「みだりに人の師となるべからず、みだりに人を師とするべからず」 | 柏木むつき/あなた(YOU)とあなた(YOU)をつなぐYOUKYOUカフェ♡
新型コロナウイルスに関する情報について

柏木むつき/あなた(YOU)とあなた(YOU)をつなぐYOUKYOUカフェ♡

「自分のままで“養護教諭”になる」をコンセプトに、YOU(あなた)とYOU(あなた)を繋ぐYOUKYOUカフェを主宰しています。

いつもご覧いただき、ありがとうございますピンクハート

ぱちここと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

幕末の志士たちに大きな影響を与えたとされる教育者、吉田松陰。

彼は沢山の名言を残していますが、

「みだりに人の師となるべからず、みだりに人を師とするべからず」

この言葉は、

今の時代においてもとても大事な言葉だと私は思っています。

 

「みだりに人の師となるべからず」

「先生」と呼ばれることで、

「自分は偉い」と勘違いしてしまうこと。

 

たとえそう思ってはいなくても、

無意識にそう感じていること、ないでしょうか?

 

正直、私はありました。

「先生がいないと困るんだよね」

この言葉に自分の存在価値を置いていたこと。

「この学校の保健室は私がいないとダメなんだ」

と勘違いしていました。

 

知り合いの職場の先生は(担任でしたが)、

「私じゃないとこのクラスは落ち着かないのよ」

と嬉しそうに話していたとか。

他の先生の時には騒がしくても、

自分の前だったら大人しい子どもたち。

果たしてそれは本当の意味での「指導」なのかな…?

と話を聴いてモヤモヤ。

 

 

「みだりに人を師とするべからず」

これも本当に大事。

誰かを「師とする」と、

その人の言っていることだけが「正解」だと思い込んでしまったり。

その人のマネをすることが「自分」だと思ってしまったり。

(「恋は盲目」とある意味似ているかも)

 

特に思うのが、

養護教諭って学校に一人だし、

出会う養護教諭も少ないから、

「この人」って決めた先生をお手本にしがち。

「あの先生みたいになりたい」

という出会いがある人こそ、

気をつけないと、尊敬と紙一重で

みだりに人の師となったり人を師としてしまったり。

(そういう“出会い”はもちろん素敵なこと)

それよりも、

もっともっと自分にしかない良いところを磨いて、

「自分」のままで在る方が輝けると思うなぁ。

(結果として「勘違い」にも気づけるだろうし)

 

松陰の言葉にもありますが、

「自分」を知っている教育者ほど、

師とされることへの危惧も抱いている。

そしてそういう人だからこそ、

時を経てもなお、「師」であるんだろうな。





 

 

ショートケーキYOUKYOUマルシェはこちら。商品はこちらのサイトから購入できますハート

プリン「自分」とゆっくりじっくり向き合うYOUKYOUプライベートカフェ音符

マカロン文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですハート