ラインを読むには | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ラインとタッチは相関するので、ラインを読む場合はタッチ(どこまで転がるか=どこで止めるか=終点)を前提に考える必要があります。

 

パットの神様(青木功)は、カップは通過点だとおっしゃってますが、そう考えることで終点をカップの先に想定しているわけです。

 神様は、終点をカップの先かなり長いところに想定しているのは、外れた場合の返しの距離が長いことで分かります。←神様はなかなか外さないので、こういう場面を見ることが少ないですが、、。

 

菊地絵理香は「タッチを合わせるようにしたらラインが読めるようになった」と仰ってます。→YouTube「菊地絵理香のパット分析」

当たり前のことを言っておられるように聞こえますが、大切なことですね。タッチ(終点)を決めれば、ラインが決まってくるので、先ずタッチを決めてラインを読む。

 

斜面の真横からのパットは、斜面がきつければきついほど、距離が長ければ長いほど難しくなるのは、終点を想定してラインが読めても想定したタッチ通りには打てなくて(終点精度が悪い)外してしまうからです。

 

なお、ラインを読む場合には、終点位置を2か所か、難しい場合には3か所設けることで、薄いラインや曲がりの大きなラインを想像することで読みの精度が上がります。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

 

PC不調で、フォローさせて頂いてる皆様の記事UPについては「いいね!」出来ますが、フォロアーの皆様からの「いいね!」についてはペタ返しなど難渋しております。しばらくの間、無礼をお許し願います<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス