サンタクロースとお別れするとき | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

今日で一旦サンタクロース関連の任務から離れる子どもの本屋です。

たぶん・・・。(←遅れてやってくるサンタさんもいますけど。)

 

子どもたちの希望をそれとなく聞き出し、プレゼントの用意をするお客様から、

サンタクロースと子どもたちの様々なエピソードを聞かせていただきます。

 

そういったお話をお聞きすると、

子どもの心にどんなサンタクロースの世界を作り上げていくか・・・ということについては、

楽しく、またスリリングな作業で、

大人もたっぷり楽しませてもらっていると感じます。

 

見えないものを信じるという力を育てるというのは、

手を貸す大人をもわくわくするさせてくれます。

 

   サンタクロースの手下の本当の任務 ・・・ →

 

でも、子どもたちは永遠にサンタさんの存在を信じるわけではありません。

小学生になると、外からも様々な情報がもたらされ、

  女の子3男の子。 サンタさんって、本当はパパとママなの?

などと、聞かれたりするようにもなります。

聞かずに心の中に疑問を抱えている子は、もっと扱いが難しいですよね。

 

大人の側はその頃には、更に強固なイメージを築こうと、

様々な演出を試みますが、

それでも、遅かれ早かれお別れのときはやってくるものです。

 

一番避けたいのは、大人のちょっとしたミスから、

サンタクロースの真実に気付かせてしまうことだと思います。

わたしが耳にした中では、、

 

 残念 お母さんが枕元にプレゼントを置きにに来たのを、目撃してしまった。

 怒る 学校の先生が、まだサンタさんを信じている人手を挙げて、といった。

 残念 サンタさんのプレゼントの購入先を、うっかり口に出してしまった。

 

といったことで、予想外のお別れに遭遇してしまったというケースがありました。

 

こういった事故も予想される中、

サンタクロースという存在については、

どう出会わせるかよりも、どんなお別れをさせるかの方がずっと難しいよね・・・。

というのが、ママさんたちの感想です。

 

無事にその時期を切り抜けかたお宅では、

 

 サンタ 大勢の小さい人たちのところに行かなくてはいけないので

   大きくなったあなたのところに来るのは、今年が最後ですよ。

 

と、サンタさんからのお手紙が来たという、いわば定年制が多いようです。

 

思い出を大切にできるお別れのためには、どんな演出がいいのでしょうね。

来年のクリスマスシーズンに向け、

経験談などお聞かせいただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今夜は、

ひょっとしてうっかりサンタが駆け込んでくるかもしれませんので、

お店は9時まで開けておくつもりです。

 

どの子のところにも、今夜サンタさんがやってきますように♪

 

 

 

☆ ・・・ おまけ ・・・☆

 

以下、私設サンタさんからわたしに届いたプレゼントです。

いつも、ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

応援、よろしく!


読み聞かせランキング

ホームページ ・・・ →

フェイスブック ・・・ →

 

 

ピコットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス