南米ペルー在住、ピルセンの「ペルー雑感」
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

日本に戻った知人、リマの様子

日本に戻った知人、リマの様子

 

いろいろな事情で日本の一時的帰国したり、永久帰国したりした日本人の知人が何人かいます。帰国するには結構準備が大変です。日本の書式に合わせたPCR検査の証明証が必要ですし、帰国後は完全隔離されるし、その後は自主隔離が義務づけられているからです。会社勤務で費用を負担してもらえるならいいけど、個人負担だったら2週間以上、結構な費用がかかります。特に自宅や実家が空港から遠く離れている場合は。完全隔離中の食事は、ドアの外ノブにプラスティック容器に入った弁当をひっかけてくれるそうです。そして、無事、解放されて外での移動が自由になると、都心部でもそれ以外のところでも、拍子抜けしてしまうほど、「甘く」感じてしまうそうです。ペルーでは日本の勧告や自粛ではなく、「強制」「義務」「罰金」「逮捕」が可能だから、それと医療施設の対応が都心とその周辺部、地方(海岸部、アンデス山岳部、ジャングル部)といったところで、格差があるし、同じ場所でも社会経済階層格差が顕著だから、日本の対応が「甘い」と思ってしまうのでしょう。「強制」「罰金」「逮捕」がない勧告じゃ“契約社会”じゃだれも言うことを行かないということでしょうか。ただ、日本は“経済外的強制”が強くあるから別の意味で大変だと思います。そうゆう意味では、テンションが張り詰めていたというのは、効果うんぬん、科学的根拠とか、権利主張は別に、自分自身を守るためにマスクは着用するし、二重マスクでないとスーパーマーケットや商店に入場できないといわれれば、ほぼほとんどの人がそれに従います。泥棒にとってはマスクやフェースシールドは、顔の判別が被害者や防犯カメラができないという本来の役割以上に重要みたいです。

 

公立の医療施設が満杯で、私立のクリニックに入れば、それこそ新車を売り払っても足らないくらいの費用がかかりますから、やっぱりそんな経済的負担も避けたいと思うのは当然です。科学的根拠うんぬんなんて、言ってられない、生き延びる、一時は入院したら、生きて退院できないなんていわれていた時期もありましたから。二重マスクは結構苦しいけどします。特にスーパーでの買物では。日本に一時帰国してペルー リマに戻ってきた知人(高級住宅マンションに住む)二重マスクでないからとスーパーでの入場を拒否されました。そうゆう人が結構いるみたいで、入り口にはマスクやフェースシールドを売っている露天商がおります。ペルーでもデルタ型(インド型)の変異株の患者が確認されました。今後 第三波が来ると保健省は警告しています。そしたら、また昨年にように、中南米で最も厳しい、強制防疫隔離に戻るのかといえば、そうではないようで、防疫警戒レベルは地方ごとに違いますが、首都圏リマでは、レベルは下がっており、人出はどんどん増えている。あれだけ厳しいロックダウンしてこれだけの成果しか得られなかったのか、中南米最高の経済成長率マイナス幅になったじゃないかという批判よりも、「もう、ガマンできない」という経済界の強い要望も反映されているのは日本とは形は違えど、似通っているかもしれません。レストランなんかも、復活し始めています。郊外のショッピングセンターは入場のための長蛇の列です。それでも、午後11時以降は外出禁止だし、日曜日は自家用車終日使用禁止です。

 

ちっと、ながくなりましたが、また 更新したいと思います。そうそう、ファイザー(Pfizer)のワクチンを接種しました。副反応やワクチン効果への疑問よりも、生き延びる選択の方を優先しました。あなたはどうします?

知人への手紙

お変わりありませんか。

南米はもう秋の気配です。もっとも、年中夏のところもあるし、年中肌寒いアンデス高地もありますが。

日本のニュースでは大阪あたりが、コロナ禍再燃で結構大変みたいですね。

日本もワクチン接種が話題になっているとのこと。

日本も欧米、南米も含めて、若者が、元気な世代が、厳しい防疫措置をいやがり

感染者が増加し、慎重にならざるを得ない高齢者の死者が増えているという

ことでしょうか。

 

中南米ではブラジル、メキシコが断トツにコロナ感染死者数が多いです。

ただし、人口も多いわけですから、死者が少ない国(例えばウルグアイ)がコントロール

が上手くいっているというわけではありません。

 

ペルーの感染者数約170万人(日本約54万人)、感染死亡者数約5万7000人(日本約9700人)

とまあ、比較対照にはなりません。ちなみにブラジル 感染者1400万人(死者37万5000人)

メキシコ 感染者230万人(死者21万3000人)。

 

ブラジルは西欧全体の面積より広く人口は2億人を超えています。メキシコは人口は日本と

類似して1億人以上です。数字だけでは判断できませんけど、結構な数字です。

 

私の方は、相変わらずです。まだ、生き延びています。

 

こちらでも観ることができるNHK国際放送は、ニュースではあまりコロナ禍のことは

話題にしていないようです。

 

お体ご自愛ください。

それでは、

2021年はじまる

年が明けまして、2021年がやってきました。

 

また、ペルーの様子を書き込みたいと思います。

 

幸いにもコロナには感染していないようです

ペルーのCOVID-19 ③

―へえ、PCR検査が少ないですね。

中国はペルーの最大の輸出相手国だし、投資国です。文句言えなかったんでしょう。それと、すぐに結果がでる方が判りやすし。そんな、わけで、市場や露天商の集まる街頭や、現場労働者、通勤客の集まる電車駅などで、かたっぱしから検査したら、半分近くが「陽性」感染者と判断されました。そりゃ、一気に増えますよね。感染検査数の多い日ほど、感染者数が多い、これ当然ですよね。

 

―今も同じ状態ですか?

今後は検査体制も整ったのか、PCR検査を主軸として検査すると保健省は発表済みでです。

 

―それにしても、死者が多いですね

死者のカウントにしかたも問題になっています。他の国にもあてはまるかもしれませんが、実際はもっと多いかもしれません。

 

―どんどん、状況がひどくなっていると?

地域差がありますが、人口が最も多い首都圏リマは感染者数も死亡者数も突出しています。リマ以外が北部海岸地方が医療体制も含めて、管理がうまくいかず、両方とも多かったです。今は、急増傾向にあるのが、特に南部地方の海岸、山岳部です。

 

―リマの街も地域差ありますか

はい、首都圏リマの人口密集地区は、いずれも多いです。外国人観光客(今はいませんが)や、外国人駐在員などの住居が多い、ミラフロレスやサンイシドロ区は当然少ないです。

 

―リマで社会的隔離がまだ続いているわけですね。

はい、映画館やスポーツなどのイベント、ディスコは禁止です。集会や会合も禁止です。街頭でのマスク着用は義務。日曜日の終日外出禁止以外は、外出できます。ただし、夜10時から翌日朝4時まで外出禁止です。家族や友人などとの私的会合やパーティ、結婚披露宴、15女子成人式も禁止というわけで、パーティをしていたら、警察に自宅に踏み込まれて、連行されます。

 

―友達と家族と会えない、酒飲んで踊れないのは、市民にとってきついですね。

まあ、感染防疫のためですから、ガマンということですかね。ただ、日本でも全然平気な人がいるのと同じように、禁を破る人は少なくないです。統計上、感染者64万人弱、感染からの回復者は45万人弱ということですから、「おれはもう大丈夫」と思っている人は結構います。それに、感染者の半分以上は「無症状」との報告ありますし、感染しても平気というところがあるのでしょう。ただし、家族や知人で感染者や死亡者がいるというのは、普通にいるほど、拡散しています。感染者とその家族は悲惨な状況に置かれていますよ。あなたの親戚や友人でコロナに人いますか。

 

―いません。ニュースで知っている程度です。

なるほど、だから、クラスターとかで感染者がでると、むかしの「村八分」みたいなことが起こるのですね。

 

―それは、また別の社会的なテーマですね。

コロナのテーマのニュースが毎日報道されても、社会的な共有はないし、必要ないということですかね。それでは、また、連絡します。

ペルーのCOVID-19 ②

―そんなに、ひどい状態なのですか? いままでの、防疫効果がなかったということですが?

もちろんあったと思います。欧州からの帰国者から「コビッ」が発見されて、いち早く対応はしてますから。

 

―でも、どんどん増え続けていると。。。

確かにそうです。ただ、前にも言いましたけど、数字だけでは「成果なし」とか「効果あり」とか一概にいえませんよ。それは、他国と比較する場合もそうです。ランキングづけみたいに、世界一の感染者数とか、致死率とか。カウントする基準も、統計の仕方もそれぞれみたいだし。

 

―ペルーは今、感染者64万人近くだし、死亡者は2万8000人を超えてますね。

そうです。8月27日現在では、各国こんな具合です:

国名

感染者総数

感染死亡者総数

アルゼンチン

359,368

7,563

ボリビア

110,999

4,664

ブラジル

3,674,176

116,666

チリ

400,985

10,958

コロンビア

562,128

17,889

エクアドル

109,030

6,368

パラグアイ

14,288

231

ペルー

613,378

28,124

ウルグアイ

1,536

43

ベネズエラ

41,158

343

 

ペルーの感染者64万人弱のうち、PCR検査15万7000人強、即効検査48万2000人強です。即効検査のキットは中国から輸入したもので、欧州の国は、精度が低いとクレームをつけたものです。

ペルーのCOVID-19 ①

 

―ご無沙汰しております。あれから1か月経ち、8月が終わりますが、ペルーはどんな具体ですか?

“コビッ”(COVID-19の略、新型コロナウイルス)は相変わらず新規感染者が増え続けていますよ。

 

―まだ都市封鎖 ロックアウトじゃなくて、ロックダウンか、それ しています?

制限付き解除されてますが、非常事態宣言は継続中で、この前、9月末まで延長されたばかりです。

 

―都市封鎖(ロックダウン)解除で非常事態宣言継続とはどうゆう意味ですか?

非常事態宣言が発令されると、憲法で保障されている国民の権利の一部が制限できます。自由通行の権利とか、集会とかデモ行進とか、令状なしで強制家宅捜査できるとか。これは一部の地方でもともと継続的に出されていたもので、「コビッ」によって全国が対象となりました。

 

―もともととは?

ペルーのジャングル地方にアルトウアジャガとか、アプリマック・エネ・マンタロ河渓谷(VRAEM)とか、テロルリストの武装解除していない残存グループが潜伏し、麻薬密造密売マフィアが暗躍している地域です。

 

―なるほど、一般の市民生活の実際は、どうなんですか? リマとか、地方都市とか?

これまでのペルーの「コビッ」の経緯を整理すると、3月6日ペルーで新型コロナウイルス(COVID-19)感染初めて確認される *3月16日 非常事態宣言発令 国境封鎖 *4月8日 都市封鎖(ロックダウン)4月26日まで延長 *4月23日 同封鎖5月10日まで延長 *5月22日 同封鎖6月30日まで延長 *7月1日 都市封鎖(ロックダウン)解除、ただし(地域)制限6県36郡という具合です。

 

―具体的には、どうなんですか、例えば外出とか、外食とか、交通機関とか?

「勧告」の日本と違って「禁止」ですから、その禁止を段階的にセクター毎に再開していくプログラムを政府は実施しています。具体的には、5つの国境陸路は以前、封鎖されています。でも国内線旅客機運航は再開され、地方長距離バスも運航されています。もちろん防疫衛生基準があります。乗客は必ずマスク、フェースシールド着用着用とかね。レストランもデリバリーだけでなく、ホール接客も制限付きでできるようになりました。スーパーマーケットは、生活必需ということで、薬局同様、ロックダウン中も開いておりました。

 

―地域的に制限があるというのはどうゆうことですか?

国内線旅客機や長距離バスの運行が再開され、人の移動が増えたこともあり、感染者数が増加したため、ロックダウンが継続されているのです。例えば、今も感染者が増え続けているクスコはその対象となり、再びクスコ空港は閉鎖となり、国内線のストップしてしまいました。

 

―そんなに、感染者が増えているのですか?

毎日、8000人くらいは増えています。 死者は1日200人前後

ペルー 新型コロナウイルス(COVID-19) ともだちとのチャット

ともだちとのチャット(会話だから、適当なところがありますが、ともだちの反応はカット)

 

ただし、集団免疫、いわゆる抗体を持っている人がたくさんいたら、持ってない人を囲って、防禦することになるというのは、あんまりアテにならないようですよ。世界のコロナ対策で、各国違うわけですが、例えば

 

コロナ対策で、ロックアウト(都市封鎖)で厳しく隔離した国は、中国がそうです、あわててしたのが欧州のイタリアとかフランス、スペインなど。

 

都市封鎖せずに、経済活動も特に制限せず、生活様式も変えなかったのが、スウェーデン、イギリス。スウェーデンはそのまま続け、イギリスはうまくいかなかったので、ロックアウトを後からしました。

 

最初から、経済優先で、ロックアウトもしたくなかったけど、州の権限が強く、一部制限したけど、そのまま、中央政府が経済活動を続けようとして、どんどん感染が広がった、米国とブラジル

 

法制上、ロックアウトができず、自粛勧告で、医療崩壊した大変なことになるので、中途半端で、各国の様子みながら、独自路線をとった日本。

 

欧州諸国のロックアウトのあと、欧州から感染者が入ってきて、南米では初期の段階から、ロックアウトしたペルー。様子見ながら、経済優先やりたかったんだけど、感染者がどんどん増えて、致死率が急増して、あわてて部分的ロックアウトをしたチリ。

 

医療設備がペルーより未熟で、人口も少ないけど、じわじわ感染が拡散し続けている、エクアドル、ボリビア。

 

ペルーより人口が多く、国土も広く、対策も中途半端、感染者も少ないけど、じわりじわり増え続けており、ポイントロックアウトをしているコロンビア、アルゼンチン。

 

ブラジルほどではないけど、ロックアウトとらず、確実に感染と死者が増え続けているメキシコ。

 

ですから、検査の仕方とか統計の仕方、国の対策もちがうから、感染者数と死者数だけ、みて、国中がパニックになっているとか、ゾンビのような感染者だらけの「死の国」になっているのは、ブラジルだとか、米国だとかいうとそうでもないわけです。

 

集団免疫に関しては、免疫者が多くいれば、感染拡大防止につながるかといえばそうではないようです。例えば、スウェーデンは、結局、抗体をもっている人は、それほど多くないという結果がでていますから。

 

スウェーデンと日本とペルーを人口と人口密度で比較してみると:スウェーデン 人口1022万人(人口密度K㎡22人)、日本1億2650万人(335人)、ペルー3100万人(21人)です

 

ペルーは人口密度はスウェーデンとほぼ同じで人口は3倍、日本の面積の3.4倍あります。

 

ただ、ペルーは日本よりでかくても、人口の35%以上が首都圏リマに集中しています。

 

生活様式や所得など、ペルーとスウェーデンと比較しなくても、普通に全然ちゃうやないかと、わかりますよね。日本と比較してもですね。

 

リマ周辺のサンファンデルリガンチョ区は人口100万人以上住んでおり、アレキパ市と同じくらいの住民の数がいます。そんな、区がコマス、サンファンデミラフロレス区、ビジャエルサルバドル区、サンマルティンデポレス区などごろごろしているわけです。

 

ビスカラのロックアウトが失敗やったんとちゃうか?と批判がもう出ていますが、欧州や日本、ブラジルと数字だけでは比較でけませんね。

 

ですから、数字だけで、ペルーは世界の5本の指に入る、コロナ大国になってしまいましたが、それほどおびえる必要はないと思います。ただし、それはそれなら、気にせず、いままで通りということではないですよね。

 

悪く言えば、これから 米国のドラマのウオーキングデス みたいにゾンビの中で生活することになるでしょうね。よくいえば、自分なりの慎重な防疫を講じれば、それほど心配することもないわけです。数字でみれば、ペルーはどんどん、コロナ感染者が回復しているのですから。ただ、感染しても、後遺症が残る人もいるそうですから、やっぱり、行動は慎重にということでしょう。

 

まあ、こんなところです。チャンチャン。

 

まわりにウイルスの運び屋がいっぱいいますから、注意するのにこしたことはないですね。

 

WHOが今まで空気感染しないといっていたのに、「空気感染」すると言い出してます。研究者の新たな結果をみて、新たな説をだしているんですね。ええ加減しとってね。

 

おわり

ペルーの新型コロナウイルス(COVID-19)事情 2/2

①    住民密集地域に住む人たちも、家族が感染して死亡した、病院で治療受けられずに「医療崩壊」に被害を受けたという家族は、コロナの怖さを知っています。一方、「陽性」でも無症状の人や、コロナより生活を優先する人などなど、どんどん外出するわけです。現在は規制が緩和され、まさに、その状況です。首都圏リマでは、路線バスや電車、タクシーは運行されているし、市場もスーパーも露店も動いています。

 

リマとは別に、今 深刻化しているのは南部や北部の地方都市で、増え続け病院が満杯になり、病床不足、人工呼吸器は、医療用酸素ボンベ不足です。空港はいまだ閉鎖です。国内線旅客機は7月1日より運航再開予定で、国際線は8月からとなっています。

 

公立病院はコロナでパンク状態になっており、民間病院がコロナ患者を受け入れるよう政府が話し合いをして、費用の上限を決める取り決めがあったばかりです。企業駐在員の方がもし、感染して重篤になれば民間病院で手当てをうけることになると思います。そうでない在留日本人、そうでない人も含めて、公立が満杯だから、民間になるとおもいますが、治療費用はその入院期間にもよるし、集中治療室(ICU)にどれだけの日数入っているかにもよりますが“莫大”な費用になります。ニュースによると1か月間民間病院の集中治療室(ICU)に入院して請求額が40万ソル(約11万8000ドル)だったとか。家を売却するぐらいの費用です。ましてやその患者が亡くなっている。家族は見舞いにも行けないから、病状や治療の様子もわからずじまいだというわけです。

 

すでに、リマも地方都市も、「命の選択」を医者がせざるを得ない状態になっていると、一部メディアは伝えています。どんどん入院者が入ってくる、集中治療室(ICU)が満杯になる。受け入れるには、誰かを“切り捨てて”、誰を“残すか”の神の選択を医者が強いられているそうです。それがものすごいストレスになるとの医者の告白がニュースになったりしています。

 

日本と同じようにコロナ、そんなの「カンケネーィ」という人もいますし、「テイヘンな事態だ」って人のいるわけです。それから、コロナは天変地異とか自然災害と同じように扱うとペルー保険会社が決めており、民間の高額な保険に加入していても、保険でカバーされるのは、一部にしか過ぎないそうです。それに集中治療室(ICU)も専用病とも公民ともに不足している。金を積んだら“最高の治療を受けられる”という状況ではなくなっていますから、持病がある、高齢者に属するという外国企業の幹部や駐在員も本国へ避難する人もでてきているようです。

 

ただ、ペルー全体が悲惨な状態にあるかといえば、そうではありません。感染者と死亡者が増え続けているイギリスやフロリア州のマイアミビーチが海水浴客で満杯になるように、リマ市内ではジョギングや、散歩する人なんかは見かけるようになっています。

ペルーの新型コロナウイルス(COVID-19)事情 1/2

ペルーの新型コロナウイルス(COVID-19)事情

 

①    すでにペルーで防疫隔離策が実施されて100日以上経過しました。日本と違って“自粛”要請ではなく、義務であり違反者は、身柄を拘束されたり、罰金を科せられたりするのは、ペルーだけでなく、中南米各国では当たり前のことになっています。

 

夜間外出禁止令違反者、集まってホームパティなどで集密をつくった者、不要不急でない外出者逮捕など当たり前にあります。5つの国境は閉鎖、空港閉鎖。それでもなかなか感染者数や死亡者数は減らない。さすがに、3か月以上、隔離政策が続くと、経済は麻痺するし、企業は休業、倒産するし、失職者が急増するしというわけで、それに感染はピークにさしかかっているとの認識で納得させ、域内各国は、制限付き隔離解除を段階的に進めています。もともと、経済優先していたブラジルやメキシコは感染者も死亡者も増え続けています。少なくとも下降傾向になっていないのでは。ペルーは隔離解除を4ステージに分けて現在、第2ステージ、7月から第3ステージに入ります。やっとショッピングセンターが再開しました。直接接客は禁止です。レストランはデリバリー、テイクアウトのみです。とりあえず隔離策の終焉は6月30日となっています。その後、制限付きでオープンに向かうというわけです。

 

その日の感染者数と死亡者数、感染検査数だけをみて、傾向を分析して、他国と比較するのはあまり意味がないと思います。 ペルーの検査数は6月25日現在150万件を超えています。その三分の一がPCR検査で、三分の二が簡易血清検査です。公設市場、電鉄駅前、バスターミナルで検査すれば、半数近くが「陽性」というわけです。「陽性」者の半数以上が無症状ということですが、これから症状が出るのか、感染して2週間以上たち抗体があるのか、それは判りません。まあ、自宅待機するよう勧告しても守らないでしょう。電鉄とかバスに乗る人は、働く人というわけですから。死亡者は入院とか自宅で亡くなったとしても、当日以前から容態が悪化した人です。ですから、その日の検査数と死亡者を比較する相関性はあまりないわけです。

 

ペルーの首都圏リマのコロナは他の域内諸国と同様に、欧州帰りの人から持ち込まれています。ですから、最初は経済的に中間層以上が住む地域で発症者がでてきました。その後は、周辺市街地へ、地方へ感染が広がっています。広がる前に首都圏リマを封鎖してのですがね。ですから、中間層以上が住む地区に住んでいる住民は、隔離に反応して外出を控えて、買い物がスーパーぐらい、あるいはネット通販で食料も買っています。しかし中間層以下で、住民密集地域や生活困窮地域に住む住民は、買い物、そして外出禁止でも仕事しなければならない住民がどんどん外出します。

 

ですから、コロナの深刻さは、住民の経済的ポジション、そして居住地区などで大きく変わります。また現場作業の労働者はレイオフになるし、事務所仕事なら在宅勤務とかできる場合もあるし。政府は各種給付金を支給していますし、食料品詰め合わせのバスケットを生活困窮者向けに支給したりしています。

ペルー covid-19 社会的隔離はまだ続く

 

4度目の延長 すでに防疫隔離は60日間以上続いている。

 

しかし5月25日より制限付きで解除、経済活動が再開される。

 

日本や欧州、米国とそのコロナ対策、感染者数、死亡者数だけど

 

比較しても、あんまり意味がない。

 

いろいろ書きたいこともあるが、友人がこの前、

 

コロナであっという間に亡くなったこともあり

 

気がめいっている。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>