グラビティコーチング(重力場コーチング) | 和顔工房(わげんこうぼう)

和顔工房(わげんこうぼう)

和顔という言葉は、「大無量寿経」 の言葉「和顔施」「和顔愛語」に由来。穏やかで温和な表情、顔つきや言葉遣い。穏やかで親しみやすい振る舞い。のこと。どんなに苦しい時でも、「和顔」がその状況を突破する鍵になる。


テーマ:

グラビティコーチング(別名:密教禅コーチング・自灯明

安倍吽茗(あべのうんめい) です。

 

コーチングって、最近、耳にすることありますか?

アメリカのルータイス が、コーチングの父と云われています。

 

しかしながら、コーチングの考え方のもっとも古いところは、密教にあります。

「密教」とは、経験することでしか学ぶことができない教えを総称して密教と云います。

世によくある教えや学びは、経典や教科書のような文字で書いたテキストで学ぶことが多いと思います。
この学びの教えを「顕教(けんきょう)」表の教えといわれています。

密教はこの顕教(表の教え)では学ぶことが出来ない(裏の教え)と云われることもあります。
真に必要な教えは隠された教えだと云われています。
そして、そのような教えは、経験や体験によってのみ学べる教えです。
一子相伝などで脈々と教えを引き継いでいるのも、密教の部分を教えるために必要だからです。

 

ですから、得体のしれないものとイメージがあるかもしれませんが、

初詣や七五三参り、仏式のお葬式でのお焼香など、

実は、知らず知らずのうちに日本の風習として

今もなお、みなさんが何気に行っている中に意識的に気づいてないだけで、

日常のいたるところにあるものです。

経験することでしか学ぶことができない教えを総称して密教と云います。体系的に学ぶことが少ないだけなのです。

 

そういった密教を最初に日本にもたらしたのは、空海・最澄。

この二人は、日本独自のコーチングの祖だと思います。

 

もう少し、古い人物では、吉備真備・阿倍仲麻呂・和気清麻呂などです。
戦国時代であれば、黒田官兵衛・竹中半兵衛などの軍師もコーチングをしていたと思われる。

豊臣秀吉を天下を取らせたのは、間違いなく、黒田官兵衛の戦略と、

その器になるように秀吉自身の自己イメージを高めて天下をとれる戦国一の武将にコーチングした側面があると思われます。

 

空海が密教を使って、時の天皇にいろいろとアドバイスをしていたという話があります。
これは、コーチングと呼べるのではないでしょうか?

 

吉備真備は、自分自身の価値を常に高め、

聖武天皇・橘諸兄・孝謙天皇(称徳天皇)・道鏡など、有効な関係を持ち、

天皇からも絶大な信頼を得ていました。
 

私は、四国で山岳信仰と空海が作った霊場が身近にある中で育ちました。

加持祈祷なども大きな枠組みでは密教を使ったコーチングと云えると私は考えます。

 

そんな日本独自の日本人にあった、コーチングをお届けしたいと思っています。


密教の教えの中にある相:手・顔・體などの相(カタチ)を基にした日本古来の哲学思想。
それは、無意識的に受け継いでいる日常の中にある。
コーチングとは、禅の言葉でいう「自灯明」であり、「喝」である。

「自灯明」とは、自分自身を頼りとして生きる。自分で自分の足元を照らす。
私は、クライエントの足元を照らすロウソクのような存在。


これが、日本古来から行われてきた、今で云うコーチングのようなものだと考える。


「喝」とは、一瞬にして、信念や考え方が180度一変すること。
その一言で真理に導く、気づかせる、悟る。禅のことばのひとつ。

グラビティコーチングのことを自灯明と呼ぶことにしました。
この「自灯明」を行う1対1の対話である。1対多(組織)の対話である。

「喝」という言葉は、おおきな声で相手を震え上がらせるようにいうことではない。

 

何気ない会話の中で、私が発した一言で、力が涌いて来たり、気持ちが晴れたり、

自分自身が本当に成し遂げたいゴールが一瞬で見えたり、何をすればいいかが明確になったり、

 

そんな対話による和のセッション、コーチングのことをグラビティコーチングとしました。

この1対1の対話でグラビティ(重力)を感じる方が多いです。

重力だけが、次元を自由に移動することが出来ると物理学では云われています。
違う次元の世界に移動するコーチングであるということです。


私自身は、
両親の離婚、会社の閉鎖、整理、不登校、ニート、精神疾患、自死、在宅介護、福祉、
夜勤、いろいろな職種経験、破産、などを乗り越えて、今があります。

古来からずっと使われていた教え:密教禅の理(ことわり)を

1対1、もしくは1対多(組織)にて、

私との対話の中に用いることで、

自分自身の足元を照らし、

未来を照らし、得たい結果、なりたい自分自身の状態を得られます。

その時、重力を感じながら...。

 

 

グラビティコーチングでいただく金額        

 月1回30分 300,000円(税別)X6回    1,800,000円(税別)

30分以上のグラビティコーチングは、

メンタル及び、フィジカルに負荷がかかりすぎることが多く、

30分が十分に必要な結果を得られる方が多いです。

会社や競技チーム、組織に対する場合

30分 500,000円(税別)×6回    3,000,000円(税別)

 

原則:事前にお振込みお願いします。(分割払:要相談)

毎月3件までお引き受けいたします。
対面にてお話をお聴きします。

人生を変えるためには、半年くらいの期間が必要です。

長い人生の中で、たった、半年であなたの成し遂げたい人生になっていきます。

 

 

場所は、大阪・京都にて、お約束の時間・場所に伺いますので、
そちらにて、対面にて行います。

ご希望の場合は、クライエントさまのご希望の場所へ伺うことも含め、ご相談させてください。
場合によっては、ご自宅や職場、喫茶店やホテルのラウンジなどへお伺いさせていただく場合も多くございます。
なお、基本的に出張費(実費:基本車で移動のため、高速道路代と燃料代10km×1l軽油;離島は別途実費)を

いただければ伺わせていただきます。

原則、対面ですが、初回を含む3回以上対面でお逢いすることが出来れば、

電話やその他の通信でのグラビティコーチングパーソナルトレーニングも検討いたします。

手相セッションについては、電話や通信での手相セッションも承ります。

 

 

ご予約・お問い合わせはこちら コチラ 
メニュー記事一覧】
初めての方へ プロフィール お客様の声 / よくある質問プライバシーポリシー/