<31st Aug Thus>

今日は故ダイアナ妃の命日。あれから20年。

 

今日は午後にケンジントン宮殿に行って様子をみてこようという予定だったのですが、丸一日働かねばならない羽目になったので断念。 まあ、花束が積まれてる様子とか想像はつきますが。

   

 

10年前の「ダイアナ妃の命日、あれから10年」(→こちら)にあれこれ書きましたが、更に10年経ってどうなってるかと言うと・・。

 

最近はいやと言うほど追悼TV番組があり、彼女の赤裸々な思いを暴露する番組とかもあって面白いのですが、ウィリアムとハリーの二人の王子が亡き母のことを積極的に語っているのは素晴らしいことだと思ってる国民がほとんどでしょう。 そして、勿論、過去を蒸し返されて悪者にされて苦々しく思ってるのはチャールズ皇太子。 一連の報道で一切だんまりを決め込んでるチャールズ皇太子夫婦の立場が悪くなるのは当然で、ダイアナさんを苦しめた過去の悪行があらためて注目され、彼が国王になった時のカミラ夫人の扱いについての国民の感情に影響が出そうです。 

王冠1チャールズ皇太子が国王になった時にカミラ夫人がクィーンになるかどうかが問題なわけですが、私を含め多くの人は「そりゃ、たしかにチャールズとカミラは悪いことをしたが、昔のことだし、彼女がチャールズ皇太子を幸せにしてくれてるのは確かだし、彼女も努力して王室に溶け込んでるし、第一、公式に二人揃わないと格好がつかない場合も多いから、カミラをクィーンにしてあげればいいのでは?」、と段々思うようになってきてたのに、ここにきて、「でも、やっぱり、罪は償いきれないくらい重いから、カミラは公爵夫人として私的なサポートに限定されるべきか? 式典などはアン王女を引っ張り出すという案もあるわけだし・・」、という気にもなってきたような・・。

どうも、その件は他の人が決めるのではなくチャールズ皇太子の意見が最重要らしいのですが、彼自身はカミラをクィーンにしたいと思っているようなので(彼女がどう思ってるのかはわからず)、その時が来たら一悶着ありそうです。・・・女王様にうんと長生きして頂いて、その日が来ないことを祈りましょう。

 

鉛筆

さて、11年前に「もし、ダイアナ妃が生きていたら・・」という妄想を書いたのですが(→こちら)、その続きはどうしようかなあ・・?

 

アメリカ人の夫は事故か病気で死んだことにして、未亡人になったダイアナさんが色んな男性と華やかにデートして格好のニュースを提供してくれる方が楽しいのですが、それでは彼女が可哀相なので、あのまま幸せに同じ人と結婚してるってことにしましょうかね? 

あれから子供4人はイギリスのエリート寄宿学校で教育を受け、一家はケンジントン・パレス近くの家に住んでイギリスに滞在することが多く、長男はこの秋からイギリスの大学に入学ってことにもしときましょう。そしたら孫であるプリンス・ジョージとプリンセス・シャーロットにもしょっちゅう会えますしね。

そして、当然ダイアナさんはチャリティ活動に精を出し、多くの人たちを救うヒロインであり続けるわけです。勿論、56歳になった今もファッション・リーダーとしての地位は安泰で、女盛りの美しさで輝くばかりキラキラ

 

ドレスハイヒールセーター

ファッションと言えば、4月にケンジントン・パレスで今もやってる衣装展で撮った写真は→こちらです。随分大きな女性だったんだなという印象でしたが。

 

なんだか、淋しげな表情の写真ばかり選んでしまいましたが、そりゃあ、やっぱり悲しいですよね、惜しいですよねしょぼん

 

 

AD

<4th May Thus>

昼頃にパソコンでBBCニュースを開いたら、フィリップ殿下の顔のどアップが!びっくり

 

ガーンえっ、まさか・・、遂に・・・?ゲッソリ、と一瞬青ざめましたが、そうではなく、「今秋、公務から引退します」宣言でした。 ほっ。

 

来月96歳になるのに今まで凄い数の公務をこなしてきただけで凄すぎるフィリップ爺ちゃんが遂にリタイヤしてしまうのは淋しいけど、長い間ほんとうにご苦労様でした。

 

長年のファンである私の熱い想いは以前の記事でご覧下さいですが(→こちら)、きっと周囲に反対されたであろうこんな男性をお婿に選んだ女王様はさすが。 フィリップ殿下のお母さんというのが又問題だらけの凄い人だったのにね(→こちら)。

 

フィリップ殿下の代わりに次男アンドリュー王子がこれからは女王様のお供になるという説もあるらしく、それはなかなか良い案だと思います。一番働いてなくて非難されてるし独身だしね。

 

ともあれ、貧乏な外国の王子が美貌を武器にイギリス王家の婿養子になった例としてはヴィクトリア女王のアルバート公と同じですが、若死にしてヴィクトリア女王をやる気無くさせたアルバード公と比べたら、ここまで長生きしただけでもフィリップ爺ちゃんの勝ち拍手。 これからはのんびりと楽しんで100歳までは元気でいて下さいね。

 

                                       引退宣言後の今日のご公務

 

                 

私が撮った去年6月のアスコット競馬のパレード。ダンディな燕尾服姿ももう見られないかもしれないし、このスーパー夫婦は二人でいてこそより感動的なんですが、仕方ないですね・・しょぼん

 

王冠1王冠1王冠1

AD

<22nd Apr Sat>

今年のプロムス、ざっと目を通しましたが、近年にないお粗末な顔ぶれショボーン。 私は滅多に行かないから別にいいんですけど、これでは面目丸つぶれでは? とっくにつぶれてるROHを真似しなくてもいいのに・・

--------------------------------------------

カメラ 写真は全てクリックで拡大します。

 

   

新緑が美しいケンジントンパレスの特別展Diana Her Fasion Storyに行ってみました(→こちら)。事故死から20年という記念なのでしょうが、そんなこじつけはなくてもいつも人気の故ダイアナ妃ですから、前売券予約は結構難しそうですよ。 来年までやるそうですが(具体的な日にちは示されておらず)、幸い私が持ってるNational Art Passだといつでも何度でも予約不要で無料で入場できるので昨日はコンサートまでの時間つぶしにふと思い付いて一人で出掛けてみたわけです。

 

僅か25点ということで、去年のバッキンガム宮殿の女王様衣装展のスケールには遠く及びませんが、重要なのは確保されてたし、トレンドも説明もよくわかって、まあ良くまとまっていると思います。

     

生ダイアナは婚約者時代に一度垣間見ただけですが、結婚時期が私たちとほぼ同じであり、初期のダサい時代からお姫様っぽいデザインを得てすっきりとシンプルな大人の女性に変化するダイアナ妃の変遷をずっと最初から最後まで熱心にウォッチしてた私、目の前で本物を見られるのは感激ですドキドキ

 

  

全身キンキラの青ラメドレスは品が無かったけど、パウダーブルーのエレガントなドレスはカンヌ映画祭でどの女優さんよりも美しかった。

   

 

      

死亡直前の有名なNYクリスティズのオークションで最高値がついたトラボルタ・ドレスは写真写りが悪いけど、ハイネックのプレスリー・ドレスはここでもばっちりフォトジェニック。それにしても彼女がいかに長身であったかがよくわかります。

 

     

離婚して束縛から自由になって外国人デザイナーの服も着られるようになり、よりゴージャスにセクシーなったドレスを集めたこのコーナーがハイライトでしょうか。ニューヨークのドレスオークションの時の花柄の短いドレスは特に着る人を選ぶと思うのですが、彼女より美しく着こなせる人はいないでしょう。 ・・って、他のも全部そうですが。

 

   

チャリティ活動に重視してわざとつまらないスーツを選んでたこともありますが、それでもスタイル抜群の彼女だからチャーミングでしたよね。デザイナーたちによるデザインのデッサンもこの数倍飾られてました。

これからも彼女の服はあちこちで大切に保存され続けられていくでしょうから、いつかバッキンガム宮殿は無理でもどこかでずらっと並ぶ日が来るといいなあ。 →こちらに写真いっぱい載ってます。

 

   

勿論これでケンジントン宮殿の入場者が激増して、私が切符売り場の列に加わってから他の展示をすっ飛ばしてこの特別展見学開始までに50分掛かりました。上の写真のような特別展用の列がまた別にあり、私が並んだ時よりも更に列が長くなってるので(写真の3倍近く)この人たちはここで30分以上は待つでしょう。この人数制限のおかげで一旦中に入るとゆったりできますが、冬でもここで待たせるのかしら?

 

    

ここには何度か来たことがあるので今回はドレスだけと思ったのですが、入るのに時間掛かったし折角来たのだから常設展示もざっと見て行きましょう(順路は無視しても逆戻り可)。 あちこちに数体置かれた白い紙の衣装が素敵でしたが、やっぱり本物には敵わなくて、ガイドの説明によると、たっぷり金を縫い込んだこのシルクドレスを今作ると2百万ポンド掛かるとのこと。たまたま1時間に一度のガイドの説明に出くわしたので説明を聞いたのですが、ガイド嬢はなんと外国人。おそらく東欧からですが、こんなところまでヨーロッパ化が進んでるとは。

 

    

私が一番好きなのは、トイレに行く廊下にあるダイアナさん柄の壁紙ですトイレ 彼女はここに住んでたわけですしね。

 


人気ブログランキングへ

AD

<21st Apr Fri>

今日は、午前中だけ仕事して、午後はケンジントン宮殿、夜はコンサートと充実した一日でした100点

まじかるクラウン

ケンジントン宮殿に行ったのは偶然ですが、今日はエリザベス女王の91歳のお誕生日でしたバースデーケーキ。 私の母と同じ年ですが、比べ物にならないくらい心身共にお元気な女王様、今日はご公務はなさらず、競馬場にいらっしゃたそうです馬

プライベートな訪問なのにこんなフォーマルな格好してしなくてはいけないのも大変ですが、イギリスでは競馬は上流階級イベントでもあるわけですから当たり前なんでしょうね。

 

馬馬に接してる時が一番お幸せそうで素敵な笑顔を見せて下さるので、全くお好きではなさそうなシアターとかにご招待されなくてよかったです。他の嬉しそうなお写真もこちらにたくさん載ってます(→こちら)。

 

お祝いどうか、いつまでもお元気で、世界初の100歳以上の女王様になられますよう。

 

国民の尊敬を一身に浴びる女王様の長い治世の唯一の失点とも言えるのがダイアナ妃事故死の時の冷たい態度でしたがむっ、今ケンジントン宮殿ではダイアナ妃没20年を記念して衣装展が開かれていて、それを見に行ったのでした(→こちら)。来年までやってるので慌てることはなかったのですが、写真撮ったので明日アップしますね。

 


人気ブログランキングへ

                                          カメラ写真はクリックで拡大します。

馬6月16日、ロイヤル・アスコットに行って参りました。


まあ、ついに椿姫さんもおハイソな世界を垣間見ることができたのね!宝石ブルー


という期待をお持ちの方には申し訳ないのですが、そういうイメージとは全く別の世界に迷い込んでしまったのでしたショック!


いえね、なんせ切符代が43ポンドですから一体どんな人たちが来るエリアなんだろう、マスコミに出てくるロイヤル・エンクロージャーと呼ばれる所とどれだけ違うんだろう、と色々思い描いてはいたんですが、最近忙しくて調べる時間がなく、当日何も知らずに行ったら、新しい発見だらけ目


大きく分けると3段階のエリアがあり、私たちのウィンザー・エンクロージャーは勿論一番下なんですが、女性は皆さん精一杯張り切った帽子被ってるし、男性のほとんども背広姿で一見それなりの雰囲気。


だけど、なんというか、イギリスではどんなにお洒落をしても口を開けばお里が知れるので、聞えてくる会話でわかるんですが、庶民の私が接してる人たちより下の階級の人たちが多かったんです。


      


自分の属している階級がベストだと思っているイギリス人が形だけ上流階級の人たちの真似をしておすましてするという傾向にまず驚きましたが、最初はどうであれ、もうこれは帽子を被った女子会のパターンとして定着しているんでしょうね。

この日はレディース・デイのせいか、或いは男どもはTVでサッカーのイングランド戦を観てたのか、圧倒的に女性グループが多かったんですが、たくさん置いてあるテーブルや芝生で楽しそうにお酒呑みながらピクニックしてる様子は気負いなくてとても楽しそうでしたカクテルグラス

レースも声援して結果が出る度にあちこちで「やった~、あたい勝ったよ~」という雄叫びも上がって盛り上がっていたので、私たちもつられて馬券を買ったのでした。 2ポンドから賭けられるのもこのエリアらしいリーズナブルさでお財布は傷まないし、楽しみ度がうんと増します。


というわけで、アスコット競馬=エレガントな正装の紳士淑女というコンセプトを真っ向からくつがえす、言わばマイ・フェア・レディのイライザが地のままで楽しめる世界が存在することがわかりました。メンバーしか入れないエリートのエリアにいらした方の様子を知る機会は多いですが、この意外なアスコット経験も面白いかもしれないし、それなら背伸びしなくても私も行けるから行ってみたいと仰る方へのご案内になればと思い、記録しておきます。


ワンピース帽子因みにロイヤルアスコットと言えばいつも話題となるドレス・コードは→こちら をご覧下さいですが、要約すると、エリアによって3種類のコードがあり、

・メンバーオンリーのRoyal Enclosureは男性は燕尾服にトップハット、女性は最低10センチのベースのある帽子着用でファッシネーターは不可

・真ん中のクラスは男性は背広、女性はファッシネーターでもOK

・一番下は「できればお洒落してきて欲しいけど、ま、なんでもいいです」


     


    

私は諸事情で結局安易に着物にしちゃいましたが、せめてそれらしい髪飾りをと思い、これを日本で買って持ってきました。あまり目立たないよう芝生と同じグリーンにしてドレス感覚にしたつもりの着物と帯揚げは名古屋の戦利品。

お連れの二人は白と紺ですっきりエレガントな装い。お二人ともすらっとしてらっしゃるので西洋人の中でも見劣りせず、私が着物で体型を隠そうとするのと大違い。



    

王冠12時半スタートのレースに先立って、ロイヤルファミリーのパレードがありますが、しまった、この貧乏人エリアにも女王様がいらして下さるのを知っていたら、うんと近くでウォッチしたのに・・。


    

垣根で隔てられた別世界、私がいる右側はピクニックの人でぎっしり埋まってますが、お隣のミドルクラスのセクションはえらくゆったり。この日は雨が降りそうだったので(結局、運よく免れましたが)、皆さん建物の中にいたんでしょうか、それとも元々ゆったりしているんでしょうか? 隣の芝生は帽子のレベルが違うだけでなく、太った人もいません。


双眼鏡でその向こうにある最上エリアも眺めていると自分の属する階級とかつい考えちゃうわけですが、幸い外国人はアクセントで素性がわからないのでどんな階級の人とも付き合えるというのが大きな利点です。

尚、下々エリアはお天気が良ければ芝生で日向ぼっこできて最高なんですが、屋内スペースは狭いので雨の場合は悲惨ですよお。 向こうにある立派な建物には近寄ることもできませんしね。

 

   

馬お金生まれて初めて馬券を買ったら、レースコースのすぐ隣で応援しなくちゃね。、最下位エリアでもサラブレッドが走る美しい様子は同じように見られるわけだし、女王様もパレードで手を振って下さったし、リーナブルな入場料で充分楽しめます。



    

私が行った日レディス・デイは女性が主役で、張り切って凄いお帽子を競う人が多いことで有名なんですが、そういうお金が掛かることは出来ない人たちのうちらのエリアで、この東洋人男性は手作りでしょうが頑張ってました。 


お金持ちの女性たちの目おぉ~っというお帽子は→こちら でどうぞ。


イメージと違うといえば、あちこちでやたらビーチサンダルが売ってたので不思議に思ったら、それは駅から競馬場までちょっと歩かなくてはいけないためとわかって、納得。 特に安いエリアは更に遠いのでずっとハイヒールだとしんどいですからね、歩きやすい靴を持って行きましょう。



大雨だったり寒かったりしてお天気には恵まれなかった今年のロイヤルアスコット、局地的なにわか雨が多発したこの日、すぐ近くで雨が降ったらしいですが、寸での所で濡れなくて済んだのは本当にラッキー。


もう一度行く機会があるとすれば、違うエリアを見学したいような気はしますけど、意外な展開となったこの日はとても楽しかったですニコニコ




人気ブログランキングへ