「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡

NEW !
テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございますラブラブ

 

ぱちこと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

世代がバレますが…。

皆さんは「ぷよぷよ」を知っていますか??

(ご存じない人には今日のブログは分かりにくいかもしれません…

最近で似たようなゲームと言えば…ツムツムとかでしょうか???)

 

単純なのに人を虜にする…あのゲームです。

SEGAさんのサイトより

 

小学生の時…夢中になり、夜更かしをしたあの「ぷよぷよ」。

ステージが上がるごとに、ぷよぷよの落ちる速度が速くなり、「おじゃぷよ」が落ちてきて…。

相手が連鎖すると、おじゃぷよ一気にきたり…。

ステージクリアするのに、本当に労力を費やしたあの懐かしの「ぷよぷよ」。

最終ステージに到達した時のあの高揚感…。

(またやりたくなってきた( ゚Д゚))

 

 

でね、人生は「ぷよぷよ」と同じだと思うんです(笑)

 

どこがって?

ステージが上がるごとに「課題」が大きくなるところ。

叶えたい理想が大きくなればなるほど「課題」をクリアするのに時間がかかるところ。

 

 

私は良く、

「○○したいと思っているんだけど…」

と相談を受けますが、

「とりあえずやってみたら良いやん。今からやれる範囲でやってみようよ。」

と答えています。

そんな時。

「でも親に反対されていて…」

「周りがやめときなよって言ってくるんです…」

「恋人に『そんなの無理だよ』と言われてしまい…」

という声を聴くこともあります。

 

 

そりゃ、周りは言いますよね。

私たちは現状維持を自分にも相手にも求めてしまう生き物だから。

(ホメオスタシス=恒常性の維持、とか生物で習った人もいると思います)

 

 

巷では、夢を語った時に、

夢を応援しない人、夢を否定してくる人のことを「ドリームキラー」とも言うそうです(ある意味的確)。

 

私個人の意見としては、

全ての人が「ドリームキラー」とまでは言わないだろうし、

「ドリームキラー」とひとくくりにしてしまうことで、

自分にとって大事なものを見失ってしまう時もあるだろうなって思うけれど。

 

大事なことは「そんなことを言う人に出会った時に自分はどう対処するか」。


否定された時に、自分の中に少しでも同じような気持ちがあると、諦めちゃうと思うんです。

「ほら、周りもそう言っているし。」

「やっぱり私には無理なんだ。」って。

 

 

でもね、否定してくる人はいて当然。

そんな人に出会って立ち止まってしまうのは当然。

だって…人生は「ぷよぷよ」だから。

 

 

 

そんな感じのことを、今回も大爆笑でしゃべっています。

詳細は動画をご覧ください。

 

 

↓今回も、飲食しながらの視聴は避けた方が良いと思います(笑)

 

しかし、ゆりかさん

「最初の部分はカットする」って言ったのに…カットしてくれなかった…。

本性がどんどん出てしまう…。

 

 

 

風鈴YOUKYOUおけいこカフェ@東京の詳細はこちらから風鈴

風鈴「自分」とじっくり向き合いたい方はYOUKYOUプライベートカフェ風鈴

 

 

 

文章に愛を込めたインスタグラムはこちらをクリックハート

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス