散々こだわる割には | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

欧米のツアー選手やそのコーチたちは、数値に拘り、理想値を求めているが、実際には彼らも理想値通りではないとのデータを、吉田洋一郎さんがその著書「ロジカル・パッティング」(実業之日本社刊)で示しています。要約して引用させていただきます。

 

ーーーー

PGAツアープロのデータと理想値

 

打点位置

                      平均       理想値

フェース左右方向のずれ    1.6mmトウ側    0mm

 

ヘッド軌道

                      平均       理想値

インパクト時の方向       0.7°左方向     0°

 

フェースの回転量

                      平均       理想値

アドレス→トップ           4.1°       3.5°

インパクト→フィニッシュ      6.0°       5.0°

 

ブロー角(*1)

                      平均       理想値

ブロー角              2.8°アッパー   4°アッパー

ーーーー

 

*1:ブロー角とは、ヘッドがインパクトからフォローにかけて抜けてゆく角度。

 

ブロー角が理想値とされる値(私はこの根拠を知りません)よりも小さいのが面白いですね。日本に限らず欧米でもフォローは低く出せと指導されるので、プロになってもその習慣が残っているのでしょうか?

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス