トゥ打ち | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ALBAにパターのトゥ打ちでラインがくっきり見えるという記事がありました。

珍しい内容なので思わず読んでしまいました。

一部を引用させていただきます。

 

練習グリーンで成田美寿々が芋掘りのような格好でパターをタテに振ってトゥでボールをコロがしていた…。ふざけているの?と思って、コーチの南に聞いてみるとちゃんと意味があった。

ーーーー

ゴルフは、体はボール・目標は左・右から左にクラブを振ってボールを飛ばす。それに対し、ダーツやボーリングは体を目標に向けて投げる。実はその方が、方向性やラインのイメージが出しやすい。

 

だったら体の正面から打ち出していけばいい、ということでパターのトゥ打ちを始めた。ルールではラインをまたいで打つことは許されていないが練習ならOK。ラインのイメージが出るので、難しそうに見えて意外とカップに入る。

 

本番ではボールの後ろに立って、カップを見ながらパターをタテに素振りしてアドレスに入ってみるとラインに対してピタッと構えられる。

ーーーー

 

アドレスに入るときに打ち出しライン方向に平行に構えても、違和感を感じるような場合がありますが、そのような場合はこのやり方が効果ありそうですね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。