バフェット 自社株買いの基準撤廃

テーマ:

米バークシャー、自社株買い上限撤廃-バフェット氏に株主還元の裁量

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-18/PC1G6X6TTDS001

賢人バフェット氏、投資アイデア枯渇か

https://jp.reuters.com/article/berkshire-buffett-breakingviews-idJPKBN1K90RT

 

 

2011年、バークシャーは、1株当たり純資産の110%以下で自社株買いすると発表。 

その翌年、バークシャーは、1株当たり純資産の120%以下に変更した。

つまり、株価がかなり安くないと自社株買いが出来ない仕組みだった。

 

今回この基準を、バフェットとマンガーが、「株価が控えめな判断でバークシャーの本質的価値を下回っている」 と見なせば、いつでも自社株買いを行えるように緩和した。

 

自社株買いの規定緩和を受けて、バークシャー株は7/18に4%上昇。

しかし、この方針変更は、積み上がった手元資金:約12兆円について、

バフェットが投資先のアイデアに枯渇しているという、懸念すべき事態を示している。

 

長きに渡って、成長する優良企業を買収して来たが、

今回の決定は、「歴史的構造転換」 と言える。

 

 

 

殆どの株が割高で買えないので、12兆円が宙に浮いている状態。

バフェットは87歳、マンガーは93歳・・・・・新技術を理解できないのはしょうがない。

パソコンもスマホも使えないし、現在の社会を肌感覚では理解できていない。

 

変化の激しい時代に、変化に強いアマゾンやグーグルなど戦うのは無謀すぎる。

それらのハイテク企業は、バフェットが好むオールドエコノミーの天敵になったのだ。

つまり、12兆円で無理に戦うよりも、自社株買いで株主還元するほうが賢明。

 

 

 

投資の世界には見送り三振がありません。 【バフェット】

 

成功者と真の成功者との違い、

それは真の成功者たちは、あらゆることに『NO』と言えるということだ。 【バフェット】

 

 

この環境変化の激しい時代では、例え上手に投資して成功しても、

そのビシネスが、5年後も上手く行っている保証など、どこにもないのだ。

分が悪そうなら、無理に勝負に出る必要はない。   (´・ω・`)

被災地に千羽鶴などが送られて阿鼻叫喚

テーマ:

被災地にはモノや千羽鶴でなく、募金を!  現場からの“迷惑”報告

https://joshi-spa.jp/863339

 

現在、千羽鶴や秋冬物の洋服が、避難所のスペースを圧迫しています。

しかし、ネットでは “善意を無にするのか” といったクレームの声があがったり、

“千羽鶴は迷惑か否か” というノンキな議論が起こる始末。

 

自分も被災した経験があるのですが、ハッキリ言って 支援物資は嫌がらせ でしかない。

支援物資は好き勝手に送ってくる ので、役に立つものは殆どないのです。

 

たとえ役に立つモノだとしても、受取り、荷解き、選別、保管、振り分け、分配する能力は、

被災地にはありません!

募金すれば良いのに、モノや千羽鶴を送る人は、自己満足に浸りたいだけ なのです。

 

 

 

 

平成30年版情報通信白書による、日本はどうして他国より労働効率が悪いのかの図

http://blogos.com/article/310291/

 

日本人の多くは、スマホを持っているけど、上手く使えていない。

日本企業も、新技術を効率的に使えていない。

 

世界はキャッシュレス化して、どんどん効率化しているのに、

日本は移動ATM車を開発して、店舗すらない限界集落を走らせている。

 

ITを駆使して、日本特有の 「判子リレー」 をやったり、愚かな事ばかりしている。

日本は既得権益が強いので、新技術を導入すると、むしろ手間が増えるケースが多い

 

 

 

先日の児童虐待事件で、児童相談所同士が、いまだにFAXで連絡していて、

それがマズいというので、メーリングリストになった、というバカっぷりが判明。

大事な子供の情報を、データベースで確実に管理しようという発想が全くない!

 

日本で犠牲になるのは、いつも被災者や子供という弱者。 

過労死も絶えないし、過労死するのは、いつも下っ端の社員。

なぜなら組織の強者は、現状維持が一番ラクなのです。   (´・ω・`)

歴史的大雨は予想されていた

テーマ:

週末にかけて歴史的大雨の恐れ  多発的な土砂災害・河川氾濫に警戒 7/5

https://weathernews.jp/s/topics/201807/050105/

https://tenki.jp/forecaster/keiko_mochizuki/2018/07/05/1188.html

 

7/5の午後に 「歴史的大雨の恐れ」 という記事を見つけて、

記録的」 ではなく 「歴史的」 という珍しい表現に驚き、不安になりました。

 

気象庁やウエザーニュース社が、こういう表現をする時は、ただ事ではないワケです。

「大きな被害が、少なくとも一箇所以上は出るだろう」 と考えていました。

 

 

 

7/5夜に首相や閣僚、自民党幹部らが 「赤坂自民亭」 と称した飲み会に出席

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018071001100&g=oeq

 

自分は、「7/5中に災害対策室が設置されるだろう」 と思っていたら、

首相や閣僚は7/5の夜に、料亭でどんちゃん騒ぎしました・・・・

それでも、官僚に警戒態勢の指示をする事は出来たハズですが・・・・何もしなかった。

 

 

 

 

浸水した地域は、ハザードマップの浸水地域と重なっていましたが、

浸水した地域の殆どの住民は、配布されているハズのハザードマップすら知らない。

避難すべき場所や、安全な避難ルートも確認していない。

 

今回の大雨被害は予想どうりだった訳ですが、日本人は情報を活用する能力がない。

日本人の情報収集と分析能力は、30年前から変わっていないのです。

スマホなどが普及しているのに、日本人は新技術を活用できない。

 

日本人は7割文系で、理屈より情緒で判断します。

「たぶん大丈夫だろ!」 と言って感情的に判断し、初動が遅れたワケです。

民主党政権が、メルトダウンを認めなかった時と同じです。

 

「メルトダウンを認めたくないから、認めない」  

「大事な飲み会の日に、雨ごときでケチをつけるな」

これが日本の弱さなのです・・・・   (つД`)