実家や義実家が重い、彼氏や夫が束縛ぎみ

と感じたことはありませんか。

 

メッセの返信が遅いと、ついイライラする。
SNSを何度もチェックせずにいられない。
毎日仕事漬けで、休日は何をしていいかわからない。


それって・・プチ依存かもしれませんよ。



身近にある【依存・共依存】苦しいのに、やめられないのはナゼ?


「依存」と聞くと、ギャンブルやアルコールなど特別な問題と思うかもしれません。
ところが親子関係、恋愛や夫婦といった間に、

依存や共依存が起きやすいのです。

何でも世話をしてくれる母親と、自立しないマザコン男性との間では「共依存」が成り立っています。
不登校から、そのまま引きこもり。家から出なくても生活できるのは、世話をしてくれる実家があるから。
重い女」という言葉のように、恋愛依存も身近にあります。
DV男性と、何度も似た男性とつきあってしまう女性。
ストーカー、宗教、万引き、ちかん、摂食障害。

こういった関係には、依存がひそんでいます。

ゲームがやめられない。占い依存。
つい必要のないものまで買物してしまう。
なにかに執着してしまう。
これくらいみんな当たり前?
気づいたら、借金ができたり、家族が壊れてしまったり。

依存の知識やしくみを徹底解剖してみましょう。




【一緒に心のしくみを学びませんか】

7年間に渡るメンタルワークショップや講座で、みなさまに喜ばれてきました。
その原点には私と娘が体験した、いじめ・嫌がらせ被害によるPTSDがあります。
どうぞプロフィールをご覧ください。

身近にある【依存・共依存】苦しいのに、やめられないのはナゼ?



★こういった方におすすめです★★★
・実家が重い。彼氏がマザコン
・自分で決めたり、判断するのが苦手
・力のある人にゆだねる方が安心
・わかっているけど、やめられない
・自分が支えてあげなくてはと思う
・似たような男性とつきあってしまう
・家族の問題について、解決方法を探している
・人を助ける仕事がしたい/している
・カウンセラーなど対人関係のお仕事の方


★内容★★★ 約1時間半
○約75分 : オリジナル資料+講座
===============
・身近にある依存・共依存
・依存症、3つのパターン
・共依存におちいる心理
・強化されるしくみ
・依存のメカニズム
・依存の影にあるもの
・脱「依存」、4つのポイント
・「共依存」を抜け出すには
===============
心のしくみや謎を、わかりやすくひもといていきます。
聞いているだけの一方通行ではなく、できるだけ参加型で進めていきます。
(答えたくない時やわからない時は、パスしてかまいません)
○約15分 : 質疑応答

心理学や精神医学をベースに、実践をプラスした勉強会です。

★進め方★★★

最大5人までのグループ講座になります。
1対1のカウンセリングのようなものではありません。
きちんと知識を学び、解決の道筋が見えるようになる講座です。

2人以上の開催ですので、前日に最少催行人数に達しない場合は、
振替orキャンセルのご相談をさせてください。

身近にある【依存・共依存】苦しいのに、やめられないのはナゼ?

たまたま今週、オンラインで観ることができるということで、観てみました。

↓ともかく予告編を。

 

これまでいじめに取り組んできて感じるのは、加害者対策の必要性。

学校は証拠隠しに口封じで隠蔽して、被害者を泣き寝入りさせる。

加害者は周囲の大人が尻拭いしてくれるのだから、
やりたい放題にエスカレートしていく。

 

・・・気がつくと、加害依存の状態。

いじめ加害者は、社会に出て犯罪者になる確率が6倍です。

 

そんなわけで、痴漢や盗撮、小児性愛の本を出されている斉藤先生の講座も何度か受講してきました。

 

この映画は比較的初犯など犯罪傾向の進んでいない人が入っている刑務所で、

民間支援員が入って、おもにグループワークをされています。

 

その結果・・・

TC出身者の再入率は、他と比べて半分以下!

TC(Therapeutic Community=回復共同体)

 

これはすごいことですよ。

一度刑務所に入った人は、社会で居場所がなかったり、生きる術が悪い方法以外になかったりで、再犯・再入所率が高いわけです。

 

再犯・再入所率が下がるということは、

社会の犯罪が減るということ。

新たな被害者も減らせます。

 

そして、もちろん加害者だった受刑者も生まれかわることができる。

 

心理療法の「2つの椅子」や、

加害者に被害者役の人が問いかけるロールプレイなど、

さまざまなワークが行われます。

 

もちろんそんなにカンタンに人は変われるものじゃなくて、2年参加という人も。

 

そして出所後は、定期的に会合を持たれています。

いくらやる気になっても

一人じゃがんばれないこと、いっぱいあります。

 

誰かに会って、話して、相談できて、

よし自分もがんばろうと思う。

 

そういう定期的な接点が、すごく重要ですね。

 

そして、なにより砂絵がすっごくいいです!!

 

ちょうど本も出たところだそうです。

 

公式ホームページ https://prison-circle.com/

公式FB https://www.facebook.com/prison.circle/

 

自主上映会の開催方法&スケジュール 

 

講座参加者限定の
「Good & New 近況報告会」をしました。

グループで支え合う良さっていうのかな。すごくあたたかくて。


「他の人がホメられると、自己嫌悪を感じるとき、
どう折り合いをつけたら?」

というご質問がありました。

 

あなただったら、どう答えますか?
 

いろんな方からアイデアが出てきて。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・「自分は今そう思ってるんだな〜」と気持ちを認めてあげる。

・気持ちを紙に書き出してみる。

・ホメられた人を妬んだり、足を引っ張ったりする人もいるけれど、そんなことしない自分をホメてあげる。

・その人がホメられる理由、努力の仕方を見つけて、
 自分も取り入れる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いいですよね〜。

で、もちろん、こういったアイデアのどれを選ぶかも、
別の方法でもいいし、何もしなくてもいい(笑)。
本人の選択の自由が大事。


それから
「こうして近況や悩みを共有しあえる仲間がいるって
心強い」
って言葉が自然に出てきました。
 

これ、無料のフォローアップなんです。
だって、せっかく講座で知識や対処法のワークをしても、

現実世界の嫌なことは次々起きるじゃないですか。


それを一人でがんばっていると
くじけてきちゃいますから。

あの人もがんばってるなって。すると自分も励まされる。

これからも月1くらいで続けていきますね。

まずは講座で一緒に取り組みましょ。
心の傷トラウマ・PTSD、依存・共依存、ビリーフ、毒親、アダルトチルドレン、抑圧、ダブルバインド・・・
https://helloaini.com/users/200151?prcd=WZG4X

「トリガー・リセット」講座終了。

うれしいご感想をいただきました。

講座中、その方は保健師さんだかに

「がんばって克服しないと一生できなくなりますよ」と

(脅しを受けて)モヤモヤされていたことをポロリと。
 

私は「余計なお世話!」と一刀両断。

とたんに破顔一笑で、見違えるほど顔が明るくなられた。

 

「がんばらなきゃいけない」って、自分を責める人、多いよね。


だけど。そばアレルギーがあるのに、

「日本人としておかしい。一生そばを食べられないなんて」と強要して、亡くなったお子さんとかいる。

一生そば食べられなくっても、困らないじゃん。


嫌いなもの、苦手なもの、だめなもの、
あっていいんだよ。

 

好き嫌いと勘違いして、好意?からゴリ押しする人たち。

性格の問題だと勘違いして、ムリ強いする人たち。

けっこうですから! むしろ迷惑だから(笑)。

がんばらなくていいから。

--

たとえば、津波や溺れた経験のある人が、

海を怖がったり苦手と感じるのは当然じゃない?

そのために一生海行けなくなっても、困らないから。

世界には生涯、海を実際に見たことのない人、鬼ほどいるから。

それ、克服する必要ない(笑)。
 

だけど、水がすべて怖くなったら、
生活全般に不自由が出ちゃうよね。

 

そのためには、危険と感じるトリガーが広がらないよう、

自分の【安全圏を広げていく】ことを少しずつすればいい。
 

嫌なことの苦しさを、いかに思い出さないかも大事。

だから、イメージをちょっと変えたり、

大丈夫な安全ベース基地を一歩ずつ固めていきましょう!

 

 

--

それから、自分の中ではもう当たり前になっていた心理の世界の言葉、

シェア会とかEMDRとか認知行動療法とか催眠療法とか、

意外にもみなさん知らなくてびっくり。
 

日本に帰国して、メンタルの世界は症状依存や病気がアイデンティティになっている人もいるし、

もういいかなと思ってた。

だけど、私が回復のためにぎっちり仕込んだ資料やセミナーの数々は、やはりライターという資質からか並外れているのかもしれない。
 

そして、メンタルワーク7年間で出会った方たちや経験。

だったら、それは社会に役立てた方がいいんだろうな。
 

ご紹介、みなみなさまウェルカムです!

グループで知識を学んだり、

例題ワークで対処法を深められます。

https://helloaini.com/users/200151?prcd=WZG4X

次回はビリーフ!
3/30(水)夜と、3/31(木) 午後

さ、手放ししましょう〜。(^_^)

先日の「心のブレーキの見つけ方」ZOOM講座で
ご感想をSNSでいただきました。

他にもたくさんご感想をいただいています。
 

うれしい限りです!!


https://www.instagram.com/p/CaMNoAhhGI1/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は百世安里(ももせあんり)先生の
「心のブレーキの見つけ方」セミナーに参加。

心の傷ができる時って、脳にリアルに傷がつくらしい。
驚きました。

心のケアってすごく大事だけど、
自分に向き合うことって恐いと思う。

思い出すだけで苦しくなってしまう人もいるし。

私も人生どん底だった時に心理カウンセリングとかに行けば良かったなぁ・・・と今になって思う。

助けて欲しい時に、助けてくれる人に、
助けて欲しいと言うことが大事だなと感じたセミナーでした。

周りの苦しみも受け止めてあげることが出来たら、
それも立派なひとつの社会貢献。

#百世安里
#心のブレーキの見つけ方

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜