関西本面でお仕事があるので、

芦屋でも小さなサイン会&星のお話し会をすることになりました。

image

日時 2021年12月5日(日)

 ①14:00~15:00 この回は満席となりました💗ありがとうございます。

 ②15:00~16:00  あと数名、お申込みいただけます。

場所 芦屋 (阪神電車 打出駅から徒歩1分)

    コラボレーション実践研究所

 

参加費A 3000円(『MOONBOOK2022』定価1700円+税 一冊込み)

参加者B 1500円(既に『MOONBOOK2022』をお持ちの方はご持参ください。サインします。

 

 当日は『MOONBOOK2022』の使い方、さらにより自分仕様にカスタマイズする方法をお教えします。

 

 また占星術から見た2022年の星の動きや、各星座へのメッセージ、また昨年からやたら話題に上っている『風の時代』について、またその過ごし方。

 

 ご自身の月星座についてもお話します。

 

 

 

 

 実は日々、あまりに仕事が忙しく、今年はスルーしようかと思った企画ですが、

やはり読者のみなさんとつながっていたいと思い、スケジュールを捻出して開催することにしました。

 

 お申し込みは

moonbook.sk💗gmail.com

💗部分を@に変えてメールをください。事務局からお返事させていただきます。

image

これは先週、自由が丘グリーンフラスコでのサイン会の風景。

小さな事務所なのでこじんまりとした会になります。

実は私が仕事で関わっているヘアケア製品のお土産付き。

 

 関西方面にお住まいでお時間のある方はぜひ💗

 

実はこの事務所は、大阪府立大学で教鞭をとっている姉のオフィスです。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

imageimage

福岡で『MOONBOOK2022』発売記念講演や、

六本松にある蔦屋書店でサイン会を行い、

月曜日に東京に戻りました。

image

 飛行機の翼の上に浮かぶ十日夜(とおかんや)が印象的でした。

さて今夜は満月の特殊な形、月食が起こります。

太陽の通り道である黄道と、

月の通り道である白道が交差する点に満月が来ると、

月食が起こります。

今回の月食はほぼ皆既に近い部分月食ですが、

「食」の影響は約6か月に渡ります。

imageimage

 この満月は蠍座の27度の太陽と牡牛座の27度の月が180度を形成。

このオポジションに対し、水瓶座の24度にある土星がスクエア。

山羊座の24度に位置する冥王星がトライン(120度)の調和角を形成します。

image

 ここ最近、2018年5月から(途中2018年11月7日~2019年3月6日までは牡羊座に)

2025年7月7日まで約7年間、牡牛座に留まる天王星について考えることが多い。

この天王星がホロスコープ上のどのハウスに位置するかで、

約7年間に渡り、どんな分野で自己変革を迫られるかがわかる。

現在は牡牛座の12度でゆっくりと逆行中なので、

この満月とは正確なアスペクトを作らない。

それでも牡牛座を運行する月は今日の午前9時には11度に達するので、

午前11時ごろには月と天王星が牡牛座の12度でコンジャンクションする。

自由と革命の星・天王星が月を刺激するので、

感情的な安定を求める月と自由や冒険を求める天王星との間で、

ジレンマを感じる一日になりそうです。

そして夕方には不動宮である蠍座の太陽と牡牛座の月、

水瓶座の木星がTスクエアを作り、安定VS変革のせめぎ合いに、

何らかの突破口をもたらす予感。

 

 牡牛座の月は「安定したい。ゆったりと快適に過ごしたい」

蠍座の太陽は「たとえ死の淵を見ようとも真実を知り、徹底的に好きなことを追求したい」

と相反する想いが心の中で葛藤する一日となる。

どっちを優先するかはあなた次第ではあるのだが。

選択の余地もなく、ある種の事件や出来事が起こって

変わらざるを得なくなる人もいそうです。

山羊座の冥王星が調和的に働けば、

一度自分を解体してゼロから始める面白さを教えてくれそうな気もする。

皆既に近い部分月食を眺めながら、

あなたは何を思うだろうか?

 

 そんな満月&部分月食の日に

自由が丘グリーンフラスコにて

『MOONBOOK2022』の発売を記念したサイン会をやります。

15:00~16:00 

無料でどなたでも参加できます。

これはゲリラ的に行うサイン会なので、

あまり広く告知はしておりませんが、タイミングが合う人はどうぞ。

詳しくはショップに直接、連絡してみてね。

 

『MOONBOOK2022』発売記念サイン会by岡本翔子

 

 以下は拙著『ムーンマジック』からの抜粋

 

 

 

牡牛座の満月のキーワード
変化する勇気を持つ
怠惰で不精な面を改める
所有欲から解放される
強情さを改める
価値観の多様性を認める
愛着のあるものや人にしがみつかない
周りの人々の利益もちゃんと考える

●牡牛座の満月時に気をつけるべきこと
  牡牛座の満月は晩秋に近づいた10月23日以降、
11月22日頃までに形成されます。
牡牛座の新月からほぼ半年の年月を経て、
新月に始めたプロジェクトにもそれなりの結果がもたらされます。
月が徐々に満ちるように、
新月で始まった方向性は、頂点に達します。
牡牛座の新月にかけた願いが、
軌道に乗り始めたのを実感する人もいるでしょう。
計画事がうまく進んでいる場合は、
迷わず前に進んでください。
 「牡牛座の新月の願い」がちっとも叶えられないと感じる場合は、
自分の心に「それが本当に必要なのか」と問いただすと同時に、
その後の流れで何が物事の成功を妨げているのかを考える必要があります。

満月には物事の本質や問題点を明るみにさらす力があるのです。
 牡牛座の新月には、
どの新月よりも物事を継続させる力がありました。
物事を成し遂げようとする強い意志の力が働き、
目標に向かって努力もしてきたはずです。

しかし自分のやり方に固執するあまり、
ある種の停滞に陥っているのに気づかないということはないか。
もしくは方向転換の必要性を感じながら、
ついつい怠け心から現状維持に甘んじてこなかったか。
牡牛座で満月が起こる日は、
この半年を振り返り、「牡牛座の新月の願い」が成就するために、
バランスを取ったり、再検討をするとよいでしょう。

 牡牛座の満月のときは、普段よりも強欲になり、
お金や自分の所有物にこだわります。
モノだけではなく、恋人やパートナーを独占したいという気持ちも強まります。
その結果、自分の欲望に振り回され、
自分自身を抑圧することになりかねません。
この期間は、あなたが執着するものからいかに解放されるかがテーマになります。
また牡牛座の満月特有の頑なさが、
自分と異なる価値観を持つ人々を排斥する傾向も。
価値観の違う人々の意見にも耳を傾ける柔軟性こそ、
この期間に必要なことだと心に留めておきましょう。

 確かに牡牛座の新月は、
物質的な豊かさを追求する力を授けてくれましたが、
それを全うするには周りの協力が必要です。
この満月は自分の利益のみならず、
周りの人々にもその恩恵が預かるようにするにはどうすればよいのか、
あなたに問いかけます。
牡牛座の満月が与える試練をしっかりと受け止めて、
もう一度夢に向かって前進してみましょう。

 

imageimage

蠍座の新月
2021年11月5日(金) 午前6時16分
 日増しに秋の深まりを感じる季節です。
まだまだ先の読めない激動の2021年ですが、
新年まで約2か月となりました。
この日は新しい年に思いを馳せ、
居住まいを正す絶好の日となります。
image
 蠍座の新月が持つ神秘的な力が、人の本音や決意、また心の葛藤といった、
見えないはずのものを見せてくれる日です。
物事の核心に迫る洞察力や、興味のあるものを掘り下げる探究心も授かります。
また信じた道をひた走り、
障害や危機的トラブルに見舞われても諦めない不屈の精神が得られるのも、
この新月の特徴です。
image
 うまく行かずに放置したままになっていることや、
やる気が失せてしまったことについて再考してみると、
問題解決のアイデアが浮かんでくるはず。
特にこの日は新月に対し、牡牛座を運行中の自由と革命の星・天王星、
そして水瓶座に位置する土星のスクエア(90度)が
緊張のTスクエアを形成します。
imageimage
 自由を求めて、無意識に極端な方法を選びがちな日でもありますが、
自分と向き合い、
今の気持ちや今後の目標を書き記すことで心が静まるでしょう。
『MOONBOOK2022』より

image

さて今週から来週にかけて、 天の惑星群は慌ただしい動きを見せる。
新月の翌日6日には、通信・伝達を司る水星が蠍座入り、
11月10日には蠍座を進む火星と
水瓶座に位置する土星がコンジャンクションします。
11月13日には水星が牡牛座の天王星とオポジションになり、
11月17日には火星も天王星とオポジションを形成。

 水星と火星の合は、言葉が武器になり得るので、
不必要な衝突を避けるように心がけること。

 

福岡方面の方に告知です!!

さてそんな最中に福岡で講演やサイン会をやります。

六本松のTSUTAYAにて。

11月14日(日)13:00~14:30

福岡六本松蔦屋書店アートスペース『岡本翔子サイン会』

ソーシャルディスタンスを取るので少人数制です。

質問も受け付けますよ♪お申し込みは上記のURLを見てね💗

 

imageimage

写真は『森山大道 マラケシュ』より

 

さらに蠍座の新月について詳しく知りたい方は

拙著『ムーンマジック』より抜粋

 

 

蠍座
強い目的意識
不屈の精神力
粘り強さ
ゼロからスタートする潔さ
自己変容の力
旺盛な探究心
意志堅固
人の心を見通す洞察力
口の堅さ(秘密保持)
性的な魅力
神秘性
磁力的な魅力(カリスマ性)
自己コントロール能力
タブーを超える力
集中力
策略家
物事の核心に迫る力
孤独に強い
ヒーリング能力
自己浄化作用
危機管理能力

●扉―蠍座の新月の長所(伸ばしていったらいいことなど)
 蠍座の季節は、10月23日頃に始まります。
秋も深まり、木々を彩る紅葉もやがては朽ちて土に返ります。
生命の循環、死と再生のサイクルを感じる季節となります。
外界に向けていた意識を、ゆっくりと自分の内側へと向けてみましょう。
自分の心の内部に深く分け入ることで、大きな実りがある時期です。

 蠍座の新月は10月23日以降、11月22日頃までに起こります。
この新月には、物事の核心を見抜く力があります。
探究心や不屈の精神力も授かるので、
掲げた目標に向けてすばらしいエネルギーと集中力を発揮できます。
また人の心を見抜く洞察力も備わります。
ウソや秘密を暴き、人の本音にダイレクトに切り込む力を持ちます。
その力が自分に向けば、あなた自身の心の深層にあるものに気づく手助けとなるでしょう。

 人は案外、自分自身をも欺くもの。
たとえば子供の頃に受けた心の傷がトラウマとなり、
人生のみならず仕事や恋愛に対しても臆病になってしまうことがままあります。
心の問題の核心を包み隠し、
それが悪いパターンとなって、
あなた自身の成功を妨げている場合もあります。
蠍座の新月は、そんな悪いパターンを崩し、
自分を浄化する方法や根本的な自己変容を促す力を授けてくれるのです。
ゼロからの再スタートを切りたいときにも、
この新月は思い切りのよさを発揮して人生を立て直す力を与えてくれます。

 またこの新月のすばらしさは、
セックスを通じてだれかと深く関わる喜びに気づかせてくれること。
セックスは恋愛における重要なコミュニケーションです。
蠍座の新月のもとでは、だれもが磁力的な魅力を放ち、
好きな人を性的に惹きつける力を身につけられます。

 また蠍座の新月は、危機的状況に対し、
それに屈しない精神力を持っています。
敢えてリスクを冒してでも、その状況を根本から変革する勇気こそ、
蠍座・新月の賜物です。
そして戦いに身を投じ疲れ果てた際には、
すばらしいヒーリング機能で自己再生を促す力をもたらします。
この新月は天性のセラピストです。
またこの日は、神秘的な物事に心が向かうようになります。
この世の謎を解き明かしたい、という気持ちも芽生えます。
蠍座の新月のもとでは、
だれもが謎解きをする楽しさに目覚めるでしょう。



 

image

 9月27日から逆行していた水星が、順行に戻ったのが10月19日0時18分。

交通関係のトラブル(運休や遅延)、そしてドコモの通信障害などなど、

この間にはいかにも水星逆行らしい出来事が多かった。

imageimage

 私も新しく引き受けた仕事が、伝言ゲームのような迷走っぷりで、

大混乱に巻き込まれていました。笑えません。

読者ターゲットが20代~30代女子?→20代~50代すべての男女に、

か~ら~の~「やっぱり30代~40代の働き盛りの男女に向けて」ですもん。

ターゲットが決まらなければ、それに向けたメッセージは書けません。

企業絡みのお仕事は、間に代理店や制作会社、編集などなど

意見がまとまらなくて迷走する場合もあるのです。

image

 さらに約4ヶ月も逆行していた木星も、水瓶座で順行し始めたのが10月18日。

水星が順行に戻った昨日から、やたら物事のスピードが速くなり、

停滞していた状況が動き始めました。良くも悪くもですが。

image

 さてそこに来て、今日の夜遅くに月は太陽とオポジション(180度)を形成。

牡羊座の27度に位置する満月に対し、山羊座の24度にある冥王星が

スクエア(90度)となる今宵の満月は、なんとなくざわざわしそう。

とここまで書いたら、阿蘇山が爆発したとのニュースが飛び込んできました。

いかにも太陽と月、冥王星がTスクエアを形成する日にふさわしい天体現象ですね。

 

 満月は「完成」に向かうエネルギーがありますが、冥王星が絡んでいるので、

休火山が爆発するかの如く、破壊的な衝動も高まる日です。

あなたの中の休火山が何かをきっかけに目覚めるかもしれず。

それが建設的なエネルギーとなれば幸いですが、

破壊的な方向に進まないように気をつけたいもの。

この満月は人を衝動的に、また本能的にさせます。

上手く波に乗れれば、目標に向かって一直線に進む、

すばらしいパワーを発揮できる日でもあります。

どうぞ一日、パワフルに、そして健やかにお過ごしください。

 

 水星の逆行→順行で一気に進んだこと。

 

★11月14日(日) 13:00~14:30

福岡、六本松『TSUTAYA』にて講演会&サイン会

『風の時代を読み解く~2022年はどんな年になる?』

参加費 1000円 『MOONBOOK2022』持参、もしくは購入者には、サインをします💗

!!!すみません。正式告知は25日以降だそうで(きっと数日は遅れるかもね)、それ以前に連絡をしても対応ができないようです(笑)。お申し込みはTSUTAYAのサイトからお願いします。

image

★11月18日(木) 14:00~15:00→!!!予定が変更になりました!

11月19日(金)満月です💗 15;00~16:00に変更となりました。

詳細はグリーンフラスコのショップにお問い合わせください。

東京、自由が丘『グリーンフラスコ』にて『MOONBOOK2022』サイン会

参加費はフリー。ただしグリーンフラスコ内で買った『MOONBOOK2022』を

お持ちくださる方へのサービスです。

 この2つのイベントはまだサイト内告知がまだなので、

グリーンフラスコには直接どうぞ。

TSUTAYAはサイトに告知が出てからじゃないと、

申し込めないようです。25日以降(多分、遅れる)にサイト告知となるらしいです。

 

 それでは以下は、

拙著『ムーンマジック』より抜粋。

 

 

●牡羊座満月のキーワード
自己中心的な考えを改める
周りの人々の感情に配慮する
怒りのエネルギーを建設的な方向に使う
社交的なスキルを磨く
礼儀をわきまえる
皮肉っぽい態度を改める
団体行動のすばらしさを知る

●牡羊座の満月時に気をつけるべきこと
 牡羊座の満月は、たいてい秋分の日以降、
10月22日頃までに起こります。
約半年前の牡羊座の新月に始めたプロジェクトに、
なんらかの結果がもたらされる時期です。
満月には物事を成就させる力があります。
牡羊座の新月に願いをかけたことが、
軌道に乗り始めたのを実感する人もいるはずです。
プランがよい方向で進んでいれば、引き続き前進してください。
 満月には、よくも悪くも物事をハッキリさせる力があります。
牡羊座の新月に始めたプランが、
いまひとつ思うような結果をもたらしていない場合は、
ここで軌道修正やバランス調整をする絶好の機会となります。
 牡羊座の新月には、どの新月よりも物事を始める力がありました。
新しい企画に胸を膨らませ、自分の心の欲求に素直に従い、
情熱的に物事を推し進める力を授かりました。
しかしあまりに性急に目的を達しようとして、
自己中心的になり過ぎていなかったか。
また目標に夢中になるあまり、
周りの人々の感情を無視してこなかったか。
満月の期間は、この半年を振り返り、
「牡羊座の新月の願い」が成就するために必要な微調整を行うとよいのです。
 牡羊座の満月のときは、普段よりも怒りっぽくなったり、
何事も調子に乗りすぎたりする傾向があります。
その結果、怒りに任せてせっかく順調に進んでいた計画をぶち壊してしまったり、
人に皮肉っぽい態度を取り、
敵に回してしまう危険性もあるのです。
いつにも増して、対人関係で礼儀をわきまえる必要があるでしょう。
牡羊座の満月特有の率直さが、
ともすれば粗野な印象を人に与えるので、
人と接するときにはにこやかな笑顔や上品な振舞いを心がけたいものです。
このように社交的なスキルを磨き、
怒りのエネルギーを建設的な方向に向けることを心がければ、
「牡羊座の新月の願い」が成就されやすくなるのです。

 確かに牡羊座の新月は、
あなたに独立心や強い意志を授けましたが、
人はひとりでは生きていけない生物です。
この満月は、独立心を保ちつつ、
チームワークの中でも自分を活かすことにチャレンジせよとあなたを促します。
牡羊座の満月は、あなたが成長するための試練を授け、
夢を叶える手助けをしてくれるでしょう。