~ある路地裏の手相家の物語~case2 | 和顔工房(わげんこうぼう)

和顔工房(わげんこうぼう)

和顔という言葉は、「大無量寿経」 の言葉「和顔施」「和顔愛語」に由来。穏やかで温和な表情、顔つきや言葉遣い。穏やかで親しみやすい振る舞い。のこと。どんなに苦しい時でも、「和顔」がその状況を突破する鍵になる。


テーマ:

その手相家の名前は、安倍吽茗(あべのうんめい)という。
まだまだ、駆け出しの頃・・・。

手相を観るという事は、「相手の方の人生を垣間見ることだ。」と
吽茗は、師匠から、常々教わっていました。
 

ある日のこと、その日も、地下鉄(都内)の出口を出て、
少し歩いたところにある薄暗い路地の片隅に座っていました。

どうして、そこに座っていたかというと、
そこは、薄暗い路地とはいえ、
必ず、その駅を利用している方のうち、
電車が停まって、何人かの方が降りるたび、通る場所でした。
しかも、そこは、狭く、必ず、吽茗と目が合うのでした。

吽茗の手相以外の唯一の特技として、眼力(自称です)、
吽茗は、澄んだまなざしで座ったまま、行き交う人達を見つめると、
立ち止まらせてしまう、という自信を持っていたからでした。

実のところ、吽茗の眼力ではなく、
吽茗が座っている横に立てかけてある、アイテム、
時々、手に持っている、
自分の顔(頭)がすっぽり入るくらいの大きさのレンズの虫眼鏡に
びっくりして、二度見するために、立ち止まってしまうわけなのですが・・・。
一番びっくりするのは、
その大きな虫眼鏡を顔の前に頭がすっぽり隠れるように吽茗が持っている時・・・。

想像してみてください。
街角のしかも、薄暗い路地で、
首から上が巨大虫眼鏡の顔をした人間?らしき物体が座っている様子を・・・。


一人の女性が、吽茗に手相を観てほしいと話しかけてきました。
その女性は、どこかもの悲しげな表情でした。
身なりは清潔で、整った顔立ちの少し、がっちりされた方です。

歳の頃は、30代前後と見受けられました。

その女性の方のお名前を仮に愛子さんとさせていただきます。(愛子は仮名です。)

愛子さんが、吽茗にちいさな声で話かけました。
「死にたいと思っていますが、死ぬことってだめですか?」

 

いきなりの重い言葉に、一瞬で、身体に緊張の走る吽茗・・・。

「死にたいと云われました?」

と確認するように優しく彼女に問いかけた吽茗。

 

すると、少し切羽詰まった様子の愛子が早口で話し始めました。
「死にたいって思っちゃだめですか?」

「死ぬことを選択しちゃだめですか?」

「毎日、毎日、死ぬことばかり考えて・・・。」
「生きている意味がわからない。」

「なんで私なんかが、助かって、・・・」

と、涙を浮かべながら、言葉に詰まる彼女。

 

吽茗は、すこし、呼吸をゆっくり大きくしながら、愛子さんをみつめます。

(ゆっくり呼吸をしながら、お話を聴くことで、話し手の呼吸も整いはじめるのです。)

 

吽茗が、ゆっくり問いかけます。

「どなたか、大切な方を亡くされたのですか?」

「死にたいって、何かあったのですか?」

「云いづらいこともあるかと思いますが、お聴かせ願えますか?」

愛子さんに向かって、吽茗が柔らかい視線で見つめます。


彼女は、吽茗の顔に一瞬目線を上げ、

すぐに、下を向いて、話しはじめました。

「どうして私だけが助かったのですか?」

「先生、娘の夕子は、・・・」

言葉に詰まる愛子・・・。

(夕子は仮名です。)

 

言葉にならない何かを受け取ろうと必死な吽茗。

合間をみて、

柔らかな声で愛子さんに

「助かったって?」

「生死に関わる何かがあったのですね。」

「娘さんの夕子さんと一緒だったんですね。」

問いかける吽茗。

 

 

少しだけ、吽茗の顔を見上げる彼女。

「車に一緒に、・・・」

「隣に座ってたんです。夕子と・・・」

「私、運転してて」

「いきなり前からトラックが・・・」

すすり泣くような声で、言葉を続ける愛子さん。

「私は、頭を打って血が出たくらいで。」

「隣に、隣に座っていたはずの夕子は、」

「姿が見えなくなってて・・・」

「押しつぶされて挟まれたまま、」

「後から考えると車もペシャンコで・・・」

「助けることもできなくて・・・」

「私だけ助かってしまったんです。」

愛子さんにそっとティッシュの箱を渡す吽茗。

吽茗は、

いつもティッシュの箱を用意していました。

 

ティッシュで顔を覆い隠すように、

涙で溢れた眼のまま、

彼女が、続けます。

「あれ以来、ずっと、申し訳なくて・・・」

「なんで、私は生きているんだろう・・・って」

「思ってしまうんです。」

「娘の分も生きなきゃって・・・」

「何度も何度も自分に言い聞かしてる。」

「けどね…。わかっているんですけど・・・」

「頭ではわかっているんですけど・・・」

「ダメなんです。」

「死にたくなるんです。」

「・・・」

言葉にならないまま、

愛子さん、言葉を紡ぎながら、

少しだけ、落ち着きを取り戻している様子。

(吽茗は、独自の傾聴のスタイルでお話しをその方の存在ごと、受け取ります。)

(吽茗に話すだけでも、気持ちが軽くなる方も多いようです。)

 

吽茗が、愛子さんの眼をみながら、

ゆっくりうなづき、

自分の両手を前に差すようなジェスチャーで、

そっと愛子さんに、両方の手のひらを、

私の前に近づけるよう、促します。

 

一瞬、

吽茗の動きを理解するのに戸惑いながらも、

ゆっくり

両手のひらを吽茗の前に近づける愛子さん。

吽茗は、手の甲を包むように支えながら、

目線を愛子さんの手のひらに向けました。

 

「両手とも大切なので、まず、両手を一緒に観させてください。」
とうなずき、
「次は、左手だけを・・・。」
手の平を、深く覗き込みながら、
「ふむふむ、う~ん、ほぉう、・・・。」と、
いつものように言葉にならない音を発する吽茗、

続いて、
「右手を観させてください。」
今度は、無言で観入っている吽茗...。

そして、一通り観入ってから

目を離し、目の前の彼女を見つめました。

(これが、吽茗の手相を観させていただく際のいつものスタイルです。)

吽茗は両手のひらの手相を

一通り観させていただいた後、
ゆっくり、話しはじめました。
「何かお伝えできるかと思いまして・・・」

「手相を観させていただきました。」
「頭では、娘さんの分も生きなきゃって・・・」

「わかってらっしゃるんですよね。」

「しかしながら、感情や想いって、ね。」

「簡単に、納得できるものじゃないですよね。」

 

さらに、吽茗が続けます。

「私は、感情や想いって、納得するものでもなく、どこに収めるかだと思うんです。」

「大切なのは、前に進めるためにどうするか?」

「だと、思うんです。」

「起こってしまった悲しい出来事は決して消えません。」

「元にも戻せません。」

「当然、納得なんてできません。」

「それでいいんです。」

吽茗、語気を強めてもう一度、

「それでいいんです。」

「悲しくていいんです。」

「悔しいかもしれません。」

吽茗、大きくうなずきながら、

「それでいいんです。」

「時間しか解決できないものもあります。」

「時間だけが、悲しみを和らげてくれる。」

「私は、そう思っています。」

「悔しさは、時間すらも和らげてくれないことも多いです。」

「愛子さんは、本当は、前に進みたいんです。」

吽茗の言葉に、

愛子さんの表情が一瞬、はっとしたように動いた。

 

その動きを吽茗は、見逃しませんでした。

さらに吽茗が続けます。

「愛子さんは、生きたいのです。」

「どうすれば、・・・」

「どのように想えば、考えれば、ご自身の感情が収めることができるか?」

「探しているのです。」

「で、私に逢いに来られたのですよね。」

軽く微笑みを浮かべ、確認するように話す吽茗。

 

少しの沈黙をおき、

吽茗、話し続けます。

「あっ、忘れてました。」

「さっき観させてもらった手相のこと・・・」

「まだ、何もお伝えしてませんね。」

と、再度、

愛子さんの手の甲を包み込むように触れて、

手のひらをのぞきこむ吽茗。

 

愛子さんが不思議そうに、

「手相でなにがわかるんですか?」

と吽茗に問いかけます。


吽茗が、

問いかけに答えるでもなく、聞き返します。

「何が知りたいですか?」

「私は、今の愛子さんに必要なメッセージを受け取っています。」

(手相のある線が光ったというか、動いたのを吽茗は、見逃さなかったのです。)

その線は、2つ・・・。

(専門的にいうと感情線と運命線)

吽茗が、手のひらの線を指でなぞりながら、

「この線のここのところですね。」

「愛子さんは、感情を内に秘めるというか、元々、自分自身で、感情をうまく収められてた方なのかなあと、手相から感じ取れます。」

話しはじめました。

 

愛子さんが、その手のひらの線を見ようと

前のめりになった時、

吽茗が、少し早口で、言葉をつむぎます。

「ですが、ここのところ、感情線が、かなり乱雑になっていますよね。」

「元々の線に、上から書き加えたかのように、ぐちゃぐちゃってなってますよね。」

「これが、今の感情の状態ですね。」

続けて、

今度は、運命線のところを指しながら、

愛子さんの表情を確認する吽茗。

「いくつかお聴きしてもいいですか?」

手相を、観ながら、

おもむろに愛子さんに問いかけます。

「今、おいくつでらっしゃいますか?」

「事故は、何年前ですか?」

 

愛子さんが

「今年で、32歳です。」

「事故は、もうすぐ2年になります。」

と、ゆっくり、言葉を発し終わる前に、

吽茗が、続けます。

「誕生日はいつになりますか?」

「手相では、1年の運氣の始まりを誕生日からという解釈でして・・・」

「もうすぐ、事故から2年なのですね。」

 

愛子さんは、

「誕生日は、4月16日です。」

と小さく、言葉を、発します。

なぜなら、愛子さんは、事故の場面を思い出したからです。

 

表情が曇り気味な彼女。

 

その表情を温かい眼差しでみながら、

吽茗が続けます。

「この線です。この横の線・・・」

「縦の線を横切るようにありますよね。」

「ちょうど、事故のころの年齢のあたりです。」

「手相には、過去も現在も、未来も書いてあります。」

 

一度、彼女の顔をじっと見る吽茗。

 

思い出したように、言葉を発する吽茗。

「未来のことについて、お伝えしてないですね。」

「この線、生命線という線なんですけど、太く長くありますよね。」

「本来、愛子さんは、かなりエネルギッシュな方ではありませんか?」

「そのエネルギーが、今、悲しみや悔しさを増幅させてしまっているのかもしれないですね。」

と、優しく微笑みながら、話し続ける吽茗。

 

愛子さんは、

吽茗の優しい眼差しと声に

なんとも云えない感覚を覚えているようでした。

 

少しの間、静けさが2人を包みました。

路地裏で、周りの人の声やざわめきが

気にならない不思議な時間でした。

(吽茗の密教手相術のなかで時々行う密教奥義:次元転移をこっそり行っていた。)

 

吽茗がこっそり行う、密教奥義のひとつ、

次元転移は、場を一瞬にして、

クライエントさんと吽茗を未来の次元に包み込むのでした。

 

なぜ、こっそり行うかというと、

 

人生において、本質的な変化は、自然に静かにやってくるからです。

 

 

愛子さんが、不思議そうな顔で、言葉を紡ぐ。

「私が、エネルギッシュなんですか・・・」

「そういえば、小さいころから、よく、パワフルだと云われたことはあるんですが・・・」

「自覚はまったくなくて、正直、先生に云われても、納得できなくて」
「で、手相には、未来が書いてあるんですよね。」
「なんて書いてあるんですか?」

 

吽茗、小さくうなずき、愛子さんの手のひらのある線を指差しながら、続けます。
「この線を観てみてくださいね。今度は、さっきと違う線なんですけど・・・」

(すこし早口になりながら、吽茗続けます。)

「太陽線というんですが、この線が、はっきりありますよね。しかも、ここから長く繋がっていますよね。」

「少し、薄いところもありますが、この線は、愛子さんがこれから生き抜く指針にしてほしい線です。」


愛子さんが、自分の手のひらの吽茗が云った線を、指でなぞりながら、
「生き抜く指針って?どういうことですか?」

 

吽茗が少し興奮気味に続けます。
「手相に聴いてほしいんです。」
「そして、観てほしいです。今の私、ちゃんと生きてる?」
「ちゃんと、命を輝かせるように、毎日を生きられているか?」

「うまくいかない時や、落ち込むとき、不運に打ちしがれた時、など・・・」

「手相を観て、確認してほしいんです。」
「さっきの線がどうなっているかを・・・」

「その線が薄くなっている時は、・・・」

「なにかしら、今の状況を変えるきっかけは、今までやっていなかったことや、新しい考えを取り入れてみることです。」

一呼吸おいた吽茗、続けます。
「うまくいっていなくても、その線がはっきり観えた時は、そのまま進んで大丈夫ってサインなんです。」
「これが、私の手相の観方なのです。」
「手相は、観るだけでなく、羅針盤のようなものです。」

「で、今の愛子さんの手相には、そのままで大丈夫って線があるんです。」
「今日、ここに来られる前まで、死にたいと思われていたと思います。」
「そう思い悩んでいた時間も、自分の感情を収めるために必要なプロセスだったんです。」

「私、思うに、間違いなく、愛子さんにとって、必要な時期だったんですね。きっと。」

「まだまだ、死にたくなったり、事故のことを思い返すこともあるかと思います。」
「それを無くそうとしないでください。」

「愛子さんにとって、未来に繋がっている大事な時間の一部なんです。」
「どんな未来に繋がっているか?」

「それは、私には、わかりません。愛子さんしか知らないのです。」
「今、愛子さんにその未来をお聴きすることは、あえてしませんでした。」

「もうすぐ、その未来のイメージが自然に浮かんでこられるような気がしています。」

「今、その未来がイメージできないかもしれません。今、イメージできないだけなのです。」

「必ず、愛子さんにとって、得たい未来があるのです。」

愛子さんの眼の奥をじっと見据えた吽茗。
静かに微笑みながら、最後にひとこと、愛子に伝えます。

「自分の手のひらにある未来を信じてあげてくださいね。」

と云いながら、握手を両手で包み込むようにします。

 

愛子さんは、吽茗にあっけにとられるように握手をしました。
「手のひらにある未来・・・」

「なんとか生きていこうと思います。」

愛子さんは少しだけ明るくなった表情で、一礼し、吽茗の前をあとにしたのでした。
 



(この物語は、すべてフィクションです。登場する人物、その他、すべて架空のものです。ただし、手相に関する記述については、できる限り鑑定の際に用いる内容に準じております。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

運を動かす密教手相術!! 

~潜在能力を爆発的に発火させる究極のメソッド~

 

人間、誰しもの中に、

潜在的な能力や才能が97%も眠っているということをお聴きになったことはあるでしょうか?

世に天才と云われる人たちだけが特別な才能を持っているのではなく、

誰しもが爆発的な潜在能力を秘めているのです。

 

私が得た、多くの学びと経験を、

誰もが、簡単に習得できるよう凝縮したのが、この密教手相術です。

私はこれまで、数多くの方々の内側に眠る奇跡のような力が外に現れる瞬間に立ち会わせていただきました。

 

だからこそ、云えるのです。 「奇跡・才能・強運は特別な人にだけ持っているものではない。」と...。

 

私は、ひとりでも多くの方が、自分自身が秘めている

爆発的な潜在能力を発火させ、真に自分自身が輝く人生を歩んでくださることを願っています。

密教と手相、古来より伝わるふたつの叡智を重ね合わせることによって、

あなたの中に眠っている潜在的な能力を爆発的に発火させ、
あなた自身が自分自身の人生、そして、運氣を大きく動かしていくことが出来るようになります。

 

手相は、あなたのすべてを映し出すモニターです。
現在・過去・未来の身体・心・運氣の状態がすべて描かれているのです。

 

手相を知ると運氣が良くなる!?  って、どうしてだと思いますか?

実は、瞬間・瞬間で手相が変わっていることをご存知ですか?


自分自身の今の手相を観て、認識すると手相は動き始めます。
(認識の仕方に秘密があります。それが密教の秘術です。)

 

手相が動くということは、貴方のすべてが動き始めるということです。

運が良い状態とは? 自分がこう在りたいと願う生き方が出来ている状態を示します。


貴方にとっての運が良いはどんなことが叶っている状態でしょう?

貴方の運を一緒に読み解き、運を創っていきましょう!!

 

続きはこちら

 

基本講座  

50,000円(税別)    

4/28.29.30日京都市内にて開催予定(場所などの詳細は申込みいただいた方にお知らせいたします。)

詳しい日程はこちらをご確認ください

どうしても都合がつかず、ご希望の日程がおありの場合、ご相談ください。

 

3時間の中で、実際にあなた自身の運が動くことを体験していただきます。

これは、密教手相術を学ぶ講座ではありません。

手相で運氣が動くことを実体験してもらう講座です。
一般的な手相の基本的なことは一緒に学べます。
安倍吽茗 密教手相セッション(通常1時間50,000円)を行いながら、3時間みっちり体感してもらいます。

 

 

運を動かす密教手相術講座(密教氣功伝授)

~潜在能力を爆発的に発火させる術~

3時間×4回 300,000円(税別)  

(場所などの詳細は申込みいただいた方にお知らせいたします。)

詳しい日程はこちらをご確認ください

(基本講座を受けられた方は基本講座料を差し引きいたします。)

事前に安倍吽茗密教手相セッション付(通常1時間50,000円)
講座内容:1回目 手相の主要な線(生命線・知能線・運命線・など)
       2回目 手相の密教手相術の基本的な考え方や観方

       3回目 密教手相術の実践的な観方・運氣の動かし方(秘伝)

       4回目 密教手相術の秘伝・氣功を使った手相を変える方法。密教氣功伝授

 

運を動かす密教手相術講座(上級講座)

3時間×3回 150,000円(税別)

講座内容:1回目 カウンセリングやコンサルティングを密教術的に行う方法
       2回目 密教氣功を使った運を変える方法

       3回目 密教氣功を使った健康になる方法

       4回目 密教氣功術の上級手法を伝授

 

 

場所は、大阪・京都、(指定の場所)そちらにて、対面にて行います。

ご希望の場合は、クライエントさまのご希望の場所へ伺うことも含め、ご相談させてください。
場合によっては、ご自宅や職場、喫茶店やホテルのラウンジなどへお伺いさせていただく場合も多くございます。
なお、出張費(実費:基本車で移動のため、高速道路代と燃料代10km×1l軽油;離島は別途実費)をいただきます。

 

 

ご予約・お問い合わせはこちら コチラ 
メニュー記事一覧】
初めての方へ プロフィール お客様の声 料金 / よくある質問プライバシーポリシー/

安倍吽茗(あべのうんめい)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ