さくらとの約束  さくら姐さん闘病記 ③ベイビーアイラブユーだぜ  | Mind of Flower ねこと宇宙人のフラワーな日々

Mind of Flower ねこと宇宙人のフラワーな日々

フラワーエッセンス、アニマルセラピーをご紹介します。


テーマ:

 

クローバー呼吸がしづらく、ただ横になっているだけでも、

 

 苦しい状況になるとほぼ自分のケージのベットからも

 

 出られないので、(ただし、トイレは自力で行く)

 

 身体をさする、または体勢を変えてあげるなどの

 

 サポートが必要になった。

 

 

 

 そんな状態にも関わらず、ある日の朝方に自分の

 

 ケージから出て、階段を上がり、私がが寝ている

 

 近くまで来てくれた時に、さくらの覚悟みたいなものが

 

 感じられて、もうすぐなのかなーとさくらを

 

 なでながら思った日笑い泣き

 

 

 

 その翌日の夜は、リビングのさくらのケージのそばに

 

 布団を運んで、さくら・かぶと・冬馬と一緒に休むことにし、

 

 さくらが苦しがっていろいろ動くのを介助しながら休んだ。

 

 

 さくらに逝ってほしくない気持ちともう頑張ったからいいよ

 

 という気持ちが交互にやってくるのが自分的に

 

 辛かったかも・・・黄色い花

 

 

 

 腫瘍科のドクターは

 

 「今までたくさんのこ達を見送ってきたけれど、

 

 だいたいは飼い主が手放さない。

 

 みんな、飼い主が「もういいよ。また、戻っておいで」て

 

 思うとさっさと逝く。人間の方が彼らにしがみつく」

 

 

 まさにそれ・・・・滝汗

 

 

 

 さくらは基本何も言わない。もっと生きたいとも、

 

 もう勘弁してとも。

 

 約束通り、私の気の済むようにやらせてくれていた。

 

 結局は、気が済むことなんてなかったんだけど。

 

 

 

 そして、その日がやってきた。

 

 

 2018年12月31日 

 

 宇宙人の誕生日

 

 

 

 さくらは逝ってしまった。( ;∀;)

 

 15歳と4か月ドキドキ

 

 

 電車で移動中のキャリーバックの中で。

 

 途中の駅で、「さくら、もういいよ」と思ってしまった。

 

 

 

 あまりにあっという間で、いまだに受け入れられない

 

 部分は多いけれど、

 

 フラワーエッセンスのおかげと

 

 さくらのためにサポートしてくれた皆様ドキドキ

 

 

 さくらの「やれやれ、終わった」の感じで

 

 ずいぶんと助けられている。

 

 

 最期まで、いやそれ以降も、流石のさくら姐さん。ラブ

 

 元ヤン?らしく、ねこ親戚をくまなくあいさつに行ったらしく、

 

 皆様に「さすがだわ」と言われておりますドキドキ

 

 

 

 さくらに聞いてみる

 

 「また、私のところに来る?」

 

 「そんなのわからない。」

 

 「・・・・そうね(;´・ω・)」

 

 愚問でした滝汗

 

 

 

 一緒に頑張っていた時から泣いたり、

 

 話したりしながらずっと聞いてきた曲

 

 バンプオブチキンの「新世界クローバークローバー

 

 

 一度だけ放映されたコマーシャル

 

 お菓子の精達のアニメがとてもキュートでかわいいドキドキ

 

 

 

 

 もう一度起きたら、君がいないかもドキドキ

 

 どんなに遠く離れても、宇宙ごと抱きしめるよドキドキ

 

 

 

 

ベイビー、アイラブユーだぜ  さくらドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

 

image

 

マインドフラワーについて