OTPLUS*a |作業療法士・アロマセラピストのブログ|

OTPLUS*a |作業療法士・アロマセラピストのブログ|

「アロマテラピーで未病と向き合う」「アロマテラピーで健康づくり」「医療・介護とアロマテラピー」などの
講座やワークショップを行なっています

OTPLUS*a /aroma and life AO


OTPLUS*a では
興味はつきないけれど難しい

ラダとココロのこと、病気のはなし


肩こりや腰痛といった身近な身体の不調や

脳梗塞や認知症などの病気について

リハビリテーションの専門家

作業療法士でもあるアロマセラピストが

わかりやすくお伝えしていきます!


リハビリ・介護の視点満載のアロマテラピー活用術

についても情報発信しています。




湘南藤沢 アロマテラピー出張講座

aroma and life AO アロマアンドライフ アオ

https://www.aromalife-ao.com/


◆「アロマテラピーで健康づくり」

「医療・介護とアロマテラピー」などの
講座・ワークショップの開催・出張講座


◆アロマテラピーと組み合わせて

リハビリやトレーニングの要素を盛り込んだ
認知症予防や介護予防のための体操プログラムや
肩こりや腰痛症などの予防法やセルフケア法の提案


◆介護・医療施設へのアロマテラピー導入支援・

訪問アロマケア


出張講座、訪問アロマケアのご依頼を承ります

お気軽にお問い合わせ下さい

https://www.aromalife-ao.com/
「お申し込み・お問い合わせ」より


テーマ:
作業療法士・アロマセラピストsueです。
いつもお読みいただきありがとうございます。


このブログのアクセス解析を見てみますと
とある記事のアクセス数が
爆発的に増えているのです。


それがこの記事。
【ご注意!】『大人の』手足口病




約1年前の私自身の闘病記
しかも途中で終わっているものです。
たくさんの方の目に止まり
少しでも役立つ情報になればと
続きを記事にしたいと思います。


まずはこちらの記事からお読みください
【ご注意!】『大人の』手足口病

(生々しい画像がついていますので
   ご了承ください)





激しい痒みと痛みが落ち着き
新たな水泡が増えることもなくなって
ほっと胸をなで下ろしていると
手足口病にはさらなるステージが
待ち受けておりました。


【発症1週〜2ヶ月】
ウイルスとの闘いを終えた皮膚は
どんどん乾燥して硬くなるらしい。
指の腹と腹を合わせるとまるで
ダンボール紙でも触っているような感覚。
とにかく指先の感覚がおかしい。
例えば髪を洗っている時
シャンプーの泡や
コンディショナーのヌルヌルが
洗い流されたのがどうかがわからない。
紙を1枚めくることがうまくできない。
カフスボタンがかけられない。
気になって指先の皮膚を引っ張ってみたら
べろりと浮き上がって破けてしまったのを
まさに皮切りに、1ヶ月半くらいかかって
指から手のひらの皮膚のほぼ全てがむけた。


むけた皮の先端は乾燥して
ちょっとした物に引っかる度に痛い。
残暑が厳しい夏の終わりに
こってりとしたハンドクリームが手放せない。
ヒルドイドクリームを中心に
シアバター、ワセリンなどあれこれ試すも
これ!といったものはなく…。
入浴後にふやけてボロボロと皮むけした
自分の手を見るのがかなり辛い日々。


むけた皮の下は薄くて弱い皮膚しかなく
こんどは感覚が敏感になっている。
物に触れるたびに痛いのだ。
そしてスプーンや爪切りなど
金属製の物に触れると氷のように冷たく感じる。


感覚が鈍いところと過敏なところが混在して
さらに手の感覚がおかしい。
ディスポの手袋をしている方がよっぽど
自分の手の感覚に近いと感じる。


【発症2ヶ月〜5ヶ月】
足の裏も踵や指を中心に皮膚の乾燥〜皮むけ。
手の皮むけがひと段落し
薄くてもろい皮膚は少しずつ厚くなり
指紋も元どおりになってきた。
しかし、次のステージが残されていたのだ。




突然人差し指の根元のあたりから爪が割れた。
爪と皮膚の間にもウイルスはいたのだ。
次々と爪が割れていく。
決まって根元近くから割れるため
爪が伸びて、指先まで上がってくるのを
待つより仕方なく、かなり厄介だ。
衣服などに引っかかりやすい。


爪が割れた部分はやはり下から薄くてもろい
爪ができているだけの状態なのだが
指先に力が入りにくくなる。
何かを指先で押さえたりつまもうとすると
グニャっと力が抜ける感じがする。
割れた爪を小さなハサミでカットして
エッジをヤスリで処理したり
爪が浮いてあまりに指に力が入らない時は
バンドエイドでテーピングをして過ごす。


秋〜冬に向かっていた時期ではあるが
例年よりもさらに爪が乾燥して割れやすく
爪のケアにはネイルオイルがよかったようだ。




割れた爪が指先まで伸びて
新しい爪が生え揃ったのは
2018年に入ってからになる。
なんだかんだで半年かかった。


手足口病を発症する可能性があるウイルスは
複数あるとされているらしい。
「手足口病ウイルス」というものはなくて
一度罹患したからといっても
たまたま今回感染したウイルスに対する
免疫ができるというだけなのだそう。
つまり、将来また別のウイルスに感染して
手足口病を発症するかもしれないのだ。


日頃から感染症に負けない身体づくりが
何より大切ですね。



湘南藤沢アロマテラピー出張講座
aroma and life AO
◉アロマテラピー出張講座
◉医療・介護施設への
    アロマテラピー導入サポート
    訪問アロマテラピー
◉AOのアロマテラピー講座


aroma and life AO(アオ)


aroma and life AO Facebookページ




テーマ:
関東地方の梅雨明けが発表されました。
6月中の梅雨明けは観測史上初めてだそうです。
いよいよ厳しい暑さの到来です!

エアコンの効いた室内で過ごすことが多い
夏こそ、足のむくみや冷え
からだのだるさが気になる季節です。


ご自分のために、大切な方のために
アロマテラピーとフットトリートメントで
夏バテ知らずの快適な毎日にしませんか?


「足」をじっくり眺めつつ
  足からわかる
「からだのこと」を学びながら
  フットトリートメントのワザを
  身につけましょう!

 
{2BDCD8D2-F437-4420-AD67-97D8DCA22152}
 

姿勢の悪さや腰痛
肩こりの原因となっていたり
身体の冷え、疲れやすい、眠りが浅いなど
足は身体全体のコンディションに
大きく関係しているといわれています。
 
 

老人ホーム等に入所されている

お年寄りにお逢いすると

足がむくんでいる方が

非常に多いことに驚きます。

足のむくみと「歩く機能」や

「認知症」との関連についても

クローズアップされるようになりました。

介護予防や認知症予防

健康寿命を延ばすという観点からも

足のケア、とりわけフットトリートメントは

注目を集めています。

 


{092F536F-F815-4122-A4C6-AE05CBF27D9B}

 

 

ご自身や大切な方のケアに

介護の現場でもすぐに使える
フットトリートメントの知識と技術を
3時間の講義と実技で
学ぶことができる講座です。
 
 
◆「足」からわかる「からだ」のこと◆

「ふくらはぎは第二の心臓」といわれます。

講座の前半は足の構造や機能を学びながら

○姿勢への影響と腰痛・肩こり

○本当はとても身近な「エコノミー症候群」

○足のむくみと認知症 など

心身の健康と足との深い関係について

医療従事者でもあるアロマセラピストが

わかりやすく講義いたします。

 

 

◆アロマテラピーの基本知識&

   トリートメントオイル作り◆

アロマテラピーが初めて

という方も心配はいりません。

トリートメントを安全に施行するための

精油や植物油などの

アロマテラピーの基礎知識を

学ぶことができます。

フットトリートメントに

よく使われる精油をご紹介しながら

お好みや足のお悩みに合わせて

精油をブレンドした「自分だけの」

トリートメントオイルを作りましょう。

作ったオイルはお持ち帰りいただけます!

 

 

{CE58BD73-2E1A-4F26-A51C-0FD21957033E}

 

 

◆オリジナルのトリートメントプログラム◆

椅子に座ったままでできる

膝上~足先までのトリートメント実技を

学ぶことができます。

衣服を着たままでできて

特別な場所や設備を必要としないから

いつでも手軽にできるものです。

本講座で身につけていただく

トリートメントプログラムは

簡単ストレッチングや

アクティブエクササイズを組み込んだ

オリジナルのものです。

リハビリテーションの

プロフェッショナルならではの

お年寄りにも取り入れやすい

内容となっています。

 

 

◆フットトリートメント+α の足のケア法◆

足の冷えやむくみ

皮膚や爪のトラブルなどへのケア法は

フットトリートメントだけではありません。

トリートメントと相乗効果をもたらす

足のケア法もご紹介いたします。

日常生活の中で簡単に

取り入れられるものばかりです。

 


aroma and life AO


▶︎▶︎講座のご案内はこちらから
 【足から全身をととのえる】
   フットトリートメント講座
 
【 日時 】
  2018年7月13日(金)
  14:00〜17:00

【 会場 】 
  藤沢商工会館 ミナパーク
  JR・小田急江ノ島線 藤沢駅より3分
  地図はこちらから◀︎クリック
 
【 受講料】
  ¥ 6,000-(税込)
  *銀行振込
  (申し込み後に振込先をご案内)
  *トリートメントオイルの
   お持ち帰り付き
  
【 講師 】
    末重 由紀(aroma and life AO)
    作業療法士
    AEAJ認定 アロマセラピスト
    アロマテラピーインストラクター
 
【 持ち物 】 
  フェイスタオル2枚
  バスタオル1枚
  ビニール袋(タオル入れ)
 
【 服装 】
  *実技を行いますので
   動きやすい服装でお越しください
  *膝上まで露出できる下衣を着用して
  ください(更衣室はありません)
 
【 お申し込み/お問い合わせ】
  ❶フォームからのお申し込み
   お申し込みはこちらから◀︎クリック

  ❷メールでのお申し込み
   氏名・ご住所・電話番号・希望日時
   を明記してください
 
 
 
 
 

テーマ:
【足のむくみ】気になりませんか?
梅雨に入り湿度が高くなったり
エアコンの効いた室内で
過ごす時間が長くなってくると
足がむくみやすいですよね。
夕方〜夜になる頃には
靴がきつくなったり
足が重だるく感じられます。




これだけでも充分に不快な症状なのですが
腰痛や肩こりの原因になっていたり
全身の冷え、疲れが取れない、だるい…
といった全身の症状につながることも。
つまり、足のむくみをケアすることは
全身のコンディションを
整えることでもあるのです。


お年寄りの場合にはさらに深刻です。
私は老人ホームなどの介護施設に
入所されているお年寄りの方に
関わる機会が多いので
必ずチェックするのですが
足がむくんでいる方が本当に多いです!


特に歩くことが不自由で車椅子の方は
座っている時間が
どうしても長くなってしまいます。
足は下へさげっぱなしで、しかも
1日中靴を履いていることがほとんど。
一般的な日本人の生活スタイルでは
あり得ないことですよね。
身体に合っていない車椅子を
使っている方がやはりとても多いので
膝の裏側が座面に圧迫されている
ケースもよく見かけます。
以外と多いのが下着の締めつけです。
冷えたらいけないから、と心配して
下着やスパッツ…いわゆる
丈が長めのパンツやズボン下の類を
何枚も重ね履きしていると
これらが足の付け根の部分を
(鼠径部といいます)
圧迫してしまうことがあります。


これらの結果、足の血流が低下して
むくみを引き起こします。
お年寄りの場合は、下肢に麻痺がある方など
そもそもむくみが出やすい
疾患の方も多くおられますから
なおさら切実な問題となります。


{0C842B03-1C0D-4BC5-AFC2-E9D9B3DE64D7:01}


足のむくみは、ブヨブヨしたものから
だんだんむくんでいる時期が長くなると
指で押してもすぐには元に戻らない
硬い性状のものにかわります。
少し押すだけでも強い痛みを訴えます。
やがて関節の動きが悪くなり
動かさないので筋力も低下します。


痛みがあると足を動かしたり
立ったり、歩くことに拒否的になります。
痛みを伴わなくても、むくみによって
足底の感覚が悪くなるので
(「足の裏に餅がはりついているようだ」
   と言われたことがあります)
床や地面の微妙な凸凹や段差が
足の裏から感じにくくなり
転びやすくなります。
高齢者の転倒による骨折は
寝たきりにつながる大問題です。


むくんだ足指は靴の中で圧迫されて
爪や皮膚のトラブルや
関節の変形をきたしやすくなります。
むくんでいる足は血流が低下していて
皮膚に栄養が行きにくいため
爪や皮膚は弱くなり
トラブルになりやすいことに加え
一度できたキズは治りにくくなります。
やはり、痛みを伴うので
歩く機能や立ち上がる動作に
大きく影響してしまいます。


「歩き方(歩容)が変わる」ということは
身体のどこかに無理がかかってしまいます。
腰痛や肩こりの原因にもなり得るのです。


痛みなどの苦痛から、運動することへの
意欲は低下しがちになりますし
活動意欲が失われてしまうと
うつ症状や認知症を進行させます。


{A5EC111A-8574-41B8-9FAE-082504C4DEF2}


車椅子のお年寄りという
極端な例を挙げましたが
足のむくみは私たちのからだとこころに
大きな影響を与えるものなのです。


リハビリテーションでよく行われる
足のむくみに対するアプローチは
*高所挙上(足を高くする)
*軽いストレッチング
*自動運動(自分の力で動かす)
*歩行などの運動


これらひとつひとつは決して
専門的な難しいテクニックなどはなくて
誰にでも自分ひとりでも
できる内容ばかりなのですが
痛みや苦痛を伴うものもあります。
その点、フットトリートメントや足浴は
取り入れやすいケア法だと思います。


{EF9E00ED-4DA9-4796-BFFE-72DF058C6576}


フットトリートメントは
寝たきりや認知症の進行を「予防する」
私たちの心身の「健康を維持する」
大切な役割のひとつになり得るものです。
アロマテラピーで行われる
ハンドトリートメントは
心への作用が大きいけれど
フットトリートメントは
生活の質(QOL)に直結するケアなのです。


介護職の方だけでなく
足のむくみが気になる全ての方に
アロマフットトリートメントは
知っておいてほしい方法です。


********************

今回の記事の内容はこちらの講座で
詳しくお話する予定です。

講座のご案内はこちらから ⬇️クリック


【講座のご案内】

 
 【足から全身をととのえる】
   フットトリートメント講座
 
【 日時 】
  2018年7月13日(金)
  14:00〜17:00
 
【 会場 】 
  藤沢商工会館 ミナパーク
  JR・小田急江ノ島線 藤沢駅より3分
  地図はこちらから◀︎クリック
 
【 受講料】
  ¥ 6,000-(税込)
  *銀行振込
  (申し込み後に振込先をご案内)
  *トリートメントオイルの
   お持ち帰り付き
  
【 講師 】
    末重 由紀(aroma and life AO)
    作業療法士
    AEAJ認定 アロマセラピスト
    アロマテラピーインストラクター
 
【 持ち物 】 
  フェイスタオル2枚
  バスタオル1枚
  ビニール袋(タオル入れ)
 
【 服装 】
  *実技を行いますので
   動きやすい服装でお越しください
  *膝上まで露出できる下衣を着用して
  ください(更衣室はありません)
 
【 お申し込み/お問い合わせ】
  ❶フォームからのお申し込み
   お申し込みはこちらから◀︎クリック
  ❷メールでのお申し込み
   氏名・ご住所・電話番号・希望日時
   を明記してください
 
 
 
 
 

テーマ:

少し前の話になりますが

2018年5月26日(土)に開催した

【介護とアロマテラピー】講座&

【こころとからだを癒す】

  アロマハンドトリートメント講座  






【介護とアロマテラピー】講座には

実際に介護の現場に携わっている

皆さまが参加してくださいました。



*詳しい講座のご案内はこちら

【介護とアロマテラピー講座】⬇️クリック

https://www.aromalife-ao.com/講座-ワークショップ情報/介護とアロマテラピー/



「アロマが良さそうなのは分かる

  自分の職場でもアロマを取り入れてみたい

  だけど実際に導入するとなると

  何から手をつけたらいいのか…」


「アロマの勉強もしたんだけど

  実際に現場でケアに生かす勇気がなくて」



という声が講座の開始前から聞かれました。

アロマテラピーの知識や技術だけでなく

費用の問題や運用面など導入にあたって

乗り越えなければいけないハードルは

決して低くありません。

介護の現場でアロマテラピーを

継続して取り入れていくためには

ひとりの力では難しいのも事実です。



お金をかけて、スタッフの協力を得ながら…

と考えれば考えるほど

なかなか一歩を踏み出せなくなってしまう

と、なるのはよくわかります!



この講座でもアロマ導入に向けた

最低限の必要物品と予算の目安

責任の所在に関すること

などについてシェアしましたが

いかに多くのスタッフや介護者家族も巻き込んで

アロマテラピーを根付かせるかは



「どれだけ【具体的に】目的や意図を

  示すことができるか」に尽きると思います。



「施設に入ると独特のにおいが気になります」

「足のむくみをなんとかしてあげたくて」

「スタッフにもハンドトリートメントを

   してあげたいんです」

講座の中でもこのような意見が挙がりました。

実際に介護の現場で日々

ご利用者様と接している者同士

抱く思いは同じだと信じています。

「よりよいケアのために」いいものは

きっと理解され、受け入れられると。



アロマテラピーを導入するメリットや目的が

「いい香りを嗅いで癒される」

(もちろんそれも大切な要素です)

だけでなくもっともっと突っ込んで


【誰が】

【どんなシチュエーションでアロマを用いて】

【どんな風になって欲しいか】


まずひとつ具体的に提示すること

そしてとにかく実践してみることが重要です。





講座の中ではアロマクラフトを通じて

【誰が】

【どんなシチュエーションで】

【どんな目的で】

使うのかを具体的にイメージしながら

目的に合わせた精油をブレンドした

アロマスプレーとバスソルトを

作っていただきました。



◉入所者のご家族など外部から来られる方への

おもてなしとして、施設内の空気清浄

(排泄物など独特の臭い)のための香り

◉最近もの忘れが多くなってきたお父様へ

認知症予防のための集中力アップの香り

◉足のむくみがひどい入所者の方へ

むくみの緩和のためのバスソルト


どんどん形になっていきましたよ!



本講座が毎日のケアにアロマテラピーを

取り入れるためのヒント

きっかけとなって欲しいと願っています。





私が主宰している

湘南藤沢 アロマテラピー出張講座

aroma and life AO(アオ)では

医療・介護施設へのアロマテラピー導入を

サポートいたします。

スタッフの皆さまを対象にした

アロマテラピーの知識や技術に関する

勉強会のご依頼なども承っております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。


aroma and life AO   ⬇️クリック

https://www.aromalife-ao.com/