ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

子どもの頃、家ではないどこかで思いがけす家族に会った時、

嬉しいような照れくさいような妙な気分になった・・・ってこと、

ありませんでしたか?

 

クリスマス前の繁忙期、サンタの手下のわたしは残業また残業の日々ですが、

ちょっとだけその気忙しさから離脱すべく、

閉店後、常連さんにラーメンを付き合っていただきました。

1週間ほど前のことです。

 

向かった先は、とんこつラーメンの一風堂さん

絵本を置いてくださっています。

   ラーメン ・・・→ その記事はこちら

   

お店が混んでいて、入口では何組かのグループが待機中でした。

そして、待っている家族連れはみ~んな、

一風堂さんの絵本コーナーの絵本を読んでいました~。らぶ1

 

うちから行った絵本たちが、

子どもたちに読まれていますよ。

絵本たちただ今お仕事中!みたいな感じです。

 

うちの棚に普通に並んでいた絵本ですが、

ラーメン屋さんでお客様の手に取られている様子は、

なんだかちょっと違って見えます。

小さい人たちに読まれている絵本を見て、

嬉しいような照れくさいような、なんだかくすぐったい気分でした。

 

そうこうするうち、

食事を終えてたグループと入れ替わりに、

待っていたグループが 角野卓造どうぞ~ と席に案内される訳ですが、

ご馳走様して席を立った親子連れが、

絵本コーナのところで、

  おかあさん。 さあ、帰るわよ。

  こどもこども やだやだ!

みたいなことになってしまいました。

 

どうやら、小さなふたりの兄弟が本を返したくないようで、

今読んだ絵本をそれぞれぎゅっと抱えています。

お腹がいっぱいになっても、絵本とは別れ難い模様・・・。

絵本、気に入ってくれたんだね。

 

それとなく拝見していたところ、

結局お父さんが何やら言い聞かせて、表紙を撮影されたようです。

きっと、題名を覚えたから今度買ってあげるよ、ということだったのでしょうね。

ようやく納得した様子で絵本を戻して帰っていく、小さいふたりの後ろ姿に、

 

その絵本はピコットで売っているからね!

 

とは言えなかったわたし。残念

だって、ほら、

お店の外で絵本に出会っただけでも、気恥い気分になっちゃう訳ですからね。

言えなかったけど、

絵本と小さい人の出会いを垣間見られただけで十分でした。

 

 

いかりのギョーザ

苅田澄子 文 大島妙子 絵

佼成出版社 本体¥1、300..

 

↑ こちら、一風堂さんの本棚の新顔です。

 

 

 

応援よろしく!


読み聞かせランキング

 

ホームページ ・・・ →

フェイスブック ・・・ →

 

 

ピコットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。