5月

テーマ:

 

 

 

いつの間にか5年。。。

 

 

また 5月

 

 

なんとなく 5年くらいたったら

 

 

哀しみの涙は流さないようになるかも? と思っていたけど

 

 

まだまだな母さんです。

 

 

これからも ず~とダメかもね

 

 

あなたのことを想うと

 

 

哀しくて切なくて。。。

 

 

 

だけど

 

 

心はいつだって一緒だから

 

 

いつだって いつだって 想っているから

 

 

 

どんなに時間が流れても

 

 

一緒に笑おうね

 

 

 

 

どんなに離れていても

 

 

一緒に歩こうね

 

 

 

 

 

 

 

愛しいナナとミルクへ

 

 

母さんより

 

 

 

おかえりなさい

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 ず~と 一緒だね

 

 

 

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

更新していないのに

 

ご訪問くださり ありがとうございます m(__)m

 

よろしかったら こちらへどうぞ

 

 

レイナ&アーリン日記

 

 

 

終結

テーマ:

 

皆さまへ

 

 

 

ミルクは 神様から与えられた命を立派に全うし

 

天に帰りました。

 

 

たくさんのコメント メッセージ ライン

 

お花 ありがとうございました。

 

お一人お一人に お返事できなくて 申し訳なく思っていますが

 

どうか 気持ちをお察しください。

 

皆さまには

 

心より感謝しております。

 

 

 

ミルクは

 

 

たった 1匹の猫に過ぎないのですが

 

私にとっては 大切で掛け替えのない子でした。

 

 

 

いつだって自由で

 

 

凛として

 

 

 

最後まで生きることを諦めなかった強い子でした。

 

 

そして

 

 

ナナの後なら 雪の中だってなんのその!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くて冷たくても

 

 

頑張る子でした。

 

 

 


 

ナナが大好きで

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

いつも 甘えていました。

 

 

でも

 

 

ナナが段々弱ってくると

 

 

ナナをそっと見守り

 

いたわるようにナナに寄り添っていました。

 

 

 

 

ナナが道で倒れしまい 歩けなくなった時

 

 

けして そばを離れず

 

小さい体で

 

倒れたナナを守っていたつもり。。。

 

強さだけではなく 優しさも持っていた子です。

 

 

 

この姿を見ると 何年たっても涙が出ます。

 

 

そして ナナが天に帰った時

 

 

最後までナナから離れませんでした。

 

 ミルクはミルクなりに

 

ナナを見送ったのでしょう。

 

このときのミルクの哀しみは

 

人間と変わらないと思います。

 

人も動物も哀しみは同じ

 

言葉や涙はなくても 私や家族と同じ気持ちだと感じました。

 

 

 

 

 

ナナがいなくなってからの 4年4か月

 

ミルクは何を思っていたのでしょう。

 

もちろん レイナやアーリンともそれなりに仲良くやっていましたが

 

ナナとの関係とは違った。。。

 

仕方のないことです。

 

 

そして

 

 

今は

 

もう離れなくていいのです。

 

 

 

今ごろ こんな風にナナの後をついて歩いているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

これからは ず~とず~と一緒

 

 

もう淋しくないね。

 

もう 離れなくていいね。

 

 

 

ナナ&ミルク

 

たくさん たくさん ありがとう

 

母さんはあなた達と一緒に生きれて幸せだったよ

 

何度言っても足りないけど

 

何度も言うよ

 

ありがとう って

 

 

ミルク

 

ナナと一緒にいい子で待っててね

 

きっとまた逢えるから

 

 

 

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

終結

 

 

このブログは ナナのことを記録に残したくて始めました。

 

ナナが一生懸命に生きている姿を残したくて

 

ナナの笑顔を残したくて。。。

 

ナナが逝ってしまったあと

 

続けてこれたのは ミルクの存在だと思います。

 

ミルクがいることで ナナを感じていました。

 

ナナとミルクは 私の中で一緒だったのかもしれません。

 

 ミルクも天にお返ししたことで

 

私の中で何かが終わってしまったのです。

 

 

なので

 

この回をもって

 

ナナ母ブログを終了したいと思います。

 

読者登録してくださった方々

 

アメンバー登録をしてくださった方々

 

ナナとミルクを応援してくださった方々

 

レイナ アーリン 風太を可愛がってくださった方々

 

数あるブログの中で

 

このナナ母ブログにわざわざお越しいただいた方々

 

本当にありがとうございました。

 

皆さまとお付き合いさせていただき

 

とっても楽しい数年間でした。

 

 

 

皆さまと可愛い子たちが幸せに過ごせますように

 

お祈りさせて頂きます。

 

 

感謝

 

 

 

 

 

 

時々は 皆さまのブログにおじゃまさせていただきますね。

 

レイナ&アーリンと遊びたい方はいつでも歓迎ですよ~

 

 

 

では いつかどこかで~

 

 

またね (*^o^*)/~~~

 

お礼

テーマ:

 

 

本日 10時40分

 

家族の見守る中

 

ミルクはナナの元へ旅立ちました。

 

 

 

 

今朝8時頃の ミルク&レイナ

 

 

まだまだ脱走する気満々で

 

ヨロヨロ歩いてへたり込んだところ 💦

 

最後まで諦めなかった

 

本当に強い子でした。

 

レイナでさえミルクには一目置いていましたからね。

 

今 ミルクは自由です。

 

 

いろいろ思うことはありますが

 

一つの命を育て 天寿を全うさせてやれたと。。。

 

そのことだけは きっとミルクもわかってくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

ミルクを応援してくださった皆様

 

ミルクのためにお祈りをしてくださった皆様

 

ありがとうございました。

 

心より感謝いたします。

 

 

 

 

お返事できなくて申し訳ないのですが

 

コメント欄 開きます m(__)m

 

 

すみません m(__)m

テーマ:

 

ミルク頑張っています!

 

でも

 

昨日から 大量の血の塊を嘔吐

 

口からの出血もあり

 

目が離せない状態です。

 

 

 

コメントいただいたのに

 

お返事できなくて ごめんなさいあせ

 

 

 

 

血を吐きながらでも 外に出たがるので

 

ミルクの気のすむように

 

しばらくでも

 

外に出しています。

 

 

 

 

 

 

頑張る子

テーマ:

 

 

こんばんは~♪

 

 

今日はとってもいいお天気でした。

 

こんな日は海でひと泳ぎさせたかったけど

 

ミルクの調子が昨夜から悪くなり 心配だったし

 

私の足も。。。(;^_^A

 

 

レイナ達には可哀そうだけど

 

近場でお散歩

 

 

熊やキツネ 猪が出る場所

 

レイナ&アーリンがいれば大丈夫かしらね (笑)

 

 

 

 

あらあらっ

 

 

レイナのスイッチが入った あせ

 

 

 

 

アーリン頑張れ~びっくり

 

 

 

 

あっ お尻噛んださむっ

 

 

 

 

で スイッチ切れた。。。

 

 

何だったの?

 

 

そして

 

 夕方 広場で

 

 

抹茶ちゃんと遊んだよ

 

 

 

抹茶ちゃんとレイナは オモチャの争奪戦

 

 

 

 

 レイナとアーリンとはガウガウ爆弾

 

 

 

 

暗くなるまで

 

 

みんな おりこうさんに遊べました~ウインク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

ミルクですが

 

調子が悪いです。

 

昨夜

 

「もう頑張らなくいいよ」

 

と 伝えました。

 

もう十分に頑張ったから。。。

 

 

そして今朝

 

どうしても 外に出たい~と言うものですから

 

庭に出しました。

 

歩きたい気持ちはあるのですが

 

もう ほとんど歩けません。

 

なんで そんなに?

 

と思いますが

 

ミルクは頑張る子でした。

 

では その様子を

 

動画でどうぞ~

 

 

お隣のワンコの声が入っているので

 

消音してみてくださいね。

 

 

 

この後

 

 

 2.3歩 歩けたのですが

 

すぐに座り込んでいました。

 

 

 

 

 

この ミルクの姿を可哀そうだと思わないでくださいね。

 

諦めない心

 

強い心を 褒めてあげたいナナ母

 

ミルクは とっても頑張る子

 

いい子だよ

 

 

 

ミルクや

 

 

 

いい夢見ようね

 

 

 

心は自由だから

 

 

 

 

 

愛おしいもの達

テーマ:

 

一昨日

 

ミルクが大好きなお兄ちゃんが帰ってきた

 

 

朝ごはんの時の 息子とミルク

 

なんだか 普通にしている???

 

 

 

台風の影響で 

 

次男が楽しみにしていたこちらでのイベントが中止になったから

 

帰省しなくてもよかったのだけど

 

「そろそろお別れだから。。。」

 

と 私が伝えたので

 

急いで帰ってきた。

 

だから ミルクは元気になったのかしらねぇ?

 

 

もう何日も食べてないし

 

出血がひどくて 口からポタポタ落ちるし

 

血の塊を吐くこともあるから貧血のはず

 

トイレまで行けないからか

 

オネショもするし どこでもトイレになっている我が家 (^-^;

 

どう考えても体調は良くないはずのミルク

 

なのに

 

 

昨夜のこと

 

 

あまりにも ミルクが「出して~」とうるさいものだから

 

 

夜 外に出してみた

 

 

風太まで出てきたし。。。

 

 

 

しばらくは うずくまっていたけど

 

意を決したように歩き出す

 

 

 

 

レイナも一緒に

 

 

 

 この風景 懐かしい。。。

 

 

ナナがいた頃

 

こうやって毎晩一緒にナナとミルクが夜散歩していたことを思い出して

 

涙が出そうになる

 

 

 

 

ミルクが遅くなると レイナが振り返り

 

 

ミルクが座り込むとレイナも止まる。

 

 

 

あの頃は ミルクがナナに寄り添ってくれて

 

今度はレイナがミルクに寄り添ってくれている。

 

風太もね

 

なんて 愛おしい生き物たち

 

 

母さん あなた達の優しさにどれだけ力をもらっていることかしら

 

あなた達にどれだけ 癒されてることかしら

 

あなた達と一緒に生きることができて 良かった

 

本当にそう思うよ

 

可愛い子達 ありがとう

 

 

 

アーリンはお家でネンネしてたけどね (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に ミルクの「出して~」の様子ですが

 

かなり ひどい容姿になっていますので

 

閲覧注意です(^-^;

 

だけど

 

どんな姿になっても 愛おしいのです。

 

生きているだけで いいのです。

 

 

 

では 見る勇気のある方だけ どうぞ~

 

 

 

 

 

またね

 

 

 

コメントのお返事が遅れてすみません。

 

時間があるときにさせていただきますので

 

もうしばらく お待ちください m(__)m

 

 

びっくり (*_*)

テーマ:

 

昨日のことです。

 

台風が来る前にお散歩へ行こうとして準備中

 

レイナが一足先に庭に出て草を食べていました。

 

ふと 庭を見ると

 

(・_・;) えっ!?

 

薄汚れた白い物体は?

 

 

 

 

ミルク~~~!

 

 

 

もう歩けないと思っていたので

 

戸は開いていたのですが

 

いつのまにか 寝床から出てきて

 

音もなく 脱走を図ろうとしてたあせ

 

逃げ切れるはずもなく あえなく捕獲されましたが

 

そんなに外に出たいならと

 

しばらく 庭で日向ぼっこしました。

 

 

その様子を動画でどうぞ

 

 

ヨレヨレになって歩いていますが

 

まだまだ油断できないヤツ

 

 

ちょっと そこのおねえさん

 

 

ヨダレ垂れてますけど。。。

 

 

 

 

 

 

土曜日にアーリンの薬を取りに病院へ行ったとき

 

先生に

 

「ミルクに何かしてやれることはありますか?」

 

とお聞きしました。

 

いろいろ考えてくださりましたが

 

結局は 「何もない」 そうです。

 

 

ここ数日

 

ぐったりしていたので

 

もうそろそろ。。。

 

と心の準備をしていたのですが

 

 

つくづく思います。

 

命の期限は人間が決めることではない と