<オリハルコン>山下健一公式ブログ



オリハルコンの活動が    
「瀬戸内ブランド」に認定されました。

 



◆オリハルコンは、中国地方で唯一、運輸局の「不定期航路」の認可を受けたヨットです。        ◆平成23年度の[広島県 瀬戸内 海の道構想事業]に採択されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★★冒険Cafeホームページ http://ori-hal.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

瀬戸内海ヨット体験無人島訪問宮島パワースポット神社クルージング参拝


◆「体験セーリング」「瀬戸内海・ヨット無人島訪問」など過去の活動内容をご覧になりたい方は

このブログの<テーマ・「広島県瀬戸内海の道構想セーリング体験」か、「体験者の声・リンク」>をクリック頂くと、過去の活動の写真などがご覧になれます。


※お友達数人でのチャーターも、随時予約受付をしております。

(4~5人集まると、料金もあまり変わらず、ご希望の日時で申し込み可能です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<通常のオープンウエルカムデイについて>

 オープンウェルカムデイ 詳しくは こちら
●参加ご希望の方は、定員の関係などありますので、かならずお問い合わせをお願いいたします。


天候や桟橋の状態により、やむおえず時間や出航場所が変わる場合もありますので。

問い合わせ先 k.yamashita@blue.plala.or.jp 山下

==============================================================

◆山下健一 肩書を「冒険家」から本来の「冒険者」に戻しました!


        今後とも宜しくお願い致します!

詳細はこちら→ http://ameblo.jp/ori-hal/entry-12191978320.html

==============================================================


<スポンサー及び協賛企業様>

「中国塗料」 「シチズン」

◆Patagonia(プロセールス)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

<祭りばやしが…心の中で聞こえた日>

 

街の家(といっても県営住宅)を取っ払い、街を素通りして「山」から「海(ヨット)」へ直通とした暮らしを始めて一年半。

 

 

 

 

きのうはセーリングの仕事、

きょうは、朝起きてちょとランニングして、山へ薪集めをしてたら、

たくさんの山の恵みを頂くことができました。

 

 


 

「どんどん採りんさい!」との、地主さんの言葉に感謝。

高齢の地主さんができない力仕事など、たま~に手を貸したりすることはあるけれど、貨幣の街の掟の前の時代の、「物々交換」が主で、貨幣がサブという時代だったら、人々はこんなに働くだろうか…と思うことがある。

 

 

 

 

 

 

物々交換なら、穀物、農作物を貯蔵するにも年数に限界があるから、必要な貯蓄ができたら、あとは山を見たり、自然の掟の中で何かを感じ取る時間がたくさん持てる気がするんだな。

朝晩毎日、薪で煮炊きをする暮らし。

 

 

 

きょうは、焚火で素麺を茹でながら、こんな曲↑がやけに似合う、気持ちの良い朝でした。みなさんも、良い一日を!

 

 

 

 

きょうは久々に阿多田島一周してきました!

 

 

 

きょうは、30年前に白石島でヨットに乗せてもらって、もう一度乗りたいなと、ずっと思ってくださっていたという

方とセーリングしてきました。

 

遊覧…という感じより、きょうは、セーリングが目的の人。

 

 

風は、少し強めだったり、フワッと、無くなったり…そんなコンディションの中、

どこに行こうかと迷ったけれど、

 

 

結局、

数年前はよく魚を突いていた阿多田島の南の入江(これは今日ではなくそのころの写真)に錨を入れてランチタイムにして、阿多田島を一周して帰路につきました。

 

 

 

 

 

 

またまた、悪い癖で、時間を延長でサービスしたんだけど…

 

 

それって、クライミングスクール時代、

善意のつもりで、「もう一本行きましょう!」と、ときどきサービスしてたけど、

 

 

お客は、もうヘロヘロで、サービスを受けるというよりも、

「え~~もう一本!?? ~~もうバテバテです~~勘弁して~~びっくりあせる!」

 

って、感じだったことが多かったのを思い出しました(苦笑)。

 

 

 

ゲストの方は、とても自然な感じで舵ひきに慣れて、

タッキング、ジャイブ…までやってもらい、ほぼ半日、ずっと舵を持ってもらいました。

 

 

きょうは、いろんな強さの風で、大げさに三段に縮帆~フルメイン、真追い風~真向いの風と、

島を一周しただけあって、ほぼ、すべての風向きをセーリングできました。

 

ゲストのかたと、阿多田島宮島の海の神様に、感謝!。

◆コロナとプライバシーのため、今回もセーリングの写真は風景だけとしました。

 

 

 

 

 

 

 

冒険Cafe 「さらなる安全と、焚火・滝落ちガイドの復活・充実を目指して…」

※この画像↑の<>矢印は、クリックしても動きません。

 

詳しくはこちら→  https://camp-fire.jp/projects/view/319522

 

コロナ対策で観光協会とやりとりしていたら、強い勧めでクラウドファンディングをすることになってしまいました。こういうのは好きではなく苦手で、やらないつもりでしたが、オリハルコンの装備もそろそろお肌の曲がり角”だし…、娘の力を借りて、やってみることにしました。

 

多くの写真を、いままで、使っていいよと言ってくださった人の中から選ばせて頂きました。写真に登場してくれているゲストの方、写真を撮影してくださった方、そしてこれまでオリハルコンをごひいきにしてっ下さったすべての人に感謝です。

 

もし、お金が少し集まったら、装備を充実させ、さらなる安全を目指します。強風で出航できないときは、焚火バーベキューができるよう場を整えたり、要望があれば、「カヌー滝落ちサービス(サイトに動画あり)」も復活を考えています。みなさん、今後とも宜しくです!。

 

 

 

 

 

 

 

 

<娘のコメント>

コロナ禍で広島の父も影響を受けているそうなので、少しでも多くの方に知って頂けたらとはじめてキャンプファイアのクラウドファンディングに父の「冒険総合体験オリハルコン(冒険CAFE)」を掲載してみることにしました。

 

 

わたしもこういうのは不得意で、なかなか時間もとれずかなり時間を要してしまったけれど、やっと今朝公開できました‼️

興味のある方、ぜひ覗いてみてください♡

セーリング体験や、夏場の沢あそびなど楽しいこと盛りだくさんです⛵

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>