停電後使用できなくなったランディスクからのデータ復旧 | 梅田大阪駅前店・データ復旧クイックマン修理実績公開

梅田大阪駅前店・データ復旧クイックマン修理実績公開

梅田大阪駅前店の公式ブログです。
お客様満足度追及しています!今日も元気に営業中!大阪心斎橋のデータ復旧クイックマンの復旧事例、パソコン修理レポートを投稿しています。

地域:兵庫県伊丹市 製造業

機種:LANDISK
メーカー:アイオーデータ

型番:HDL2-AA4
構成:2TB×2台構成、RAID0
症状:電源が入らない
状態:物理障害
復旧作業期間:2日程度

価格:【定額】\99,800~(+税)

※オプション料金別

 

[ご相談内容]

お客様から依頼のあったデザインデータやWEBサイトのデータを保存していました。先週末に

入居しているビルのメンテナンスで停電があったのですが、それから起動しなくなりました。

何回か電源を入れてみましたが、ピーピーという警告音?が鳴っています。

イラレで作ったデザインデータが一番重要度が高く、エクセルやPDFなどのデータもあります。

で0-他の復旧をお願いします。

 

[対応内容]

使用されている2台のハードディスクを専用機器を使用して初期診断を行いました。

2台のハードディスクともにデータ領域内へのアクセスを行った際に不良セクタと呼ばれるデータの

読み書きができなくなっている領域が見つかったため、物理障害での対応を行う必要があると

判断しました。

 

 

 

 

 

2台のハードディスクそれぞれをデータ復旧の専用機器に接続し、クローン作業を開始しました。

それぞれのハードディスクから発生した不良セクタとなっている領域に対して負荷調整を行い、

情報の読み出しを実施したところ、ともに、99.99%以上の領域の取得を最終的に完了させることが

できました。作成したクローンディスクからRAID情報の解析を行い、RAID0で構築されていたことが

判明したため、RAIDデータ復旧用機器にてRAID0でクローンディスクからRAIDの再構築を

行ってみました。

 

データの存在が確認できたため、データの一時確保を行い、30ファイル程度のランダムオープン確認を

行いました。確認の結果、選択したファイルすべてが問題なく開けることを確認しました。

お客様に最終の確認を行っていただき、納品用媒体にコピーし、復旧データとしてお渡ししました。

 

不良セクタが発生していたハードディスクですが、復旧対象となるデータの領域内に不良セクタが

発生していなかったため、無事にデータ復旧作業を成功させることができました。

物理障害が発生している場合、不良セクタが影響することにより、ファイルやフォルダの破損が

発生するということがあります。

RAID0の場合、データの二重化やデータを再構築するための補正情報がないため、破損が

見つかっても手の打ちようがないため、リスクを考えると、あまりお勧めができるRAID構成

ではありません。

複数台のハードディスクが使用できる仕様であれば、RAID1やRAID5併せてバックアップも

行っていただくことで、耐障害性を格段に上げていくことができます。

 

停電後使用できなくなったLANDISKでも、フリーダイヤルよりご相談いただくことで

大切なデータを救い出せる可能性が十分に出てきます。

 

 

 

障害が発生したSSDでもクイックマンにおまかせ!経験豊富なエンジニアが

あなたのデータを取り戻します

 

 

クイックマンはできる限りお客様のお役に立つべく、しっかりとしたデータ復旧の技術で

皆様からのご相談をお待ちしております。

 

 

情報機器のトラブルが発生した際には、フリーダイヤルまたはメールよりご相談ください。

 

 

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店●
大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/


 


データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店● 

大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル 2F 

https://www.quickman-pc.com/