<14th Aug Mon>

コッツウォルズの素敵なマナーハウスホテル1泊旅行から戻りました。 着物でミシュラン星のコース料理頂いたり、スパでのんびりしたり、ゴージャスに楽しめた二日間のことは追々アップすることにして、その前にマリインスキー・バレエの最終回を片付けましょう。

----------------------------------------------

8月11日のバヤデーレ2回目だけはリターン切符を狙ったのですが、直前に運良くアンフィシアターの値段の割には良い席が買えました。 滅多にしないリターン狙いをしたのはプリンシパルのウラジミール・シャクリャーロフを見たい一心よラブラブ。 ご存知のように私がバレエに行くのは美青年鑑賞が目的のようです(今回それを自ら確信)。

 

     

前から2列目で36ポンド(隣の席はもっと高い)のこの席は少々見切れるけどほぼ全体が見えると言っても、最前列の人が乗り出すと頭が邪魔なのですが、幸い(売れ切れなのに)誰も座ってなかったのは凄くラッキーチョキ

      

前日にキミン・キム君が出た時に全体は観ておいたので(→こちら)、この日は双眼鏡でシャクリャーロフだけに専念。3日前のミックスでは全く似合わない口髭と妙な髪形で登場してがっかりでしたが(→こちら)、今日のシャク君はナチュラルな髪型と妖艶な化粧でハンサムぶりが際立ってましたキラキラ。 角度が違うので比較は難しいながらジャンプの高さとシャープな動きはキム君に敵わないけど、芝居が上手というか絵になるのよねチュー。動きもエレガント。胸毛(薄いけど)や全身汗びっしょり(お尻まで)の生々しさと可愛いお顔とのギャップもなんとも言えずセクシーだしラブラブ!、椿姫おばさんはメロメロ酔っ払い  

プリンシパルではない二キアもガムザッティもパッとしなかったけど、行けてよかったドキドキ 

 

 

     

 

 

    

 

    

 

 

 

 

 

  

 

    

で、結局、5演目9回行った今回のマリインスキー・バレエで一番良かったのはシャク君とレナータちゃんのドン・キホーテ(→こちら)。

先回のロパートキナのような大スターはいなかったけど、シャク君とキム君の二人のプリンシパル男子がなんとか盛り上げた引越公演でした。話題のザンダー・パリッシュは期待外れだったけどね。 一覧は→こちら

 


人気ブログランキング

AD

<12th Aug Sat>

お祝いロンドンでやってる世界陸上、日本チームはなんと男子4x100mリレーで銅メダルでしたね日本 初メダルおめでとうございます。 私は米国対英国の接戦に注視してたので日本チームどころかボルト選手が走り止まったのも生中継では目に入りませんでしたが。 そう、英国チームはまさかの金メダルイギリス女子チームも銀メダル取ったし、メダル獲得大不振から一気に抜け出られて、開催国としてやれやれ。

明日から1泊だけですがカントリーサイドでゴージャスに過ごしてきますカバン

-------------------------------------------

マリインスキーの引越公演5演目のうち最後のバヤデーレは連ちゃんで行きました。 2回分まとめて比較できればいいのですが、写真が多過ぎるので、まず初日の8月10日だけ。

 

バヤデーレは、オペラ「アイーダ」に似た筋書きで、インドが舞台のエキゾチックなお話。以前の記事(→こちら)をマリンスキー版に合うようにちょっと直すと、

勇敢な戦士ソロルは寺院の巫女で舞姫のニキアと愛し合っているのですが、マハラジャに気に入られて娘婿にしてやろうという申し出を受けます。奴隷の「アイーダ」を愛する将軍ラダメスはファラオの娘をオファーされてもきっぱり拒否するのですが、こちらのソロルはお嬢様も綺麗なのでホイホイと承諾。冷静で賢い若者です。

ニキアを横恋慕する大僧正がソロルとの仲を領主にばらしお嬢様も怒って、それなら邪魔者ニキアを亡き者にしようということで、哀れニキアは皆の前で踊りながら(これが結婚式?)毒蛇に噛まれてあえなくお陀仏。 その時に大僧正は二キアに「俺のものになるのならこの解毒剤をあげるよ」と助け舟(?)を出すのですが、ニキアは拒否。 女の方が胆が据わってます。

ここで終わったら二キアの出番があまりにも短いのですが、亡霊となって登場。生きているときはインド風のエキゾチック衣装なのに死ぬとなぜか西洋風の天使というかオデット姫風になるところがミソで、幽霊仲間をたくさん引き連れて白鳥の湖さながらのシーンが展開します。 ロイヤルバレエ版だとこの後色々あるのですが、マリインスキー版はここで終わってしまうので、物語りとして物足りないですけどね。

 

 

 

 

「舞台横からばかりじゃなくて、一回くらいは正面から全体を観たいものだ」、ということだったのでしょう、私にはお馴染みの正面立見が買ってありました。 ここで20ポンドはいつもより高いけど、全く見切れることなく完璧に見えるのはやはり嬉しいです。 古めかしいけどなかなか美しいセットだし、良い写真も撮れます。

 

今回のスター・ダンサーとも言える韓国人キミン・キム君はドン・キホーテ、Infraに続いて3度目ですが、これが一番良かったかな。 インドと韓国の違いはあっても彼の容姿がエキゾチックな設定にぴったりだし、なんと言ってもキム君が最も得意とすると思われるジャンプ力を誇示できる場面がありますからねアップ。シャープで軽やかで素晴らしかったです。

 

   

二キアは「あ~、又この人か・・」と言う私とトーチャンにとってはドン・キホーテ、白鳥の湖、アンナ・カレーニナに続いて4度目のヴィクトリア・テリューシキナ。6年前のロパートキナ(→こちら)には敵わないのは仕方ないとしても、お腹丸出しのこの衣装だと痩せ過ぎでまるで骸骨ドクロなのがわかって素敵に見えません。それに彼女を含む女性プリンシパルは今回3人見ましたが、皆さん年増だこと。

 

マハラジャの娘ガムザッティは可もなく不可もなく、印象に残ってません。

ゴールデン・アイドルは、上手だったけど、金ぴかじゃないとなんか地味だわねえー? 後ろに立ってるオカッパ頭の男性たちや少女ダンサーのいでたちにもご注目ゲラゲラ

幻想場面に出てくる白い衣装の35人(幽霊かも)の中でソロを踊る3人のうち二人は長久メイちゃん(左)と、キトリでとても上手だったレナータ・シャキロワ(右)で、小柄だけど光ってた二人。 

 

   

 

翌日は別の角度から、全く違う見方で楽しんで、半端じゃない数の写真撮りました(「半端ない」という言い方は大嫌い)。

 


人気ブログランキング

AD

<12th Aug Sat>

宣伝不足だったのかマリンスキー・バレエの切符の売れ行きは出足が遅かったけど結局はほぼ売れ切れた中で、このミックスビルだけは2回しかやらないのに最後までたくさん残ってました。ロイヤルバレエではこの手のミックスは値段を低めに設定するのにマリインスキーは他の同じだったのも問題だったかもしれませんね(私は色んなダンサーが見られるのでミックスはお得だと思うのですが)。

 

8月8日の初日に行きましたが、コントラストと銘打った通り全く違う3つ見られたのは面白かったです。                      

                       カメラ小さい写真はクリックで拡大します。

 

Conductor Alexey Repnikov

1 Carmen

Choreography Alberto Alonso

Music Rodion Shchedrin after Georges Bizet

Designer Boris Messerer

Lighting designer Vladimir Lukasevich

Carmen Diana Vishneva
Don José Konstantin Zverev
Toreador Yevgeny Ivanchenko
 
   
これが一番楽しめました。ビザーのオペラを上手にアレンジした音楽も、ユニークな動きが面白かった振付も面白くて最高。 これ、ロイヤルでもやって欲しいですが、超つまらなかったアコスタ振付のカルメンがあるから無理かしら。 ダイアナ・ヴィシニョーワのカルメンはさすがだったけど、ドンホセも闘牛士も下手だったのが残念。

 

2Infra
Choreography Wayne McGregor
Music Max Richter
Set designer Julian Opie
Costume designer Moritz Junge
Lighting designer Lucy Carter
Sound designer Chris Ekers
Ekaterina Kondaurova/Anastasia Matvienko/Renata Shakirova/Ernest Latypov/Nadezhda Batoeva/Zlata Yalinich/Yekaterina Chebykina/Alexander Sergeev/Philipp Stepin/Andrei Yermakov/Kimin Kim/Vasily Tkachenko
 
全てヘンテコリンなウェイン・マグレガー振付をロシアのバレエ団がやってくれるのは嬉しいけど、こういう舞台セットのない前衛的なのは奥の方が踊ることが多いので、横から見た私には「わーん、何も見えないよ~笑い泣き」、という時間が長過ぎて辛かった。 折角キミン・キム君、白鳥の湖の可愛い王子様エルネスト君、素晴らしいキトリだったレナータ・シャキロワが出てたのに口惜ったらないわ。これだけ正面立見に移動すれば良かった。 キム君とレナータちゃんのペアが私が見えた範囲ではベストだったのですが、中心で出番も多い上半身裸の男性はこの手のダンスがお得意のロイヤルのエド・ワトソンに匹敵するような上手なダンサー出して下さいよねむかっ

しかし、意味は勿論わからないしショック!、一晩中マグレガーばかりだったら、誰か観に行く人いるんでしょうか?

 

    
 
3Paquita Grand Pas
Choreography Marius Petipa
Music Ludwig Minkus
Costume designer Irina Press
Viktoria Tereshkina/Vladimir Shklyarov

これが一番楽しみだったのは私好みの美形ウラジミール・シャクリャーロフラブが出てるからですが、なんですか、この珍奇な衣装と髪型はポーン。 最悪なのは彼の童顔には全く似合わない口髭で、違和感あり過ぎゲロー。 役柄のせいで仕方ないと思ってましたが(どんな役か知りませんが)、翌日のザンダー・パリッシュはヒゲなしと後で聞いて、怒りすら感じました。 年増の相手役とバランス取れるようにかしら?

それに、全身白い衣装だとさらに太ってみえるし(彼に外見上の欠点があるとすれば少々太めなことなので)、踊りも重たく感じちゃったしね。 彼を観たさにこの後のバヤデーレのリターンを苦労の末にゲットできて喜んでた矢先だったけど行くの辞めようかと思ったくらいパッとしないシャクリャーロフでした(結局、行きましたけど)。 元々はどういう話なのかすら知らないけど、全てがおそろしく古めかしくて笑っちゃうくらいだったし、プリンシパルのヴィクトリア・テリューシキナは疲れが出たのかキレが悪くて、4演目の中ではこれが一番冴えなかったです。

主役以外がたくさん踊り過ぎるのはシャクリャーロフだけが目的の私には不満でしたが、その中で可憐な長久メイちゃんが光ってました。モナコがベースとのことですが、バヤデーレでも正確なテクニックで素晴らしかったです。   

 

  

 

 

 

 

 

     

 

後は、2回行ったバヤデーレを残すのみで、早く片付けたいのですが、明日からちょっと旅行に行くのでいつになるやら。 世界陸上もTV観戦しなくちゃだしね。

   


人気ブログランキング

AD

<6th Aug Sun>

昨夜は大英博物館の北斎展で時間を食ってしまい、帰宅したらタッチの差でロンドンでやってる世界陸上の男子100m決勝TV中継をミスってしまいましたが、 今日は一日中テレビでながら観戦走る人

----------------------------------------------

 

  

 

ドン・キホーテと白鳥の湖に続くマリインスキーバレエ引越公演三つ目の演目アンナ・カレーニナに8月4日行ってきました。

 

切符を買う時は配役未決定だったので盲買いしたこの日の切符、既に2演目で見てるヴィクトリア・テリューシキナと、白鳥の湖で2度観てるザンダー・パリッシュの出番とわかり、二人とも魅力感じなかったし充分観てうんざりだったので、観に行くの辞めようかとすら思ったのですが、まあ、安い切符だし(20ポンド)、トーチャンはこのバレエを観たことないので一応行ってみるか、と・・えー?

 

アップそしたら、凄く良かったんですよね、これが拍手

 

スワンレイクでは全くケミストリーがなかったし、お伽の世界の夢のカップルにしては二人ともルックスが地味過ぎるのと年齢的に無理があるのでうっとり出来なかったのですが(→こちらブー、これは普通の年上の人妻と若い男という彼らにはぴったりの納得できるシチュエーションで、彼らの現実的なルックスがぴったりのお似合いのカップルOK 二人のプリンシパルが良い感じで同等に絡み合い見つめ合う視線もぐっと来て、ダンスとしてもドラマとしてもなかなかレベルの高いパフォーマンスになりました。

白鳥では王子様はほぼ支え役で実力はわからなかったけど、パリッシュはシャープでしなやかで素晴らしかったし、演技も充分ドラマチック。やっとプリンシパルに昇格した彼の実力が理解できましたお祝いテリューシキナのアンナも、6年前のロパートキナ(→こちら)と比べると華やかさには欠けますが、こういう控え目で普通の奥さん風もいいのではないでしょうか。テクニックは文句ないしブーケ1

 

マイヤ・プリセツカヤが1970年代初めに振付してご主人が作曲したこの現代バレエは、音楽も振付もクラシックとモダンの中間(ややモダン寄り)という感じで面白いし、映像を上手に使った場面変換や美しい衣装で良いプロダクションなので、行ってよかったです。 この演目は2回だけなのですが、前日はヴィシニューワのアンナは良かったけど格下の相手役がいまいちだったようなので、全体としてはおそらくこの日の方が良かったでしょうし。

 

うーん、これでは切符を買う時に例えダンサーがわかっていても、観てみなくちゃわからないってことで、一体どいうしたらいいの? 全部行くしかない・・?滝汗

 

          

               小さい写真はクリックで拡大します。

 

 

 

     

 

 


人気ブログランキング

<2nd Aug Wed>

冷たい雨の中、フィリップ殿下がバッキンガム宮殿で最後の公務を終えられ、96歳でリタイヤ。 長い間ご苦労様でした。 これからはプライベートで元気なお姿を拝見するのが楽しみです。元気なご老人を見ると勇気付けられることがとみに多いこの頃ですから。 

----------------------------------------------

マリインスキーの白鳥の湖、7月29日のマチネが私にとって2回目。大人数での着物お出掛けが目的でしたが、予想外に楽しめました。

皆さんをご案内するのに、プリンシパルが出ないのでレベルが低いかもと心配でしたが、さにあらん、初日のプリンシパル組(王子様は直後に昇格)よりも良かったですよ拍手

 

       

 

エルネスト・ラティポフErnest Latypovはバレエ学校を出てまだ5年というsecond soloistですが、登場しただけで「まあ、可愛くて若い王子様だことラブラブ!」、と舞台がぱっと明るくなるオーラがあって、地味な初日のパリッシュとは大違い。私好みではありませんが、女の子のようなクラシックな役者顔は古典バレエに向いてる上に、大袈裟で豊かな表情と指先まで神経の行き届いたしなやかな動作、走るだけでもエレガントな姿に見惚れましたラブラブ。 王子様には本格的な踊りがほとんど無く、パリッシュの時は退屈だと思ったのですが、この子がやると見応え充分になるから不思議。 女性ダンサーを支えているだけでも絵になる人もいるのね。

 

 

オデット姫はfirst soloistのエカテリーナ・オスモルキナ。バレエ学校をエルネスト君より13年前に出てるということはうんと年上で、見るからに年の差カップルなんですが、彼女と同じような年齢の王子様じゃなくて良かったです。それじゃあ中年カップルになっちゃいますものね。それに年上女性の魅力に溢れた彼女、若いツバメのエルネスト君とは変り種カップルとして、お互いの良さが却って引き立つというか、不思議なケミストリーがありました恋の矢

手足の長い彼女、特に長い腕を活かした白鳥らしい動きが印象的で、その点では初日のプリンシパルより良かったし、なんと言っても王子様が良いとオデット姫も素晴らしく見えるんでしょうね。

 

 

  

 

      

ドン・キホーテで主役キトリだったキュートなレナータ・シャキロワちゃん(→こちら)、まだランクが低いので脇役もしなくてはならず、「王子の友達」と「二人のスワン」を踊りましたが、さすが、際立ってました。

           

吹き出したくなるくらいオールド・ファッションな衣装がいかにもロシア的ゲラゲラ

何度も見てると脇役にも目がいくわけですが、右の写真で女性に囲まれてる長身のニイチャンが一番目立ってて、気に入ったかも。

 

    

グッエルネスト君に関しては、ラッキーなおまけがありました。最後にもう一度、8月1日に行ったのですが、この日はエルネスト君は王子様のお友達で出てました。出番は少ないですが、王子様よりたくさん踊るこの役、青い衣装も綺麗だし、印象的な脇役として目立ってましたおねがい 。 背の高さはパリッシュと同じくらいですが、体の線はエルネスト君の方がバランス取れてるかな。 将来有望キスマーク

 

 

昨日の王子様は、残念ながら、初日と同じザンダー・パリッシュ。 他に何人も王子様いるのに、偶然パリッシュが重なっちゃっうなんて・・・。 プリンシパル昇格後の初パフォーマンスなので、自信をつけて急に華やかに変身してくれるかも、と少々期待しましたが、全く変わり無しでした。もっと悪いことに、オデット姫は美人だけどランクも低いし(second soloist)特に上手でもないエカテリーナ・チェビキナEkaterina Chebykinaで、結構がっしりしてるしょので、ますますパリッシュ君が貧弱に見えてしまいました。

 

初日よりは写真を撮る角度がベターだったので、一応パリッシュ君の顔もちゃんと撮れましたが、やっぱり主役としての華はないと思いませんか?

 

ショボーンすみません、パリッシュ君については良いことが書けなくて。 イギリス勿論イギリス人がマリリンスキーのプリンシパルになったことは快挙ですから応援しますけどね。

 

   

 

    

 

   

 

さて、マリインスキーのロンドン公演、これで私の白鳥の湖も終わり、次はアンナ・カレーニナ。 でも、チェッ、またパリッシュかあ・・・ショック。 これこそもっと演技力が必要に違いないのに、あの淡白さで熱い情感が表現できるのかろうか・・・。 せめてたくさん踊ってくれますように・・。 

 


人気ブログランキング