皆さん、小学校の時に受けた授業の内容って覚えていますか?真顔

僕は、全く覚えてなくて、滝汗小学校六年生の時、担任の先生が話してくれた

「大学生の時、好きな人に告白して、振られて、3日間、食事が喉を通らなかった。」

話しか覚えてません。チーン

なので、自分が授業をする時も、多分、脱線して面白かった話は、覚えられても、授業の本筋は覚えてもらえないだろうと諦めているのですが、その小学校六年生の時の担任の先生が教えてくれた大事なことは、今でも覚えています。

それは、「自律」です。学級目標に掲げて1年間徹底的に仕込まれたからです。教師になってからも目標にしてきました。事あるごとに、
「自分で自分を律することが大切なんだよ。」
「自分で自分をコントロールするんだよ。」
と語りかけてくれたこの先生が大好きで、同じクラスだった内の何人かが教師になっています。



ちょっと話がかわりますが、宮沢賢治が教師をしているとき、子ども達に語りかけた授業を受ける時の3つのルール、

「先生の話を一生懸命聞いてくれ。」
「教科書は開かなくてもいい。」
「そのかわり大事なことは、身体に染み込むまで何度でも教えるから」

の3つ目だと思います。

大事なことは、繰り返し何度でも、耳にタコができるまで、伝えた方が良いと思います。

今の学校に赴任した年、交通安全や不審者対策を毎日呼びかけるよう、管理者から指示があり、帰りの会で本当に毎日、「不審者、交通安全に気をつけて帰ります。」と声かけしたところ、年末の学校評価アンケートで、「交通安全に気をつけている」という項目が、100%肯定的回答になったことがありました。ウインク

それから、毎日、「意味のある家庭学習を頑張ります。」を追加しました。年末のアンケートでは1人を除いて、「家庭学習を頑張っている」と回答してくれました。

ご家庭でも、本当に大事なこと(命とか、生き方とかに関わること)は、繰り返し、何度でも、身体に染み込んで、耳にタコができるまで、何年でも言い続けてみて下さい。

きっと、子どもたちに伝わると思います。


いいね!、コメント、リブログ大歓迎です!よろしくお願いします。


ブログランキング参加しました。↓
よろしければ、クリックお願いします。


幼児教育ランキング

先日、長男5歳ウシシが「ザリガニ釣りに行きたい。」と言っていたので、幼稚園の後、久しぶりに行ってみたところ、他の家族連れがたくさん来ていました。


その中の一家族が、セミやリュウキュウキノボリトカゲを捕まえていて、昔ながらのススキで首輪をしていたので、ウチの子も遊ばせてもらいました。


捕まえるのにも使えるし、捕まえた後、逃がさないようにも遊べるのでなかなか良いかと思います。

子ども達が、飽きて木にくくりつけていたら、いつのまにか逃げられていました。


いいね!、コメント、リブログ大歓迎です!よろしくお願いします。


ブログランキング参加しました。↓
よろしければ、クリックお願いします。


幼児教育ランキング




小学校の教員ですが、今年の四月に、いろいろな事情が重なって、妻と交代して育休を取ることになりました。

もともと、育休を取りたいとは思っていて、子どもたちに、読み聞かせなどをたくさんやってあげたいと思っていました。

四月のドタバタが過ぎた頃、妻に「ブログやってみれば!」と言われました。妻は、ねこおやじさんの「我が家はステップファミリー」のファンで、僕のダイエットにもいろいろ口出ししてきた時期だったのですが、どんなものか見てみると面白い!


育休を取りたいと思っていた理由は、小学生で計算が苦手な子は、積み木遊びの経験が足りなかったり、国語の点数がなかなか上がらない子は、教科書に出てくる単語の意味がわかってなかったり、幼児期の経験不足が原因なことが多くて、自分の子には読み聞かせや虫取りや、積み木遊びなど、いろんな経験をさせてあげたいと思ったからでした。




その記録を残して、これから出会う子供達や保護者に活用してもらえば、自分の子も育てながら、仕事にも活かせる!

やったー!ナイスアイデア💡

と思って始めたブログです。



可愛い娘ですが、幼稚園から帰るとき口笛「抱っこ〜。」と言って歩かない。
息子も便乗してきて、右手に息子、左手に娘の両方を抱えて離れた駐車場まで連れて行ったり。
朝、余裕がない中、爆弾💣を落とされて、遅刻を完全に諦めたり。
子供達との思い出がいっぱい詰まったブログになっています。

親戚にも、紹介して「見てみてねー。」と言っていたのですが、「文字ばっかりで、面白くないので、何かいい方法ないかなぁ。」と言っていると、いとこのお姉さんにマンガを描いていただけることになったりしました。


垣花ヒージャーに来ています。(湧き水探索のススメ)とっても楽しい水遊び!糸満市高嶺中学校前、嘉手志川。 も、亡くなった父に連れて行かれてとても楽しかったイメージのある湧き水に子どもと一緒に行けて良かったです。

嘉手志川は、場所がわからなくて結構探し回ったのですが、ブログに残っていれば、息子と娘が親になったときにすぐに探せるんだろうな。と思ったり。

1番嬉しかったのは、わすれられないおくりもの。に頂いたコメント!思い入れがある記事って伝わるんですねととっても嬉しい気持ちになりました。

思い返してみると、5月から9月までの間に、楽しさも、難儀な気持ちも、嬉しさも、寂しさもいろんな気持ちがたくさん詰まったブログになっていました。

これからも、いろんな気持ちや経験を記録して、それが誰かの役に立ってくれるなら、こんなにいいものはない!と思ったアメブロと私の思い出でした。