<オリハルコン>山下健一公式ブログ



オリハルコンの活動が    
「瀬戸内ブランド」に認定されました。

 



◆オリハルコンは、中国地方で唯一、運輸局の「不定期航路」の認可を受けたヨットです。        ◆平成23年度の[広島県 瀬戸内 海の道構想事業]に採択されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★★冒険Cafeホームページ http://ori-hal.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

瀬戸内海ヨット体験無人島訪問宮島パワースポット神社クルージング参拝


◆「体験セーリング」「瀬戸内海・ヨット無人島訪問」など過去の活動内容をご覧になりたい方は

このブログの<テーマ・「広島県瀬戸内海の道構想セーリング体験」か、「体験者の声・リンク」>をクリック頂くと、過去の活動の写真などがご覧になれます。


※お友達数人でのチャーターも、随時予約受付をしております。

(4~5人集まると、料金もあまり変わらず、ご希望の日時で申し込み可能です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<通常のオープンウエルカムデイについて>

 オープンウェルカムデイ 詳しくは こちら
●参加ご希望の方は、定員の関係などありますので、かならずお問い合わせをお願いいたします。


天候や桟橋の状態により、やむおえず時間や出航場所が変わる場合もありますので。

問い合わせ先 k.yamashita@blue.plala.or.jp 山下

==============================================================

◆山下健一 肩書を「冒険家」から本来の「冒険者」に戻しました!


        今後とも宜しくお願い致します!

詳細はこちら→ http://ameblo.jp/ori-hal/entry-12191978320.html

==============================================================


<スポンサー及び協賛企業様>

「中国塗料」 「シチズン」

◆Patagonia(プロセールス)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-04-21 13:08:16

<再び山暮らし/ ハーさんのおじさんと「逆又」>

テーマ:再び山暮らし~秘密のアジト編


ハーさんの叔父さんは、高倉健に居合を手ほどきした人。
高倉健のエッセイに、居合の師であるハーさんの叔父さんとの稽古や出会いが綴られていました。

 

 

ハーさん

 

 

想像でしかないけど、そんな一流の人は、何を見て、なにを感じるんだろう…そんなことを考えながら…、山海暮らしに合せて「逆又」という刃厚4ミリのナイフを買いました。(「逆又」とは、海面から突き出したオスのシャチの背びれのこと)。

 

上が「逆又」。

下は、素潜りの時、魚を〆るのに愛用しているもの。これからはこちらを海専用にする予定。共にサビにとても強いHー1鋼。

 

 

 

クライマー時代は、大きいナイフなんて必要なかったし、

ヨットの旅の時では、出刃とか買うお金の余裕が無かった。

 

 

 

これがあれば、「山暮らし」…でのたき火料理でも、マグロでも、

有効に使えるかもしれない。

 

4ミリというのは、クライミングでも太平洋の旅でも使ったことが無く、

この歳になってようやく、いままで跨いで通っていた「アウトドア”」という世界の、

のれんをくぐって中を垣間見る心境の今日この頃です。

 

 

2019-04-15 23:41:33

<自宅でオートキャンプの真似事~&オールたき火料理だぜの巻>

テーマ:再び山暮らし~秘密のアジト編


最近はオール家電が増えているんでしょうね…。
みなさんは調理は電気?それともガスでしょうか?

 

僕はここ数日、 「オールたき火料理”な日々」で幸せを感じています。

 


ヨットでの暮らし は、なんといっても「自由」。

そして、お金はあまりかけなくても、お金持ちさんしか食べれないような海の幸を食べれることがあるけれど…、

 

そんな望んでいたヨット暮らしで、けしてできなかったのが、

たき料理”のできる暮らしでした。

 

 

火を起こしている間に、久々にテントを張ってみました。

このテントはもう、30年以上使っている古いものだけど、まだ健在です。

 

 

自宅でオートキャンプの真似事みたいになったけど、

ゴールデンウイークに娘家族がキャンプに来てくれるというわけで、

とりあえず、初めてテントをここに張ってみました。

 


水平線を航くオリハルコン、海と空の道…の狭間を、明日もマイペースで航海していきます!、

 

 

 

2019-04-15 12:42:42

なにも特別なことは無いヨットライフと…潮風とエスプレッソの香り

テーマ:広島県海の道構想採択事業・セーリング体験

 

先日は、いつものOさんと、オリハルコンには、3回くらい乗って下さっているTさんと、

夕暮れ前の海に帆を揚げて、風の中での再会を果たしました。

 

天気も良く、弱めだけれども心地よい風が迎えてくれました。

Oさんが、デッキの上のシートを、すぐに整理してくれます。

 

 

いまから陽は沈むけれど、セールの大きさをどうしようかな??

今の風なら、フルメイン(縮帆無し)で充分だけど…、

 

先週は、ヨット初めての方がほとんどだったし、

3段に縮帆しないと、いい加減にトリムしても5.5ノットからスピードが落ちず、

のんびり夜景見学ができなかっただけに、少しなやむけど…、

 

きょうのメンバーは、Oさんと、海やアウトドアはお手の物のTさんだから、

3人で、どうしましょ~!?と会議?して、

 

けっきょく、フルメインでナイトセーリングすることにしました。

 

 

 

 

セールを揚げてしまえば、あとはゆったりです。

お互いの近況報告なんかをしながら、

 

Tさんの沖縄移住生活、ゲストハウス経営やダイビングのお話を聞いたり、

Oさんのヘルマンハープの話し…、

山下の、山小屋暮らし

 

そんな会話が、柔らかな風と波の音に混じっていきました。

 

 

 

どこかの郊外のコーヒーショップとの違いは、

軽風を受けて帆走するヨットの上での会話に、潮風とエスプレッソの香り が、

まじることでしょうか…。

 

 

Tさんと初めてお会いしたのは、オリハルコンのセーリングではなく、

沢登り のガイドを頼まれた時のことだったけど、

 

 

 

便所サンダルが、滑らないんですよね~と、かなり海山に慣れた方という印象

だったから、よく覚えているのです。

 

 

沖縄でのダイビングの話、太平洋の真ん中での星★や天の川の話…、

自然の中、風の中でのひと時が流れていきました。

 

 

 

柔らかな風が、やんわりと帆を押してくれ、船はゆったりと進んでいきます。

 

 

Tさんも、もう少しでまた、沖縄に戻られるとのこと。

沖縄は、山下にとっても、夢が生まれた地”とも言える特別な場所。

うらやましくもあります。

 

 

 

この日も、無事楽しく、セーリングできました。

ゲストのみなさんと、玖波湾の自然に、感謝!

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ