原点へ

テーマ:

今年ももう2ヶ月が過ぎようとしています。今年の冬は本当にさむかったですね。

まだ、冬でしょうけどこの頃は暖かく感じますね。

 

さて、最近はといいますと色々と改革に取り組んでいます。以前から、人口の減少問題やこれからの時代の働き方について考えていました。市の教育委員としても人口減少問題をとらえて、いくつかの提言もしていこうと思っています。

 

でもまずは、院内からです。とにかく働き方や考え方の改革を目指しています。

医療はまだまだ浮き彫りにされていませんが、とても多くの問題を抱えています。

当院では、スタッフに働きやすい環境を作ることを第一に改革を進めています。

10年前にしていたことは、できるだけ捨てて簡略化しはじめてのスタッフでも業務が簡単にこなせるような業務改革を薦めています。

 

いままで、2人でしていたことも本当は工夫すれば1人でできるとか一定の時間では、

限界と考えていた業務をだれでも完結に遂行できる体制をつくることを考えています。

 

13年前は、とにかく根性と時間をかけて体力勝負で乗り切っていましたが、もうそんな時代ではありません。AIやICTを酷使すれば仕事の能率は非常に高くなり能力のある人はさらにその能力を発揮し、また苦労していた人もより楽に効率的に仕事ができるように取り組んでいる最中です。

 

その中で考える一つは、原点に帰るということです。なんで、この病院を開設したのか何のために医師として人として存在し働いているのかを今一度見直すことです。

今は一番に行っていることは、正しいこと正しくするということです。

当たり前のように聞こえますが、これが意外とできていません。

 

何か理屈を付けたり、複雑にしてしまったりでシンプルに考えていくことがだんだんできていないなと感じていました。経営をしているとたくさんの雑務や色々な

ことで悩んだり苦しむこともありますが、この正しいことを正しく胸をはってやっていこうを思ったとき、なにか吹っ切れたような気がしました。

患者さんに寄り添い、会話で信頼を得て最善を尽くしそしてお互いにいい気持ちになれように努力しています。というか最近はは自然にそのようにできて、外来はいたって楽しくも、またドラマチックな外来になっています。笑いもあり、そして涙もありで自分としては、診療を通じてひとりでも多くの人が救われればと感じています。

 

よかったりわるかったり、スランプもあったりですが明日の1日1日を生きようとかんえてがんばっています。もう直ぐ3月だんだんまた忙しくなりますが、生き生きとしていようとおもいます。

新しい年がはじまりましたね。年末から、リフレッシュ休暇をいただいていましたが、そろそろ仕事モードに切り替えていこうと調整しています。

 

今日は、早速、新春初ランニングをしてきました。10キロ少々でしたが、天気はよく空気は澄んでいて気持ちがよかったですね。実家の近くを久しぶりにはしりました。

走りながら、子供のころに通った道を走ってみたり、自分の卒業した小学校を見てみたり、友達の自宅のあったところをみたりしました。

 

子供のころとても遠く感じていた距離は短く感じ、大きかったはずの道も小さく感じました。街並みはだいぶ変わってしまい友達の自宅もなくなっていたりでしたが、小学生のころと変わらないバス停や川の流れをみて色々なことを感じながらの1時間でした。

 

変わっていくことそして変わらないこと、色々とありますね。

きっとこうしてブログを書いている自分も自分が感じている以上にかわっているんだろうと改めて思いました。

 

先月は、久しぶりに高橋真梨子さんのコンサートにもいきました。久しぶりもほんと久しぶりで30年ぶりでした。ここ最近、彼女のすごい歌に対するパワーを感じていて、絶対にいこうと計画してなんとか希望がかないました。

30年の時を経て今、彼女の歌唱力は明らかに進化していて、当時聞いた高橋真梨子とは別人のコンサートでした。ずっと長い間歌い続けてきた1人の歌手の想いがつまるコンサートだったと思います。

 

自分は開業して今年で14年目、医師としてはあと数年で30年になりますが彼女に負けないような素晴らしい医療を継続できればと思いました。

 

世の中はどんどん変化して、価値観や考え方が多様になってきました。

しかし、変わらないものがあると私は信じています。

その変わらないものを追い求めて今年も頑張っていこうとおもいます。

 

ドラマの陸王を見てやっぱりマラソンはいいなあと感じながらちょっぴり涙しながら

自分が、完走したときのことを思い出したり

6月のウルトラ100キロに向けて仕事もランニングも頑張ろうと思います

 

今年もよろしくお願いいたします。

大晦日

テーマ:
あっという間の1年
1年前がついこの前のように感じるのは
私だけでないでしょう

きっとまた来年もあっという間だろうなぁ
もう、5年10年先を見つめてるから早いだろうなあ

今年も多くの出来事があり悲しかったり、嬉しかったりたくさんでした。たくさんの素晴らしい方との出会いもありました。

時間はどんどん過ぎていきますが、一つ自信を持って言えるのは前向きな姿勢を持ち、いつも諦めない優しい気持ちを持っていることでしょうか。

自分には厳しく周りには優しく、言葉では簡単ですが中々難しいことです。
いま一度、今年最後の日に原点を見つめて来年を迎えたいと思います。

このブログを読んでくださってる方々にも感謝します。皆さま、良いお年をお迎えください。


手術終了とこれから

テーマ:
今年最後の手術が無事に終わりました。
しばらく背骨の手術はお休みです。
でも、手術後の方がいますから気は抜けません!

明日は病院の忘年会です。完全に忘れてました。
昨日、気がついたです。よくよく考えると12月も半分以上終わってました。ラストなんて言いながら気分はまだまだって感じでした。

忘年会も以前はよく行ってましたが今年は明日の一件です。あとは、仲のいい友人がクリスマス会をしてくれるので楽しみにしています。

毎日が単調であっという間に過ぎていくのですが、来年はまだまだ新しいことに挑戦しようと考えています。

仕事は、合理化と変化をテーマにスタッフと共にいい職場環境を整えてたいですね。なかなか、みなさん、今までやってきたことを変えてくれません。先日、看護師の個別面談をしましたがみなさん、同じように働きやすく仕事を合理化したいと言ってました。また、変化も求めてました。

しかし、まるで変わる気配はありません。ちと、尋ねるとまた言い訳が先行してあららと思うところです。人は、年齢とともに変化を嫌いますね。
確かに、変わらずすることにも一理ありますが変わらない理由や信念がなければ、今までそうしてきたからということが理由になります。

私が最近一番考えていることは、おおみや整形外科をあと30年、50年と存続させることです。ですから、目の前ばかり見ていては必ず病院はなくなります。何故か?50年後、日本の人口は今より全体が3分の1減少します。東京都が3つ無くなるぐらいの人口減少です。あと、20年でその兆しは明らかに見えてきます。

なにもかもが国内だけで見ると過剰になります。病院も医師も余ります。役人も今の人数は必要ありません。また、国家の財政が苦しくなりますから、公共の事業も減ります。グローバルな展開ができない企業は必ず無くなります。

想像のつかない時代を迎えますが自分の人生はその頃は終わりでしょう。これからの未来を背負う若者や子供たちにこの現実を理解し乗る超える力をつけてもらいたいですね。そのためには、今の大人が変われなければいけないと思いますが、皆さんはどうでしょうか?

ラスト

テーマ:
今年も気がつけばあと少しですね

今週で私は一応お仕事は終わりで来年の3日までお休みです   もう休みとか長い休みでいいね〜とか言われそうですが、私も副院長もクタクタです

副院長は27日まで仕事をして来年の9日から仕事の予定です。お互いに助け合いながら、外来と手術の掛け持ちで、まあ普通の開業医の先生の倍働いてますのでお許しを

土曜日は、6時間に及ぶ手術をして患者さんも大変だったと思いますが私も身体が、がたがたです
フルマラソンより長い手術は応えましたが、完全にミスなくやり遂げました
でも、患者さんが元気に回復して退院するまでは気をぬくことはできません

来週から一応休みといったのはそのことで何かあればいつでもでれる体制ということで 海外でのんびりなんてできないですね

ところで、youは何しに日本へって 番組がありますが、とても好きな番組でいつも見てます。
はるばる海外からはっきりとした目的を持ち日本に来て、またその方が日本で色々な人に出会ったりもてなさたり、つくづく日本はいい国だなぁと
感じながら感動しています。

海外にも時々行きますが日本ほどもてなしてくれる国はまだまだないと思いますね。
ただ、あまりに恵まれているせいか医療においては患者さんは少し甘えてるなと思うことがしばしばです。受付の後ろでたまに聞いていると色々な会話が聞こえてきます。
いい会話もありますが、よく受付の女性が我慢して頑張っているなと思う会話もしばしばです。

会計で3分と待ってないのにまだかと、もうすぐですからというとこの前は診察が終わったらすぐだったのに今日はなんでできんのか?
一体何人の患者さんが周りにいるなか、スピーディーな対応をしているか分からないのかなあと思いますが、受付嬢の冷静な対応に偉い偉いと関心しています。

今週も6人の患者さんが私の手術を受けますが中には熱がでたり、体調が今ひとつの方いて手術が先週からだいぶ前後しています。患者さんに、先生大丈夫と思いますよって簡単に言われたりしますが、体調が悪い状態で手術して大変なことになることもあると考えているのは私だけで、延期するとあまり感謝はされず、不満を漏らす方が多く、また立場の弱い助手さんや夜勤の看護師さんに言う方もいてやるせなさを感じたりです

週に6人も脊椎の手術をすることがどれだけのことか中々理解はしてもらえず、はたしていつまでこのペースでするかと最近はよく考えますね。
手術してもらって当たり前、治って当たり前は日本だけなんですが、、、

今週の水曜日、金曜日の外来には必ず手術適応の患者さんが来ると思いますが残念ながら年内はできません。やったらスタッフの休みもなくなりますからね。

1月の手術の枠もだいたいいっぱいですが年始はどうなることかと心配です。

少々愚痴になってしまいましたが、

さて、もう少し頑張ります。