「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡

NEW !
テーマ:
いつもご覧いただき、ありがとうございますラブラブ

 


 


 


 


 


 


ぱちこと柏木むつきです。


 


 


 


(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)


 


 


 


(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)


 


 


 


 


 


 


 


 



コーヒー公式ホームページはこちらですキラキラ


コーヒーYOUKYOUカフェ 2018年1月以降開催の先行案内をご希望される方はこちらからご登録をキラキラ


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


「自分も幸せ、みんなも幸せハート


 


 


 


当たり前のことのようで、


 


 


 


当たり前にできていない人が多いと思うんです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


特に対人関係において。


 


 


 


「自分さえ我慢すれば、この場はまとまる」


 


 


 


「私が引き受ければ、何とかなる」


 


 


 


とか、私もついつい考えてしまいがち。


 


 


 


 


 


 


 


でもこれ、


 


 


 


自分を「他人」と見なしたとすると、


 


 


 


 


 


結構ひどいこと、自分に強いてますよね?


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


たとえば、


 


 


 


学校現場で考えてみると、


 


 


 


悩んでいる子どもに対して、


 


 


 


「あんたさえ我慢すればクラスはまとまるんだから」


 


 


 


って、その子の悩みを一切聴かずに、


 


 


 


その上、我慢を"強要"しているようなもの。


 


 


 


 


 


 


 


 


既にいっぱいいっぱいまで頑張っている子が


 


 


 


涙目で訴えているのに、それを無視して


 


 


 


「あなたがこの役割を引き受けてくれれば、


 


 


 


何とかなるんだけどなー」


 


 


 


って"説得"してさらに頑張ろうとさせているようなもの。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


こういう場面の話をすると、


 


 


 


「いや、そんなのあかんでしょ」


 


 


 


っていう人がほとんどなのに、


 


 


 


自分自身には結構簡単にその「あかんこと」をしてしまっている。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


実は今日、


 


逆説的にこのことを実感したんです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


大学に向かっている電車の中。


 


 


 


時間帯的にまだまだ混雑している時で、


 


 


 


アナウンスで、


 


 


 


「発車メロディーが鳴ってからのご乗車は、


 


 


 


遅延の原因になるのでおやめください。」


 


 


 


って言われているのに、乗車しようとする人がいる。


 


 


 


それで電車が遅れる。


 


 


 


その次に控えている電車も遅れる…。


 


 


 


 


 


 


 


 


その人はその電車に間に合って良かったって、


 


 


 


"その時"は思うかもしれないけれど、


 


 


 


それによって、多くの人に影響を及ぼしている。


 


 


 


その人の乗る電車も、


 


 


 


その人が無理やり乗ろうとしたことで遅れているから、


 


 


 


結果としてその人も悪影響を受けている。


 


 


 


 


 


 


 


 


「自分にとっては良いこと、周りにとっては良くないこと」


 


 


 


と思いきや、実は


 


 


 


「自分にとっても周りにとっても良くないこと」


 


 


 


なんですよね。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


先ほどの話に戻りますが、


 


 


 


冒頭の話も実は、似ていないように見えて


 


 


 


本質は同じなんじゃないのかな、と。


 


 


 


 


 


 


 


 


「(自分は我慢して)良いことをした」と思っていても、


 


 


 


誰かのしんどさの上に成り立っている「良いこと」は、


 


 


 


「自分にとっても周りにとっても良くないこと」なだけで。


 


 


 


 


 


周りにとって「あかんこと」は、


 


 


 


自分自身も含めて「あかんこと」なんだなぁって。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


ってことで、


 


 


 


逆説的に一番最初に戻ると、


 


 


 


やっぱり、


 


 


 


「自分が幸せだと周りも幸せ」ってのが腑に落ちるな、と。


 


 


 


 


 


 


 


 


笑顔の人を見ていると自分まで嬉しくなったり、


 


 


 


楽しそうな人の周りにいるだけで自分も楽しくなるように。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


やっぱり


 


 


 


「自分さえ我慢すれば」


 


 


 


っていう自己犠牲からの行動は、


 


 


 


誰も幸せにしないって思う。


 


 


 


"その時"は良くても、


 


 


 


結局どこかにひずみが生まれてしまうから。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


まずは、


 


 


 


自分のこと一番に幸せにしてあげて良い、


 


 


 


自分の心のグラス、満杯にしてあげて良いって


 


そういうことだと思いますコーヒー


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですルンルンこちらをクリック


 


 


 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。