パットが上手くなりたいなら | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ラウンド後に練習するのが良いと仰るのは藤田寛之です。

「週刊ゴルフダイジェスト」(2017年MO.41)から略して引用させていただきます。

 

ーーーー

パットは確かに水物。狙った通りに打っても入らなかったり、ミスしたのに入ってくれたりして、、、。

 入る入らないはその時の運次第でもある。だからいまひとつ練習に身が入らない人もいるでしょう。

 

プロはパットの練習は絶対に欠かさない。

特に調子の悪い時はラウンド後にみっちりやる。

一番大事なことは自分が思ったラインに思った強さで打てているかどうかだから。

 

どんなミスパットでも入ってくれるのは嬉しいのは事実だが、それを良しとしているといつか入らなくなってくる。

ミスした記憶が残り、蓄積されるとパットそのものをおかしくさせてしまう。

 

今日一日はひっかけたのか、押し出したのか、距離勘が合わなかったのか。

そういう反省を持ってラウンド後に練習すると格段に上達すると思う。

ーーーー

 

今はコロナ禍でラウンド後に練習は難しいですが、収束後には是非お試しくださるのが良いと思います。

 あ、これはパットだけにお話じゃないですよね。その日の課題はその日のうちに練習するのは上達の本道ではないでしょうか。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。