チェンコーンの安宿 喫茶&民宿 パパイヤヴィレッジ

チェンコーンの安宿 喫茶&民宿 パパイヤヴィレッジ

タイの北部、メコン川沿いの小さな田舎町チェンコーン。
メコン川の向こうがラオスです。
夫と娘とここで暮らして、丘の上で小さなゲストハウスをしています。



           

チェンコーン在住ひろ子のお宿パパイヤヴィレッジは、
丘の上にあり、ラオスが見えますが、メコン川は見えません。

チェンコーンのバス停から、うちまで2キロです。
バス停から、TUKUTUKUに乗って来るのが簡単です。

2013年12月から、友好橋のみの国境越えで、
以前あった渡し舟は、地元民のみの舟になり、
パスポート使用の旅人は、
バスで橋を渡ります。
橋は、チェンコーンの町から10キロです。

宿は、
シングルルームひとつ(200バーツ)、
ダブルルームひとつ(280バーツ)、
5人はいるドミトリールームひとつ(150バーツ)、
トイレシャワー共同の
小さな宿です。

Wi-Fiあります
自転車無料。

個室のみ、予約受けます。

川沿いのオススメ宿は、TAMMILA GUESTHOUSE (500バーツより)メコン川の見えるカフェの手作りパンやケーキが美味しいです。
町中で便利な安宿、BAAN FAI GUESTHOUSE (200バーツより)です。

お問い合わせは、0638388107 
papaya.hiroko@gmail.com
ひろこまで。

よろしくお願いします。






手縫いが好きです。
楽しいし、心が落ち着く。
たぶん私にとって瞑想のようなもの。

新学期初日、教室前で大泣きして帰って来たのが嘘のように、すんなり通っています。
私が送るとダメで、パパに送ってもらいます。

私も手が空いて、働かねば!です。

明日から新学期が始まります。

いつもよりひと月遅れです。


今日は、日曜市に出店してきました。
喫茶店オープンは来週あたりになりそうです。


日本では普通に食べているプリンも、こっちだとココナッツミルクが入った、ちょっと日本のとは違うプリンです。


セブンイレブンが今、I miss Japan日本が恋しいキャンペーン中で、プリンも売っていて買ってしまいました。

価格39バーツ、には相当しないものでした。

おにぎりも、買いましたが。。。お米がまずかった。。。



コレは私が作ったプリン。
カップがこんなのしか無かったのですが、味は良い!です。25バーツ

セブンで買わないでうちで買ってくれー!と叫びたい。おにぎり25バーツ

きのうも、喫茶店オープンするべく大掃除、今日も大掃除。。。。
炊飯器、サンダル、フライパン、ビン・カンゴミが出る出る。。。。

今日も最善を尽くすのみ、です。



きのうの日曜市出店メニュー

パパイヤ十周年。
メインストリートの友人の土地で勝手に喫茶店やることにしました。

喫茶激戦区で!

売出中の土地だから、売れたらそれでオシマイですが、それまで好きに使って良いと言われたので!

お菓子販売、サンドイッチ、ドリンク、カレーライス、かなあ。冷やし中華もやりたいけど。。。

ドキドキワクワク!

とにかく、掃除です。
草ボーボーのゴミだらけ。。。
何かを始めるときは、とにかく掃除!です。


今から十年前の6月11日に、私は喫茶民宿パパイヤヴィレッジをはじめました。


15年位やるつもりで、元宿物件借りて、トラック雇って木材入れて、カフェスペースを大工さんに作ってもらって、お客さんも結構来るようになったと思ったら、地主が売りに出し、え!?私まだ借りていますが?ビックリしましたが、こっちではよくあること、だそうで。

13年も借り手がなかった物件を私が借りて綺麗にした、とたんです。


知らない人が、まだ私が宿やってるのに、買うか見に来るのが嫌で、凄く嫌で、

凄く頑張って掃除もしたけど、もう嫌になって2年で引っ越し、もと住んでいた家、借りる必要のない場所へ、戻ったんです。


そしたら、その後タイ・ラオス友好橋が出来て、チェンコーンの町に来る旅行者激減、結局、もし借りてあの場所で宿やっていたら大打撃でした。


結局、良かったんだなあと。


家で宿始めて、落ち着いたと思ったらコロナで失業ですが。


コロナ明けたら行くよ!って言ってくれる人も多く、それが嬉しくもあり、日々の私の希望にもなっていて、とてもありがたいです。


私が宿を始めようか、というときにチェンライで宿をやっていた大久保さんが宿を辞めることになり、いろいろアドバイスしてくれたのも、懐かしいです。


いろんなお客さんが来て、いろんなことが起きて、音信不通になった人も多くて、どうしているかなあ。。。


パパイヤヴィレッジ十年間ありがとうございました。

また再開出来たら再会しましょう!




ブログって、日記のことですよね。
毎日書いた方が良いんだろうけど、気がのらないときもあるし。

実は、とっても気まぐれな私です。

夏休みの宿題は、学校始まってから友人のを必死で写していました。。。小5の夏休みの宿題は未提出のまま、です。ラジオ体操には1度も参加したことがありません。同窓会忘年会なども参加したことないです。

みんなで、ワイワイより、ひとりで黙々。

それはそれで良くて、
悪いことは何も何もなくて。

誰かを傷つけたりしないで、気分爽快な人生を歩んでいきたいなあ!




チェンライ市在住者で私のお菓子を買いたい方、メール下さい。

papaya.hiroko@gmail.com

です。


チェンコーンからチェンライの赤バスに乗せて、受取りはチェンライバス停になります。

赤バスの送料40バーツです。


大福もち ひとつ15バーツ

抹茶大福もち ひとつ20バーツ

どら焼き ひとつ20バーツ

きなこもち ひとパック20バーツ

黒蜜きな粉もち ひとパック25バーツ

たい焼き 一匹15バーツ

あんみつ ひとつ25バーツ

自家焙煎きな粉 100グラム30バーツ


大福もち、たい焼きは冷凍保存可能です。

大福は自然解凍、たい焼きは解凍後トースターやフライパンで少し焼いて下さい。








どうぞお試しあれ〜

きのう無事、私のビザ更新手続き終了しました。
少し安心ですが、更新手続きに必要な見せ金が、このままだと来年は足りなくなってしまうかも、です。

タイ政府と外国人は、金の切れ目が縁の切れ目、なので、そうなったら帰国です。

私の人生ジェットコースター、大波小波の連続。
スリル満点、です。



人生いろいろですね。




毎日、グルグル目が回りそうな日々ですが、ドーンとしたメコン川に癒やされてなんとかやっています。

タミラゲストハウスとカフェの向かいでタミラのおばちゃんとハンデクラフトショップのジャンさんと小さい机並べてお店やっています。

私がまだチェンコーンに住む前、旅行者だったときから憧れていたジャンさん、
チェンコーンに住み出した頃、シンが連れて行ってくれたタミラ、チェンコーンにもこんな素敵な空間カフェがあるんだと感動し、しかもチェンコーン初のゲストハウス(国境が外国人に開放される前から)

憧れ尊敬する先輩と、過ごす夕方のひとときは日々グルグルしてる私へのご褒美なんだと思います。




夫のシンはラオスからの難民で無国籍です。

タイ国からここで住むことは許可されていますが、県外へ行くときは役所の許可が必要、選挙権なし、土地も買えない、セブンでバイトも出来ない、タイで暮らしているけれど、タイ人では無いので、私も、ですが、大変です。

夫の妹や弟は、タイの教育を受けて来たのに、タイ人では無いので、就職先がほとんど有りません。

たまに、タイ国籍取得するための集会があって参加していますが、いつになるやら。。。

おとといは、チェンライで健康診断して来い、となって、私は、?わざわざチェンライ?しかも私立病院?
ただ夫たちは従うのみ、行ってきました。診断料7500バーツ、自腹です。
これで国籍貰えれば、文句ありませんが。。。

弱い者いじめ感たっぷりです。

こんな風に嫌な思いしているのは私だけで、夫たちの無垢さに、やるせない気持ちの私です。