スタッフやのっち(矢野)です。

7家族23名とボランティア11名の34名でした。

1月のぽかぽかはいつも雪の中からぽかぽかハウスを掘り出すところから始まります。

ところが、今年、雪がなかったのです。

 

 

1月3日、前泊で入った参加者とボランティアスタッフは、4日裏磐梯のグランデコスキー場に視察に滑りに行きました。

お昼到着組は一部オープンしている猪苗代スキー場へ、岩が出ていて大変な思いで帰ってきました。

 

  

 

2日目 1月5日

参加者が全員揃ったので、みんなで相談し、グランデコスキー場に行きました。

かっとびチーム、中級チーム、初級チーム、初心者チーム、そり遊びチーム、それぞれに分かれて活動しました。

 

 

 

 

  

 

 

 

お昼は休憩所を借りて、チームごとに戻ってきて食べました。

ヴィライナワシロで日帰り温泉に入り、ぽかぽかハウスに戻りました。

夕食後、満天の星空で星空観察をし、バナナケーキやバナナシェイクを作って楽しみました。

 

3日目 1月6日

雨が降っています。

スキー場で何より困るのが雨です。

みんなでグランデコまで行きましたが、雨になりそうなみぞれが降っていました。

みんなで相談し、どうしても滑りたい中学生2名にボランティアスタッフを2名スキー場で活動することにし、ほかのメンバーで磐梯熱海ユラックスのスケート場に行くことにしました。

スケートは初めてのメンバーも多かったのですが、みんなどんどん上達してとても楽しく滑ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

スキー場だとグループごとで広いスキー場内を行動するので、なかなかみんなに会えないけれど、スケートリンクだとみんな一緒に滑ることが出来て楽しかったし、スキー・ボードは得意じゃない子がスケートでヒーローになれたりしたのも、とっても良かったです。

スケートチームはユラックス熱海で温泉に入り、スキー場チームはヴィライナワシロで日帰り温泉を楽しみました。

夜、ロールケーキを作りました。

一日中動き回っても、子どもたちは夜になってもとても元気です。

ミーティングで明日はスキー場で滑りたいなっと希望をもってグループ分けをしました。

 

4日目 1月7日

雨の後、雪に変わりました。

 

 

 

みんなで相談し、グランデコスキー場に向かいました。

道路がつるつるで、スキー場までの道が大渋滞スタックしてしまう車、事故を起こしてしまう車、ドキドキしながらの運転です。

四輪駆動以外の車は裏磐梯ビジターセンターの駐車場に車を置いて、ピストン輸送でスキー場にみんなを運びました。

寒い雪降る中で雪質はあまりよくありませんでしたが、初心者の人たちもリフトに乗ってどんどん滑れるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

5日目 1月8日

 

最終日、お掃除とお片づけが終わった後、春休みに企画している「水俣・長崎学習旅行」の事前学習会を開催しました。

今回ぽかぽかに参加したメンバーは昨年度の学習旅行に参加した2家族、今回参加する3家族がいました。

水俣・長崎でこんなことを知ったとか考えたなど、参考になる感想をたくさん話してもらい、今年の参加者から質問もたくさん出ました。

水俣や長崎について調べてきた子たちからも発表があり、これから春休みに向かって楽しい事前学習が出来ました。

 

 

 

 

今回 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金の助成事業として、実施しています。

また、今回のぽかぽかも、共生地域創造財団から食材のご支援を受けました。

年末年始のお忙しい中ご対応ありがとうございました。

メニュー

3日夕 中華風混ぜご飯・中華スープ
4日朝 ピザトースト・スープ
4日昼 ぽかぽかハウス組:中華風混ぜご飯・味噌汁

   スキー場組:おにぎり2種
4日夕  ご飯  味噌汁 筑前煮 和え物   
5日朝  ご飯   味噌汁 魚 納豆 和え物 漬物
5日昼 オープンサンドイッチ・スープ・ミニトマト
5日夕 ご飯 味噌汁 チキンステーキ 温野菜 果物
6日朝 鮭茶漬け 又はふりかけご飯 漬物
6日昼 おにぎり3種 きゅうりの一本漬け たまご
6日夕  ご飯・味噌汁・お豆腐ハンバーグ・サラダ  
7日朝 味噌汁 ご飯 ウインナーと青菜炒め スクランブルエッグ
7日昼 おにぎり3種 きゅうりの一本漬け たまご スープ
7日夕 ご飯 冬野菜カレー サラダ
8日朝 豚汁・ご飯・残り物(カレー・サラダなど)

 

      

 

 

ロールケーキ作り

 

  

 

バナナケーキ作り

 

  

 

参加者の感想

◇今回のぽかぽかはゆっくり出来たし初めてアイススケートも出来て楽しかったです。(中1女子)
◇毎日色んな楽しい事があって笑いすぎました。

スキーもアイススケートも楽しかったです。(小5女子)

 

 

◇今回のぽかぽかでは、はじめてやることがたくさんあり、とても充実した3日間でした。

スケートもスキーも最初は怖かったけど、ママスタッフとスタッフが教えてくれたおかげで楽しく出来ました。(中1女子)
今回は冬を堪能することができて良かったです。
◇僕は初めてのスキーやスケートにとても感動しました。
最初は難しかったけどスタッフや他のママさんがわかりやすく教えてくれてとても楽しくできました。
冬野菜カレーが美味しくて、入ってた食べれなかった野菜も食べれるようになりました。
ちゃんと冬を堪能できて楽しかったです!!(小5男子)

 

◇天気が良くなく、スケージュール変更等柔軟に対応してもらえて良かったです。
こどもたちが初めて挑戦したアイススケートは、スタッフさんたちやママさんたちに教えてもらいながら、上達していく姿を見 れて良かったです。
私はスケート滑った事なかったので、今回のスケージュール変更がなければ無縁だったと思います。
毎日みんなで作って食べたご飯も美味しかったです。(母)

 

◇2回目のぽかぽかでしたが、ボランティアの方々が優しく接してくれて、他の家族の方とも仲良くなれて親も子もスキーやスケートを楽しむことができました。
普段は見ることができない雪景色にも感動しました。(母)
 

やのっちからお詫び

・雪のぽかぽかは希望者が多く、たくさんのご家族のご希望に添えませんでした。

多くの方にご参加いただきたいのに申し訳ありませんでした。

・今回ぽかぽか期間中に、自らインフルエンザに罹ってしまいました。

コロナ禍、うがい手洗い消毒など、一生懸命感染予防していたのに、少し気が緩んでいました。

本当にごめんなさい。

反省を次に生かそうと思います。

 

こんにちは。スタッフの木次です。
2023年10月7日から9日(2泊3日)で開催されたぽかぽかプロジェクトにボランティアとして参加してきました。

参加者は、年長から中学生の子どもたち10名、お母さんたち6名、そして高校生以上のボランティア8名の計24名。うち、初参加の家族が2組いました。

今回のぽかぽかは、近隣散策から裏磐梯噴火記念館や諸橋近代美術館、檜原湖カヌー体験、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館と様々な場所を訪れました。福島県内で思いっきり遊び、あっという間の2泊3日でした。

たくさんの写真とともに共有します。

7日、参加者はお昼に集合し、みんなで天ぷらそばをいただきました。久しぶりに会った子どもたちはボランティアスタッフとの再会を喜んでくれたり、初めて参加してくれた子どもたちは、緊張している様子もあれば、すでに全力で遊んでいたりと十人十色でした。
その後、オリエンテーションや近隣散策をし、猪苗代観光ホテルの日帰り温泉を楽しみました。


 

 

 

 

 

 

 

 

8日、お昼に食べるオープンサンドイッチを準備し、裏磐梯噴火記念館チームと諸橋近代美術館チームに分かれそれぞれ見学しました。諸橋近代美術館では「おきにいりマルシェ」を開催しており、私たちもウォークラリーに参加してその日限定の賑わいを楽しみました。
裏磐梯噴火記念館チームと合流後は、檜原湖でのカヌー体験!
体験後、ぐったりする多くの大人たちを横目に、子どもたちは卓球をしたりブランコをしたり、元気いっぱいに遊んでいました。
ラビスパ裏磐梯で日帰り温泉に入り、ぽかぽかハウスへ。帰りの車内ではすっかり疲れて寝ている子どももいましたが、その体力には本当に驚かされました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

ぽかぽか中は、やのっちとお母さんたちが中心となり作ってくれた美味しいごはんをいただきます。
そして今回は、中学生や小学生の子どもたちが作ってくれた柿のプリンや果物たっぷりのスムージーも!ベタですが、みんなが考えて作ってくれた分、最高に美味しかったです。


3日間の献立と写真はこちら。


7日 昼:天ぷらそば
    夜:ご飯・スープ・ハンバーグ・添え野菜・果物
8日 朝:味噌汁・ご飯・魚・納豆・和え物・漬物
    昼:オープンサンドイッチ・スープ・ミニトマト
    夜:ご飯・味噌汁・ガリポンチキン・果物
9日 朝:鮭茶漬け/ふりかけご飯・漬物
    昼:おにぎり・塩たまご・きゅうりの一本漬け

 

 

 

 

  

 

 

  

 

 

  

 

 

 

 

中学生の参加者は、幼い頃からぽかぽかに来ている常連さんが多くいます。これまで遊ぶ側だったのが、小学生の子どもたちの遊び相手となり、率先してキッチンに立ち、ボランティアとして頼れる存在に成長しています。こうした姿を見ることができるのも、参加者全員でぽかぽかを守り、継続してこられたからだな~と、3回目の参加ながら勝手に感じていました。

 

 

 

最終日である9日の朝には、早くから起きている子どもたちとFoE Japanで製作した「気候変動かるた」で遊びました。
 

 

気候変動かるたは、ただ読むだけでは普通のかるた遊びですが、せっかくなら楽しみながら環境問題や社会問題について知るきっかけになってほしい!そんな期待があり、札についている「解説」を先に読んでから取ってもらうという方法で遊びました。解説から読むことで、子どもたちは文章と関連する絵札を想像しながら探します。

そしていざ読み札が読まれると、1文字目でみんなが札を取り合います。普通に遊ぶよりも、問題の背景や描写が子どもたちの記憶に残るような気がします。
子どもたちは、今起こっている社会問題も当たり前のように知っています。子どもたちが大人になったら環境に配慮した行動が「当たり前」の世の中になっているだろうと、そんな未来像を膨らませることができました。

最終日なので、午前中に全員で協力してぽかぽかハウスの掃除を一気に済ませます。
あいにくの雨となりましたが、掃除を終え、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館に行きました。

 

 

 

 

 

 

館内を回り終えると、みんなとはその場で解散。
子どもたちが「帰りたくない!」と涙ぐんだり、「次も来る?」とボランティアスタッフに聞いてくれる純粋な姿に、私たちも名残惜しくなります。お母さんたちとも、友だちのように恋しがり、手を振ってお別れしました。


 

今回のぽかぽかでは、子どもたちと遊ぶだけでなく、お母さんたちともたくさん話せたように思います。
私は子育てをしたことがないので、子どもたちと同じ目線でただ楽しく遊んだり、笑ったりすることができますが、お母さんたちの心配や不安、孤独感ははかり知れないものだと感じました。

子どもたちだけでなく、お母さんたちにとっても居場所となるぽかぽか。
何度も来てくれる子どもたちやお母さんたちにとってすでに大切な居場所となっていることを再認識しつつ、新しく参加してくれたご家族にとっても居場所の1つになれたら良いなと思います。
私は3回目の参加でしたが、ぽかぽかプロジェクトの存在意義をより実感する回になりました。

<執筆:木次和歌>

 

 

 

スタッフ矢野(やのっち)です。

2023年9月16日~18日に、猪苗代でぽかぽかプロジェクトを実施しました。

参加者4家族16名 ボランティア8名、2才から6年生まで、はじめてぽかぽかに参加する家族も2家族いて、新高校生ボランティアも参加、人数はそんなにいないのに、男の子がとても多くて賑やかな回でした。

本当は秋のぽかぽかのはずでしたが、とっても暑くて夏のぽかぽかとして楽しみました。

 

 

16日、前泊したメンバーは、午前中近隣散策に出かけ、お昼に集合した全員で、豚汁うどんを食べた後、午後からはカメリーナ公園に出かけました。噴水池で遊んだり、虫取りや魚取りをしたり。

この時期じゃぶじゃぶ池で遊べたのは暑い夏のおかげです。

辛いばかりの猛暑の夏に、少しだけ感謝しました。

ぽかぽかハウスに戻ってからも、外でたっぷり遊びました。

 

 

 

 

 

 

17日は、お昼の準備をして裏磐梯の噴火記念館に行きました。

ちょっと古めの3D映像でしたが、360度のスクリーンから噴火の石が飛んできたり、魚が向かってきたり、みんなで楽しめました。

磐梯山の噴火がたった100年前の事だったなんて、もっとずっと昔の事かと思っていたので、とても勉強になりました。

 

 

 

その後、桧原湖で昼食を食べ、湖水浴&カヌー体験サップ体験や森の中でたくさん遊びました。

カヌーチームもサップチームもよく頑張りました。

そして、ロープで飛び込む桟橋や、森の中のブランコやスラックラインで遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

ラビスパ裏磐梯で日帰り温泉を楽しんだ後、ぽかぽかハウスでバナナケーキを作りました。

 

 
 

 

18日 最終日、みんなでお掃除をした後、お昼をもって石筵ふれあい牧場へ行きました。

 

 

 

最後に、ぽかぽかハウスの様子をご紹介します。

そして、念願のピアノがぽかぽかハウスに来ました。食堂に置いてあります。

大切に使ってください。

 

  

 

  

 

日本中の多くのみなさまのご支援でぽかぽかは成り立っています。

いつも本当にありがとうございます。

今回も共生地域創造財団のご支援で素敵な食材が届き、お母さんたちと一緒に作りました。

16日昼 豚汁うどん
16日夕 ご飯・スープ・お豆腐ハンバーグ・温野菜
17日朝 味噌汁 ご飯 魚 納豆 和え物 漬物
17日昼 オープンサンドイッチ・スープ・ミニトマト
17日夕 ご飯 味噌汁 鶏むね肉のチキンナゲット 果物
18日朝 鮭茶漬け 又はふりかけご飯 漬物
18日昼 おにぎり3種 きゅうりの一本漬け たまご

 

    

 

 

 

ぽかぽかハウスには、ちょこっと変わったスタッフと、ちょこっと素敵なお母さん、お父さん、そして元気いっぱいの子どもたちが集まります。

ひとりひとりがあるがままに素敵です。

それがとても大切な空間を作っています。

誰かに無条件で愛されることが、その人の自信になり、自分を肯定できるから、人を大切に思えるのかも。

愛すべきたくさんの子どもたちに囲まれて、幸せいっぱいのやのっちでした。