胸膜中皮腫を連れて(幸せな結末に向かう)

胸膜中皮腫を連れて(幸せな結末に向かう)

胸膜中皮腫患者なんと9年経過。とうとう10年目に突入です。
いつまでもどんな時も、私らしく生きて行きたい。
そしてそんな私を見て
誰かの頭の片隅に
アスベストや中皮腫の言葉を覚えてもらえたらと思ってます。

2010 2月 胸膜中皮腫と診断

         リンパ節に転移ありステージⅣ 手術適応外

         化学療法(アリムタ+シスプラチン)4クール

    4月 効果もなく抗がん剤の副作用に心身共に嫌気がさす

       他の治療もなく ここから積極的な治療をやめる

       緩和治療のみ  それは確実な死へのカウントダウンの始まり

2011 1月~3月 治験参加(MK-0683服用)

2011 6月~7月 放射線療法(鎖骨上かリンパ節60㏉)

2016  1月~3月 緩和の為放射線治療

     3月~4月 放射線副作用で間質性肺炎になる。 ステロイド治療

2018  1月~3月 アリムタ+カルボプラチン抗がん剤治療4クール

     4月~  外来でアリムタ単剤   3週間毎点滴治療続く


胸膜中皮腫とは

アスベストを吸ったことにより20年~50年と言う長い潜伏期後

胸膜に発症する悪性腫瘍です。

予後はとても悪く

2年生存率は30%  5年生存率は3%と驚きの数値です。

根治が期待される治療法は早期発見時の胸膜肺全摘術だけです。

そしてそんな残酷な中皮腫に罹る可能性は

誰にもあり得るのが現状です。


そんな中皮腫のことアスベストのことに

関心興味を持っていただき

自分や大切な人の命を守って欲しいと思ってます。




テーマ:

出遅れ感満載ですが

やっと正月気分から抜け出せて、いつもの日常に戻りました。

 

お正月三が日は朝昼晩と三食、それらしいものを張り切って作りました。

今私が出来ることを考えたら、そんなことしか思い浮かばなかったから。

お陰様でとてつもなく手がかかり、時間がかかり大変でした。

だけどそんな時間も愛おしくて、

家族の為に何かして上げられることが素直に嬉しく感じました。

特別なことは何もありませんが

一緒に穏やかな時間が過ごせただけて

私らしい有意義なことだと思います。

 

今日も良い一日だったなと思いながら

夜眠りにつけたらそれでいい。

そんな日々が毎日続けられるのが

今年の私の目標です。

 


テーマ:

大晦日ですね。

 

中皮腫になった当時は、死を意識して時間の流れに敏感になりました。

今までは気にも留めなかった季節の移り変わりを

節目毎に「来年はいないかも これが最後かな?」って気持になっていました。

大晦日だって例外ではなく、やれ大掃除だおせち料理だの

している事は大したことはないのに

気持の上ではとても大切な行事になっていました。

 

そんな状態が続くと「去年もこんな事があったな」と思うようになり

「これが最後かも」と思って臨むことが可笑しくなってきました。

特別扱いしなくても、季節は巡るし大晦日はやって来る。

大晦日から数時間すれば新年は訪れてくるって

当たり前のことを再確認できました。

 

季節を大切にして味わうのはもちろんよし、

でも特別扱いしなくても

毎日を、目覚めたその日に想いを馳せて過ごす方が

私には無理のない過ごし方で

納得のいく生き方だって気づきました。

 

長いスパンで考えず短いスパンで考えた方が

気持が楽になりました。

その日を大切に、結局はそこに落ち着くようです。

 

今日もいい感じで過ごせました。

皆さん ありがとうございます。

 

 

 

 

 


テーマ:

年の瀬も後わずか。

こんな時期はどうしても気持が焦って来るのは人間あるあるよね?

いつもと変わらない時間の流れなのに、どうしていつもと違うって感じたり思ったり

特別扱いしたくなるのだろうね。

 

私の中皮腫患者歴はもうすぐ10年目になる。

その長さにびっくりはするけど、中身を見ると情けないほどに何もないんだな。

 

何かを残したいとかそんな大げさなものでなく

何でもいい、せめて振り返った時

何かひとつ見えたら格好いいのにと思う時があるけど

いくら目を凝らしても

何も見えてこないんだな。

 

毎日時間に流されて、フワフワゆらゆら自由気ままに生きてきた結果がこれ。

 

でもね、もしも私が

どんな風に生きようか?とか

何をすればいいのか?とか真剣に考えて

ああでもない、こうでもないと生きていたら

想像だけど、きっととっくに死んでいただろうなと思う。

今のこの、だらだらな生き方が性に合ってるのだろう。

 

解ってはいるけど

こんな年の瀬が迫って気持が焦ってくる時期は

何故だかもっと違った生き方を探したくなる不思議。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

抗がん剤治療二日目、今回の副作用は倦怠感だった。

 

残念なことに何も出来ず寝てばかりいる。

テレビなんて見ていらないし、新聞など文字を追っていたら

いつの間にか目が潰れている。

でも何も予定がない私、気兼ねなくダラダラと寝て過ごしまーす。

 

今年最後の治療だったけど

今回の副作用は今の所ひどいものではないし

何よりずーと私の心の中にあったわだかまりが

スッキリと消えた。

 

今年はもう少し残っているけど

すねたり、もやもやしたり、落ち着きのない心だったこの一年

最後に晴れやかに解決できて、言うことなしで終われそう。

 

この調子で突っ走ろう!

 

 


テーマ:

アリムタ単剤治療13クール目行ってきました。

 

ここ最近は出かけることがすっかり億劫になり

殆ど家の中に引きこもり状態です。

だから受診日が唯一の外出のようなものになります。

当日は

慣れない外出と抗がん剤の副作用のダブルの倦怠感が襲って来ます。

 

副作用はその時の体調で変わってくるようです。

吐き気がひどい時があれば

とても倦怠感が強くて動けないようになる時もあります。

 

でもそれも一週間もすれば落ち着いてきて

後は何も気にしないで生活が出来ます。

以前は

あれだけ痛みに敏感だったのに

オキノーム服用する事もほとんどありません。

 

今のとっても嬉しい状態が

少しでも長く続けられるようにとついつい考えがちだけど

本来は

これから先の現実をしっかり受け止められるように

気持にカツを入れておかなければね。

 

さて今回の副作用は どう出るかな?