自分の感性 | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

お店をはじめた頃は、新聞の書評などをチェックしていました。

専門店だし、書評に載るような本は、

お店に置かなくちゃいけないと思っていたのです。

 

でもしばらくするうち、

そうでもない?という気がしてきました。

うちのお客様が欲しい情報は、どうやらそういうものじゃないらしい。


ピコットに来てくださるお客様は、ご自身のハート好き がちゃんとあって、

世間で話題になっている絵本だから買おう、ということではないのです。

 

 父・一成 最近何かおもしろいのない?

とは聞かれれるけど、いろいろ手にして自分で選ばれます。

 おばちゃん 孫のお誕生祝、何かある?

というご相談に、一緒にあれこれとお探ししますが、

最後にそのあれこれの中から選ばれるのは、ご本人です。

 

たとえ、この本が今すごく流行ってます!と言っても、

まず買われないでしょう。

言ったことはありませんけど・・・。

 

たまに、ピコットさんに任せるよ!と言われることもあり、

それはもう張り切ってセレクトさせていただきますが、
それも、流行っているものを選んでね!ということでは全然ありません。

 

そんな訳で、ピコットは書評に左右されることなく品揃えしています。

小さい人たちの反応や、

自分の勘を大事にしたほうがずっと当たります。

 

開店当時から時代は流れ、最近は、

絵本を買うのに、レビューを参考にする方も多いようです。
でも、そのレビューも書評と同様、

自分ではないだれかの評価なんですよね。


絵本は、自分で確かめないとわからないものです。

だって、他人の好きではなく自分の好きを選ぶわけですから。

 

あ、でもね、絵本情報を発信する人が多くなったのは良いことだと思うんです。

こんな事を言っているわたしも、

頼まれたわけでもないのに

絵本のことを、こうやってHPやブログにせっせと書いていますからね~。

 

ただ、、誰かが(ピコットが?)良いと書いていたから買いましょう・・・ではなく、

その評価を参考に、自分の感性で確かめて買う・・・ほうが、

絶対<あなたにとって>良い作品に巡り会えるはずです。

 

そんな訳で、世間の流行りと足並みを合わせない本屋、ピコット。
ハロウィーンシーズンを前に、

(そこは合わせて)関連の絵本の棚を作ってみましたが、
でも、大手チェーン店さんの品揃えとは全然違うだろうな・・・ 笑笑笑

こんな感じです。  ・・・・・・・↓↓↓

 

 

 

 

へスターと魔女(小峰)/魔女たちのパーティ(徳間)/パンプキン(BL)

ヴァンピリーナはバレリーナ(講談社)/魔女図鑑(金の星)/大食いフィニギンのホネのス-プ(BL)

トリックオアトリ-ト!(くもん)/ハロウィン!ハロウィン!(白泉社)/コウモリのル-ファスくん(BL)

アイスクリームが溶けてしまう前に(福音館)/おばけのバ-ティ-よ~いドロン!((BL)

※ 常時入れ替えています

 

 

 

自分の ハート好き がしっかりあるお客様とのお付き合いで、
品揃えがどんどん個性的(←自由気まま!)になって来ている気がします。

ピコットにお越しになったら、ハロウィンの棚も覗いてくださいね。

 

 

 

 

 

<大型台風が日本列島縦断とか。どこの地方にも被害なく通り過ぎますように。>

 

応援よろしく


読み聞かせランキング

 

ホームページ ・・・ →

フェイスブック ・・・ →

 

 

ピコットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス