北海道 小さな冒険記

                     転用禁止

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-03-08 00:25:58

ヒグマの爪痕

テーマ:ブログ

まだ雪深い山の斜面を

スノーシューで登り、

ふっと見上げると

トドマツの木の幹にヒグマの爪痕。

 

 

よく見ると、あっちにも、こっちにも。

目的だったエゾモモンガの巣は

既に2ヶ所見つけたということもあり、

ここからはヒグマの爪痕探しに

熱が入ってしまった。

 

 

200m四方の森の中に

全部で10本以上はあっただろうか。

これほど密集しているのは初めて見た。

古いものから比較的新しいもの、

小さい爪痕から大きい爪痕まで。

色々なヒグマが継続的に

ここを訪れているのかもしれない。

 

 

爪痕が残るトドマツの木には

大抵ヤマブドウのツルが絡まっていた。

秋にここへ来ると

木に登っているヒグマの姿が

見られるかもしれないな。

夏頃にもう一度訪れて

無積雪期の下草の様子や

見通しなどを確認してみることにしよう。

 

 

 

 

2019-02-11 15:44:52

北海道縄文探訪

テーマ:ブログ

先日、札幌市内のとある展示施設へ足を運びました。

今から約6,000千年前の北海道内出土の土製品です。

中央には幼児の左足の足型を付け、周囲には縄文を付けて素焼きにしたものです。

上部には5本の小さな指の跡がはっきりと見えています。

「足型付土製品」は縄文時代早期から晩期にかけて東北から北海道で出土しており、いずれも乳幼児のものだという。

いったいなんの為に作られたものなのだろうか。

一説によるとこれは亡くなった子供の形見であるというが、そうだとすればこれを遺品として作り、亡くなった子供の存在をいつも近くで感じていたいということなのだろうか。

親の子供に対する深い愛情が伝わってきます。

また、母など親の死に際して子供の形見として副葬した可能性も考えられるということです。

親子や家族の絆、そして愛情は縄文時代も今も変わらないということを実感できる素晴らしい出土品です。

見ていてココロが温まりました。

 

 

 

 

2018-01-16 03:04:25

求めていた冬景色

テーマ:ブログ

 

雪に閉ざされた丘陵がはるか遠くまで続く景色。

北海道の東部や北部に多い景色である。

「北」志向である僕はこんな荒涼とした景色が好きだ。

車を走らせながら、まるで北極圏にやってきた気分になりワクワクした。

先日、どうしても見たい景色があり、稚内方面へ車を走らせた。

 

寒々しい海岸を歩き、双眼鏡で波打ち際を遠くまで見渡してみるが、期待していたアザラシやトドの姿は見つからない。

海から続く丘陵地帯では時折珍鳥として北極圏から飛来するシロフクロウの姿にわずかな期待を掛けて探してみるが、無論姿はない。

モノトーンの世界に時折姿を見るのはオオワシやオジロワシだ。

生き物の気配に目を配りながら、そして地図を辿りながら遅々としてたどり着いた場所。

目の前に広がるのは山が海に突き出すように伸びた半島の景色。

そう、見たかったのはこの景色だ。

一見して北海道のあちこちに見るような景色であるが、自分にとってはこれが特別な景色なのである。

 

 

かつてこの周囲の海岸段丘上に先住民族の大きな集落があったという。

彼らは北方から北海道に渡来してきた海洋漁労民。

”北海道の知られざる民”、もう一つの先住民族だ。

今、目の前に見える景色は彼らが長い間生活の中で見続けてきた景色。

その景色を間近に自分の目で確かめてみたかった。

沖からやってくる冷たい風、顔に吹き付ける雪、微かな海の匂い・・・。

彼らは厳しい冬の生活の中でこの景色を見つめ、何を思っただろう。

寒さの中でただその事だけを想像した。

辺りを見渡し、この場の雰囲気を充分に感じ取り、最後に数枚の写真を撮ってこの場を後にする。

 

今から二十数年前の冬、あの著名な作家である司馬遼太郎氏もこの地を訪れ、この景色を前に先住の民を想ったという。

次回は無積雪期に訪れ、彼らの生活の痕跡を見てみようと思う。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ