自分の型を見つける | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

SANSPO.COMの「シニアプロが教える上達のツボ」に、自分のストロークフォームを見つけるにはという記事がありましたので、省略して引用させていただきます。

 

詳しくは→「ストロークフォームの見つけ方」をご覧願います。

 

ーーーー

プロゴルファーになって26年(*1)。今でもパッティングの悩みがつきることはない。

パッティングスタイルは千差万別。ただアマチュアゴルファーの多くが、結果ばかりを気にし過ぎている。パッティングは「違和感なくスムーズに打つ」、これが最も重要。自らの“型”を探すには・・・。

 

すすめたいのは片手打ちです。

 カップとの距離は4~5メートル、アドレスに入って左手を離して右手だけでストローク。これを何球か続ける。次は左手だけでボールを打つ。右手打ちと左手打ち、それぞれの特長があります。

 

 右利き、右打ちの私は「右手=距離感」「左手=方向性」と役割を感覚的に分けている。パッティングで重要なのは距離勘(原文は感)。

 

 もし、右手打ちで距離勘がつかめず、左手打ちの方が合うのならクロスハンドの握り方が有効。以前、石川遼選手も右手を使い過ぎると感じたときにクロスハンド(右手を上、左手が下)の握りで左手主導で打っていました。試してみる価値はあります。

 

また、左手で打ったときに方向性が安定しない場合、ミスの傾向を把握しよう。左に引っかけるのであれば、必要以上に手首を使い過ぎている可能性があります。左手を緩く握って右手をしっかり握れば矯正できるかも。

 

自分のパッティングスタイルを把握すれば、2、3メートルの入れたい距離のパットでも自信をもってストロークできる。

ーーーー

*1:プロゴルファーの秋葉真一さんの解説です。

   今季はノジマカップで勝ったので、現在シニア賞金ランク1位。

 

パットは、比較的自由にフォームを変えることができるので、いろいろな取り組みをすると思いますが、やはり自分に合っているかどうかはそれを使い続けるかどうかという問題ですので、この記事は1つの参考になりますね。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。