地球と遊ぼう。世界の果てのあんなとこ!

地球と遊ぼう。世界の果てのあんなとこ!

10年のサラリーマン生活に終止符をうち365連休プー太郎ニート生活をを経て貿易会社起業。人生の振り幅をめーいっぱい使いながら大好きな地球と友達になるべく地球散歩、地球遊びは生涯継続を志す。
遊ばざる者、働くべからず。好きなことを好きなように!

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

”人生の365連休” を卒業し起業して経営者へ。


直接ご報告出来ていない方々もいますのでこの場を借りて近況報告させていただきます。

長文ですが、お時間ある方はお付き合いください。


スラックスからハーフパンツへ。

ワイシャツからTシャツへ。

革靴からビーサンへ。


前職を退職しネクタイを外しスーツを脱ぎ捨て、
社会や組織のしがらみとオサラバし、何者でもない人になって約2年。


旅人と言う名のプー太郎から

株式会社ファラビ(FaRavi Inc.) 代表取締役へ



約10年間勤務した前職を2014年1月に退職し、
留学したり、地球を散歩したり、サーフィンばっかしたり、
サッカーワールドカップ観にブラジル行ったり、
飲んだくれてみたり、何もせず何も考えず
ひたすらゴロゴロボケーッとしてみたりと。。。


好きな時に好きな事を好きなように、
思うように、したいように、
気の向くままに”人生の365連休” を満喫し、
いい年して”ニート”、”プー太郎”を徹底的にやりました。


仕事にプライベートにと忙殺される現代社会。
わたしの過去もそんな一人でした。
”大人になってからの時間の無駄使い”、
”何もしないコトの幸せ”を存分に味わわせてくれて、
癒しと成長、そして
ミライの可能性を貰えた”人生の365連休”。


色んなとこ行って、
新たなもん見て、聴いて、嗅いで、味わって、
様々な初体験や経験を通じ全身で感じまくった結果、
知識が増え感性は磨かれ幅は広がり、
更に見えるようになった「視点」、
更に広がった「視野」、
斬新な「思考」等々、様々なモノが加わり
更にパワーアップできました。
そして何よりも沢山の新たな出会いにも恵まれ感謝感謝の約2年間。


20代前半にも同じ様なことを2年程(1年×2回)しましたが、
社会でバリバリ働き企業戦士として経験を積んだ後の30代になってからでの感じ方の違い。

20代前半のピヨピヨ時代ひよこと中年のニワトリ白い鳥となった今とでは、あらゆる面での経験値が違っており、また違った捉え方、見え方、感じ方ができ、新しい刺激、知識見識、出会いが広がったことは間違いありません。


”人生の365連休”さん、
本当にありがとうございました。

十二分にゆっくりし遊びほうけた中での実りもいただけたので、
365連休学校を卒業することにしました。



そして、株式会社ファラビ(FaRavi Inc.)を設立し、
代表として経営者として新たな人生をスタートさせました。


”日本と世界の架け橋に”をテーマに
ビジネスを通じて日本と世界の橋渡しが出来たらと思い起業しました。
主要事業は貿易と小売です。

これまでの会社員時代の経験やスキルと、
これまでに世界65ヶ国を訪問して感じたこと得たものをひとつの武器とし、
そこに様々なアイデアや思いや夢を乗せ、
周りの助言やサポートをいただき、
そして迷った時は直感と本能とワクワクセンサーに従い
楽しみながら前向いてチャレンジしていきたいと思います。


この2年ほど、
何処にいるの?生きてるの?何してるの?の
メッセージを多々頂きましたが、

安心してください、
人並みに生きてましたよ。今後はパナイっすよ。



2016年3月、東京都渋谷区の閑静な高級住宅街にある
駐日ヨルダン大使公邸にて駐日ヨルダン大使夫妻と対談。

こちらの詳細はまた別途いつか。。。



ここ2年は所在地を地球上としてウロウロしていましたが、
設立した会社の本社所在地は福岡市です。
よって今後は福岡にいる時間は多いと思いますので、お近くにお越しの際はお気軽にお声かけください。
茶ーでも、乾杯でもしてゲラゲラしましょう。


不安がないと言ったらウソですが、これから出会う楽しい未来を夢見て突き進んでいきたいと思います。
バカちん、アホちんなところは多々ありますが、
少しでも興味共感いただける皆さんからの叱咤激励、
ドシドシお待ちしています。



こちらのブログはタイトルを変え、また違った形で気が向いた時にボチボチでも継続しようかと思っています。

楽しみに?読んでくれていた読者の皆様、また。


2016年4月吉日



ここから先は第一弾として行う具体的事業内容のご紹介です。

お時間、ご興味ある方は更にお付き合いください。


中東に位置するヨルダンより死海(Dead Sea)の塩や天然ミネラル成分を用いた,

自然派コスメのスキンケアブランドを直輸入し日本国内での販売や卸を手がけます。


最近の中東訪問は商談含めたお仕事でしたー。


ブランド名 TRINITAE(トリネティ) 日本国内初上陸。

5つ星ホテルのアメニティや最高級スパ等で使用されている上質、自然派コスメブランド。


石鹸、バスソルト、スクラブ、泥パック、マッサージオイル、化粧水、保湿クリーム、ボディクリーム、アイセラム、フェイスオイル、etc。

死海成分は勿論のこと自然界のものを主成分として作られているナチュラルコスメです。オーガニックやナチュラルと言った自然派、本物志向の方は特に気に入ってもらえるかと思います。


弊社、株式会社ファラビ(FaRavi Inc.)はこのTRINITAEの唯一の日本正規販売店となっており、暫くは直営店のみでの取扱いとなります。

今後は日本国内のホテルやスパなどと業務提携を行っていけたらと思っています。


そして世界中のモノやコトを貿易という仕組みを通じてビジネスをしていきたいと思います。

日本の○○をどこどこに輸出したい。
あの国の○○を輸入してほしい。

そんなお問い合わせもお待ちしています。

ひとつだけポイントとして日本を起点とする輸入も輸出も受け入れる側の国や地域ではあまり見聞きしないモノコトを原則としています。

一般大衆化されたありきたりなモノコトより、尖ってる、面白い、キラリと光る等のモノコトを重視していきたいと思っています。


小さな商社とでも名乗っていいですかね?


会社設立から事業開始までには色々な壁がありましたが、沢山の方々の縁にも恵まれ、そしてサポートや支援もいただき、やっとスタートラインに立てそうです。その恩を返していけるように、そして周りも自分も世界中も毎日笑っていれるように一歩一歩すすんでいきたいと思います。


長文にお付き合いくださりありがとうございました。



これにて体の365連休は終わりますが心の365連休はこれからもまだまだ続きます。


「遊び心」と「こども心」万歳。


かしこ。


テーマ:
どーも。久々の更新。

更新しないだけで拘束された?とかいう根も葉もない噂になる。

えっ???

安心してください。更新しますよ。


ってことで、たまには日本のいーところ編ってことで。
福岡県福津市にある宮地嶽神社から見る光の道編。


最近、嵐 × JALのCMでも話題になっているところですね。
JAL先得「旅の出会い」編


海からまっすぐ伸びる参道を照らす奇跡の夕陽。
パナイさんです。


奇跡な点
参道が海からまっすぐ一直線で海が見える
この絶景は年に2回しか出会えない(10月と2月)

そうです。
この海からまっすぐ伸びた参道沿いに夕陽が沈むのは年2回。
毎年日にちはずれるようですが、1週間程度チャンスありで。
そして当たり前だけど晴れてないと夕陽には出会えない。

あー奇跡の絶景ですね。



参道風景
まっすぐ伸びる影はこの時にだけ現れます。



明治安田生命CMか?
小田和正さんのメロディ流れてくるのか?
っていう風景に出会えますよ。





奇跡の絶景を見ようと、パワーを貰おうと人もぱない。




夕陽が海に沈むと9割は一斉に帰り出す。


ちょっと待ってください。
夕陽もいーけど、太陽が沈んだ後の夕焼けもいーですよ。


せっかく来ているのに90%の人は帰る。
あーもったいない。。。

本物を知っている残り10%の人は夕焼けまで味合う。
素晴らしい。

多数決好きは90%へ。平凡を嫌う方は10%へ。




暗くなると参道はライトアップされまた違った味わいで。
街灯と車のライトによる光の道が現る。



ここまで味わう人はだいぶな変人クラス。
居残りしている人はピーク時の1%にまで激減します。

寒さと戦い、様々な風景に出会う。
たまんないね。


何パターンもの絶景に出会える奇跡の参道。
光の道。


今月(2016/02)は20日くらいから?とかだったみたいで明日2月26日から4日間ほどは天気悪くて太陽出ないようなのでこの景色に出会えるのは次回は10月かな?と思います。

興味ある方は行ってらっしゃい。


初めての方へ
基本的には車で行くことになると思います。
バスもあるけど本数少なめ。この時期は混むので時間も読めない。

境内から徒歩5分ほどのところに大きな駐車場あり。

しかーし、初めての方は海辺から歩きましょう。
海辺にも鳥居があります。


そこにも無料駐車場あるので海でホケーっと癒されて、そこから散歩がてら歩くことお勧めします。15分も歩けば真下の鳥居まで行けますよ。


宮地嶽神社
ちなみに長さ13.5m、重さ5トンと日本一の注連縄も見れますよ。


ってことで監禁されてませんよ。

またまた。



テーマ:
クロアチアの絶好調編 "リピートしたいぞ" のお届け。


アドリア海の真珠と呼ばれるドブロブニク(Dubrovnik)
映画、紅の豚のモデルになったとも言われるドブロブニク



旧市街は1979年に世界遺産に登録。
(機内にて上空より撮影)


真っ青に澄んだ空

透明で真っ青な海



穏やかな気候の潮風


クロアチアの首都ザグレブよりバスで半日、飛行機で1時間のクロアチア南部のアドリア海沿岸に位置する場所ドブロブニク
クロアチア航空が首都ザグレブとの間に1日3本~5本程運行(時期による)
夏のオンシーズン中心にヨーロッパの主要都市からは直行便も存在する。


その理由、行けばわかりますね。


街に到着するや否や、宿へのチェックインも忘れて荷物持ったまま海へと吸い込まれていく。


そんな場所、ドブロブニク。


旧市街は周囲約2キロの城壁に囲まれた空間。


旧市街城壁内のメインストリート

路地裏がいちいちステキでお洒落。

小洒落たレストランやカフェはそこいら中に


アイスクリーム屋は2、30メートル間隔にあるのでは?レベルで大量


夜になるとまた幻想的な空間になり。



旧市街の至る所にある路地裏を進むと階段になっていて登るにつれて観光客は減りそこに暮らす人々の生活空間が現れる。


ドブログニグの街全体を見渡せるスルジ山頂上からの一望。
絶景以外の何物でもない景色が眼下に広がる。


太陽が沈んで行く中、
旧市街の西側では夕陽を眺めながらそれぞれがそれぞれの時間を満喫。

スパークリングワインで調子にのりますね。


今日の楽しさに感謝。

街の夜景とスルジ山


旧市街の700メートル先に浮かぶ無人島のロクルム島。
またここがパナイ。


水の透明度と言ったら果てしない。
砂地がないせいか濁りもなく潜っても本当にどこまでも見える透明度。

そしてこの島にはヌーディストビーチが存在する。

服も水着もダメですよ。
安心できませんよ。穿いてはダメですよ。


上陸したからには行くしかない。


ギリシャのミコノス島以来のヌーディストビーチ。

安心してください、穿いてませんよ。
ですが加工しましたよ。


水温は冷たく20度切ってるかと、でも気温が温かいのでギリいける?


↓この写真のバカたれ動画はこちら↓

水中の極上透明感撮影してます。
ロクルム島でダーイブ


気候といい、空気感といい、街並みといい、食といい、言葉で表わせない良さを感じれたドブロブニク。

ここ好きです。

ドブロブニク(Dubrovnik)
死ぬまでにリピートしたい場所のひとつに認定しました。
次来る機会の時はゆっくり2週間くらい滞在出来たらと思いますね。





これから行く人へ。
この町は一般的なホテルやホステルといった宿はもちろんだけど、アパートメントタイプ(高級過ぎないコンドミニアム系)と言ってキッチンなどもついたワンルームや2ベットルームなどの部屋貸しが至る所にある。部屋にもよると思いますが食器や調理器具や調味料なども最低限はだいたいあったりします。勿論シーツやタオルといった最低限のものも。外で食べるのもいーけど、人気が出てきている観光地なだけあって物価は高めです。日本と変わらないかそれ以上の物価を誇る街でもあります。よって3泊以上するような方は(3泊以上はするべし)アパートメントタイプに宿泊してスーパーや市場で買って部屋で自炊なんてパターンもオススメです。現地で手に入る食材でささっと作ってクロアチアワインやビールで乾杯なんて。実際やりましたけどありですよ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス