狂小屋とその奥探索で見た草ヒロ~其の壱 | 穴と橋とあれやらこれやら

穴と橋とあれやらこれやら

初めまして、ヤフーブログより引っ越してまいりました。隧道や橋といった土木構造物などを訪ねた記録を、時系列無視で記事にしています。古い情報にご注意下さい(笑)。その他、雑多なネタを展開中。

【5】より続く…のだが、本日はスピンオフを。

 

 

 

 

シングルトラックとなった狂小屋への道。そこでわたくしを迎えてくれたのは、

あらかわいい!

 

道端にうずくまる子犬のような(笑)、軽トラの草ヒロ。日向ぼっこしているようで、なんとも素敵だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちから見ると、

まるで運転席しか残ってないように見えるが、一応荷台もまだある(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運転席内部まで植生は入り込んでいて、

尖った感性のグリーンポットみたくなってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この最後の写真、実は復路に撮ったものだが、

この日撮った数百枚の写真の中でも、ベスト5に入るお気に入りとなった。

 

 

長閑さの中の黙示録的世界観とゆうか(意味不明

 

 

 

 

 

時折こういうのも挟んでいきます。けっこう毎日書くの、しんどいので(笑)。

 

 

 

次回を【6】とします。