明星合格おめでとうございます !

 

 大手塾には行っていましたが、

案外、算数・理科が力不足。

時間をかけて勉強に取り組んではいるものの、

基礎力が不足していました。

 

このままでは、

第一志望の明星は危ない所でした。

おそらく、塾の宿題に追われ、

自分の弱点に時間を掛けられなかったことと、

ダラダラ時間を掛け過ぎて、

頭が回っていなかったのが原因だと思います。

 

 まずは、基礎問題をスピーディーに解くために、

覚える内容を整理することと、

裏技ですぐに答えが出る問は覚えるように指示し、

後は明星は図形の出題が多いので、

その対策に特化してもらいました。

また、間際は過去問を中心に何度も取り組みました。

 

 塾ではあまり過去問をやらないので、

あのまま塾の課題をやっていたら、

間に合わなかったと思います。

 

塾である程度結果が伴っている生徒は

そのまま課題を消化していればいいのかもしれませんが、

あまり結果が伴っていない生徒や、

学校の出題に傾向がある場合は、

その学校に特化した取り組みが

一番の近道だと言う事は、

言うまでもないと思います。

 

 その結果、見事、合格出来ました。

御本人、御両親は大喜びです。

 

もう少し早く出会っていれば、

もっと楽に合格は出来たとは思いますが、

これもご縁の事ですから・・・

 

 でも結果が良かったので、良かったです。

 

羽衣合格おめでとうございます !

 

 日本に来てまだ間がない、

という状況で、しかも、近所の個別塾しか行ってなくて、

このままではどこも受からない、

という状況からのスタートでした。

 

しかも12月からのスタートです。

当然、日本語が分からない、

漢字がダメ、ですから大変です。

 

 算数に関しても、

算数用語を知らないわけで、

なかなか進みません。

それを一つ一つ先生と勉強してクリアしていき、

ある程度算数は点数を取れるようになりました。

 

ただ教えただけでは無理で、

実際にやらせてみて出来るかどうかを

全て確認しながら進みました。

でないとなかなか言葉の壁があるので、

返事だけでは分からないからです。

 

 最後は毎日、つきっきりで指導しました。

 

それでも国語はなかなか結果が出ません。

 

それでも最後まで本当に頑張った結果、

羽衣に合格出来たのは素晴らしいです。

 

親子ともども、大感激です。

また、下の子の時もお願いしたいと、

言っていただきました。

 

清風プレミアム理Ⅲ合格おめでとうございます !

 

 当初は関大を志望していました。

ただ合格したのは、

それよりも偏差値レベルの高い

清風理Ⅲで合格しました。

 

親子共々、清風理Ⅲがそこまでレベルが高いとは

全く知りませんでした。

 

もともと塾には行かず、

学生の家庭教師だけで取り組んでいたのですが、

それでは無理だと思い、お電話を頂き、

プロに切り替えました。

 

9月からです。

週2回ペースで指導しました。

 

以前は新小問の1をやっていたのですが、

ただやったと言うだけで、

知っているというレベルでした。

 

徹底的に基礎をやりました。

本人はすごく真面目でしっかりとした生徒なので、

言った事は確実にやってくれました。

 

御両親もすごく協力的で、

心遣いもすごく感じました。

 

 それにしてもこの短期間で、

よく清風に合格出来たと思います。

 

すごいの一言です。

 

3ヶ月前 2点からの合格 !

 

 受験前3ヶ月。

この時点で国語の点数が大手塾のテストで2点でした。

塾からは「どこも通りません」

と言われたそうです。

 

そこから、見事、

同志社香里と開明

に合格出来ました。

素晴らしい・・・!!

 

 算数も不安定でしたが

、国語で2点とは・・・

 

そんな状況から国語指導が始まり、

ゆっくり丁寧に、

色々な学校の過去問を中心に取り組みました。

 

出来ない時も、

すぐに「ダメ!!」とかすぐに答えを言うのではなく、

一つ一つ考えさせながら、

気付かせるように指導したそうです。

 

最初はなかなか時間がかかりましたが、

12月ぐらいから徐々に解答が出来るようになりました。

 

 それにしても快挙です。

 

社会や理科など暗記物が多い科目なら、

急に成長する場合もありますが、

国語でこんなに短期で成果がでるなんて、

めったにありません。

 

 御両親もビックリされ、

「これもひとえに先生のおかげ!!」

と感謝しておられました。

 

しかも倍率が高い、

同志社香里開明

に合格するなんて、本当に夢物語です。

 

こんな事もあるんですね・・・・!!!

 

7月から受験勉強スタート !

 

 7月の時点で

偏差値はあってないようなもの。

まあ、つけるとしたら偏差値30以下です。

 

とにかく算数は分数・小数の計算ができない。

単位換算ができない。

そんな状況です。国語も漢字が全く書けない。

「専門」という字も書けませんでした。

当然理科も社会もこれからです。

この状況でよく、

受験に向かって「頑張る」

と決断したことに敬意を表します。

 

 以前は学生の家庭教師が来ていたそうですが、

何をやっていたのでしょうか・・・

 

そんな彼が、

なんと近大附属中学に合格しました。

 

両親は大泣きです・・・・・

 

これこそ奇跡です。

後半、特に11月以降はたくさん時間を頂きました。

本人がかなり頑張ったのは言うまでもありません。

 

冬休みから受験前日までは

毎日のように先生が行って指導しました。

理系・文系の先生2人が付きっきりで指導しました。

 

 それでもなかなか

合格出来るものではないのが通常です。

 

それが、なんと近附に合格ですから、

とんでもない事です。

感激で涙するのも分かります。

 

 見事!!  これぞ本当の大逆転です。

 

おめでとうございます・・・!!

 

11月から受験勉強スタート !

 

 11月現在。

計算が出来ない。

2~3年生レベルから

受験に向かってスタートしました。

 

塾も行っていないので

偏差値は不明です。

まずはプレテストに向かっての取り組み。

とは言え、分数・小数の計算が出来ないので、

数を覚えることからのスタート。

 

当然、0.25を分数に直すのも、

100分の25と置いて約分していく程度です。

覚えていたら4分の一とすぐに転換できるのですが、

知らないのでしょうがないです。

とにかく時間がないので

2科目受験の学校に絞って受験するしかありません。

 

国語はまだ多少出来る部分もありましたが、

まだまだ受験レベルではありません。

 

それでも、毎日先生が行くことになって、

当然学校も休んでの取り組みです。

 

その成果もあり、

見事、京都大谷に合格出来ました。

 

お母さんも、お婆ちゃんも大喜び。

当然本人もです。

 

「やれば出来る」と言う事を経験し

本人にとっても大きな財産になりました。

 

ただ、これからも油断は出来ないので、

しばらくは継続して先生に指導してもらう予定です。

まだまだ塾では無理な状況なので・・・

 

 でも、本当に良かったです。

これも本当に奇跡かも・・・・・!!!

 

 

甲陽合格おめでとうございます !

 

 当初は灘中を目指していましたが、

後半に甲陽に変更。

 

なかなか問題傾向が違うだけに

そこからの対策には苦慮しましたが、

算数・理科が強かったので

無事に合格になりました。

よかったです。

 

反抗期も加わってやりにくい事もありましたが、

最後まで自我を貫いた成果が出ました。

良かったです。

 

白陵合格おめでとうございます !

 

 大手塾の2番手クラスで、

偏差値があと5程度足りない所からのスタート。

基礎力はあるものの応用力が足りませんでした。

たった2ヶ月でしたが、

算数と理科を強化して

見事に第一志望に合格しました。

塾の課題よりも過去問を中心に取り組みながら、

弱点を補強して行った戦略が良かったのだと思います。

 

大阪星光合格おめでとうございます !

 

 塾の宿題が多いのと、

拘束時間が多く自分の時間が全然なく困っていました。

その時点で過去問の出来は60点ぐらい。

算数は図形が苦手。

国語はムラがありました。

色々な図形のカードを導入し、

ヒントを覚えていく方法と、

前半でミスのないような取り組みの成果が実を結びました。

 

ある程度基礎力はある生徒でしたが、

あまりにも多い塾の課題に振り回され、

本来やるべき弱点補強が出来なかった。

 

そこに助け舟としてプロの家庭教師が

全ての悩みを解決してくれました。

 

不必要な問題や塾のテストなど、

色々と選択してカットしてくれたことも

大いに役だったのではないでしょうか・・・・

 

 やはり受験前は過去問を中心に対策を考えて

取り組むことが何よりと実感しました。

 

西大和合格おめでとうございます !

 

 女子で西大和を合格したのは、

「素晴らしい」の一言です。

 

塾でも成果が出ていて、

A判定をもらっていたので、

たぶん大丈夫だろうと思っていました。

 

算数・国語の2科目、プロの先生がついて、

安定した点数を取り続けたのが、

合格につながったと思います。

5年生の時はまだまだそんな状況ではなく、

「これからどうなる・・・?」という状況からのスタートでしたが、

プロの指導が入ってからは

どんどん結果が出るようになりました。

難関校受験はやはり、

いち早い軌道修正が必要だと改めて感じました。

 昨年から続いているコロナの影響で、

受験生にとっては、皆さん苦労のしておられると思います。

 

昨年は塾のオンライン授業で

新しい取り組みで興味津津。

ただなかなか成果につながらなかった

受験生も多くいたときいています。

 

そんな中、成果が出ていた人は、

難関校を受験する生徒で、

かなり成績も優秀な生徒でした。

もともとそういう層は、サッと聞けば分かる人で、

手段がオンラインであろうと、

他の手段であろうと出来るのです。

 

 それ以外の人は、画面を見ているだけで、

分かったつもりになっているだけで

結果としては出なかったのが実情でした。

 

 今年は、昨年の経験から、

やはり直接指導、対面授業の重要性が分かってきたのか、

個別指導や家庭教師が大変多くなってきています。

 

画面ではなかなか手もとの動きが分からないのと、

質問に時間差が生れ、細かい指導が出来なかったのが、

対面の授業では生徒のその場の状況が

リアルに伝わってくるので、

成果につながってきているようです。

 

 特に、基礎力が不足している生徒や、

応用レベルの弱い生徒、弱点単元がある生徒に関しては、

集団授業やオンラインの授業では結果につながらず、

1対1の指導でアナログの指導でないと結果が出ません。

 

 特に受験前のこの時期は時間が大切で、

いかに効率よく取り組むかが重要。

成績優秀な人以外は、

対面の個人指導を是非ともお薦めします。

オンラインの授業は効果に疑問!?

 

 コロナ禍の状況が昨年から続いていますが、

昨年は急遽、塾や学校もオンラインの授業が始まりました。

今年は昨年と違い、多少慣れてきたような感じです。

 

 ただ、発信している先生方の声を聞きますと、

「生徒がどれぐらい理解しているかが全くわからない」

と言っています。

生徒の側も、聞いているだけで、

分かったつもりになっているようです。

 

 その当りが段々と分かってきたようで、

今年は、やはり対面の授業に戻ってきています。

塾でもコロナで色々と対策はしているようですが、

以前のようにはなかなか上手く行っていない事も多いようで、

困っているようです。

 

一番リスクのあるのは、

授業後の質問に生徒が並ぶ時に

どうしてもしゃべったり、

接近したりして、感染のリスクがあるという点だそうです。

また、通塾時に友達としゃべりながら来たり帰ったりと、

なかなか掌握出来ない所もあり、

不安は尽きないそうです。

 

 そんな中、家庭教師の需要は昨年よりは増えています。

ワクチンの接種率も増え、

先生方も全員接種済みとあって、

安心感があるのと同時に、

やはり対面の授業でないと

成果が出ないという事を、分かってきたようです。

 

 実際、昨年は難関校の受験生の成績は

例年通りでしたが、

中堅校から下の学校の受験生の成績は

下がっていました。

これは一人ひとり手を掛けないといけない受験生に

手を掛けられなかったことが原因です。

 

 12歳以下はワクチンを打てないので、

受験生は不安の中での取り組みになります。

家族全員で感染しない取り組みが必要になってきます。

そして、少しでもリスクの少ない取り組みを選択しながら、

受験までの日々を送って欲しいと思います。