管弦道 〜Orchestradaのblog〜

管弦道 〜Orchestradaのblog〜

2011年、東京に誕生したオーケストラ、「Orchestrada(オーケストラーダ)」公式ブログ

あけましておめでとうございます鏡餅

 

まだまだ先が見えず、また新年早々厳しい状況に追い込まれていますが、

なんとかこれまで通りの活動を取り戻していければと思います。

 

本年もオーケストラーダをよろしくお願いいたします!!

 

本日は指揮者によるスコアリーディングレッスンの2回目。

ブログ係は前回お休みしていましたが、前回のおさらいからスタートしていただけたので一安心w

 

和音の転回で変わる聞こえ方の違い、和声の進行による音楽の緊張感、

曲を細かくシーン分けした時のシーンの繋ぎ方や、そもそもシーンの区切りはどこなのかなど、

指導側だけがわかっていれば良いと思われがちな部分でも、奏者側が理解しておくことで

指揮者、ひいては作曲家の意図を汲みやすくなると思いました。

こういうのが自発的にできるようになると世界が変わるんだろうなー。

というわけで 年内最後の練習日でした。

前回のブログでも最後と書いていますが、開催決定が割と直前だったのでこんな形になりました。

まぁ、前回は楽器ありの最後、ってことでw

 

来年も引き続きオーケストラーダをよろしくお願いします。

みなさま良いお年を!

(゚∀゚)ノシ

 

 

 

そういえばこんな一コマもありました。

 

 

もちろん仕込みです。

うちの指揮者は怖い人ではありませんので、お気軽に見学等お問い合わせください爆  笑

 

少し早いですが年内最後の練習日でした。

 

 

次回演奏会の練習までの繋ぎ、という形で進めていましたが、

通常の活動と同じくらいの回数で練習できて、曲のクオリティもそれなりに仕上がってます。

街中で楽器を持っている人や演奏会の案内も以前より増えた気がしますし、
少しずつ今までの音楽活動が取り戻せているように感じています。
(ブログ係もこの日は本番でした。)
もちろん部屋を開けてくれている施設スタッフの方々のご協力あってこそですけどね。

 

次回の練習は1/17に予定しています。

少し時間が空きますが、年が明けてもメンバー欠けることなく集まれたら良いなと思います。

 

少し間が空きましたが、順調に活動していますニコニコ

練習はいつも通りでしたが今回は足りないパートがあったからか、

少し進行に迷うシーンもありました。

1パート代奏で何とか乗り切ったものの、世間の状況的にフルメンバーが揃いにくいので、

なかなか厳しいところですえーん

 

また、練習の後は指揮者によるスコアリーディングレッスンも開催されました。

現在指揮者なしで練習を続けていますが、フレーズの解釈や各パートの役割など、

指揮者の目線でスコアから読み取れる情報を共有する事で指揮者の意図を汲みやすくなり、

より良い演奏に繋がるのではないでしょうか。

ブログ係は所用で出席できなかったので詳しい内容が気になる!

 

 

 

そうそう、11/14も練習がありました。(ここもブログ係は欠席でした汗

この日は弦楽器中心の練習になったようです。

 

 

世間ではまた感染者が増えたとかで様々な活動にまた影響が出そうではありますが、

できる限りの対策をした上でできる限り活動していければいいなと思います。

今週はみっちっり練習してるなぁ爆  笑

 

 

あんまり日が開いてないからか、前回の意見交換や指揮者アドバイスが残ってる感じでした。

今回もいろいろ出た意見や要望を合わせていくことで、より素晴らしい演奏に

近づけていけてるのではないでしょうか。

メンバー内でいろいろ言い合いやすいのは、指揮者なし少人数合奏の強みですね!

 

今回の曲、発表の場も計画してはいますが、まずは4/29の第19回演奏会ということなので

それより後の予定です。

まだまだ未定ですが詳細が決まったらHPやSNSにも載せられると思いますのでお楽しみに!