アクセスができなくなったリンクステーションからのデータ復旧 | 梅田大阪駅前店・データ復旧クイックマン修理実績公開

梅田大阪駅前店・データ復旧クイックマン修理実績公開

梅田大阪駅前店の公式ブログです。
お客様満足度追及しています!今日も元気に営業中!大阪心斎橋のデータ復旧クイックマンの復旧事例、パソコン修理レポートを投稿しています。

地域:大阪府豊中市 パソコンサポート業

機種:Linkstation
メーカー:バッファロー

型番:LS220D0802
構成:4TB×2台構成、RAID1
症状:データが読めなくなった
状態:物理障害
復旧作業期間:2日程度

価格:【定額】\99,800~(+税)

※オプション料金別

 

[ご相談内容]

サポート契約を行っているお客様のリンクステーションです。午前中までは問題なく使用できていた

そうなのですが、お昼頃から使用できなくなったとのことで、訪問して確認したのですが2台とも

認識ができない状態です。エクセルやワードなどのOffice系のファイルやPDFなどがほとんどです。

業務がほぼ止まっているとのことですので、できる限り早くデータをいただきたいです。

 

[対応内容]

専用機器にて初期診断を行いました。起動から認識するところまでは問題なかったのですが、

データ領域内へのアクセスを行おうとすると、不良セクタと呼ばれるデータの読み書きができない領域が

2台とも発生していました。クローン作業が必須な物理障害での対応となります。

 

 

 

 

 

専用機器を使用してクローン作業を開始しました。作業を開始してほどなく不良セクタが

見つかってきましたが、継続して作業を行っていくと、不良セクタがなくなり順調に書き込まれている

情報の読み出しを行っていくことができました。読み出しができなかった領域についてはHDDの

負荷調整を行って何とか99.9%の領域取得に成功しました。

2台のクローンディスクそれぞれのデータ領域を確認してみたのですが、一部のデータで

最新日付のデータが一致していなかったため、直近日付のデータを持つクローンディスクから

データの一時取得を行って30ファイル程度のオープン確認を行いました。オープン確認の結果、

選択したファイルすべて正常に開くことができたため、データリストを作成しお客様から

エンドユーザー様へ確認を行っていただきました。

 

30ファイル程度のランダムオープン確認を行いました。確認の結果、選択したファイルが問題なく

開けたため、復旧成功と判断しました。

お客様に最終の確認を行っていただき、納品用媒体にコピーし、復旧データとしてお渡ししました。

 

物理障害が発生している場合、障害発生媒体からはデータの取得を行うことができないことが

多いため、専用機器を使用してのクローン作業が必須となります。クローン作業は、

ハードディスク内に書き込まれている磁気情報を読み出し、指定されている媒体へ情報を

書き込んでいきます。この作業を行ってあげることで、既存のデータを読み出すことが可能になり、

解析作業を行うと、過去に削除されたデータを復旧させることもできるようになります。

動いてはいるようだけど読み込みしてくれない・・・そんなハードディスクは物理障害が

発生している可能性があります。無理に読み込ませようとすると障害が重症化することが

あるためご注意ください!

 

アクセスができなくなったリンクステーションでも、フリーダイヤルよりご相談いただくことで

大切なデータを救い出せる可能性が十分に出てきます。

 

 

 

障害が発生したSSDでもクイックマンにおまかせ!経験豊富なエンジニアが

あなたのデータを取り戻します

 

 

クイックマンはできる限りお客様のお役に立つべく、しっかりとしたデータ復旧の技術で

皆様からのご相談をお待ちしております。

 

 

情報機器のトラブルが発生した際には、フリーダイヤルまたはメールよりご相談ください。

 

 

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店●
大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/


 


データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店● 

大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル 2F 

https://www.quickman-pc.com/