時間が経つのは早いもので、あっという間に令和5年となってしまった。これが今年はじめてのブログです。昨年のちょうど今頃もいろいろなテーマを持って頑張っていくことをブログに書いた。この1年間は私的には本当にいろいろなことがあった。プライベートのこともあるので具体的には述べることはできないが大きく何かが変わった1年だった。その中でとても考えさせられたのは、残された人生を少しでも楽しく生き生きとしたものにしようと言うことだ。

多くの患者さんと接していると、皆さん元気になりたい痛みから解放されたいと言う方が当然ながら多い。しかしながら、自分も還暦を前にしてようやく患者さんの痛みを身近に感じるようになった。私自身も毎日のように体のあちこちが痛む。よくお医者さんは自分自身が自分の専門の領域の病気になるとよく言われている。私もご多分にもれず、頸椎と腰椎が悪い。頸椎の脊柱管は非常に狭くなっており、常に右手がしびれている。腰も同じく脊柱管が狭くなっている。腰椎が少し後弯していて疲れてくると腰が曲がってくる。朝は腰が伸びないといった感じだ。おかげさまで患者さんと同じように注射をしてもらったり、薬は毎日のように飲んでいる。


あちこち痛くなって良かった事は確実に自分が歳をとって死に近づいていると言うことを感じることができるようになったこと、そして患者さんの痛みが非常によくわかるようになったことだ。

いっそのこと、頸椎は手術をしてでもこの痛みやしびれから解放されたいと思うこともよくある。おそらく患者さんもそんな気持ちになることが多いのだろう。
しかし、幸い薬や注射で何とか症状が落ち着いているので、頑張っていこうと自分に言い聞かせている
他にもいくつか悪いところがあるのだが、そこはあまり公にはしないことにしておきます。


おかげで人生についてよく考えるようになった。残された人生は今まで生きた人生よりも短い事は確実だ。おそらくあと20年生きられる可能性は50%もないと思う。これは統計的には明らかだろう。
そこから考えると、残された時間をどう有効に使っていこうか、どうより良くしていこうかといっそう考えるようになった。
すると、だんだん心がとても広くなり、何事も受け入れられるようになってきた。そして何よりも楽しく生きていこうと言うふうに考えられるようになってきた。自分で言うのもなんですが、これは自分の中の成長だと感じています。この年になって成長だと言うのもおかしな感じですが、この年だからこそわかったのかもしれません。もっと若いうちにわかっていればなぁとも思いますが、なかなかそこはうまくいかないものです。

前回のブログで、次回はお医者さんとの付き合い方について書くようなことを書きましたが、だいぶ趣が変わってしまいました
私が今診療してて感じるのは、多くの人は健康でいること、生きることに対しての欲求がとても強いなと言うことです。それはある意味当然かもしれませんが、人の命には限りがあると言うことを忘れている方が多いと思います。そして今元気でいる事に何よりも幸せを感じ、感謝の気持ちを忘れている方がだんだん増えてきたかなぁと思います。いつの間にか、病気になることや死んでしまうことが、自分たちには関係のない世界のことになってしまっている…そんな人たちが世の中には増えてきたような気がします…


私は医者なので、体が痛くても心が多少病んでいても、患者さんの前では笑顔で楽しそうに一生懸命診療していこうと思っています。そんな元気さを診療の中に振りまいていくのも1つの仕事かなと最近は考えました。

きっと多くの先生方は同じようなことを考えていると思います。自分の身を削ってでも人のために頑張る今更ながらですが、これは医者の本分と思います。

あと、何年今と同じように外来や手術をこなすことができるか分かりませんが、この身続く限り頑張ろうかと日々思っています。

さて、寒い日が続きますが、寒さに負けないようがんばりましょう。


先日寒波が来たときにちょっと暇だったので、小さな雪だるまを作って遊びました。

とても暑かった夏もようやく終わりが近づいてきました
朝晩はだいぶ秋めいてきましたね。昼間でも日陰はだいぶ涼しくなってきました。
今年の夏は本当に暑くて、なんと2回も熱中症になってしまいました。1回目はほんとにひどくて発症してからは歩くこともできなかったです。その直前までフルマラソンを走っており完走してゲストの川内優輝選手と記念写真を撮った後でした💦
水分はまあまあ摂取していたつもりでしたが、見通しが甘かったようで気がついたときにはすでに手遅れでした

慌てて水分を取ろうとしてももう取ることができませんでした。なんでも気分が悪いのですぐ吐いてしまい、水分を取る事はできません。頭がクラクラでまっすぐ歩けず、身の置き所がないといった感じです。
通常ならばこのまま救急車に乗って救急外来で点滴というパターンだろうなぁと思っていました。
道端の日陰で何とか寝て、OS ONEのゼリーを吐かない程度にちゅるちゅると飲みながら何とか耐えているとだんだん回復して車に乗れるようになりましたので帰宅しました。もちろん連れて帰ってもらいました🥲
幸い大事には至りませんでしたが、体力のないお年寄りや子供さんはこのような状況から不幸なことになるんだなと思いました。
熱中症になるといつもの体調に戻るのに1ヵ月ぐらいかかりました。改めて熱中症の怖さに気づいた次第です汗

最近は体調の良い時もありますが、年齢のせいでしょうかあちこちを悪くしています。脊椎外科医の宿命でしょうか…私自身頸椎も腰椎も悪くなってます。長年長時間で同じ姿勢で立ち続けるというのがおそらく悪いのだと思います。
患者さんの腰の手術をして自分の腰や首の痛みがいつも出て苦しんでいます笑
レントゲンをとると腰椎が確実に悪くなってきており脊柱管もだんだん狭くなってきているのでいつかは手術だなと思っています。

首の調子も最近は良くなく基本的には首があまりぐるぐる回らないです泣
手術や外来を少し頑張ると首がとても痛くて手が痺れます。少し調子の良い時もあるのですが良かったり悪かったりを繰り返しているような状況でお薬や注射に頼る日々が続いています。
これでは一体どちらが患者さんかよくわかりませんね…

良かったことといえば日々の診療で患者さんの気持ちがより一層わかることです。先生にはこの痛みがわからないと言われても自分自身がとても苦しんでいるのでよくわかります。むしろ外来で見ている方は私よりもずっと軽い方が多い感じです。おかげで患者さんを治す事は非常に以前よりも簡単になったような気がします😅
頸椎のほうは腰椎よりも悪いのでおそらくこちらを先に手術しなければいけない日が来るのかなあなんて思っています。

もし急に1ヵ月か2ヶ月ぐらいお休みをとっていたらその時は手術をしたんだなぁと思っていて下さい。

そんな感じで健康の大切さを改めて痛感している日々です。それでも診療は待ったなしですので頑張ってやっています!特に手術については今まで以上に計画を入念に体力と心の準備をしっかりとして臨んでいます。

ベテランのプロ野球の選手が現役を続けるために陰で一生懸命努力しているそんな感じと同じと思ってください。手術に関しては特にプロのスポーツと同じような感じで最高のパフォーマンスを出すためにすなわち患者さんにとって1番良い治療をするために自分自身のコンディションを整えています。若い時はそこそこで整いましたが今はしっかりと考えていかないとベストコンディションを保つことができません。手術前日は禁酒!睡眠時間を8時間以上取るようにしています!全てが結果につながることなので日々が大切だと考えています。

このコンディションを保つことができなかった時は引退すなわちメスを置く時かなと考えています。
ただ若い時よりも良いこともあります。
多くのことを経験しているということです俗に言うベテランと言う事ですね笑
すでに5000件近くの脊椎手術をしていますが一例として同じ手術はありません。
当たり前ですがこうしたたくさんの経験を積むことが患者さんに良い治療を提供するという上では大切かなとも考えてます。まぁ自分でも限界だと思うまでしばらくは頑張ってみたいと思います!

思うがままにブログを書いているのでなかなか題材がぱっと思い浮かびません💦いつも考えてる事はたくさんあるのですが考えついたときにぱっと書かないとなかなか書けないものです。
今回は次回のテーマを決めておきたいと思います。次回はお医者さんとの上手な付き合い方について書いてみたいと思います。
それでは皆さん熱中症にはくれぐれも気をつけてください😅




久しぶりのゴールデンウィークらしい休みを過ごしています

昨年一昨年はコロナ禍でステイホームという状況だったのが遠い昔のように思います


またブログも久しぶりに書く気になりました。思えば本当にストレスの多い日々を過ごしていました


久しぶりに休みが取れたからといって豪華な旅行をするわけでもなくちょっと体を鍛えてゴルフをしたりランニングをしたり近場の温泉に出かけたりしました


コロナ禍の前の日々が本当に遠い遠い昔のように思えその間に自分の体も心もだいぶ変わってきたような気がしています 皆さんはどうでしょうか?


この2年少々の間に1番学んだのは健康の大切さでしょうか?

閉塞された状況の中で患者さんはもちろんのこと我々スタッフも非常にストレスの多い日々を過ごしていたように思います


当たり前の事かもしれませんが今僕が1番に考えているのは健康と幸せはお金では買えないと言うことです


これがこの2年少々の間で1番学んだことだと思います


いつの間にか気づけば僕も60がもう見える歳になってきました 何も特別なことをしてなくても体のあちこちが故障します 歯が悪くなり腰が痛くなり首が痛くなり、まるで外来に来ている患者さんと同じようなことになっています


先生が痛くなることなんてあるんですかとよく言われることがありますが、結構それなりに無理はしているので当たり前のように痛くなっています

時々家族にどうしてこんなに痛くなるのかなと言うと患者さんと同じことを言ってるじゃないとよく言われて笑われます


おかげで痛い痛いと言われる患者さんの気持ちが今まで以上によくわかるようになりました


そして今までも優しい気持ちはいつも持っていたと思っていましたがそれ以上に優しい気持ち広い心を持てるようになってきたと感じています


そのような気持ちを持つことができて人の痛みや悲しみまた喜びや嬉しさ、そういった気持ちをひしひしと感じることができるようになりました


年齢を重ねていくという事はそんなことなのかなぁと思う日々です


気持ちの良い笑顔や笑い声に囲まれ、少しでも気持ちのいい時間や場面を送ることが出来ればと思っています


世の中では悲しい出来事がまだまだたくさんで思わず涙してしまうこともありますが、これからの毎日を大切にしていこうと改めて考えた休みになりました


まだまだ頑張って生きたいて思います











約1年ぶりにブログを書いています。

あれから1年があっという間に経ちました。


1年前まだ始まりにしか過ぎないと言っていた事は現実となってしまいました。そしてまだこれからも先が見えない現状です。


皆さんはどうお過ごしでしょうか?どなたもこんな時代が来るなんては想像できなかったことと思います。

このような時代に慣れたかと言うと、残念ながら慣れることができません。


感染症が流行する前の時代が遠い遠い昔のように感じています。そして以前に考えていたことや感じていたことをいつの間にか忘れてしまったような気がします。


もう2年目に入って疲れていないかと言うととても疲れていると思います。このブログを読んでいる皆さんも何かしら疲れているかと思います。体が疲れるのはもちろんですが心がだんだん疲れてくるのはあまり良いことではありませんね。ふと気がつくと今まで見えたものが見えなくなっていました。


あまりお天気が良くない土曜日でしたが山の方を散策してみました。山の上から遠くの景色や樹々を見ていると、ふと思ったことがありました。この1年半位の間、一体何を見ていたんだろうかと…


何気ない景色でしたが山には一本一本たくさんの木があってたくさんの葉っぱあって、街には1つ1つたくさんの建物があってその中にたくさんの人が動いていて、その一つ一つが全く見えなくなっていたことに気が付きました。こんなにたくさん木があったんだ、建物や人々の動きも一つ一つが見えました。

いつの間にかぼやっとした大きな塊にしか見えてなかったようです。


近くの川べりも散歩してみました。歩みを止めてふと立ち止まるといろんな音が聞こえました。川の水の音、いろんな鳥の声、虫たちの鳴き声、当たり前の事かもしれませんがなんだか久しぶりに聞いたような新鮮な感じでした。


感染症の行く先が未だはっきりとしない今ですが、相変わらず外来には患者さんが多くいらっしゃいます。

大きく変わったことと言えばほとんどの方が今まで以上に大きな不安を持ってこられていることでしょうか?


現場に出ていると本当に多くの方が不安やストレスを抱えていらっしゃるなぁと思います。

私もスタッフも精一杯頑張っていますがときにはそんな波に飲まれそうな時も正直あります。


我々医療人も普通の人間なので皆さんと同じように不安を抱えたりストレスを抱えたりあります。患者さんの中には、なんで先生がストレスがあるのとか、先生が病気になるんですかなんて言われ方もいますけどね笑  


世の中で、時たま言われているように医療の現場は本当に厳しいです。ちょっと前までは医療現場の人を応援しようと言う声がありましたが、いつの間にか流行り言葉のように聞かなくなってしまいました。何が厳しいかと言うとこのような状況でも病気は、まったく待ったなしと言うところでしょうか?そして世の中には病気になっても必ず治る、治してもらえるのは当たり前だと言う風潮が増したような気がします。こう考えているのは私だけではないと思います。


ワクチンの集団接種会場に赴くことが最近あります。ワクチンを打つだけでそんなに難しいことではないかなとも思いますが、およそ100人ぐらいの人に淡々とワクチンを打ち続けると言うのは結構ストレスがあります💦

ワクチンを打ちに来ている方々の何とも言えない雰囲気、会場の重々しい雰囲気は独特ですね。ほとんどの人が何かしらの不安を抱えていらっしゃってますからね😅


先日ワクチンの接種会場で、スタッフに対して凄まじい勢いで憤る方がおられました。はっきりした内容は分かりませんが何かしら質問したことに明確に答えられないのをとても不満に思われたようでした。患者さんは聞けば必ずわかると思ってらっしゃるかもしれませんが、残念ながらこの感染症やワクチンに対して我々もはじめての経験ですから、正確な答えをお話しする事はなかなか難しいかなと思います。担当していた先生は晩ご飯も食べれない位に落ち込んでらっしゃいました。


これは端から見ているので何とでも言えるかもしれませんが、一方的に患者さんだけが悪いのではなく双方に責任があるような気もします。きっとこのような時代でなければこんな事はなかったのかなあとも思います。


医療人として我々医療スタッフと患者さんお互いが気持ちよく医療を受けることができるような時代がまた戻ってこないかなぁとつくづく思います。


病棟では面会もすることもできず、患者さん同士でお話しすることもあまり推奨されず、楽しいはずもない入院がさらに楽しくなくなっていると思います。

誰1人ほとんど歩くことない廊下を見て、このままで本当にいいのだろうかと思ってしまうのは私だけでしょうか。少しでも入院生活を送る皆さんに良い環境を提供しようと院内を少しずつですが改装しています。計画ではとっくの昔に終わっていたのですがやはり感染症の影響を受けてずいぶんと工事が遅れています。

まだまだ変えなければいけないことがたくさんあるような気がしますがコツコツと前向きにやっていこうかと思っています。


こうしてブログを書いている私自身もまだまだストレスが抜けていないなと感じています😅長々とブログを書きましたが音声入力で入力していますのでほとんどストレスなく短時間で入力することができます。音声入力はいいですよ皆さんもぜひ試してみてください。


それではまた…





長雨がつづいていますね。

熊本の人吉の水害を見て本当に悲しくなりました

 

15年前まで毎週のように人吉の病院までアルバイトに行ってました

泊まることもあり、病院の近所の温泉を楽しんだり採れたての鮎を食したり

美味しい球磨焼酎をのんだり忙しくもありましたがいい思い出がいっぱいで、

 

開業後も時々人吉までドライブしたり、とても趣のあるいいところが、、、

病院も宿も食事処も浸水してしまって 

ころなのせいで手伝うわけにもいかず、残念です

人吉で頑張られている方々の すこしでも早い復興を祈るばかりです

 

本当にこれから先なにが起こるか分からない世界になりましたね

もし行橋市の今川が氾濫したらうちも同じことになるでしょうし、もう他人事ではないですね

 

毎日色々と考えます。1年先が見えないなあと、皆さんはどうですか?

世界はアフターころなと言ってますが、私にはまだ始まりにしか見えません

 

だからこそ気づいたのは今を大事にしようそして本当に悔いのないようにしようということです

 

先は見えませんが今の自分にできることを最大限にしようと考えながら診療しています。少々過労ではありますが、毎晩しっかりと寝て週末はしっかり休み運動もして

健全にしてます 

 

ある意味、ころなのおかげで健康的でもありますね

今までも以上にベストコンディションを心がけています。

 

週5人の脊椎手術をして空いた時間は全て外来ですが、今を100%生きていく覚悟です

 

まだまだ先は見えませんががんばります そして頑張りましょう