本日は

期日前投票を済ませてから

塾の会議のために横浜へ。

 

会議の前に

以前、紹介した

ダイエー横浜西口店の

フードコートに入っている

インドカレー&ナンのお店

プルニマにて

 

プルニマ横浜西口ダイエー店

 

バターチキンカレーを注文。

 

バターチキンカレー@プルニマ

 

少し前に当ブログで

バターチキン焼きカレーパン

というのを取り上げた際

バターチキンカレーについて

検索してみたところ

トマトを加えているというのが

解せなかったこともあり

本場もの(に近いもの)を

食べてみようと

思い立ったのでした。

 

 

以前の記事を読み直すと

初めてプルニマで食べたときも

バターチキンを

注文していますね。

 

そのことはもちろん

お味の方も

すっかり忘れてました。(^_^;)

 

不思議なもので

トマトが加えられていると

知って食べたら

確かに

トマトっぽい酸味が

感じられるという。( ̄▽ ̄)

 

まあ、難しくいえば

人間てのは

物事を分節化されて

初めて認識できる

ということなんでしょうね。

 

 

ペタしてね

AD

前回の記事

『Little Chance』が

西田ひかるのEP盤の

探していた最後の1枚だと

書きました。

 

いい機会なので

アップしてなかった

残り1枚も

紹介しておくことにします。

 

それがこちら。

 

西田ひかる『小公子セディ』

(ポニーキャニオン 7G 0098、1988.1.21)

 

以前ちょっとふれた

プレ・デビュー盤にあたる

アニメ『小公子セディ』(1988)の

主題歌と副主題歌を収録した1枚です。

 

 

全部で5枚ある

西田ひかるのEP盤の中でも

レアというか

もっとも高価なのが

本盤ではないかと思います。

 

こちらは

新宿のディスクユニオンで

見つけたものですが

購入したのは、実をいうと

2度目に見つけたものです。

 

最初に見つけた時は

当時の自分の感覚では高価でもあり

なかなか売れなかったものですから

いつか、懐が温かい時に、と思って

スルーしていたところ

誰かが買っていったのか

店頭から消えてしまいました。

 

これでもうしばらくは

見つけられないなあ

と思っていたら

少し時間が経って

同じ新宿のディスクユニオンで

また遭遇したという。( ̄▽ ̄)

 

しかも

前回の値段より

ほんの少しだけ安くなっていて

これはもう買うしかない!

と思ったのでした。(^^ゞ

 

 

音源自体は

世界名作劇場シリーズの

コンピレーション盤に

収録されたことがありますし

『西田ひかる Singles コンプリート』

 

『西田ひかる Singles コンプリート』

(ポニーキャニオン

 PCCA-02502、2007.8.17)

 

というベスト盤にも

ボーナストラックとして

収められています。

 

ですから曲自体は

聴けるわけですが

そこはそれ。

 

 

ジャケットは

2折タイプのリバーシブル仕様で

全4ページ。

 

西田ひかる『小公子セディ』ジャケ全面

 

ジャケの内側は

それぞれの曲の歌詞が

掲載されているのみです。

 

アニメ・バージョンの表紙に

バーコードがプリントされているので

こちらが表側と考えるのが

妥当かもしれません。

 

『Singles コンプリート』の

ライナーに載っているのは

権利関係の絡みもあってなのか

舞台衣装バージョンの方でした。

 

今、気づきましたが

アニメのセディの衣装と

舞台衣装とが同じですね。

 

 

ちなみに舞台というのは

アニメと同じタイトルの

『小公子セディ』というミュージカルで

アニメ放送中に全国公演があり

その春公演において

主役を務めたようです。

 

こちらは映像も音源も

これまでリリースされたことは

ないようなのが残念。

 

 

アニメの方は

当然ソフト化されていて

以前、こちらのブログでも

取り上げております。

 

第1巻以降は

いまだに

観てませんけれども。f^_^;

 

 

ペタしてね

AD

西田ひかる『Little Chance』

テーマ:

昨日は所用で神保町まで行き

用事が済んだあと

ディスクユニオン

タクト富士レコード

といった順番で回り

中古レコードを漁ってきました。

 

久々に寄った

富士レコード社で見つけたのが

西田ひかるEP盤の

探していた最後の1枚

『Little Chance』です。

 

『Little Chance』レコード版

(ポニーキャニオン 7A 0907、1988.10.21)

 

実はこちらの1枚

以前、ヤフオクで

落札したのですが

届いたものを見てみたら

『恋は白いTシャツ』(1989)同様

スリーブ仕様のジャケットなのに

歌詞カードが入っておらず

これはおかしいと思い

あらためて探していたのでした。

 

 

歌詞カード表は

ジャケ衣装の別ヴァージョン。

 

『Little Chance』歌詞カード表

 

歌詞カード裏は

ジャケ写とは別衣装で

赤が基調となっていて

ハッとさせられますけど

青ベースのボーイッシュな方が

個人的には、お似合いだと思います。

 

『Little Chance』歌詞カード裏

 

上掲写真左は、いわずと知れた

スリーブ仕様ジャケの裏側です。

 

 

富士レコード社で見つけたものには

歌詞カードだけでなく

「P-CAN Chance フェア」という

販促用企画の応募シールまで

封入されており

これは嬉しかったなあ。

 

P-CAN Chance フェア・応募シール

 

以前こちらでジャケットを掲げた

ビデオ『P-CAN ISLAND』(1988)

今回のシングル『Little Chance』、

そして当時、発売予定の

ファーストアルバム『CLEAR』(1989)

この各々に応募券が封入されていて

(8㎝CDにも封入されていたかどうかは不詳)

それを揃えて送ると

レアな商品が当たったりしたようです。

 

なかでもC賞(20名)の

本人から電話がかかってくるという

「逆テレホンコール」、

これはすごいですね。

 

 

でも確か

『CLEAR』のリリースは

翌年の6月だったはずで

応募〆切の1989年1月末日に

間に合っていないんですけど。( ̄▽ ̄)

 

どう処理されたのか

当時応募していない以上

分かるはずもなく

今となっては謎です。

 

 

c/w の「君のいる惑星(ほし)」は

NHK『みんなのうた』で

1988年の8〜9月期に

オンエアされたものです。

 

CD音源は

自分の知るかぎり

8㎝CDだけのようで

西田ひかる自身のアルバムや

『みんなのうた』の

コンピレーション・アルバムなどにも

再録されていないようです。

 

それを知って

レコードを入手するより先に

ヤフオクで落札しました。

 

『Little Chance』CD版

(ポニーキャニオン

 S10A 0175、1988.10.21)

 

レコード盤のジャケ写真は

バストアップでしたが

CDの方は腰上になっています。

 

裏側はレコード盤と同じ。

(ただしサイズは1/4ですが)

 

当時のことですから

内容はレコードと同じで

インストゥルメンタルなどは

収録されていません。

 

 

曲自体は YouTube で聴けます。

 

放送当時の動画は

観たことがありませんけど

今だとニコ動に

アップされてるみたいですね。

 

 

ペタしてね

 

 

●訂正(翌日0:30頃の)

 

またやっちまいました。

 

念のため現物を確認してみたら

『CLEAR』のリリースは

1988年12月7日でした。

 

手許のメモでは

なぜか翌年の6月に

なっておりました。

 

謹んで訂正いたします。m(_ _ )m

AD