柏木睦月「自分のままで“養護教諭”になる」YOUKYOUカフェ♡

柏木睦月「自分のままで“養護教諭”になる」YOUKYOUカフェ♡

「自分のままで“養護教諭”になる」をコンセプトに、YOU(あなた)とYOU(あなた)を繋ぐYOUKYOUカフェを主宰しています。

いつもご覧いただき、ありがとうございますピンクハート

ぱちここと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

少し遅くなりましたが、11月YOUKYOUオンラインカフェのご感想を紹介します^^

(掲載の都合上、多少修正しております)

 

「職場だけだとグチで終わってしまったり、なかなか本音を言えなかったり…」

というYOUKYOUカフェのコンセプトを読んで、

私の参加理由を改めて考えるきっかけになりました。

(柏木註:コンセプトの詳細はこちらをどうぞ^^)

というのも、私は(あくまでも今の)職場で、

グチだけで終わらず前向きな話ができ、本音を言えるからです。

 

では、なぜYOUKYOUカフェに参加するのか…。

私にとって「話す」ことがそれだけ大切なのだと思います。

(今回のYOUKYOUカフェの話とも繋がってきますね(^^))

「話す」ことで自分の輪郭がはっきりとしてくるようなそんな感覚さえあります。

 

なんとなく話す日常も大切ですが、

お金を出して話す場を自分にプレゼントして、

自分のメンテナンスをしているのだと気がつきました。

 

参加者のYさんの最後の言葉で

「同じところにいる気がするなぁ」

が実はとても響きました。

なぜなら私も同じ感覚を10年!?持っているからです^^;

でもよくよく考えると、私自身かなり成長はしている…はず。

変わらないように見える部分があるだけで。

同じところにいる気がするなぁ」

は、がずっと苦しんでるテーマだったので、

私以外の人から出てきて救われた気持ちになりました。

 

物質的な断捨離はしても、思考の断捨離は初めてでとても楽しかったです!

今回も楽しいワークをありがとうございました(^^)

嬉しいお言葉ありがとうございます。涙

よく私はYOUKYOUカフェを「自分メンテナンスの場所」と例えることがありますが、

家でも飲めるはずのコーヒーをカフェで飲んだり、

自分でできるはずのマッサージをサロンに行ったり、

本を読めば分かるはずのことを研修に行ったり…。

そういうことをあえて「選ぶ」ところに、

一人ひとりの「メンテナンス」の意味があるのだと思っています。

 

そしてそういうところに行くことで「反射」される自分の「想い」の変化を感じることで、

「何も変わっていない気がする…」

と思ってしまう「自分」との出会いを経て、

本当はそうではない「自分」に出会うのだと思っています。

 

人はついつい「特効薬」「劇薬」を求めてしまいますし、

「劇的変化」だったり「数字」だったり、

そういうもので自分の「変化」を見てしまいがちですが、

目には見えないけれどゆっくりとした変化もまた、

「進化」であり、「深化」なのだと思っています。

 

(詳しくはこちらに…)



 

ここに柏木さんを含めて集まる人たちと共に、

自分自身を見つめる時間が欲しかったので参加しました。

 

何回も何回も参加しています。

ここを卒業して自分で自分を見つめる時間を持とうと思うけれど、

なかなかできません。

 

毎回ワークして、自分を見つめ直して。

今回は断捨離でした。

断捨離して捨てたはずなのに、そんな自分もいいやん。ってまた戻して。

この過程をしながら、

自分は少しずつグラデーションで良いから変わってるんじゃないかなぁと思えました。

「あの人またいる」

って思われるんじゃないか…とか、

他人軸で思っちゃう自分もいるんだけど、

私にはこの時間が必要なので、まだまだ参加しようと思います。

ありがとうございます。

「あの人またいる」

って確かに思う人がいるくらい常連のYさん。

(むしろ嬉しいです)

でもそれって、

例えば大好きなカフェだったり、

某テーマパークだったり、

大好きな歌手のライブだったり…。

そういうのだって「あの人またいる」レベルで出没して当然ですし、

別にそれを周りも何とも思いませんよね。

ずっとボーダーを着ている人は、

「あ、ボーダーが好きなんだな」

と思うくらいですし。

 

本来のYOUKYOUカフェはそういう場所で在りたいので、

あえて「会費制」のようなことをしていないのですが、

きっと、誰もが心のどこかにある(Sさんも書いてくださっていましたが)、

「変わらなければいけない」

という「思い込み」にとらわれているからなのかもしれない、と思いました。

 

「変わりたい」は大事だけれど、

「変わらなければならない」

と思った時点で今の自分を「自己否定」してしまっている気がします。

「現在地を確かめる」。

そんな場所としてYOUKYOUカフェが在っても嬉しいな、と思います^^

 

 

 

ショートケーキYOUKYOUマルシェはこちら。商品はこちらのサイトから購入できますハート

プリン「自分」とゆっくりじっくり向き合うYOUKYOUプライベートカフェ音符

マカロン文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですハート

 

☆養護教諭シリーズ

「憧れの養護教諭」になる方法。

養護教諭としての優先順位。

“養護教諭”という肩書きへの付加価値。

自分の「楽しい」へのアンテナの張り方。

養護教諭だって嫌われることがあって当然。

仕事を辞めたい、異動したい、と思った時。

養護教諭としての「観」を超えて。

養護教諭の存在価値に対する「枠」。

「養護教諭」という肩書きにとらわれすぎなくて良い。

「前例」との付き合い方。

“養護教諭”として「あなた」が伝えたいこと。

受かっても落ちても「価値」は変わらない。

「不在の存在」としての養護教諭。

「補う」のではなく「引き出す」養護教諭になるために。

もっともっと自由に“養護教諭”になる。

「養護教諭=保健室の先生」を考える。

「男性」養護教諭についてのあれやこれ。

「養護教諭」にとらわれてしまう前に。

 

番外編

仕事と勉強を両立する方法

講師の話が来なくて不安な人へ。

養護教諭の未来について考えていたこと。

養護教諭教員採用試験の対策法

過去問対策について。

教員採用試験対策と「向き合う」ということ。