロ悶絶したくなるほど中毒です。20年以上、その中毒状態が飽きたことはない。


第1位 Geoff and Maria Muldaur

アルバムPottery Pieより「Georgia on my mind」



https://youtu.be/kFe4z8-szXE


結局のところ、さまざまに聴きあさってみて、最終的にもっとも悶絶したのはこの曲でした。エイモス・ギャレットのギターが魔法にかかっていて、魔法にかかっているという以外に、説明のしようがない。このアルバムはただでさえ、主役のマルダー夫妻のボーカル(どちらも素晴らしい)を食ってしまうとてつもないギターソロがほぼ全曲に入っているのだけれど、だからわたしはこれを「エイモス・ギャレットの代表作」だと思っているのだけれど、それにしても、このギターソロは、世界一。


以上、ごく一部のひとは、「ああ、これね、これらの曲を貫く共通点わかる」と理解してくれるかもしれない。しかし、関心持たれることすら0人である可能性大の、ベスト5でした!

二子玉川亜熱帯化ミーティング

※7/28追記。料金、時間等確定しました。
ご参照のうえ、ぜひご検討ください。

お久しぶりのracoustik ライブです。
二子玉川徒歩五分。

日にち 2019年9月8日(日)

料金¥1500+1 drink


開始時間等 

17:00 開場

18:00 1st stage

19:00 2nd stage

20:00ライブ終了。


Musicians:
vocal, acoustic guitar 阿部仁
drums 今成英樹
bass 樽木友明
percussion おきょん 

※カフェなので席数に限りがあります。昨年通り、ご予約順(ご連絡着信日時を元に)に、ソファ席、カウンター席、追加の丸椅子、という感じで名簿を作成させていただき、ご案内させていただく予定です。ご予約は、コメント、DM、メール(racoustik@yahoo.co.jp)にて。

去年はほぼ同じメンバーで同じ場所で7月にライブを行い、予約は好評でしたが、当日台風で多くの当日キャンセルが出てしまった不運なイベントです。(イベントタイトルが悪い)

今年はさまざまな転機が重なり、個人的には悪戦苦闘中なのですが、なんと、この素敵なFIVE EIGHT CAFEがこの9月に、建物老朽化により、今の場所では一旦クローズとなってしまうのです。

かつて出会った空間で最も音響が良いのでは!と惚れこんでいたので、残念。

なので、どうしても最後に一度ライブをやらせていただきたく、スケジュールにねじ込んでいただきました。

去年台風で来られなかった方も、なんだそういう事情ならこの機会に、という方も、ひとりで久々に、もしくは初めて、見てやろうか、という方もみなさん歓迎です。

いま、このタイミングで、このメンバーで、最近吸収したさまざまな表現からの影響も取り込んで、コンディション整えて、いまの最大限を発揮してみたい所存です。

FIVE EIGHT KAFE
ADDRESS 東京都世田谷区玉川3-19-3-B1
‭TEL 03 6755 6004‬


美そのもの

あれは2003年のことだったか。

ジョアン・ジルベルト が初来日すると聞いて、真っ先にチケットを取った。8列目くらいの真ん中だった、演奏中、彼のジャケットの擦れる音が聞こえるくらいだった(空調もすべてオフになった異様に静かな、見る側も姿勢が変えられないようなライブだった)

序盤の数曲、期待が大きすぎたのか、それとも出だし本調子でなかったのか、あれ?こんな感じか、と思ったのを覚えている。

しかし、三曲目くらいから、とんでもない世界がそこに発現した。

声、歌、ギター、リズム、服の擦れる音、ステージの真ん中にポツンと座って佇む姿、そこに狭い範囲で上から円錐形にあたるライト。

ああ、美、そのものだ。と感じた。いま、ここに、色々な芸術家がさまざまな表現方法でこの世に出現させようとした「美」が、なんの混じりけもないありのままの姿で具現化している。

表現が、とか、その人(ジョアンジルベルト )が、とかそういうのではなく、その時その瞬間にそこに存在しているあらゆる事象が「美」そのものであった。不純物ゼロ。強度無限。

その時僕は、ジョアンのデビュー作品のように、手すりに肘をかけて見入っていた。ふと一瞬我に帰ると、肘が液体で激しく濡れていた。

え?出血?と一瞬焦るが、次の瞬間、これはあり得ない量の涙が、頬づえの手のひらから腕を伝って肘から滴り落ちてるのだ、と理解した。

次の瞬間、自分が泣いているとかそんなことはどうでもよくなり、また「美そのもの」に没頭した。こんな瞬間は人生で二度とないかもしれない。

だって、「美」が、なんの混じりけもなしに、この世界に表出しているのである。

ジョアンの演奏は、会場を巻き込み、どんどん巨人化していくように調子が出てきて、曲の合間もなくどんどん続く。

後半は、静寂の会場に大型台風が巻き起こっているようであった。

ちなみに下世話な話で恐縮ですが、その時僕は、人生で最大くらいの大きな失恋(とはいえ付き合うこともなく振られた)をした後数ヶ月を経ても全く立ち直れていなかったのですが、

その日、「美を身体に直接長時間浴びる」という経験をして、浄化されて(少し)吹っ切れたのを覚えています。

さらに余談ですが、日本を気に入ってくれたジョアンが翌年も来てくれた時、「人生で一度だけと思っていたあの経験がもう一度」と、すぐにまたチケットをとりました。

それは10月だったはずですが、そしておそらく7日の木曜だったような?

その日は、私と私の妻が交際を始めた日の翌日で、私と妻の初デートでもあったのでした。

私は、前年同様、肘から滴り落ちる号泣。妻は、となりの席で爆睡でした。笑

「どんなコンサートかもしらずについて行ったら、おじいちゃんが一人で出てきて超小声で歌い出して、となりの席の人が初デートにも関わらず、号泣しだしてドン引きした。そして、やがてら子守唄みたいで知らないうちに寝てた」

が、妻の感想でした。振られなくてよかった!

ご冥福を心からお祈り申し上げます。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>