ウルセラ治療費に関して | 美容皮膚科医の日常

美容皮膚科医の日常

一美容皮膚科医の想い


テーマ:

まず、結論からお話ししますが、11月から治療費用を値上げする予定です。

 

これまで、ギリギリのところまで低費用で当該治療を行わせていただきましたが・・・一言で申し上げれば、経営上の理由で、ある程度値上げをさせていただざるをえないという事情です(詳細を書いても詮無いのでやめます)

 

まあ、「他院に比べてかなり安いので、むしろ不安」とか「なんで、ここまで下げられるのか?」などと、予想外の質問を何度かお受けしたことも一因ではあるのですが・・・

 

ただし、これまで継続的にお受けいただいている方には、申し訳ないなという心情もございますので、ある条件下で従来治療費に近い(といっても1万円ほどはアップしますが)費用で治療をお受けいただけるような算段はしています。

 

一般の方でも、本当に美容医療に詳しい方は、ウルセラとその他多くの後発機の効果効能の差は十分理解されていると思います。

ウルセラに似ているが、効果は低く、その分、「年ベースでの治療回数は増える」が「1回あたりの費用は安く抑えられる」という施術の方がいいという人も世の中にはいらっしゃいます。それは、その方の経済的価値観なので、何も申し上げることはありません。

 

ただ、私個人は、HIFUを用いた、相応のエネルギー密度を形成しうる機器という前提において、最大限に臨床的効果を得ようと考えれば、ウルセラのハード・ソフトの設計デザインやプロトコルは極めて妥当性が高く、非常に臨床上のバランスがいいものだと考えています。

 

 

 

 

本田淳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス