1レバーストローク | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

これが理想のストロークフォームというのをDさんが動画付きで記事にして下さったので、リブログさせて頂きます。

私は以前から、肩の上下動でストロークするのがシンプルで良い、と提案してきましたが、これを同じです。

 こうすることで、可動関節部は1点(肩)になるので、ストロークにブレがなくなります。

動画では、脇が開いてるように見えますが、これはショットと同じように胸の前で三角形(五角形)を作り、適度に胸の前を擦るような感じが、ストロークがブレずにかつスムーズにストローク出来ます。

また、動画では腕を伸ばしているように見えますが、パワーの無い我々アマは腕を伸ばす必要はなく、五角形を作り、その形を崩さずにストロークすれば、それも1レバーです。

 

Dさんは短めのパターになりましたが、私もパターは短めの方が自然にセットアップできると思っています。

 米国人に比べて、日本人の平均身長は≒50mm低いので、パターも50mm(≒2㌅)短くてちょうど良い筈です(笑)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス