「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡

いつもご覧いただき、ありがとうございますピンクハート

ぱちここと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

「自分と向き合うってしんどいですよね」

そんな言葉を時々耳にします。

確かにしんどいことかもしれません。

私自身も「しんどい」という気持ちは正直あります。

 

でも。

間違えないで欲しいのは、

決して自分を責めることでない、ということ。

 

「だから私はダメなんだ」

「こんなんだから失格なんだ」

なんて、「今」の自分を否定したり、責めたりすることと、

向き合うことは決してイコールではないのです。

 

確かにしんどいこともあるかもしれないけれど、

向き合う先に見えてくるのは、「本当の気持ち」。

本当の気持ちに出会うために向き合う時間があるのですよね。

 

「あぁ、私はこんなことを考えていたんだなぁ」

「自分は本当はこう在りたいんだなぁ」

という気持ちに気づくためのプロセス。

「自分」に還るための、

「自分のままで“養護教諭”になる」ための時間なのだとすれば、

(養護教諭以外の方は“”の中はご自身のなりたい自分を入れてくださいね^^)

それって「自分を責めること」ではないはずです。

 

だって、「今」の自分があるから「未来」の自分にも出会えるわけで。

「今」があるから「未来」が拓かれるわけで。

そして、「過去」があるから「今」があるわけです。

 

時々記事にしているのですが、

「今」は英語でpresent(プレゼント)。

「今」というかけがえのない瞬間がプレゼントなのだとすれば、

向き合うこの瞬間もありがたく受け取る。

そういうことなのだと私は思っています。



 


ショートケーキYOUKYOUマルシェはこちらから。商品はこちらのサイトから購入できますハート

プリン「自分」とゆっくりじっくり向き合うYOUKYOUプライベートカフェハート

マカロン文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですハート