”カベ”は大歓迎 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

浜伸吾さんは、ハーフ30台、18ホールで70台が出せずに苦しんだ時期があったときに、何故出せないのか、徹底的にその原因を追求したそうです。

「ゴルフ ここ一番に強くなれる本」(浜伸吾著 ナツメ社刊)の一節から、略して引用させて頂きます。

 

ーーーー

(ハーフ)40で回れる人なら、常識的に見て39が出ない筈はないし、その実力もある筈。それでもたった1打のカベがなかなか破れない。

 理由は極めて簡単で、”技術とメンタル面の未熟さ”だ。

 カベにぶつかったら、それを喜ぶべきで、次の進歩へのステップと考え、それだけ希望を大きくもつ。カベの無い人、ぶつからない人には進歩はない。

緊張とマイナスイメージをハネ返す

まずメンタル面では

①目の前に30台がぶら下がって、欲しくて仕方がないので、知らないうちに緊張して冷静さを失い、気持ちの余裕がなくなる

②何回もカベにハネ返されるので、「またダメではないか?」という不安(マイナスのイメージ)が浮かびやすい

 

(技術面については追ってUPさせて頂きます)

ーーーー

 

ハネ返せ、と言われても、そう簡単にハネ返せないのがメンタル比重の高いゴルフですよね。

 むしろ、このことを気にしないで、忘れて目の前のことに集中することで、この壁は突き破れるように思います。

 ここまで来るまでだって、そういう気持ちで取り組んできたのではないでしょうか。そして、1打に集中しホールアウトしたら結果が付いてきた!ってことはこれからも同じだと思います。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス