ツアー選手の共通点 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「散々こだわる割には」にあるように、PGAtour選手のヘッド軌道はインパクト時に0.7°左を向いていると、吉田洋一郎さんはその著書「ロジカル・パッティング」(実業之日本社刊)で指摘しておられます。

 

このことを選手に質問すると「これが一番いい球が打てるから」との答えだそうです。

 

ーーーー

これはロジカルに解説すると”再現性が高い”ということになる。

データを取ると、インパクトはわずかなハンドファーストでロフトを立ててヒットし、軌道はアッパーブロー。

 これがベストなストロークだが、そのためにはボールポジションは左寄りで左眼の真下が最も合理的な位置となる。

 これ以外の位置で、無理やりハンドファースト・アッパーを作るのは不自然で再現性が低くなってしまう。

 

ツアー選手の”再現性を高める”ための共通点は

アウト・トゥ・イン軌道だから打点はトウ寄りになる。

 イン・トゥ・アウトで振るとヒールよりに当たりやすく、アウト・トゥ・インで振るとトウ寄りに当たる。

ツアー選手の平均データの「トウ側」の打点は、軌道に対して自然な位置でヒットしている証拠だ。

ーーーー

 

意外なデータですね。

自然なストロークを大事にし、且つ良い転がりを得られるストロークがこういう結果になっているのだと思いますが、こういうところを更に追及して、我々が納得して同じようなストロークを身に着けるようになるといいと思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス