撮影日記〜入間航空祭の飛行展示いろいろ | COTTA撮影日記

COTTA撮影日記

2014年10月、モノづくりブランド“COTTA”をスタートしました。
カメラと写真の楽しみを提案する撮影日記をはじめ、
製品情報をお伝え致します。


テーマ:

前回、入間航空祭での

ブルーインパルスの写真をアップしました。

 

ブルーインパルスは

航空祭の午後からの飛行展示でしたが

午前での飛行展示は、

さまざまな入間基地所属機体の飛行展示が行われました。

 

こちらの飛行展示はバリエーション豊富で

ブルーインパルスに負けない面白さでした。
 
 
かつては国産旅客機として飛んでいたYS-11。
自衛隊用に改良され、飛行点検機YS-11FCとして現役で飛んでいます。
この160号機は1971年に導入されたもの。
筆者が生まれる前から働いている。
 
 
とは言え、2020年には後継機が納入されることで
この機体も引退。
飛行展示として見られるのもこの日が最後だったようです。
 
 
新旧飛行点検機の共演。
右下がYS-11FC、左上がU−125。
 
 
編隊飛行が美しい、練習機T-4。
ピシッと揃ってます。
八陣図で言うところの「魚鱗の陣」です。
 
 
横一列に並んでいるように見えますが
実際には右斜め後方に付くように並んでいます。
八陣図で言うところの「雁行の陣」です。
 
 
ぶつかる!!!
と思ってしまいそうですが、
ズームの圧縮効果です。
ピタリくっついているようです。
 
 
C-1輸送機。
手前の歌舞伎ペイントは、
今年の入間航空祭の基地創設60周年記念用の
特別バージョンです。
カッコイイ!
 
 
C-1輸送機から、パパパパッと
パラシュート部隊が降下。
とてもなめらかで、見てて気持ちいいです。
 
 
救難ヘリのUH-60J。
 
ヘリを撮影する際は、
プロペラの回転がわかるぐらいの
ブレが写るシャッタースピードにするのが正解なのですが
そんな気配りをすることもなく、
飛行機撮るときのシャッタースピードそのままで撮ってしまいました。
 
 
火災時の上空からの放水。
結構迫力あります。
 
この他にも、各種ヘリや戦闘機なども飛んでいました。
さまざまなシーンで活躍する航空機の姿を見られて
楽しい一日となりました。
 

◎使用カメラは LUMIX G9PRO

 LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.

COTTA(コッタ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス